/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 PRICELESS 記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
大逆転 ◇ 12.3 OA

初めて作った魔法瓶が記者の目にとまっていきなりのヒット。
なんという出来過ぎな話なんだろう。
それが金田一の器たるゆえん?

かつてミラクルで魔法瓶作ってた工場長集めて
本格的に魔法瓶生産に乗り出すわけですが、
統一郎の予見通り、一つの工場が納品遅れの原因になる。
そこで切り捨てるか切り捨てないかなんだけど、
どっちが正しいともいえない気がするんですけどね。
金田一の出す答えが正しいという空気がどうも苦手だ。

にしても、子役や夏木さん、幸福荘の住人も活かせてないのに、
記者に香川さん、有名どころの工場長がわらわら出てきて、
キャストの無駄遣いじゃないでしょうか。
もっと脇キャストを活用して面白くできそうなのに。

自分が藤木ファンだから面白くないのかなぁ…
3人を楽しめないとドラマを楽しめない気がするんだけど。

藤木さんパートは、心配性で過保護な財前専務に、
金田一が気になるけど気にしないやせ我慢の統一郎さんって感じでした。

統一郎サイドも何か話を振ってくれ~~~と思わないでもないですが、
あくまでも金田一を見てるだけの人たちなんだね。
統一郎が動きが無い分、イッセーさんの芝居が濃くなってる?
イッセーさんの濃さに救われてる自分です。


【キャスト】


スポンサーサイト
日本一の貧乏社長、誕生! ◇ 11.26 OA

ホットドッグ屋台が一千万に変わって、
そのお金で魔法瓶を作ろう!ってなったわけですけど…
なんかつまんなくなちゃったなぁ。

統一郎から500万で魔法瓶の製作所を借りる金田一。
そこで作った魔法瓶がヒットしたら
権利の問題とかどうするのかなって先週から思ってた。
貸した人材の技術力はミラクル魔法瓶にあるのかなって。
だからヒットしたら統一郎がかっさらっていくのかなと思ってたわけで。

でも違うみたいね。
来週は自分たちの会社で生産するようです。
そうなるとわらしべ長者も終わり?


なんかさ細かいところが気になるんだよね。
撤去させた魔法瓶がごみ置き場にあるかよって思ったらあるし。
さすがに会社の歴史なんだから倉庫にでも置くんじゃないの。
2日間保温できる魔法瓶だって、普通1日で水変えるよ。
昨日沸かしたお湯でお茶しないけどなぁ。
そういう細かさを帳消しにするほど
他で説得力あったら気にならないんだろうけどね。

香川さんにしたって、
魔法瓶の記事書いて売れるのは見てる方もわかってるのに、
わざわざ来週まで引き延ばす。
もったい付けずにサクッと進めたほうが気持ち良いのになぁ。
ドラマの世界観はいいんだけど…色々と残念。


さて6話の統一郎さん。
社長としては順調に間違った方向に歩んでるのでしょう。
それが彼の役割でそれ以外は求められてない印象でした。
カッコ良かったですけどね。

そういえば広瀬さんは先代のお知り合いでしたね。
どうも融資をお願いしてるみたい。
社長の会見によって株価が上がってるようですが、
広瀬はその先を読んでるのでしょうね。
いよいよミラクル魔法瓶危なくなりそう…
金田一は無意識に父・大屋敷巌に近づいてきてるし、
兄弟と知る日も近いかな。


【キャスト】


奇跡の始まり ◇ 11.19 OA

随分と幸福荘の層が厚くなりましたね。
その分掛け合いも力入ってるようで、さすが中井さん。
3人の掛け合いも悪くはないけど、個人的には模合×子供の方が笑えました。

さて屋台でホットドッグを売ることになった3人。
なんていうかちょっと強引じゃない?
それに道のド真ん中で通行妨害、道路交通法とかはクリアしてるのだろうか。。
ホットドッグもさぁあれで300円高いよ。
前回のホームレスの時も思ったけど、フランスパン年寄りは食べにくいよね。
…などとイチイチ突っかかってしまう。

まそれはさておき、瑤子の父親が金田一に接触してきたのは意外でしたね。
一応王道は外してきてるようでちょっと安心しました。
でも少し違う方向に向かいそうなのが心配。

それでは5話まで見てきて思うこと。
・幸福荘の2階はなぜ立入禁止なのか。
 人が上がると壊れるから? 大家さんが何か隠してる? 

・金田一を追い詰めてるはずの統一郎が、逆に追い詰められてる気がする。

・統一郎はもう少し優秀な場面もあってもいいんじゃないか? 
彼なりに会社への思いはあるはずなのに、父親に反抗してるだけようにも取れる。
無駄を切る方法はメリットもあるはずなのに、器じゃないと否定されるだけ。

・求心力の二三男、孤独の統一郎。 
 その最たるが、二三男の行列、人が避けてく統一郎

・財前がだんだん統一郎を残念な目で見てるような気がする。
私の思い過ごしだろうか…

よくわからなかったのが製作所の辻さんに
「社長の器じゃない」と言われたあとに金田一の屋台見つけて、
「彼も社長だな」と会いに行った統一郎。
屋台ごときでいい気になってるだろう金田一を嘲って、
怒りのはけ口にしようとしたのかな。
んで、返り討ちに合っちゃった?
なんだか可哀想で憎めないや。

次回は二三男が魔法瓶を作る会社を起こすみたいです。
保温力アップした魔法瓶をあちこちに売り込み、
マスコミに取り上げられて人気商品にでもなる?
で、おいしいところを統一郎がかっさらってまた憎まれるのかしらん?

ま、奇跡の始まりだからね。
どんな奇跡になるのか見ていきましょうか。

【キャスト】


最後の一人も堕ちてきた ◇ 11.12 OA

二三男が徐々にキムタクさんっぽくなってきて…苦手だ
すき間すき間に「面白くしてやるぜ」と意気込みを感じる小ネタを挟んで来たり、
これ見よがしに表情で訴えてくる。
あっ、これは私個人の問題ですからね。
もちろんソコがいいという方を否定するものではありません。


そういえば作業着やホットドッグをしつこいくらい
「暖けぇ~」「美味い」と押してたのは屋台の伏線だったんですね。
木村さんの小ネタ押しうっとおしいと…正直思ってしまってました。


4話は模合さんが社長に抗いミラクル魔法瓶から去ることに。
「本当に切られるべき人間は社長…あなたです」
模合さんカッコいいんだけどね。
でも私はなぜか(笑)統一郎目線で見てるのであまり響かない…申し訳ない。
もう少し相模川製作所で金田一達と密な場面があるなりして、
模合の葛藤をメインにしたら感情移入できたかもとは思います。
どちらかというと金田一の活躍の方が印象に残ってしまってたので。


さて模合が去ったミラクル魔法瓶の、
今後の鍵になりそうな人物がお目見えしました。
金田一の恋人瑤子の父(草刈正雄)。
なんだか会社を狙ってそうな匂いがしますね。

統一郎、財前、瑤子の父、瑤子、
代わる代わる笑顔が繋がっていくシーンがよかった。
笑顔に隠された下心、腹の探りあいともとれる演出にワクワクした。
わずかに残ってる期待を抱かせてもらいました。

この4人に金田一・彩矢・模合が絡んでいくのでしょうね。


【キャスト】

一万円のラーメン ◇ 11.5 OA

青春軒の店主・佐倉(木村祐一)から貰うのは屋台かな。
北別府サインボール→鹿之助(食玩)→ラーメン屋の屋台(青春軒のれん付き)?
またデカいもの貰う羽目になりましたね
でも次回まで屋台引っ張らなくてもよくない?
最後に屋台引く二三男と子供と彩矢でもよかった気がします。

今回はちょっとテンポ悪かったし、
特に前半は、今までの勢いはどうした?と思うくらいでした。
ラーメン屋の人情話にあんまり興味持てなかったよ。
金田一がチラシ裏でチラシ作って宣伝してもダメだったというのは良かったけどね。
あれで客入ったら人生楽しすぎるっしょ‥何でも上手くいきすぎて。

あのラーメン屋は社長や財前につぶされるのかと思った。
なんせ彩矢が全力投資した会社まで破産に追い込んだのだから。(…たぶん)
ってかあの行列の店が社長・専務の差し金だったらよかったのに。
今度はどんな手でつぶしに来るかって楽しみも増える…はず。


3話は色んな物を背負う二三男と切り捨てる統一郎の対比が良かったです。
しかし統一郎、いきなり社長の器じゃない描写かぁ…
社員に社長交代してから業績業績と厳しくなったって言われてるし。
あちこちで人情かってる二三男と、
いつか周囲にそっぽ向かれて四面楚歌になりそうな統一郎…。

そういえば亡くなった前社長が言い残した「社長の器」。
はたして解雇前の二三男にあったのか少々疑問にも思う。
貯金もなく、自分のこだわりにお金を注ぎ込む40歳に会社を任せられるのか?

ふと気づくと、二三男がいつものキムタクさんになってきてますね。
1話はちょっと鼻につくキャラが今まで木村さんっぽくなくて「おっ?」っと思ったのになぁ。
解雇されて崖っぷちで出会った人たちによって変わったのはわかるけど…
結局ここにたどり着くんだね。
人が良くて、周囲に慕われて、行動力があって、自分のことより困ってる人のために何かしちゃう。
でも私はダメなところのある人間の方が、魅力的だったりしますけどね。


青春軒で一万の食事はプライスレス感出てました。
統一郎側のような豪華な食事じゃないけど、特別な日に特別な人達との食事。
模合の揺れ動く様子も手に取るようでした。
模合は今回で溜めを作って、次回とうとう動きだすのかな?


3話の藤木さんは接待食事後の耳だし社長カッコ良かった。
「模合、統括本部長」と圧力かける目もイイ。
もちょっと迫力あったらいいんだけどね。
藤木さん見たさもあるんだろうけど、
人情話だけじゃなくて会社側をもっと見たいなぁ。

次回は後輩君が会社と二三男を絡めるみたいなので期待しておこう。
そして屋台が何に変わるのか?
誰か脱サラしてラーメン屋やりたいと宣言したりするんだろうか?


そうそうEDで3人が箱を社長に渡してPRICELESSって出るとこ。
これは、3人が社長にPRICELESSを気付かせるって意味でしょうか。
それにしてもドラムの藤木さんが小さすぎる。

【キャスト】


貧乏って弱いの? ◇ 10.29 OA

しつこいくらい宙に舞ってたのは、わらしべ長者アピールだったんですね。
そういや1話でもボールが浮いてたっけ。

北別府のサインボール→鹿之助の食玩→?

これから二三男が何を手にし、どう繋がっていくか楽しみですね。
物を通じ人と繋がっていく中で二三男がどこにたどり着くのか。

予想としては、
二三男はわらしべ長者で最終的に会社を手にするんじゃないかなぁ。
そして社長の統一郎は北別府のサインボールをオークションか何かで手にしていて、
最後はお互いに交換する。

二三男にとっては北別府のボールがPRICELESSなものであり、
統一郎にとってはミラクル魔法瓶がPRICELESSなもの。
それぞれ父が残してくれたものではないかと。

かつて父親が一代でミラクル魔法瓶を築きあげたように起業。
玩具や物々交換サイトとかさ。
父親が二三男の器をかっていた通りに。
そしてかつて巌の隣に仲間(写真)がいたように二三男の隣にも仲間が…
そんな筋書きを想像してしまいました。


しかしドラマはまだ2話。
二三男の容疑を調べてた彩矢はショムニもどきに飛ばされちゃいました。
そこにいた社史編纂室室長が妙なことを話す。

社内で起きる不思議な出来事はすべて財前専務が絡んでる

ん?二三男を解雇したのは財前の企みもあるのか?
財前専務のデスクにある写真からして、ミラクル魔法瓶創設メンバーの一人。
前社長が亡くなったことで、何か起こそうとしてるのかも?
まだ白と黒どちらに転ぶかわからないですね、財前は。

模合は財前から統括部長に昇進のチャンスを貰いましたね。
だてにエレベーターばかり乗ってません、模合だって上に行きたい。
それにしてもこの存在感のない設定が今後どう生かされるのか、
何を意味するのか気になるところです。
最初は黒幕かと疑ったけど、普通に二三男のパートナーか?

そして二三男はようやくビールにありつけました。
でも子供がお金だけ置いてきたっていうのはちょっと強引。
彩矢のレジ調べがやりたかったんでしょうけどね。
しかも3台あるのに何でそのレジ?…とか、
元の釣用お金が入ってないぞ…とかツッコミしちゃったよ。

万引きと間違えることができてレジ調らべる方法、他になかったのでしょうか。
例えば…
レジで精算してる大人に、
カウンター下で「父の誕生日なんです。お願いします」とお金とビール渡す。
頼まれた人がレジ精算後にこれもねと210円渡して、子供にビール渡して立ち去る。
店員打つのが面倒で先の精算のお金と一緒にレジにしまう。
店長ビールもってる子供を見て万引きと疑う…でどう?
こんなことに尺は使えませんと言われるか(笑)


さて、まだ出番の少ない藤木さんですが、ホームレスになる予定はないのかな?
あれだけ居丈高な態度を取ってるからね、
いずれ転落しそうな気もするのですが。
幸福荘に転がり込む統一郎も見たいような…見たくないような。
ある種駆け込み寺のような幸福荘。

そんな幸福荘に個性あるメンバーが加わりました。
ミラクル魔法瓶の社内事情といい面白い要素が増えてきて、次回が楽しみです。

【キャスト】
はじめての貧乏…五百円稼ぐって難しい ◇ 10.22 OA

あまり期待してなかったんですが、意外と楽しめました。

初回でいきなりのネタ晴らしは潔かった。
誰もが気づくだろう統一郎と二三男の兄弟疑惑を延々引っ張られても困る。
今後の予想としては、
中盤で兄弟と認知した頃に新たな敵が現れ社長解任の危機。
それを兄弟で切り抜けて、二三男が社長? もしくは兄貴に譲って起業かな。
でもこれではつまらないので予想を裏切って欲しいですね。
…兄弟でキャッチボールは必ずやると思う(笑)


木村さんはやっぱり木村さん。
木村節というか小技を挟んでの演技がね。これは好みなんでしょうが…
現場には自分なりのアイデアを持っていくという話らしいし、
セルフプロデュースが強い方なんでしょうかね。
役的には今までにない感じでしたが、カッコよさは脱ぎ捨てられない?
中井さんは空気の消しっぷり、ヨレヨレ具合がさすがで面白かった。
香里奈さんもオタクっぽくていいキャラになりそうですね。

さて藤木さんですが、
1、2シーン位かもと覚悟してたから、始めから出てきて嬉しかった。

統一郎は父の死に際に、
お前は社長の器ではない。
腹違いの弟、金田一二三男を次期社長に譲れ

と言われるわけです。
腹違いの弟がいるって言われただけで動揺するのに、
社長の器ではないなんて悲しすぎる。
今まで仕事仕事の父を支えて来たのに…最後の言葉がそれですか。

父とキャッチボールをしたことがない統一郎は社長云々以上に、
父が二三男を息子として認めてることへの寂しさが根底にある。
それが二三男を追い詰める原動力になってるのでしょうね。
すっかり統一郎に感情移入しちゃったよ。

でもこれで統一郎が二三男を追い詰めるに値する理由になりましたね。
これが弱いと説得力がないドラマになる。
ま、二三男の部屋だけ爆破される説得力は見当たりませんが。(笑)
起爆剤ってことで…


統一郎の側近、イッセーさんも面白かった。
タブレットを指でなめて触れる細かいオヤジ技といい、
エレベーターで二三男の存在を教える財前と統一郎の表情のやり取り、
ホタルとぶちょおを思いだしました。
これからも注目ですね。
でも財前…いつか統一郎を裏切りそうなんだよなぁ…
反旗翻して社長の野望抱かないでくださいよ。


次回は香里奈さんも解雇されるみたい。
二三男が情報漏洩に関わってない証拠もあるし、
二三男、彩矢、模合で真実を探っていくんでしょうか。
統一郎と二三男のご対面も楽しみです。


そうそう、一番楽しみしてたEDのバンド。
ドラムの藤木さん、小さすぎて見えないよぉ。
ギターで見たかったけど…ま、しょうがないか。


【キャスト】