/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 2008*7月~9月 記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
夏とともにドラマも終わりましたね。
今年の夏は暑かった・・・そのせいかドラマ見るテンションが下がりました。
かな~り個人的、偏食気味なまとめです。



冠【木9】 四つの嘘★★★

途中からぐんと面白くなってきました。
そう・・詩文が『家政婦は見た』状態になってきたあたりから。
40代女の悲喜こもごもがコミカルに時にシニカルに描かれていて
ドロドロしつつもドライに仕上げてありました。
ブッキーと詩文のやりとりは面白かった。
一歩間違えれば、ブッキーウザい・・・となるのですが
そこは詩文がチクリチクリと刺し、
ネリが冷静に指摘するから後味が悪くない。
寺島さんの浮かれ自己チュー主婦が上手い具合に出来上がってました。
ネリは結局ストーカー部下と出来てたし
詩文はまた別のボクサーに狙いをつけてた。
40代を迎えた女、変わっていく部分と変わらない部分を内包しながら
まだまだ女の道は続いていく・・・
見終えて、ちょっとだけ未来が明るくなったような気がしました。

ひと癖もふた癖ある詩文ですが、自分は好きだった。
かっこたる自分、潔さ、少々の事では動じない・・・強さ。
飲み込んでしまうようなパワーがあって、かくありたいと。
父親も預け娘も手放し、自分だけになった時の哀愁もまた
胸にせまるものがありました。
家庭もキャリアも持たない詩文のこれからを、もう少しだけ見たいな。
機会があれば、原作も読んでみたいと思います。

#1 #2 #3

If I’m not the one/SEXY SENORITA(DVD付)四つの嘘DVD-BOX
■原作
■主題歌
■DVD-BOX


kirakira【火9】 シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎~★★★

話的にはもう少し掘り下げが欲しいなと思いましたが
全体を通して振り返ると結構楽しめたかな。
まぁね、藤木さん出演ドラマとなると
多少大目に見てしまう部分もありますが。
OPの音楽と映像はカッコいいですね。
EDは本編ではないキャスト達の映像が見たかったです。
そして音楽がどうもノリを軽くしてしまって残念でした。
もちょっと違うタイプの曲が良かったなぁ。
ミスチルとか・・・ミスチルとか・・・ミス・・・

キャストも派手さはなかったですが、いい雰囲気が出来上がってました。
これは主演、小池さんの人徳でしょうね。
藤木さんも小池さんのアップの号泣を見て
心が洗われたと言ってましたし。
ぜひ、SP等で同じメンバーで見たいです。

#1 #2 #3 #4 #5 #6 #7 #8 #9 #10 #11[終]

あたらしい日々/黄金の月(初回限定盤)(DVD付)「シバトラ~童顔刑事・柴田竹虎 オリジナル・サウンドトラック」シバトラ ~童顔刑事・柴田竹虎~DVD-BOX
■原作
■主題歌
■サントラ
■DVD-BOX




【木10】 コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~★★

日常茶飯事に腕や足を切り身体にメスを入れるオペのクールな部分と
患者や医師同士の、感情を通わせるさりげない暖かみが
絶妙なバランスだったともいます
さすがに黒田の腕を切り落とす話は、えげつない・・・そこまでするか~って。
でも最後まで見ると、
そこには黒田の揺ぎ無い医師人生が浮き彫りになってた。
柳葉さんの厳しい上司役は安定感ありますね。
りょうさんや寺島さんといったベテラン俳優さん達のおかげで
奥行きのあるドラマになったのではないでしょうか。

フェローシップの4人は、医師役としては頼りなさはあったけど
黒田の下で成長していく姿はよかったと思います。
看護師の冴島もよかったです。
藍沢は、名医を目指しそもそも名医とは何かわからなくなり
そこから自分の答えを見出す。
最初のエレベーターでの白石との会話(暑かった・・)と
最後の会話が対比になってたのは面白かったかな。
個人的には緋山(戸田)が好きでした。
戸田さんは、年上俳優さん達に混じっても違和感ないし
お人形さん的な役よりもこういうドラマの方が合っているのかも。
白石は、使えないと言うイメージが。
常に藍沢とともに治療して、アシスタント的な役割。
冴島もついてるし藍沢に任せて他の患者を治療した方が・・・と思うこともしばしば。
新垣さんは可愛さを生かせるドラマや、ヒューマン系のドラマの方がいいなぁ。
自分的にはベストはナギサさんですが。
・・・まぁ自分が役者さんの方向性どうこう言うのも生意気なんですが
思ったこと書いてみました。
あとミスチルの曲がドラマを引っ張ってた感もあり、
音楽の重要性もすごく感じました。

#1 #2 #3 #4

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命HANABIコード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命- オリジナル・サウンドトラックコード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 (山下智久、新垣結衣、戸田恵梨香 出演)
■ノベライズ
■主題歌
■サントラ
■DVD-BOX


【水9】 ゴンゾウ~伝説の刑事~★★

途中で脱落しかけましたが、最後まで見て良かったです。
1話で起きた殺人事件を、ゴンゾウを通して多面的に展開していく。
段々と事件に執着が無くなっていった部分もありましたが
最後にゴンゾウがトラウマとなった事件に結びついた時は感動しました。
刑事ドラマと言うよりも、人間の再生ドラマですよね。
過去を引きづる人間が、死を意識しながら生きている。
死んだ彼女のメッセージの真意に気づき犯人逮捕。
彼女の言葉に囚われていたゴンゾウは、
ようやく彼女の思いに気づき生きることを選択。
過去に負った傷があろうとも、目標や夢なんかなくても生きていく。
絶望感や閉塞感でやりきれない人達に対しての
メッセージがこめられていたドラマでもあったと思います。

#1 #2 #3 #4 #5 #6

ゴンゾウ 伝説の刑事 (朝日文庫 こ 24-1)Who-08-「ゴンゾウ~伝説の刑事」オリジナルサウンドトラックゴンゾウ~伝説の刑事 DVD-BOX
■ノベライズ
■主題歌
■サントラ
■DVD-BOX




【土11】 33分探偵

ゆるゆるさがいいね。
最初はチープ感に戸惑ったけど、
慣れてきたらこっちもユルユルで見れました。
かといって来週が待ち遠しいってわけでもないんだけど。
ところどころ見つけてくれと主張するコネタや
最後にとうとう出た「じっちゃんの名にかけて」も適度に笑えるし。
水川さんはラスフレから一転コメディ、幅の広さが伺えました。
堂本さんのオタクっぷりな部分が程よい味付けになってたと思います。

#1 #2

33分探偵 シナリオ・ガイドブックSecret Code33分探偵 DVD-BOX・上巻33分探偵 DVD-BOX・下巻
■シナリオ・ガイド
■主題歌
■DVD-BOX(上)
■DVD-BOX(下)


【月9】 太陽と海の教室

う~ん「学校じゃ」と違って豪華な顔ぶれの割には内容は・・・でした。
織田先生が素敵な言葉(?)で生徒の心を動かそうとするんだけど・・・
なんてゆうか、狙いすぎて寒い。そして古い。
織田さんには飾ったセリフは合わないんじゃないかなぁ。
何気ない言葉のほうが、ストンと落ちたりするし。
とはいってもね、織田さんの存在感は薄かったから。
最終回は残念な結果に・・・
でも理事長と織田先生とのやり取り、言わんとする事は面白いと思った。
真っ直ぐな教師と、必要悪を唱える理事長の対決部分。

個性的な先生達や、旬を集めた生徒達、そしてキター!で旬の織田さん。
この並びの割には勿体無いドラマだったなと。
ただ、ハチとあかりの恋物語が好きでした。
ハチに関しては、プロポーズよりも良かったな。
灯との絡みももっと見たかったです。
まったく・・・死なないじゃんと安心してたらホントに死なせちゃったよ。
ハチにこんなチョロ的役回りヒドイっす。しかも、棺桶入った姿何度も出てきてさ。
ハチの死がドラマ盛上げる為だったら、残念なことです。

#1 #2 #3

君の瞳に恋してる「太陽と海の教室」オリジナル・サウンドトラック
太陽と海の教室 (織田裕二、北川景子 主演)
■主題歌
■サントラ
■DVD-BOX



【火10】 学校じゃ教えられない!

不思議なドラマですよね。
何でかわからないけど、寛容な心で見れるドラマ。
生徒役が知らない人が多いからなのか
それとも深田さんのなせる技か。
ちょっと突っ込みたいけど、おいおい~みたいな笑って許せちゃう。
荒削りな感じはしたけど、過度な期待がないせいか結構楽しめました。

#1 #2 #3 #4

学校じゃ教えられない! オリジナル・サウンドトラック学校じゃ教えられない! DVD-BOX
■サントラ
■DVD-BOX


【日9】 Tomorrow~陽はまたのぼる~

最後は丸く上手くまとめてありました。
管野さんが中心でしたよね
1人でドラマの起伏を作ってたドラマだったと思います。
もちろん竹之内さんの抱擁力も良かったですが。
なぜか、関係者が患者になることが多かった。
地域と言う狭い設定上、そうならざるをえなかったのでしょうか。
それと1話の祭りでの事故と、最終話のイベントでの事故がシンクロしてたのは
狙いなんでしょうか?これも地域医療の関係上?!
一番印象に残ってるのが壁の穴。
エドさんが壁の凹みをさすって管野さんの母親とのエピソードを語るシーン。
患者さんが無念さに拳で壁を殴ると壁がベコッて穴がぽっかり開いちゃうのよ。
・・・・そんな壁ないでしょうが。しんみりした場面なのに吹いちゃった。
なんでかなぁ。。。いいシーンも沢山あったと思うのに、一番にそれが思い出される。

#1 #2 #3 #4 #5 #6

ひかりTomorrow-陽はまたのぼる-
■主題歌
■DVD-BOX


【火10】 モンスターペアレント

途中からネタ切れ感を感じたのですが。
こんな親いるよね~って言うのが、
だんだんと特殊な保護者になっていったような。
終盤で盛上げ役を担った望月の傷害事件は必要だったのかな?
あちこちのドラマで傷を負ったり死を匂わせたりで
こういうエピソードを盛り込まないと盛上げられないのかと。
三浦のポジションが中途半端に感じました。
娘が教師から受けた行為を追求するモンスターPだったとはね。
なるほどと思った。なのにそこから教師を殴って逮捕されるんだもん。
そんな人物がまた教職に戻っていくのも、
保護者じゃなくてもどーだろって思うし。
自分の中で三浦は高村と反発しながらも認めあう存在でいて欲しかったな。
色々な保護者が出てきましたが、室井さんが一番印象強いです。
あの占い師っぽさが的を得てて面白かった。


#1 #2 #3 #4 #5 #6

愛が哀しいから(通常盤)「モンスターペアレント」オリジナルサウンドトラックモンスターペアレントDVD-BOX
■主題歌
■サントラ
■DVD-BOX




【金10】 魔王

途中から興味を失くしてしまったんですよね。
録画して集中して見たらもっとハマれたのかもしれません。
でも・・・やっぱりそこまで釘付けにされる部分がなかったように思います。
復讐する側される側、取巻く周囲の人間模様も浅かったのではと。
最後の復讐が自分を殺させる所の切り返しは面白かったです。
終わってまでこんな事いうのはなんですが
もしフジの木10でやってたら、最後まで目が離せずに見れたかも。
良くも悪くもフジは盛上げ上手ですからね。
想像してたより作品が小さくまとまった感がありました。

#1 #2 #3 #4

『truth』
/嵐
魔王 [DVD]
■原作
■主題歌
■DVD-BOX




リタイア&未見組

【水10】 正義の味方

志田さんが頑張って走り回ってたという思い出。
頑張ってる妹を、理不尽に顎で使う姉を好きになれなかったよ。
姉にもう少しカリスマっぽさがあったら、
ああ見えて熊子の事がホントに可愛いんだなという面がにじみ出てたら・・・
まぁ見る側の先入観もありますからね。

#1 #2 #3⇒R

ホントはね(DVD付)
正義の味方 オリジナル・サウンドトラック正義の味方 DVD-BOX
■原作
■主題歌
■サントラ
■DVD-BOX


【月8】 あんどーなつ

和菓子を通して、人と人が繋がりあっていく
地味ながら軸のしっかりしたドラマだったと思います。
まぁね、特に見たいと言う欲求もなかったので・・・

#1⇒R

ただ,ありがとうあんどーなつ (貫地谷しほり、國村隼 主演)
■原作
■主題歌
■DVD-BOX


【金9】 ロト6で3億2千万円当てた男

あ~これ結末どうなったのでしょうか、スッテンテンになっちゃったのかな?
お金の匂いに釣られて寄ってくる人間と
手に余るお金を持って人生見失っちゃった人間。
どっちも見ててイライラしてしまって、初回1時間すら見てられなかったな。
お人よしもいいけど、自分を守ることくらいはしてよと思うわけで。
不幸な目にあったら、その分報われて欲しいと思うのが人間って奴じゃない?

#1 ⇒R

EXILE ENTERTAINMENT BEST収録『MY FANTASY』ロト6で3億2千万円当てた男 DVD-BOX
■原作
■主題歌
■DVD-BOX


【土8】 恋空

携帯小説の映像化ですが、
映像的には透明感が出てたしキャストのフレッシュ感もあった。
でも若い世代の純愛ドラマを今さら見らんないです。
携帯小説を美化する風潮はどうかと思う。

#1 ⇒R

アイのうた恋空 プレミアム・エディション (初回生産限定版) [DVD]
■原作
■主題歌
■DVD-BOX


【土9】 ヤスコとケンジ

後半の視聴率の伸びを見ると、結構面白いドラマだったのかな?
一度だけ見たのですが・・・ごくせんの流れを汲んだドラマだなと。
安心して見られるけど、はみ出す面白さが感じられずに続きを見ませんでした。
最初から見てれば愛着沸いてたかもしれないけど。

雨傘/あきれるくらい 僕らは願おうヤスコとケンジ オリジナル・サウンドトラックヤスコとケンジ DVD-BOX
■原作
■主題歌
■サントラ
■DVD-BOX



【金11】 打撃天使ルリ

見ようと思いつつ結局最後まで見なかった。
関東と違って深夜放送ですから、録画でもしないと忘れて寝てしまうし。
まぁ見る気がなかったって事でしょうね。

紅と黒のMATADORA/I LOVE YOUをさがしてる【初回限定盤デジパック仕様】打撃天使ルリ (菊川怜 主演)
■原作
■主題歌
■DVD-BOX





【キャットストリート】

たまたま見始めたら結構面白い。
引きこもりの女の子が解放されていき、見ていて軽くなれますね。
フリースクールを通して、
それぞれが持つ可能性に向かうのを応援したくなります。
抱える問題を乗り越えて行く姿は同年代だけじゃなく
世代を超えて通じるものがあるような気がします。

【上海タイフーン】

珍しくチャンネルが合ってしまって見始めました。
主人公の美鈴が年齢の割りに空気読めなさ過ぎに笑う。
松下さんがドラマ全体を締めてるなと思います。
一応最後まで見るつもりです。



秋からのドラマは、全然チェックしていません。
予告を見ても、あまり惹かれないのですが・・・
そう考えると、夏のドラマはいろんな意味で濃かったのかも知れません。
途中で諸々放棄してしまいましたが、
立ち寄ってくださった方々にお礼申し上げます。


スポンサーサイト
杉田さんのおかげかゲストに比重のかかった話だった。
まぁ~ベタなお話でしたが、杉田さんだから見れた感はあるかな。

車椅子からみえた医師看護師の姿の時に
ここの病院をモデルに小説を書く事は予想できた。
もっと捻ってくるかと思ったけどストレートでした。
編集長が金に困ってる伏線も、
医療ミスで金吹っかけるためだろうけど最後は二階堂の涙でうやむや。

前回航平の医療ミスを扱って、
今回は田中を通してミスする側視点で描くのかと思ったのですが
二階堂を変える為の材料でしかなかった。
こういう形で扱うのはどうなんだろう。

二階堂の閉じ方はよかったと思いました。
インタビューを受けた映像から、ニュースへと移行。
余韻もあったし、医療現場へのフリもできた。
これがきっかけで地域医療の問題に矛先が向かったかな。

二階堂の余命が3ヶ月、一気に時間経過した事になるけど
来週からの話につじつま合うんだろうか・・
結果を出せと遠藤はプレッシャーうけてたけど、今ひとつ時間経過が掴みくい。

#5
今回も結局初見どおり自殺・・・
もしかして真犯人が見つかるなんて事は無いの?
そんな期待する方がアホなのか。
ほんとに33分持たせるだけのドラマだったら、どーしましょです。

CG等で面白いテンポにして、コネタも数々ぶち込んで
他局でも何でもパク・・いや取り入れて何でもありの空気にして
自分達の土俵を作ってる。
表面的にはB級的な面白さを装ってるけど
話がスカスカじゃないかなぁ。
同じような展開だし飽きるのも早そうだよ。
視覚的には楽しめるんだけどね。

あと・・・曲は好きかも!?

#1
佐久間の母親も、過去のゴンゾウの事件に絡んでるのでしょうか。

事件解決に近づいてきてるようですが、
どうでもよくなってる自分がいます・・・ムンク
ゴンゾウ結構期待してたんですけどね。

結末は気になるので今後も見る予定ですが
食いつき度がよくなったらまた書こうっと。
このドラマに限っては
最終回だけ見れば・・・というわけには行かなさそうなんだよね。
毎回少しづつゴンゾウの過去と犯人に近づいてて、
最後まで見てすべてのピースが埋まるドラマみたいだから。

#5

普通のドラマになってましたね。
狙いとしては、高校生達が抱える問題を描き救うと。
それも結構重い話を選んでますよ。

4話では、死にたい女と殺したい男。
元陸上部の自殺願望の女子と積み木崩しの姉に殺意を抱く男子。
前回見た時に男子はネグレクトかと思ってたけど、母じゃなく姉でした。

毎回問題を起こしつつも、ダンス部達の友情が結束し問題を乗り越える。
ところで、このドラマに深田さんの必要性があるのだろうか。
主役は完全に生徒で、深田さんは大人目線でアドバイスだけ。
深田さんでなくてもいいような・・・
そしてその先生が主役で無くてもいいような・・・

意外に上手いとおもうのが仲さん。
ムードメーカー役もすごくいい。
ハチワン見た後だから余計にこんな役も出来るんだぁと感心。
みづきちゃんのSっぷりもいいけどね。
先週中絶してるんだから、もう少し引きずってくれと思ったけどさ。

#3

今回のモンスターは、
わが子可愛さの理不尽な親バカでかなりイラッとした。
自分さえよかれ主義か。
そんなに娘が心配なら、娘の側から離れるなと。
実際保護者のあんな注文に学校は言いなりなんすかね?
子供同士の外出に、親からの申し出で付き添ったり
送り迎えしろとか、電話口で声聞かせろとか・・・
なんか保護者のいいなりになってる学校に未来が無い気がするのですが。
そこまで行ったら学校の存在意義が無いような。

6話は久々にすっきりしない結末。
しかし、ちょっと中途半端さを感じました。
子供がいなくなって散々探し回ったら、実家に帰ってる母親の元にいると。
で?
今回のモンスターは
妻が実家に帰っていてうっぷんが貯まっていた・・・なの?
妻と娘を迎えにいって解決なのですか。
家庭でのごたごたは家庭で解決しろ~ですよ。

今回、イケメン教師を利用して高村を呼び出す望月に笑った。
望月は高村の操縦するコツを掴んでますね。
イケメンとヨイショ・・・ある意味単純な女。

#5

不意をつかれてウルウルしてしまった…
『ありがとう』のくだりのフレーズ、結構好きだ。


今回は桜井の過去を副担の若葉が知るお話(感動路線)
そして川辺のエピソード。
不登校だった川辺が以前若葉に結婚して・・とか言ってたけどなるほどね。
川辺の父親は亡くなっていて母親は病気で入院、
妹弟乳飲み子を抱えた川辺は
世話しなきゃいけなくて学校どころではない。
あわよくば若葉と結婚して一緒に兄弟を育てて貰おうと?
若葉との禁断の恋の前振りはなんだったんでしょうねぇ。
それとも今後そういう展開に持ってくつもり?
むしろ若葉は桜井に惹かれそうだけど。


フェリーでの救命には、笑ってしまった。
おりしも先回のコードブルー患者とネタがカブってるではないですか。
・・・抜いたら大量出血で死ぬ。
桜井はこのままでは命の危険と判断し
刺さってる機械を持ち上げ釣り針で傷口を縫うと。
織田さんは医者役やってたから見た目違和感ないけど、
今は教師なんだから無理よ~。
だってもし金八先生が同じ事したら止めるでしょー
まぁ外国で教師やってた頃に医療の手伝いしてたとか
エリートだからどこかで学んだのかもと脳内補完したけど。


さて前回戦車の写真+青白い光について、
タイムスリップしただの自衛隊にいただの湾岸戦争だのと書いたのですが、
海外勤務のエリートが教師に転職しただけでした。
戦車も、子供達が作り植えた花壇を守るために戦車を制止してたんだと。
妄想を大きく膨らませてた自分がとっても恥ずかしいっす。
こういう時は・・・笑ってしまおう。
ガラスに突っ込んだり手術したりとぶっ飛んでるのに、
過去話は意外と普通なのね。

次回はピアノが関わってくるお話のよう。
となると、似合ってるのか疑問?のフリル男爵・池鉄さんがくる!?

#2

脱落しそうでしない・・・まだ観てます。

意外とあっさり8年前の医療ミスを終えたな~と言う感想。
うむ・・・なんつーかやっぱ主人公は正義なんだね。
航平が引きずっていたのは、医療ミスの傷ではなくて
患者を、愛子の母親を助けられたはずなのにという後悔。

航平自身が医療ミスを犯したのではなく教授の誤診によるもの。
海外にいる教授を押し切って独断で手術をし、
結局手がつけられなかった、もっと早く手術してれば・・・と。
患者の家族に説明すべきという航平に対して、
誤診を表ざたに出来ない教授は事故だと言い張る。
助けられなかった責任を一人背負い病院を辞めた航平に
医療ミスとして押し付けた。

・・・残念です。
医療ミスを犯した自分と向き合い、
折り合いをつけながらも、もう一度医者に戻ったのかと思ったら
教授の誤診による遅すぎた手術だったとは。
8年も苦しんだのは弱さではなく、強さゆえだったのかと。
結局主人公は清廉潔白でないといけないのかなって。

今回の安達(袴田)は、愛子に航平の8年前の真実を伝える為、
母親の笑顔の写真を渡す為のポジションが見えすぎて、ちょっと。
でも安達が航平を落とす悪役でなかったのはよかったかな。
航平がいなくなったあとで教授に逆らったことで戦ってたと言うのも
愛子の一緒に働く事は出来ても、
許せない気持ちは消えなかったのもよかった。

ただ安達のメス握れなかったのが
航平の言葉で簡単に手術できたって言うのが安易かな。
持ちつ持たれつの関係なのはわかったけど。

写真は一枚にしとき~そのほうが重みがでると思う。
田中の母親だけ多すぎで、
他の患者はおまけだと言うのがみえみえだし。

ところで、医療の再建と言う本題にいつ入るのでしょうか。
次回は田中の医療ミス?
その問題を超えて、航平を許せるようになるのかな。

#4
割り切った面白さだけど、見る人を選びそうよ。
テレ朝金11の時効警察を意識してるのかなぁって感じがした。

かなりおふざけ的な演出も多いから
キャストスタッフの内輪で楽しんでるだけとも取られやすい。
堂本剛君の色が強いかな、「正直しんどい」っぽい。
水川あさみさんが効いてますね。
自由度の高い剛君を締める重要なポジション。

簡単な事件を33分引き延ばすとか言っておいて
実は真実に迫って真犯人突き止めるんでしょうと思ったら
初回は一周廻って最初の犯人に戻っちゃいました。
でもむちゃくちゃな推理、視聴者に近い推理に笑ったなぁ。
くりぃむしちゅーのベタドラマの推理ドラマ編みたい。

初回微妙、しばらく様子見です。

とりあえず話題になってるのがどんなものか見た。
昼ドラでいいんじゃないの?

思うに携帯小説って、携帯と言うツールで読むからいいんじゃないの?
小さい閉塞的な窓から見る先に、違う世界が広がるっていうか・・・
読むって言うか覗く感覚に近いのかなって。
まぁ携帯小説読んだ事のない自分じゃ説得力無いけどさ。

携帯小説が装丁されて本となれば、
もうありきたりな小説だと思うんだよね。
それがドラマ化されても
携帯で読んだ世界観は失われてるんじゃないかな。
後発の携帯小説も似たり寄ったりのイメージでしかないし。

一応見たものの、つかまれるものもなかったし
若い高校生達の恋愛模様(ドロドロ模様?)なら今さらって感じ。
もし恋空を野島伸治が料理するなら、見続けようかとも思うけどさ。
だいたい8時にTVの前にいられないよぅ。