/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 思うままに 記事一覧

今日は魔都夜曲の初日。
今頃コクーンでは華やかなりし魔都にて恋に歌にと繰り広げられていることでしょうか。
どんな舞台に出来上がっているのか楽しみですね。
残念ながらコクーン魔都にはいけないのですが、遠くから応援しています。

これから長丁場の舞台大変でしょうが、
キャスト&スタッフの皆さんがつつがなく各公演に挑めますように。
そしてひと月後、愛知に魔都がやってくるのを待っています。



舞台の申し込みが決まらないまま、次が畳みかけてキタ。
どうしよう…
ちょっとパニックに陥って、緊張でドキドキしてる。
なんでこんなに一気にくるんだ~(嬉しい悲鳴)

嘘の戦争が終わったばかりで、4月からもドラマがあるのに。
5月にはラストコップの映画もあるのに…

盆と正月とクリスマスとバレンタインが一度に来たみたい。
・・いやそんな一度に来たことないからわからないけど、
それくらいテンションあがって踊らされてる気分。

今日寝て、明日になれば落ち着いて計画練れるかなぁ?
とりあえず今日は寝よう。

たぶん夢の中でもどうしようか考えてるんだろうな。
昨日父の失くした携帯を夢の中でも探してたように。


私が「嘘の戦争」の世界にどっぷり浸ってる間に舞台の情報解禁。
これは逆に書き終わった後でよかったんだな。
だってレビュー格闘中にこんな情報知ったら、書けなかったもの。
不器用ゆえに一つのことしか追えない。

さてその舞台は「魔都夜曲」
戦前の上海が舞台で、
実在人物をヒントにマキノノゾミさんが書き下したものを河原雅彦さんが演出。
そして音楽劇!
ミュージカルとどう違うんだ?ジャズの生演奏だけ?
と思ったらやはり全員歌うらしい……母心がムクムクと。

最大の関心は上演される場所。
東京、大阪だろうと予想してたけど、
愛知公演もあったーーーー!
しかも刈谷~~~~!!


まぁ愛知以外の人に刈谷と言ってもわからないだろう。
愛知=名古屋だもん。
そんなローカルな愚痴はさておき、刈谷はかつて私が勤めてた場所です。
名古屋まで出ることを考えたらめっちゃ近い。
家から車で30分くらい。
ありがたいことですが、遠くから来る人にとっては遠いよね。
喜びたいけど素直に喜べないし‥といってすでに喜んでる。
申し訳ない。

しかし、東京大阪と比べるとキャパは広いんだね。
出来ればコクーンでも見たいけど、
東京までいく経費で地元でもう1公演見れてしまう。
1公演と言わず2公演くらい見れるなぁ。 
悩みどころだ。

ひとまず今日は嘘の戦争を楽しむ。
春は「母になる」がある。
夏には舞台がある。
そしてもう一つのお楽しみは…
目白押し過ぎて、反動が怖いよ。

そして藤木氏の健康も心配です。
休める時には休んでね。
藤木さんが健やかであることを切に願う。

(舞台の話から飛びすぎたかな)

-------------
追記 / さすがに経費で2公演は無理でした。  プレミアムシート15,000円…


明けましておめでとうございます。

今年はお正月のあとに法要が控えていてバタバタでしたが、
無事終わりホッと一息つけるようになりました。
振り返るとあっという間の12月~お正月でした。

色々なことをこなせないまま年を越し、
後回しにしたこと、スキップしたものに後ろ髪ひかれますが
このまま強引に進んで行こうと思ってます。
このブログもしかりです(笑)

さて今日から新ドラマが始まります。
制作会見も知らずに、後日PC開いてアチャ~でしたが、”まっいいか”と。
過ぎたことは仕方ない。

そして本日ようやく会報が届きました。
リニューアルってことですが、今後もこの形態になるのかな。
・・・不満はないけど心配になる。
余計な心配かもしれないけど、
どんな形でもいいから応援できる環境は失くしたくないなぁ。

昨年のSMAPの終りを目の当りにして、
今あるものが永遠に続くとは限らないと考えさせられました。

まぁね、心配ばかりしていても仕方ないので、
まずは今日のドラマ「嘘の戦争」の社長を楽しみにしていよう。





目をつけてた(勝手に…)校閲ガールのキャストの一人が発表されました。
バランス的にこっちじゃなさそうだなぁ。

…ってことで他のドラマのラインナップ等々見てたら、らしきもの行きついた。
違うかもしれないけど。

他にもまだキャストが未発表のドラマもあるのですけどね。
出来れば見たいと思ってるドラマに出演して欲しいな。

何となくですが当たりもついたので、あとは発表を待ちます。
それまで祭りで楽しんでおこうっと(笑)



ご無沙汰しています。

ようやく「とある」が聞けました。
あ、もう一つのとあるもあったっけ。
でもあれは行けないから‥‥

まだ、連ドラとも単発とも、はたまた映画ともわかりませんが、
時期からして秋の連ドラじゃないかと。

少し前に藤木さんが出そうな秋ドラマはどれだろうと妄想してたのですが、
なんとなく思ったのが、日テレさんの「校閲ガール」でした。
でもピンとくる登場人物がいないんですよね。
大御所さん…年齢的にちょっと若い?
相手役にはオジサンすぎるし、40代って難しい。

新垣さんの「逃げるは恥だが…」もいいなって(笑)思いましたが、
別のキャストが続々と決まってしまいました。
一方、深夜のドラマはなかなかお呼びがかかりませんよね。
やっぱり若い方や個性的な俳優さんのイメージ。

こうやってどれかな~って考えるのも楽しいです。
どんな作品に出られても楽しみですが、新しい出会いがあるといいな。
今までと違うキャラだったり、新鮮な共演者だったり。
俳優さんはどうしても過去の役でキャスティングされやすいから、
なかなか新しいことにチャレンジしにくいですよね。

スー○も○ールも大好物だけど、
たまには、え~これ藤木さんがやんの?と冒険させて欲しいものです。
だって役者自身は選べなからさ。
企画にかかわれるほどの主役さんなら別だけど。

まぁひとまず、どの作品なのか妄想しながら発表を待ちたいと思います。


藤木さん帰ってらしたんですね。
不思議だなぁ~ 
日本にいるとわかった途端に安心するというか、ほっとするというか。
住んでる場所も遠いし、どこかで会えるわけじゃないのにね。

あ、逆か。
いないと思うからさみしいんだ。
空が果てしなく感じるのか。

とにもかくにも、元気でいてくださいな。

そして、ご心配のそういう作品。
もしそういう作品にご出演されると私もぶっ飛びまする。
出来ればそういう系は避けて通りたい。
どうかそっち系のオファーが来ませんようにと願いたくなる。
でももし万が一出演となれば・・・・

やっぱり見るんだろうな。


蜷川さんの訃報から何日経ったのだろう。
その間の時間がすさまじく早かった。
そして今日、「尺には尺を」の舞台の幕が上がります。

もう一年蜷川さんとの出会いが早かったら‥と何度も思った。
でももう一年遅かったら、今日の舞台はなかったんだ。

人と人が出会うタイミングは絶妙だ。
でもこの絶妙さも、運命とか神様が決めてあったとかじゃなくて結果なんだと思う。
藤木さんがコツコツ俳優をしてきた結果。
そしてシェイクスピアをやりたいと発言した結果。

蜷川さんのご冥福をお祈りしつつ、
病床にありながらも最後まで情熱を燃やした蜷川さんと、
その意志をひしひしと受け止めた、
藤木さんの舞台を見られる日を楽しみにしています。

今日は初日。
十分頑張っただろうけど、あえて書きます。
頑張れ!藤木さん!


昨日舞台チケットの当落結果がでましたね。

私は埼玉の平日2公演と大阪千秋楽を申込みしました。
すべて当選してました。
ありがたいことです。

欲を言えば埼玉の楽日も行きたかったのですが、
さすがに何度も上京できず、泣く泣くあきらめたのでした。
いつもなら楽日や千秋楽狙いなのですが、
昨年の舞台「海辺のカフカ」の良席で見た感動が忘れられず、
楽日より平日の良席の可能性を選んだのでした。
ま、良席が来るとは限らないんですけどね。
大阪千秋楽は、全席指定なのでかなり覚悟はできてます。
去年のツアーファイナル3階席で鍛えられました(笑)

さい芸楽日の魅力は、藤木さんの万感の表情と、
もしかしたら見られるかも知れない蜷川さんとのツーショット。
カフカでは宮沢さんや古畑君がメインだったから、
藤木さんはちょっと引いた佇まいだったけど今度は主演ですしね。
そのさい芸楽日は大激戦だった模様。
やはり関東、土曜日、昼公演と条件がそろった所為でしょうか。

チケット当選を受けてホテルも予約したし準備は着々と進んでおります。
あとは藤木さんに稽古を頑張っていただくことと、
蜷川さんのお体の回復を祈るばかりです。


「世にも奇妙な・・」に藤木さんのインタビューがアップされてました。
スルーされなくてよかった。
藤木さんからは「ググるな」とのお達しですが、先日某所で見てしまった。
ググってるうちにオリジナルが目に入ったんでつい。
当時のOAでも見てるんだけどね。
もう少しインタビューが早ければ、遠い記憶状態で見れたかも。

そして今やスポーツニュースに見紛う藤木さんの声。
私はあまりスポーツには興味ないのですが、
藤木さんの熱のこもったVOICEは好き。
なんだかスポーツ少年の母になった気分(笑)
たまにご自身の状況も付け加えて~と思ってしまうけどね。

んで、ついでに過去のVOICEさかのぼって読んでたら、
「とある」について記憶が抜けてる部分があったことに気づきました。
とある作品は楽しい作品っぽいんですね。
じゃスペシャリストはないか。山猫可能性あり?
そしてどちらのとあるも発表がだいぶ先らしいから、単発の放送は来年なのかな?
待ちきれなくて色々考えてたら今ある情報の中で繋げてしまってたけど、
連ドラとも限らないし、とりあえず今はズンドコベロンチョを楽しもう。

そして藤木さん発信の本。
藤木さんの暖かさが伝わってきます。
手元に届いたらギュッとせずにはいられないだろう。

ところで、ライブDVD(BD)はまだかな? ・・ガッつきすぎ?