/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 2014*ドラマ 記事一覧

そろそろ秋の連ドラが始まる頃ですね。
今期は割とバラエティーに富んだラインナップになってるかと。
恋愛、ミステリー、学園、医療の定番から時代劇やSFチックなものまで。
すべて見るわけではないですが、どんなドラマがあるかチェックしてみました。

TBS 【月20】 10/20~「SAKURA~事件を聞く女~」  ◆仲間由紀恵
結婚して初めてのドラマになるわけですね。
ご祝儀がわりに見てあげたい気もするのですが、時間帯が…
録画して見るほどでもなさそうだしなぁ
ってかなりの上から目線ですね…ご祝儀で見てあげたいって。
まぁ、時間が合えば見ようかなと思ってます。
フジ 【月21】 10/13~ 「信長協奏曲」  ◆小栗 旬 ★★★
月9で時代劇、いいんじゃないでしょうか。
ただつい最近にタイプスリップした信長ものってありましたよね。
色々被ってて、またかって思われないだろうか。
お目当ての藤木さんが出てくるのが少し先になりそうなので、
面白いドラマで有って欲しいと切に願う。
藤木さんが出る前にテンション下がりませんように。
心配なのが苦手なキャストが何人かメインでいらっしゃることかな。
映画化もすでに決定してるらしく、
連ドラで引き延ばして‥本編は映画ってことにならなきゃいいけど。
フジ 【火21】 10/21~ 「すべてがFになる」  ◆武井 咲
ドラマよりも武井さんの権力の方が気になります。
今年に入って主演ドラマ3本目ですよね。
なぜこんなに押されるのか…
堺さん並みに視聴率取ってなら理解もできるけど、
はた目から見たら、別にこの役武井さんじゃなくてもよくない?
いやむしろ武井さんじゃ若すぎるだろう…と思うこともシバシバ。
といいつつ、武井さんのドラマは殆ど見てないのですが。
GOLDで共演されてた綾野さんとのコンビ。
どこでどう光が当たるのかわかんないものです。
フジ 【火22】 10/14~ 「素敵な選TAXI」  ◆竹野内 豊
芸人のバカリズムさんが脚本だそうですが、
以前日産のドラマ仕立てのCMを彷彿とさせます。
あれ、結構好きだったのですがCMだったから面白かったわけで。
こちらは世にも奇妙な…からホラー抜いた感じでしょうか。
実験的で面白そうではありますが、裏のさよならで手一杯。
とりあえず1話くらいは録画して見ようかなぁと迷うところです。
TBS【火22】 10/21~ 「女はそれを許さない。」   ◆深田恭子
火曜日の三つ巴戦。
弁護士のお話だそうですが見る予定なし。
なんていうかドラマの枠を埋めるためのドラマって気がしないでもない。
NHK 【火22】 10/14~ 「さよなら私」  ◆永作博美 ★★★
40代の女性の友情もの?と思いきや不倫?の要素もありのようで。
でも…あるところでネタバレ見ちゃったんです…チクショー
予告見たら女性だけじゃなく、男性側にもなにかあるみたい。
40代の女性を描くドラマなので、
私の中になにか響くものがあったらいいなぁと楽しみにしてます。
藤木さんの一年ぶりの連ドラというのもあって期待倍増です。
テレ朝 【水21】 10/15~ 「相棒 season13」  ◆水谷 豊
また相棒の季節がやってきましたね。
日テレ 【水22】 10/15~ 「きょうは会社休みます。」  ◆綾瀬はるか
なんだかなぁ~2番煎じ感が否めない。
綾瀬さんのキャラに可愛らしさが感じられれば面白くなりそうだけど、
今回の主人公は地味なんですよね。
その分男性キャストで明暗が別れそうな気がします。
福士さんや玉木さんでキュンとなるかなぁ…
最近キュン感度ダダ下がり中で、
藤木さん以外になかなかキュンとする俳優さんがいないのです。
って私のキュン話なんてどうでもいいっすよね。
個人的には、裏のベテラン女優による女バトルの方が面白そう。
フジ 【水22】 10/15~ 「ファーストクラス」  ◆沢尻エリカ
私は沢尻さんが好きではない。なので前作も見ませんでした。
でも困ったことに周囲を固める女優さん、
夏木さんや、余さん、木村さんの女バトルとくれば気になりますよ。
なので今回は、主人公は気にせずに見てみようと思います。
テレ朝 【木21】 10/9~ 「ドクターX~外科医・大門未知子~」 ◆米倉涼子 ★★★
ちょうど一年前でしたね。やはり3に藤木さんの名前なし。
海老名(遠藤さん)はあるのに…笑。人気者だったからね
2ほど期待感はないものの大御所を集めに集めたキャストで、
大門がどう切り込んで行くのか楽しみです。
TBS 【木21】10/16~「MOZUSeason2~幻の翼~」◆西島秀俊
WOWOWで放送されたのを地上波でって事のようですが、
前作を見てハマった方はもう視聴済みじゃないでしょうかね。
有料放送で見るほどじゃないけど見たかったのよ、
という方がどれだけおられるのか。
そして裏にはドクターX。厳しい戦いになりそう…だからなのか?
TBS 【木21】未定~「ママとパパが生きる理由。」◆吹石一恵
MOZUの後番組だそうですが、かなり方向性が違うような。
3ヶ月クールの連ドラでは途中参戦しにくそうです。
フジ 【木22】  10/16~ 「ディア・シスター」   ◆石原さとみ
女子力をつけた石原さんのキャラはいつまで続くのだろう。
ショコラティエ繋がりでいえば
水川さんの毒舌哀愁キャラの方が見たかったりするのだが。
松下奈緒さんとの凸凹姉妹…ん~興味ナシ。
TBS 【金22】  10/17~ 「Nのために」   ◆榮倉奈々
湊かなえさんの原作で興味ないわけではないのですが、
榮倉さんが…一時榮倉さん大丈夫になったのに、
アラタさんとのドラマ以降やっぱり苦手だなって。
そして今期、タイトルにNやFとかの頭文字が多くて紛らわしい。
N・Fと並ぶと条件反射してしまう自分がいます(笑)
テレ朝【金23:15】 10/24 ~「黒服物語」◆中島健人
う~んこの枠もジャニーズさんか高橋克典さんか‥ですね。
この枠のドラマとはずいぶんご無沙汰です。
日テレ 【土21】  10/11 「地獄先生ぬ~べ~」  ◆丸山隆平
すっかりジャニーズと漫画のコラボ枠となってませんか。
だからかな、最近この時間のドラマを見ていないのは。
ジャニーズさんは学園ものが多いですよね。
人気グループは年齢的に教師役にぴったりで、
次世代を担う卵ちゃんは生徒役で名前売って一石二鳥でしょうか?
NHK 【土21】  10/4 「ボーダーライン」◆小池徹平
この枠は骨太な男たちのドラマが多いですね。
でも熱い男社会みたいなのがちょっと重いというか、苦手だったりします。
裏の日テレがジャニーズなので、
こちらは男性視聴者層を取り込もうという狙いなのでしょうか。
NHK 【日20 大河】  継続 「軍師官兵衛」  ◆岡田准一
今年の大河もあと少しですね。見ることはなさそうですが。
TBS 【日21】  10/12~ 「ごめんね青春!」  ◆錦戸 亮
宮藤さんのドラマは好きなんだけど、
キャスト、学園ドラマってことで興味が湧いてきません。
NHK-BSP 【日22】  10/5~ 「昨夜のカレー、明日のパン」  ◆仲 里依紗★★
BSコンシェルジュを見て面白そうだなと見ました。
ほのぼのとした日常の中に
喜怒哀楽が柔らかく表現されている木皿ワールド。
主人公と義父の、近くて遠い絶妙な距離感が新鮮。
主人公が抱える想いが切なく、
でもクスっと笑えたりもして面白かったです。
BSのドラマも侮れませんね。

【NHK 朝8 マッサン】
ヒロインが外国の方ってどうなの?
と見るつもりなかったのですが結局見ている。
中島さんの力強い歌声に誘われてそのままね。
今後見続けられるかどうかはまだ未定ですが。
【テレ朝 木19:58 科捜研の女】
【テレ東 金19:58 新・刑事吉永誠一】
【NHK  木20:00 ぼんくら】

◎深夜ドラマ
【TBS 火25:11 深夜食堂3】
【日テレ 木23:59 ビンタ!~弁護士事務員ミノワが愛で解決します~】
【テレ東 金24:12 玉川区役所 OF THE DEAD】
【テレ東 金24:52 甲殻不動戦記 ロボサン】

などなど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
期待度
☆=ゼロ
★1→3にしたがって期待度up
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



夏のドラマで最後まで見たのは4本でした。

家族狩り

久しぶりに見ごたえのあるドラマでした。
初回からガッツリ引きこまれて最後まで目が離せなかった。
一家心中事件を軸にいくつかのパートが織り交ぜられていたのですが、
最後にそれぞれのパートが家族の線で繋がれた。
絶対的な悪と描かれた油井までもが家族の名のもとに。

ヘビーな描写や内容の中で巣藤の軽快さで緊張が緩和、
伊藤さんの良さが最大限に活かされてたと思いました。

巣藤と関わるようになって游子と家族は変わりましたね。
認知症の父親がはじめは痛々しかったのに、最後には神々しく見えた。
巣藤によって游子の家族は開かれ、また游子によって巣藤の家族も…。
ケートク君家族も集まって和気藹々する団らんが、なんだか羨ましかった。

「家族を開く」というセリフは私自身にも響いてきました。
折しも身近な家族のことでどうしたものかと考えてる最中でして。
家族は上手くいかないのが当たり前‥そんなセリフにハッとさせられた。

虐待、引きこもり、DV、介護。
家族が抱える問題は時代ともに増えてきてる気がします。
そんな大それた事じゃなくても家族は常に何かしら問題は起きるわけで。
家族を開くために、まず自分を開いておく必要があるのかもしれません。


昼顔

上戸さんも大人なドラマに挑戦かぁ~、
高校教師の時はキスシーンも嫌、過激な部分はソニンさんに‥なんて言ってたのにね。
なんて親戚のおばちゃん目線で見てたら、なんてことない全然エロじゃない。
別に見たかないけどさ。
これはもう一つの不倫ドラマにも言えたことだけど、
主人公サイドより別のカップルの方が面白かった。

ま、一番面白かったのはEDなんだけども。
懐メロカバー曲に乗せて、全裸?の俳優さんに毎回笑ってしまった。
上戸さんのシリアスなモノローグを吹っ飛ばすほどの威力でした。
劇中の曲も印象的でしたね…背徳感をあおるようなボリュームのある音。
最終回の部下が言った「夫がいるのに畑を荒らさないで」のセリフも面白い。
独身側から見た不倫視点ですよね。

脱落しかけたけど最後まで見てよかったです。
シリアスなのにどこか可笑しい…
そうそう高畑さんのアンニュイそうな姑もとても面白かったです。


HERO

なんだろう…こんなもんかなって思ってしまう程度のドラマだっけ?
結局、「HERO」って木村さん演じる久利生がいれば成り立つドラマなんだね。
最初は少し抵抗あった北川さんですが、意外に良かったです。
いや元ヤン設定のおかげか北川さんに好感もちました。
北川さんはサバサバした女性やった方がウケがいいと思うな。
そして城西支部の寄せ集め感たっぷりのメンバーが、徐々にチームっぽくなるのはよかった。
しかし、前のキャストに比べると…。
それが逆に久利生を浮き上がらせるのだろうけど、久利生自身も前に比べると地味に見える。

小日向さんの存在感の消し方はさすがですね。
前作以降、悪い役や善人の役も色々やられたのを見てきて、
でまた「HERO」に戻って来たときには、前作の小日向さんだった。
さりげなく演じてるこの絶妙な軽さ?絶妙なうざさ?というのが、
実は本人のさじ加減というのが…ね。
控える演技ってのが案外一番難しかったりするのかなと思いました。


同窓生

いまひとつパッとしなかったですね。
TBSらしくて嫌いじゃなかったけど、盛り上がりに欠けたというか。
見ててなんだか懐かしさを覚えたのは、原作の世界観なのかTBSの王道さなのか。
まぁ世代的に主人公達とは遠くないので共感しなかったわけじゃないけど、
年齢的にリセットして新しい道に進むってことは現実的に厳しいよね。
このドラマでは登場人物が4人ともがリセットしたわけで…
そういう部分ではいかにも漫画、いかにもドラマって気がしました。


【番外編】 花子とアン

面白かったのか疑問は残りますが、毎日楽しみに見てました。
それぞれの役者さんの力が大きかったのだと思います。
色んなタイプの女性がいて、あの時代の女性の群像劇でもあったのかな。
とくに室井さんのおかぁは良かったです。

ただ「花子とアン」というタイトルなのだから、
もう少しアンとの出会いや翻訳の過程を描いてもいいのかななんて。
スコット先生から本を譲り受ける前では「花子とレン」かとツッコミたくもなった。
それと劇中で亡くなる人物が、あらかた仏壇前の写真で済ませられたのには苦笑い。
蓮子の姑さんはともかく、義父さんは描きようがあっただろうに。
あとは、時間の流れや年齢などわかりづらかった。

そして最終週、別に感動的に盛り上げる必要はないとは思いますが、
もう少し余韻というかじわっと来ても良さそうなんだけど、
終わった淋しさもなければ胸がぬくぬくする幸福感もなくて…
大体、最終回への引きに宇田川先生を使うのも、は?って感じ。
少し前にかよの店でワケアリ気に飲んでた伏線はあったけどさ、
わざわざ最終回に盛り込まなくてもね。
かよやもも、蓮子も最後は置いてきぼりで…しっくりこなかった。
でも最終回が花子が一番主人公らしかったとも言えるのかな。

そして6か月抱き続けた主題歌のモヤモヤ。
聞くたびに、何が言いたいねんと。
眩しいイェ!ガオォーの国?‥と空耳たっぷり。
メロディはいいのに歌詞にクセがあったりポエム感が満載で馴染めませんでした。

なにげに有働アナの朝ドラ受けが一番面白かったかも?


続・最後から二番目の恋

最終的に一番楽しめたドラマとなりました。
途中まで今ひとつで、
真平の結婚式の回を見逃してどうなるかと思いましたが、後半面白かったです。
登場人物が生き生きしだしたように見えたし、
千明のセリフにしみじみしたりグッと来たりした。
最後は明確なゴールじゃなくて、二人らしいやり取りでほっこりしました。

新キャラも最終回にはすっかり馴染んでましたね。
あと典子の旦那がいいキャラ。
破天荒なのに憎めない…可愛いおっさんでした。

ルーズヴェルト・ゲーム

最後まで楽しめたかな。
ただ物足りなさもないわけではなく。

イツワとの決戦、野球はじっくり時間かけてやったのに、
ビジネスの方は勝負の結果だけに焦点が当てられてた。
そこに至るまでの神山達の開発経緯が見たかったな。
まぁ手の内見せちゃうと、
あの画質の違いの衝撃度が演出できないのかもしれないけど。
でも神山部長らのこだわりとかモノづくりの現場を見たかった。

そして野球部の行方。
城戸社長に野球部が丸ごと託されるという結末。
野球部存続は良かったのですが、一抹の淋しさも残りました。
あそこまで社員が団結して応援した野球部を失くしちゃうのかって。
青島で野球することに誇りを持ってた部員達を思うとね。
でもそこがこの話のらしさなんでしょうね。
都合よく大団円にしなかったのは評価出来るのかも。

極悪がんぼ

始まった頃、面白いじゃん、アリだよ~と言ってたのですが、
徐々に慢性化したというか新鮮味が無くなったような気がします。
最終回のどんでん返しも、
所長がひと芝居打ってるんだろうなって見え見えだったし、
薫の打ったひと芝居もバレバレだった。
もちょっと工夫があってもよかったかなと。
それと意外にも金髪金子の比重が大きかったですね。
ただ面白くなかったわけではないので、
これはこれでよろしいのではないでしょうか。

BORDER

衝撃的な最後でした。
見終わったあと来週は見逃せないなと興味津々でいたのに、
まさかあれが最終回だったとは。
うん、考えたら一線を越えてTHE END…だよね。
納得はしたけど、強烈すぎて。

もし続編作るとして、どうやって辻褄合わせるのかちょっと見ものだなぁ。
夢落ち?(笑)

SMOKING GUN~決定的証拠~

あれだけ引っ張った割に大した謎でもなかったな。
縁が殺したとか言ったって、結局彼女がかばったわけだし。
研究員達で物議を醸しだした謎も、
小麦が2倍で成長と聞いてちょっと面食らったよ。
そんなこと?って言ったらいけないかもしれないけど、
そのために研究室で殺人が起きたりしてたのかよって。
もうちょっとスケールある研究に出来なかったんだろうか。
折しも小保方さん騒動あったりして…なんだかなって。

整形で顔変えた管理人が犯人というのは多少盛り上がったけど、
縁の彼女エミリの事件に比重置きすぎた感は否めない。
前半で終わらせてまた新しい事件を後半に用意したら、
も少しテンポ良くなったのではないかな。
(半沢様式と人は言うだろうが。)

アリスの棘

途中見てなくて、最終回だけ見ました。
…ってか結局養父が犯人で、こじんまり感がなんとも。
見てる人を裏切ってやろうという狙いが、
透けて見えるのが残念というか…底が見えちゃうというか。
ちょっと惜しいと思うドラマでした。


*この記事は日付をさかのぼってアップしました。


春のドラマも佳境に入ってまいりました。
各ドラマ淘汰され、今期見てるのは3本。
そしてなんとなく見てるドラマが一本。
あとは気が向いたら見ようかなと思いつつ、まぁいっかなドラマ。

シーズンごとに沢山ドラマが作られているのに、
なぜか十把一絡げな印象を受けてしまうのはなぜだろう。
毎日刑事が活躍したり、
先日殺された人物が今度は活躍してたりのデジャブ感。
そんなことが今期はやけに多く感じます。

次回も見たい

【月9】極悪がんぼ

始まる前はどうかと思いましたよ。
月曜9時にVシネ的な世界観に違和感はあった。
でもそれ以上に、面白かった。
最初はくされ外道(三浦翔平さん)にイラッとしたけど、
見続けるうちにおバカな愛されキャラに進化。

今でも月9にこれはどうなのかなと思います。
でも最終的に面白いかどうかなので私の中では有りかな。
尾野さんは嵌ってるし主題歌もぴったり。
意外なキャスティングの三浦友和さんは、
いい人なのか見かけどおりなのか謎っぽくていい。
小気味いい広島弁もテンポがあって耳に残ります。

妖怪呼ばわりされてる所長は、
主人公の母がやってたお好み焼屋を潰した人なのかな?
それを主人公が知ったらどうするか興味あるけど、そこまで進むのかどうか。

月9でなければもっと自由にやれてのかなと思うと少し残念ではあります。

【日9】ルーズヴェルト・ゲーム

何となく苦手そうなドラマだなと見始めましたが、
意外にも良かったです。
特に野球好きでもないけど…野球部分がよかった。

企業ドラマとしては半沢よりも感情移入しにくいというか、
主人公が大声でまくしたてゴリゴリ押してくる感じがどうも…しつこくて。
逆転してもなかなか爽快感が得られなかったのですが、
ここにきて社長の人間味が見えてきてよかったです。

これまでは、野球と会社が微妙にリンクしてるものの別のストーリーが
一つの会社内で描かれてるって印象でしたが、
いよいよ社長と野球が繋がり始めて面白くなってきました。
野球と会社の逆転劇、楽しみです。

【木10】続・最後から二番目の恋

ん~面白くなくはない。
けど、前作の焼き直しで
しかも前作の良さがあまりないってのはどうなんだろう。
前の連ドラとSPで完結したって事なのかも。

新キャストで和平と千明を引っ掻き回してエピソード作って、
マリコをちょっと成長させて、真平の結婚。
そして相も変わらずの典子のすったもんだ。
和平と千明の会話も少しだけ老夫婦的なこなれた空気感はあるけど、
逆に新鮮さが無くなった気がする。

見る気が萎んできたのか、前回は寝てしまい見逃してしまいました。
今後は忘れないように見るつもりですが…

なんとなく見ている

【水10】SMOKING GUN~決定的証拠~

一度切ったけど、花咲舞よりもこちらの方がまだいい。
主人公の過去と依頼される案件が同時進行ですが、
どちらもゆるいのが気になりますね。
メリハリがないというか、エピソードが薄いというか。
話上、謎を知ってる所長を寝かせておく必要があるのでしょうが、
今まで引っ張ってた鈴木保奈美さんが不在なのがイタイ。
ようやく過去の事件が進んできたのでこのまま見ていこうかなと。

見てもいいけど…ま、いっか

【金10】アリスの棘

最初は良かったのですが、色々と復讐がゆるくて‥(笑)
あれだけ関係者を調べ上げてすべてをかけてきた復讐が、
結構行き当たりばったりじゃないですか?
それも復讐相手が次のターゲットを教えてくれるという都合のよさ。

行き詰ったら記者がフォローしてくれたりして成り立つ復讐って。
やるなら策も練って緻密にやってくれないと面白くない。
ましてや復讐相手は殺さないのに、
関係ない患者の生死を巻き込むってどうなのよ。

1話で味方につけた師長が言いなりになってくれたからよかったものの、
普通なら上に他の人に告って策を練るでしょう。
医者になりたての小娘に翻弄される人達に見えなくもない。

ツッコミどころは沢山あれど、
逆にそれが面白くもあったりするので見ようかな?まいっかに至る。
最終回くらいは見るつもりである。

【木9】BORDER

ちょこっと見て悪くないなと思いましたが、
毎回見ようってまでには至らず。

脱落

【水10】花咲舞が黙ってない

1話で脱落しました。
やっぱり杏さんが苦手で、ヒロインに共感できなかった。
原作はどうなのか知りませんが、
ありがちな痛快お仕事ドラマっぽくて見続けたいと思えなかったです。

おまけ

【朝ドラ】花子とアン

蓮様が出るようになって面白くなったのに、蓮様がいなくなってしまった。
蓮様の孤軍奮闘ぶりが気になる…あの家でどうしてるのか。


続々と初回放送されている今期のドラマ、
やはり刑事や探偵の活躍する事件ものが多いです。
春だというのに全体的に暗いドラマが多そう。
もっとバカみたいにお花畑のドラマがあってもいいじゃない。
正直刑事ものはお腹いっぱいになって来てます。
そりゃ毎期毎期刑事ものが量産されてたら見なくてもまたかって思うよ。
今期も見たいものに絞って見ることになりそうです。

TBS 【月20】4/14~「ホワイト・ラボ~警視庁特別科学捜査班~」◆北村一輝
この枠はテレ朝と間違えて見てもらうのを狙ってるんだろうか。
警視庁なんちゃらかんちゃらのサブタイは見分けがつかない
フジ 【月21】 4/14~ 「極悪がんぼ」  ◆尾野真千子
まさかの月9にこのドラマ?…なぜ?
枠のカラーってあると思うんだけど。
少なからずいるであろう月9はとりあえず見る層が
見なくなるんじゃないの?
とりあえず1話は見るつもりです。
フジ 【火21】 4/15~ 「ビター・ブラッド」  ◆佐藤 健
親子で相棒もどき?
カッコいい佐藤さんとネバカッコいい(粘っこい)渡部さんの、
女子向け刑事ドラマなのかな?
まぁ…自分は見る予定なしです。
フジ 【火22】 4/8~ 「ブラック・プレジデント」  ◆沢村一樹
また沢村さんかぁって感じ。
嫌いじゃないけど脇でいい味出すほうが好き。
すでに始まっていて、すでにスルーしてます。
TBS【火22】 4/ ~ 「なるようになるさ。」   ◆舘ひろし
続編ですね。
前作とは時間帯を変えてのようですが‥
せっかくなら同じ枠にした方が定着するんじゃないかな。
NHK 【火22】 4/8~ 「サイレント・プア」  ◆深田恭子
予告見て少し興味を引いたのですが、結局見てません。
テレ朝 【水21】 4/16~ 「TEAM─警視庁特別犯罪捜査本部─」  ◆小澤征悦
いよいよ小澤さんも主役に名乗りをあげましたか。
このオジサン刑事ブームに乗らない手はないですもんね。
ましてやテレ朝。
日テレ 【水22】 4/16~ 「花咲舞が黙ってない」  ◆杏
半沢のドジョウでしょうか。
半沢直樹の原作者の作品に高視聴率朝ドラヒロイン、
かなり期待されてるんでしょうね。
しかし私は杏さんが苦手で…
とりあえず1話見てみようかな
不祥事
フジ 【水22】 4/9~ 「SMOKING GUN~決定的証拠~」  ◆香取慎吾
見ました。
面白いようなそうでもないような…微妙ですね。
主人公の過去は正直どうでもいいのですが、
科捜研ばりに証拠を見つけていく部分は面白そう。
ただそこをどう見せてくれるかなんだよね。
ただ色んな器具を使ってやってますよ~的なシーンの継ぎ接ぎだと
不満が残りそうです。
ま、2話も一応見る予定です。
テレ朝 【木21】 4/10~ 「BORDER」  ◆小栗 旬
木曜日の番組欄見ただけで胸焼けが。
まぁ初回は単発とも重なって、結局全部丸ごと見ないことにしました。
聞くところによると幽霊で解決するらしいとのこと。
幽霊や超能力…そんなのあったら捜査いらなくない?
違和感ないのだろうか。
TBS 【木21】4/10~「MOZUSeason1~百舌の叫ぶ夜~」◆西島秀俊
これ‥2はWOWOWで放送するんでしょう?
だったら見なくてもいいわ。続編商法反対~!!
ま、それがなくても見なかったと思いますが。
初回2時間でスケールデカい刑事ドラマ…見る前から重い。
フジ 【木22】  4/17~ 「続・最後から二番目の恋」   ◆小泉今日子 ★★★
この春のラインナップで唯一楽しみです。
ただ続編で力入って新キャスト投入で掻き回したり、
変にお金かけてスケール大きくしようなんてしなきゃいいんだけど…
小泉さんと中井さんの掛け合いが楽しみです。
日テレ【木23:59】 4/3~ 「トクボウ警察庁特殊防犯課」  ◆井原剛志
安達さんがドSキャラの上司だって言うんで見ようかな‥
と思ってたらすでに始まってた。
深夜だしつい見るの忘れそうだからこのまま見ずに過ごそう。
TBS 【金22】  4/11~ 「アリスの棘」   ◆上野樹里
見ました。途中で記憶が無くなりました。
眠りから復活したら、紀香さんのお腹に何やら文字が刻まれて‥
えっ?こんな復讐でいいの???
最初の復讐相手の師長・六平さんは脅しで手なずけて利用するみたいですが、
これって復讐の手の内見られるんじゃ…
そのうち裏切られてピンチ!なんてことになりそう。
そうそう師長を屋上へ導くための膨大なカルテは、 他の誰かに見られる可能性とか、
掃除のおばさんに捨てられる可能性とかないんだろうか。
まぁこういうドラマはそういうツッコミしちゃいけないんだろうけど。
今後数珠つながりに復讐ターゲットが出現して、最終的に上層部にたどり着いたら、
実は父親は医療ミスじゃなく殺されたっって可能性もありかな。
しばらくは見続けるつもりです。
テレ朝【金23:15】 4/18 ~「死神くん」◆大野 智
へぇ~月9主役だったのにわざわざ深夜ドラマにしなくても‥
テレ朝に刑事とドクター以外が主人公の枠がないせいでしょうか。
徹底して枠のイメージを守る?…どこかの局と(笑)
しかし大野さん…怪物くんに続いて死神くん。
くんくんくん…30歳過ぎてるのにいいんでしょうか
おそらく見ないかと…
テレ東【金24:12】 4/18 ~「リバースエッジ大川端探偵社」◆オダギリジョー
見ませんよ。見ませんけど物申したい。
今期のオダジョー祭りはなんなんでしょうか…
極悪がんぼ、アリスの棘、そしてこの作品。
主要な役どころでこのかけもち、それも独特の風貌で…
かけもち悪いとは言わないけど、
変えられないビジュアルでかけもちするのはどうなんだと思う。
結果どの役見ても、オダギリさんでしかない気がしてしまいます。
日テレ 【土21】  4/12 「弱くても勝てます」  ◆二宮和也
日テレは若者に野球を好きになって欲しいのかな?
そんな下心が透けて見えてしまう。
1話冒頭は見たのですが、学園ドラマにも野球にも
ハマれそうになかったので早々に脱落しました。
せめて薬師丸さんや麻生さんが出るまで見るべきだったかなと反省。
たぶん今後も見ることはないかと思いますが…
NHK 【土21】  4/19 「ロング・グッドバイ」◆浅野忠信
豪華なキャストで少々興味ありますが、
いかんせんこの時間にNHKに合せる習慣がない。
よっぽど見たいものでないと録画しない性分なので
予告だけ見て見たつもりになろう。
フジ 【土23:10】  4/19 「ファースト・クラス」   ◆沢尻エリカ
沢尻さんですか…溺れる者は藁をも掴む…にならないといいですが。
まぁね、何かと話題になりそうな方なので逆に利用しちゃえって事なのかな。
ただ私は苦手なので、積極的に見たいとは思えない。
NHK 【日20 大河】  継続 「軍師官兵衛」  ◆岡田准一
全く見てない…
面白い…のかな?
TBS 【日21】  4/27~ 「ルーズヴェルト・ゲーム」  ◆唐沢寿明
半沢のドジョウ、2匹目?
もう業界で狙ってる感ありあり。
内容は企業モノかと思ったら社会人野球らしい‥
確か土9も野球モノだったよね。
延長とか初回2時間とか仕掛けて来そうで見づらいのですが、
どんなドラマか試し見はしようかなと思ってます。

【NHK 朝8 花子とアン】
始まった頃に少し見ましたが、おしんみたいでした。
子役から吉高さんに変わる時に違和感ありそう。
見始めると毎日見るのが大変なので、時間が合えば見る程度です。
【テレ東 水23:58 俺のダンディズム】
【テレ朝 木20 刑事110キロ】
【テレ東 金19:58 マルホの女~保険犯罪調査員~】
【テレ東 金24:52 セーラーゾンビ】

などなど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
期待度
☆=ゼロ
★1→3にしたがって期待度up
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


明日、ママがいない

必然的にポストの居場所は魔王になりますよね。
ロッカーの、ポストを育ててきたのは魔王、だからよく似ている…がよかったです。
8話で相棒のように二人並んだシーンがこのセリフで蘇ってきます。
魔王のツンデレっぷりもよくて、
むしろポストの手の平で転がされる魔王って感じで微笑ましい。

最終回でそれぞれが行くべき場所に落ち着きました。
でもそうなると魔王の妻が一人で再スタートというのが引っかかってくる。
罪と向き合ってきた魔王に対し、
妻の方は逃げてたみたいだからこれから乗り越える為の1人なんだろう。
しかしオツボネを友達という関係に描いたなら、
オツボネと二人ででもよかったのかなと思いました。
ただ里親が見つからなかった子供も描く必要があったのでしょうね。

最後まで緩むことなく見られましたが、多少物足りなさも‥正直ありました。
最終回間際になってバタバタと子供が貰われてったり、
ジョリピーネタはちょっとやり過ぎな気もしました。
ボンビーは可愛かったけど、まさかあそこまで引っ張るとは思わなかった。
ドンキの闇も、ポストが通った先生の家庭も、
導入部分は丁寧なのに締めにひねりがないかなと。
魔王の子供が壊れるくらいなら大人が壊れろは名言でしたが。

ピア美がピアノをやめないように
天才ピアニストなんだろう、恩師と呼ばれたくないか?
のくだりもポストらしさがつまっていてよかった。

そういうセリフの良さがあるだけに、
最後のバタバタ感がもったいなかったかな。
もしかしたらクレームがなければもう少しじっくり見られたのかなとも思いました。


失恋ショコラティエ

もしかしてすべてが妄想だったのか?と思えるような結末でした。
特に紗絵子。
家を出るほど旦那に冷めていたのに最後のイチャイチャぶり。
妊娠でモトサヤなのはわかるけど、ふと見えた紗絵子の孤独感はなんだったのか。

そして爽太。
周りを振り回し過ぎだろうよ。
紗絵子ひと筋で何でもかんでも紗絵子、紗絵子…
なのに幻想だっただとー。
エレナのことは放置したままで、もし自分なら心が折れてる。
ダメならダメって連絡してあげなよ。

こんな自己中爽太を周りで盛り上げるスタッフの優しさに涙が出るわ。
店立ち上げたばかりなのに、
勝手に海外へいく爽太のために店を守り続けてくスタッフに。

なんだかんだ言いつつ最後まで見続けられたのは、薫子が面白かったからでしょうか。
最後は宿敵(笑)紗絵子とも仲良くなっちゃった薫子。
続編はいらないけど、薫子スピンオフなら見たいです。


◎脱落
福家警部補の挨拶

数話見て脱落したものの、最終回見ました。

話は悪くなかったと思うのですが、
主人公があまり魅力的でなかったこと、
単独行動がゆえに周囲との掛け合いの面白さがなかった。
やっぱドラマは人物が絡んで織りなしていくものじゃないかな。

決して壇れいさんが合ってなかったとは思わなかったけど、
これが菅野美穂さんだったら、もう少し主人公に愛着持てたのではないかと。
主人公の変人な部分に茶目っ気を感じられたはず。

ドラマのパッケージ的には好みだったので、少々残念でした。


チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮

2回目から見始めましたが脱落してしまいました。

緊迫した医療ドラマの中に謎が散りばめられ、
白鳥とグッチーの二つの視点から真相に迫る。
時に反発しあい、時に笑える二人の掛け合いと二転三転するドキドキ感。
そんな醍醐味が感じられなかった。
…いや感じられるまで私が待てなかったんだね。
そもそも初回を見逃してしまいましたから。

消えた医師と送られてくるAI画像、
そして碧翠院と螺鈿の部屋…あまり興味を引く謎でもなく、
かといって物語もなかなか進まなくて、
長男が生きていた?あたりでもういいやと…。

映画で完結らしいのですが、元の病院が舞台なら見たいかも?


◎おまけ
ごちそうさん

ん~なんなんでしょう。
とびとびに見てた分際で言えた義理じゃないですが…酷くないですか?
特に最終回…ダイジェストかと思いました。

いよいよ最終週突入って時に、なぜに室井問題?前の週に終わらせとくべき。
そしてアメリカ問題も引っ張りすぎ‥
チョコレート=甘いをラストに残したいとしか思えなかった。
そして、最後の悠太郎との再会と土産豚。
夫が帰ってこないことも覚悟しないとね~なんて言った矢先に、
豚を追いかける夫登場とか、コントかと。
それにさ長い間離れ離れになった家族よりもまず豚を貰いにいくってのもね。
極めつけは家族に会わずに二人でチョコレートとは…呆れた。
かっちゃんの死がまるでなかったかのようなハッピーエンド。

子供よりも親よりも、夫婦ラブラブがテーマなのか?
食を通して人とのつながりを描くドラマの最後が、夫婦でチョコレート?

和枝の土地の権利書もどうなったかわからずじまい。
あれだけ料理にこだわって来たのに食のテーマも置き去りで、
なんとも消化不良なドラマでした。
せめて最後くらい綺麗に締めたらドラマの印象も違っただろうに。

戦争の悲惨さはかっちゃんの死くらいからしか伝わってこず、
主人公はさして苦労もせずに周囲が何でもかんでも用意してくれて、
年をとっても食べるものなくても戦争のさなかでもこぎれいな主人公。
杏さんは顔汚しちゃいけない理由でもあるのだろか。
やっぱり杏さんの演技は苦手だなぁ
主人公夫婦がつたない分、
和枝姉さんや静お母さん、のり子ちゃんが印象に残りました。


冬ドラも最終回が近くなってきましたね。

【水10】 明日、ママがいない

外野が騒がしい中、無事最終回までこぎつけました。
よかったぁ~中止にならなくて。
正直なところ‥そんな問題になる事なのか?と不思議でした。

魔王が施設の子供達をペット呼ばわりするのがそんなに悪いことですかね。
社会で生き抜く強さを身につけろという意味が込められているのに。
ましてや偏見を持たれやすい環境の子供たちのこと、
真っ向な正論じゃ聞く耳持ってくれない世間相手生きる術を教えてるのに。

昔「腐ったみかん」と揶揄したドラマがありましたが、
今じゃあっちもこっちも配慮して、鋭くえぐるドラマも難しくなるのかな。

そしてもう一つ問題視されていたあだ名「ポスト」
これはもう保身としか思えなかったな。
あだ名はこのドラマで重要な役割だったと思います。
親の業は否応なく子供に課せられる。
それを受けいれて立ち向かっていく施設の子供たちの、
強さの象徴だったような気がします。


まぁ子供がつけるあだ名なんてもともと残酷なわけで。
私はずっと背が低かったので、もの心ついたころからチビチビと言われてたし、
中学生の頃にはスモールとかリトルというあだ名で呼ばれてた。
それは自分の特徴であり個性でもあるんだと
自然に受け入れられるようになってました。
逆に大人から奇異な目や可哀想にという目で見られる方が嫌だった。

今施設で暮らす子供達がドラマの影響でいじめられたとしたら、
それはドラマじゃなくていじめる側とその環境が問題なんじゃないかな。
そのことに目を向けないほうがよっぽど問題だと思います。


…といったことをドラマを見ながら思ってました。
多分見る視点で受け取り方は違うのだと思いますが、
このドラマは多少なりとも社会への問題提起にはなったんじゃないかと思います。


さてドラマですが、最終回前に畳み掛けてきますね。
もう少し丁寧に描いて欲しかった気もしますが…
特にドンキの黒さはなんだったのかと(笑)

もともと親に対していい子を演じてる節があったので、
そこで生まれた歪みが一気に噴き出たのかと思ってました。
でもお試し夫妻に嫌われたらどうしよう、
捨てられたらどうしようという不安から来たものだったようで。
それが他者を落として自分をよく見せたいという心理に繋がるのか…
でも最終的にドンキは里親夫妻を選んだ。
これこそが魔王の目指したものですね。
魔王のコウノトリの下りははさすがでした。
わざわざ水たまりで土下座するのにはちょっと笑ってしまいましたが。

さて残るはポストですね。
朝倉夫妻に引き取られるのがポストの幸せとは思えないので、
魔王がポストにどう対処するのか、ポストが何を選ぶのか見届けたいです。

最後の魔王とポストが並んで歩くところで、
三上さんに負けない存在感の愛菜ちゃんの風格にビックリです。
このドラマでドンキの子役の演技にも驚かされましたが、
要所要所で周りを立てたり、抑える演技だったり、
三上さんに負けない芦田愛菜ちゃん、やっぱスゴイ。
セリフ回しが多少ぎごちないところもありましたが、
この先どんな女優さんに成長していくのか楽しみです。


ドラマも中盤に差し掛かってきましたね。
今期は1つしか見ないかも?なんて書いてましたが、
確変まで行かないもののいくつか見ています。

【月9】 失恋ショコラティエ

なぜか見てます(笑)
1話見た段階で、このまま片思いだけじゃ飽きそうだなって思ったけど
意外と見続けられる。
面白いかどうかは別にして。

主人公にもヒロインにも共感も肩入れもできませんが、
薫子がいいです。

最初のころの紗絵子をビンタしまくるところとか(妄想の中だけど)
年下の爽太に想いを寄せて切ないところとか。
大人でいなきゃと平静を装うもぼろ出しまくりだったり、
リクドーの年下君に食事に誘われて、気を使って喋りまくって墓穴ほったり。
可愛いと思うし、わかるわかるよ…ってキュンとする。

そんな薫子に、爽太は「薫子さんはいつも文句ばっかりだね」って言うんだよ。
あほか…
なぜ紗絵子のぶりっ子が見え見えで可愛いと思うのに、
薫子の頑張って大人の女に納まってる心の弱さが読めないんだろう。

というように、毎回爽太をアホ呼ばわりしております。

ってかさ~爽太は紗絵子の気持ちに気づけてないし、
紗絵子紗絵子と言ってるけど全然一途じゃないし。
片思いに酔ってるナルシストにしか見えないわ。

紗絵子は不器用だよね。
常に予防線張ってる臆病もの。
でも結婚前にミニはいて爽太に会いに行ったけど反応なかったって、
あんた一体何がしたいねん…式を前にして独身最後の思い出づくり?

片思イストだか何だか知らないが、
片方はセフレもち、片方は旦那もち…そんなんでキュンと出来るかぁ~


はてさて、これからどうなるんでしょうね。
私には泥沼な展開しか予想できません。
紗絵子と上手くいきかけてもセフレを捨てきれない爽太…とか。
爽太が好きなことに気づいたけど別れてくれない旦那…とか。
どんな展開になっても、自業自得としか思えないなぁ。
薫子とオリヴィエには幸せになって欲しいとは思うけど。

あとさ、思ったほどチョコが出てこない。
もっと職業ドラマ要素もあるのかなと思ってた。


このドラマ見てたら無性に「アンティーク」が見たくなって見始めました。
若、影、僕、先生(小野)…そしてえなり君。
やっぱ面白い。 


ぼちぼち冬ドラマが始まりましたね。
今期は本当に見たいと思えるドラマがなくて…
って最近は毎期ごとに言ってる気がするのですが、本当にないのです。

しかも今期のラインナップ、
刑事ドラマに医療ドラマばかりじゃないですか?

とりあえず見ようかなと思ってたのが、
・明日、ママがいない
・バチスタ
・医龍

そしてその時の気分で月9ドラマ。

なのに、
バチスタ→いつの間にか放送してて気づかなかった。
医龍→初回2時間なんて見る気にならない。


ってことで今期は「明日、ママがいない」だけになりそうです。
もしかしたら失恋何とか(笑)が確変起こすかもしれないけど。
もしかしたら途中参戦があるかもしれないけど…いやないかなぁ。

で楽しみにしてる「明日、ママがいない」ですが、
今日先行放送で視聴しました。


愛菜ちゃんを活かしまくってるドラマでした。
可愛いかった愛菜ちゃん、いつのまにこんな貫録がついたの?
そして子役たちを束ねる三上さんがいい。
なんだか三上と子役たちとの演技バトルの様相も?
そのくせアンニュイな表情を見せたり。

Mother系のドラマなのかなって思ってましたが、
未成年の子供版という印象を持ちました。
ま、話は全く違うんですけどね、何となくイメージが。
あくまで個人的にですけどね。


ということで、この冬は「明日、ママがいない」を見ることになりそうです。
よかったぁ~、見るドラマがあって。
一本も無かったらちょっとさみしいし。
でも水10じゃなくて土9でやればいいのに。
決して子供向けじゃなく、むしろ大人への問いかけなんだけど、
戦力外なんとかよりはこっちの方が土9に合ってると思うな。

それにしても‥
今期放送される数あるドラマで一本だけってどうなんだろう。
もっと個性あるドラマ作って欲しいんだけどね。
キャストに惹かれなくなってきたというのもあるんだろうけど。
続編も多くなってきたし…相棒へ右へならえしなくてもいいのに。