/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 イケ麺(新)そば屋探偵 記事一覧

第12[終]話 「恐怖の大晦日、地球最後の日!?」     9.26OA 
ゲスト★ 犬山イヌコ 

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
八十山兄弟(山西惇 八十田勇一) ユキ(犬山イヌコ) 黒田金造(生瀬勝久) 他 

最終回なんとかたたみ切りましたね。
なにげに気になっていたフカメは、賑やかしで終わらせず意味をもたせ、
弟も再び登場させ、生瀬さんの言うとおり大団円。
しかし細かい所をつつけば、ホイ?と謎の部分も。

年越しそばを食べるタイミングがずれたらイケメン化計画にチェンジしない?
ブサメン化計画≠ゾンビ化計画?
弟のキャラはどこ行った!?
そもそも妖怪トラウマ屋台がどうして生まれたのかを知りたい。
いやその前に、藤木さんが社長のマネキンから解放されたわけをしりたい。

まぁそんな小さな謎も 古田さんの毒舌ツッコミ、
それを言えば樋口君はもともとソーバーマンで設定とか無視…
回ごとに作家が違うから?

などで笑って許せてしまうわけです。


さて今回はユキのブサメン化計画の奥底に潜む心の闇の話です。

紅白ー大晦日ー年越しそばーブサメン化計画
とまぁよくもここまでつなげてきたと思います。
そして繋げたといえば、人間シャッフルもそうですよね。

黒田→ユキ
黒田弟→黒田兄
ユキ→鉄火面→フカメ

ベリベリッの意味不明さは面白かったです。
ところでユキは、新そば1話から出てたってことになるんでしょうかね。

樋口の見たユキのトラウマは紅白でした。
子供のころ漫才大賞で優勝した自分を友達に見てもらえなくて
紅白を憎んでいたと。
それがどうしてブサメンにつながるのかは謎なんですけどね。
美人すぎる姉妹に対抗してなのか、
録画にエマニエル夫人を上書きしてしまった、イケメン好き兄への復讐なのか?

そんなユキの闇を分かってやれなかったという社長、
しかし樋口は社長はユキを思いやって、アイドル時代に紅白を断ったのだと説く。
ホレスタ時代のDoひこみエピソードまで引っ張ってきましたか。


最後は4人で年越しそば。
そばを回収してないと言うオチ。
そして生瀬さんの口から飛び出した映画化の話。

イケ麺そば屋探偵THE MOVIE
トラウマ屋台の大冒険
~イタ子 おやおやGカップ~

ま、大部分がノリで構成されてるドラマなので笑っておきましょう。

最初のころは1から大幅に変わっていたので辛口でしたが、
途中から楽しめるようになりました。
色々な制約の中での続編だったと思うので、まぁOKかなぁと。

ホレゆけスタァ大作戦1・2→イケ麺そば屋探偵1・2→????
もしかしたらこの先も進化し続けるかもしれないですね。
なにがあっても・・・・いいんだぜ!!

ってことで4月からの長丁場、
お付き合いいただいた方、どうもありがとうございました。


第11話 「水の微笑」   9.19OA 
ゲスト★ 高岡早紀 バカリズム

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
サキコ(高岡早紀) 長宗我部(バカリズム) 黒田金造(生瀬勝久) 他 

バカリズムさんのネタと高岡さんのコスプレフェロモン、
濃かったですね・・・内容というより別の意味で。
バカリズムさんの都道府県の持ち方ネタは好きだなぁ~
特に鳥取を取っ手するっていう発想はすごい!爆笑した。
でも鳥取人の立場は?
ちなみに愛知はどんな風に持つのだろう…
渥美半島と知多半島の両手持ちで振り落とす?

まそんなんはいいとして、内容は少々薄めだったかな。
でも多重人格にミスリードさせて、失恋による生霊だったなんて、
推理物にあるまじき斬新さが、結構好きだ。
イタ子さんの「生霊に恋して」(スピンオフか!?)は前振りだったわけですね。
ところで「氷の微笑」ならぬ「水の微笑」、
点がないだけでこんなにも締まらないものなのでしょうか。

藤木さんの学生服見られたのは嬉しかったです!
新そばvo.3だけ買おうかしらなんて頭をかすめたりしてね。
絵空や夜光もまだ買ってないのに・・・DVDラッシュに乗り遅れてます。
まぁ・・・おいおいとね。

話はノブの結婚話が発端となります。
ノブの彼女と屋台に訪れた教師の彼女の写真を見て
同一人物ではないかと。
樋口は、二人は結婚詐欺にあっていると推理。
そこへ女子高生が訪れ樋口に告白します。
その彼女もまた同じ顔をしている。

そう、イタ子さんはサキコに拉致されたと思わせて、
実は生霊から引き離すために社長と樋口が監禁したのは
意外っちゃ意外でした。

樋口は女子高生の告白を受けてしまう。(久々に惚れっぽい性格キタ)
そこへノブと長宗我部がきて、屋台はサキコを巡って修羅場と化すわけで。
多重人格サキコと思わせて、もう二人のサキコがやってくる。

今回はトラウマ呼び出すのが、かなり強引でしたね。
「そばって何ですか?」「黒い麺です」「イカスミスパゲティ?」
・・・ソバとイカスミスパゲティを一緒にするなぁ!!・・・って。

樋口と社長が見たサキコの真実、
サキコは失恋するたびに生霊を生みだしていたんですね。
その生霊は似た人物に近づいて彼女に収まっていた。
女子高生の失恋相手は、樋口似の学生さん。
紫の彼女は、ノブ似のプレイボーイ風なイケメン。(プレイボーイも死語?)
長宗我部さんの彼女は実物でした。
監禁中のイタ子さんの生霊が飛んできて3人を合体させ、めでたしめでたし。

・・・とそこにチャイナドレスの女。
なんだかミステリーホラーっぽい終わり方で面白かった。
このチャイナドレスの女は、黒田目当ての生霊?

11話は太鼓王子のデビューでしたね、ほんとに芸能界でやっていくんだ。
しにものぐるいは現実にキャンペーンしているの?
「いきものががり」と「しにものぐるい」がラジオで共演。
まぁ・・・・みんなガンバレ。
来週はいよいよ最終回、犬山さんがご出演です。

第10話 「ヤー様と私」   9.12OA 
ゲスト★井上芳雄 橋本さとし

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
ヨシオ(井上芳雄) サトシ(橋本さとし) 黒田金造(生瀬勝久) 他 

井上さんはホレスタに続き2度目の出演です。
あの時は白馬に乗った王子様、
話す言葉がすべてミュージカル調になってしまうというお悩みでした。
そして今回は・・・も ミュージカル系、そういやドラマでも歌っておられましたね。
白馬から黒馬の乗り換えて(どこかで聞いたエピソード)
「王様と私」ならぬ「ヤー様と私」…サブタイトルって素敵。

橋本氏はツアーのナレーションを引き受けて下さった方ですよね。
同じ事務所とは言え、
関わって下さった方との共演を見られるのは嬉しいものです。

さて話の方はと言いますと、ちょっと物足りなかったです。
「屋台のみかじめ料を払わんかい」とイタ子を脅す二人に、
樋口君が登場、姉さんに手を出すなとヨシオの手を掴むと、
これ幸いに因縁つけて治療費を請求。
バイト君達のレッスンに使用していたデッキが故障暴走し音楽を鳴らす。
CDデッキまで妖怪に変身するのか?

音楽に合わせ、二人が踊り歌いだす。♪ヨッチャン、サトチャン、歌ったら殺す♪
そしてイタ子さんまでが…
潤太郎も歌いなと歌うのでワクワクしてたのに、スルーしてしまう樋口君にがっかり。
そこは歌うでしょ~踊るでしょ…見たかったなぁ。

今回は屋台が暴力を受けて、トラウマに変身。
ヨシオ&サトシはもともと少年合唱団(聖歌隊?)に所属していた。
二人の歌声が重なった時、建物(教会?)が壊れてしまうほど
すごい威力のパワーを発してしまうため、
先生(神父様?)が二人に歌うことを封じた。
歌うことを禁じられた二人は、絶望の末ヤー様まで転げ落ちたと。(+推測)

そこで樋口は思いついた、二人の歌声が重ならなければいい・・・・。
封印を解かれた二人は、水を得た魚のように歌い続ける。
単純明快、めでたしめでたしと。
・・・も少しひねりが欲しかったかな。
二人の歌声パワーが役に立つとかさ。


イケ麺オーディションの優勝者は、芸能界に興味なさそな太鼓王子でした。
11話から出演されるそうですが、いったい何話が最終回なの?
DVDには2次審査からのオーディション完全版が収録されるそうです。
応募した人に買えってこってすね。
そういや、死にものぐるいのCD&着うたはどれくらい売れてるんだろう。
山西さん&八十田さん、
渋い役者さんがキャラ売りされてるのを見ると胸が少し痛みます。

第9話 「哀愁のレッド・ノーズ・ドクター」   9.5 OA 
ゲスト★上川隆也 山崎真実

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
桜山真(上川隆也) 婚約者・詩織(山崎真実) 黒田金造(生瀬勝久) 他 

今回はちょいとツボでした。
とくにトラウマ映像の、母ゴリラの古田さんと少年の上川さんには笑った。
深夜なのに、声出して笑ってしまったよ。

あれって顔だけご本人様だよね。
古田さんはもう・・ゴリラやろうがマリリンモンローやろうが驚かない、
何でも違和感なく存在を造形してしまうと思うのよ。
それはギャルサーのインディアン見たときから。
ある意味尊敬の目で見てました。
逆に普通のおっさん役では物足りなく感じる弊害があるかも。

その古田さんに食らいついていく上川さん、
腹の据わりっぷり、割り切り具合いが清々しかったです。
大きな舞台を踏んでいらっしゃる役者さんですし、
かりにも大河ドラマの主演格で出演されてた役者さん。
このド深夜、オカマ社長にゾッコン(死語?古い?)で
あげくに古田さんのトップシークレットを見せられ・・・よかったのかな?上川さん的に。


今回は、イケそば祭りに本編絡ませるために屋台が汐留に移動です。
そのせいかバンパイヤのせいか、イタ子さんは屋台求めて山の中を探し回ります。
赤鼻先生こと桜山院長は、桜山病院に入院していた池田社長に一目ぼれ。
社長に会いに屋台を訪れます。
病院の権利書まで持ち出してプロポーズする桜山にツレナイ池田社長。
実は父親が医者で厳しい教育(水虫)を受けて以来、医者男はNGだと。
もしかして兄弟!?と思いましたが勘ぐりすぎでした。

桜山の婚約者詩織は相手がオカマ社長と知って愕然です。
どっちがきれい?ナイスバディ?と桜山の目を覚まそうとするけど・・・玉砕。
そして桜山が言ったのが、
君(=詩織)は中身がない、かけそばだ!
そして池田社長は・・・鍋焼きうどん!!

上手いこというなぁと感心しちゃいました。
確かに池田社長(古田さん)は鍋焼きうどんのイメージぴったりよ。
そして、ナベとおかまが微妙にリンク!?似て非なるものですが。
そこで、そばを愚弄されたコンポコ出番です。
最近コンポココンビにも愛着がわいてきたぞ…洗脳か!?

樋口が見たものは、ジャングルで母ゴリラに育てられた桜山少年の姿。
研究材料に人間に連れていかれ母ゴリラとの悲しい別れ。
母ゴリラは池田社長に瓜二つ、ゆえに池田に母の面影を見て運命の女性だと。
ゴリラに育てられたんじゃ、人間の女性に興味持てないのも頷けます。
そして桜山は研究材料で連れていかれた病院の前院長に育てられたんだっけ?
悲しい背景とともに立派に育ててくれた前院長の愛情深さ、
池田社長の親子と対比もあり、なかなか深いドラマでした。
・・・そこまで掘り下げなくてもいい?

最後は池田社長が男だと知り、婚約者詩織がアニマル化(?)して、
院長を山の中にリハビリに連れてってしまいました。
結局マザコン肯定かよ。


深夜30分ほどのドラマに長々と書いてしまいました。
でも面白かったし、味わい深かったです。
そうレッドノーズってなんだ?と思ったら、まんま赤鼻先生のことね。
このドラマで水10の方の設定に悪影響はなかったんでしょうか。

・・・池田社長、樋口の着ボイス「池田社長」抜きで配信してください。

第8話 「イケ麺そば屋危うし!イケ麺うどん屋見参!」   8.22 OA 
ゲスト★D-BOYS 

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
イケ麺うどん屋店員(遠藤雄弥・三上真史・鈴木裕樹) 黒田金造(生瀬勝久) 他 

今さらなのですが、
やっと新そばの空気に慣れてきた気がする・・・コンポコ狐狸にも。
8話は久々に面白かったです。
イケ麺うどん屋BOYSの芸達者さもあったし、
池田社長は大活躍で黒田の絡みも多かったし。
やっぱキャストが揃うと内容も濃くなるんでしょうかね。

ゲストのD-BOYSはどういうグループか知らないんですが、
遠藤さんはヴォィスや白い春に出てましたよね。
3人の前世である世界三大美女、面白かったです。
特に小野小町が面白かったよ。「いとおかし」・・・好きだ。
池田社長のマリリンモンローも活かされ続けてました。
そういや古田さん、浅野温子のモノマネ気に入ってるのかなぁ?
笑っちまいました。

最後に、樋口君が「僕もたまにはうどん食べたい」と言ったら屋台が反応。
「この屋台はほんとにやきもち焼きなんだから・・・」
樋口の相棒?ペット?
初めて屋台を可愛いと思えました。
あったかい話だったせいか、すべてに対して寛容な気持ちに。

次回は上川さん…番宣とはいえ深夜にしちゃ豪華すぎるよ。
つかこの番組が、番宣の役割を果たすのだろうか?

第7話 「日本のみなさん、こんばんは!」  ゲスト★仲 里依紗  8.15 OA 

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
後野まつり(仲 里依紗) 黒田金造(生瀬勝久) 他 

誰だろうと思ったら仲さんでしたのね。
なんだかドラマで見る仲さんとはちょっと違うHPの写真。
・・・ハーフ??

ドラマの中で企画が飛び交う。
生きものがかり≠しにものぐるい…マジでCDデビューっすか?
イケ麺オーデションは意外と大盛況?
古田さんに会えるだけでもラッキーか。

その企画のすき間でドラマが繰り広げられるのですが、
今回はイケ麺vsブサ麺の応酬が面白かったです。
やっぱり自分は樋口君がいないと盛り上がらないみたい。

全国の祭りを渡り歩いてる後野まつりは、
チョコバナナのたたき売りで生活してるようで口上披露。
そこでイケそば屋台を気にいるまつりですが、
やっぱり屋台は焼きそばだと・・・
盛りそばやかけそばじゃ盛り上がんないと。
そこでトラウマ屋台参上っす。

まつりが祭りを渡り歩く目的は父親を捜すためだった。
その父親が社長そっくりの演歌歌手らしいです。
素直になれないまつりに社長が、カッコいい父親だと言うと、
まつりの心にあったわだかまりがとけた・・・のかな?(記憶あいまい)
めでたしめでたしです。

今回の祭りテーマは、
今度開催される汐留のイケそば祭への盛大なフリなんだろうか。
なんでまた日テレ汐留のイベントにイケそばが選ばれるのか謎!
赤鼻祭りでもスパイ祭りでもよさそうなもの。
ド深夜、ひっそりやってる番組にスポットが当たるのが不思議だ。

次回はまたまた誰っ?

第6話 「呪いのホームラン・ボール」     8.8 OA 
ゲスト★岡田義徳 加藤晴彦

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
木更津(岡田義徳) 名古屋(加藤晴彦) 黒田金造・プラチナ造(生瀬勝久) 他 

プラチナ造って生きてたんだ…あれ死んだのは銀造だっけ?
ホレスタの頃のキャラが出てきましたね。

さて山本さんに続き、岡田さんもホレスタ出演者です。
しかも前回と同じ、木更津繋がり・・野球繋がりだよ。
ゲストの駒がなくなってきたのかな?

なんだかドタバタ劇でついていけてない部分も。
木更津と名古屋はホームランボールを持つ手が離れなくなって屋台へ。
二人の確執は、ベイブルース来日の日米野球まで時代を遡る。
そのベイブルースが打ったホームランボールを
名古屋と木更津の祖先が取り合う。
二人が言い合うすきに
プラチナ造がパクリ黒田の体内に埋め込んでしまったと。

そして現代、
その怨念の元となったプラチナ造の生霊がでてきて、
黒田がホームランボールを吐き出して無事解決と。
代わりになんとかチームのホームランボールの価値を見込んで
飲みこんだ黒田だったが、
実は池田社長を直撃したのがホームランボールで黒田のは・・・?
さいごはホームベースを飲みこんだという黒田のオチでした。
黒田劇場おしまいっ。

最近は漫画描写を取り入れて、ますますB級感が増してます。
今思うとシーズン1は気合入ってたんだなぁと・・・しみじみ。
当時ゆるゆるだと思ってたけどね~
これ以上のゆるゆるが待っていようとは想像していなかった。

次回は…誰っ!?


第5話 「サイコドクター祖師谷グリコの秘密」 ゲスト★吉高由里子 8.1 OA 

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
祖師谷グリコ(吉高由里子) 黒田金造(生瀬勝久) 他 

吉高さんが可愛かったです。
というか、吉高ワールド全開に仕上がってたような・・・

もはや池田社長はイケ麺オーデションにかかりきり?
引きこもりになった社長(・・・たぶんあそこに古田さんはいない)を心配して
女医・グリコを呼んだが、そのグリコが多重人格だったと。
しかもスイッチは小学生の時の学芸会のトラウマとはね。
黒田にそっくりの同級生の相乗効果で。

まぁ柿の種そばの新メニューから始まって、
猿蟹合戦に繋げるあたりはこのドラマらしいなと思いました。
近頃は妥協・・・あきらめの境地に入り始めた中では、
ま、ま面白かった方かなと…そういうことにしときます。
樋口の絡みも少しだけあったしね。

第4話 「妖怪推理作家、東北初人登場!」  ゲスト★山本耕史 7.25 OA 

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
ノブ(姜暢雄) カズマ(川原一馬) ケンジ(海老澤健次) ユウキ(君沢ユウキ)
東北初人(山本耕史) 黒田金造(生瀬勝久) 他


・・・・もう「イケ麺トラウマ屋台探偵」でもいいような気がしてきた。

今回は、小説家・東北初人の
原稿の最後のページが消えたという内容でした。
この間の明智小五郎といい、
こういった世界観が好きな脚本家さんなんでしょうか。
前期の名探偵の掟が頭をよぎっていったけど。

樋口君がいないので全員でその原稿を再現して、
最後のページに書かれた内容を思い出してもらう作戦だったのですが
トラウマ屋台により、最後の原稿は最初からなかったと。

う~ん、もうちょっとなんとかならないものかなぁ。
シーズン2になってから面白さを感じることが少なくなった。
やっぱ自分が、藤木さん目当てだから楽しめないんだろうか…

次回は吉高さんでちょっと楽しみではあります。
好きな女優さんなので、いつか共演してほしいなぁと思ってました。
ただ藤木さんとの絡みが、ちゃんとあればいいんだけど。


第3話 「悲しきワラ人形」   ゲスト★加護亜衣 西岡徳馬     7.18 OA 

樋口潤太郎(藤木直人) 池田政彦(古田新太) 樋口イタ子(堀内敬子)
ナオフミ(金子直史) カズマ(川原一馬) ケンジ(海老澤健次) ユウヤ(木戸邑弥)
うらみ益代(加護亜衣) うらみ益蔵(西岡徳馬) 黒田金造(生瀬勝久) 他

ライブ後、友人宅で見ました。
初めてのテレビサイズで見れたのに、出番少なくて残念。
しかもライブの余韻がありすぎて物語に入っていけなかった。

娘が実はワラ人形だったってオチでしたね。
納豆と言った時に、娘のワラの中から出すのは予想できました。
樋口の考えに考えた新メニューも納豆そば・・・でチャンチャンと。
まぁ、とろろそばがあるなら、納豆そばもありかぁ?

翌日ライブで藤木さんがツアー中なので出番少ないとおっしゃってました。
前期の夜光の時も、
かなりの忙しさだったのだろうなと改めて思いました。

シーズン2は自分の中で、いま一つ盛り上がりに欠けます。