/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 ラストコップ 記事一覧

2話にまたぐ必要があったのだろうか?
5話で犯人の目星は付いてたし、ラスボスもわかってたよなぁ。
まぁ2話に分けた分、学園ドラマのネタはガッツリ盛り込めたようですが。

最近は部下の若山が同期の亮太を通して京極班の仲間入り?
そんな若山の無口だの無愛想だのの失言に、
松浦が反応してツッコムのは面白かった。
亮太に同期の中で最低の査定だってブラック言うのも
新鮮な組み合わせでした。。

若山に「神野に深入りするな、監視されている」と松浦。
やっぱり神野が何か企んでるんでしょうかね。
京極を気に入り、日々絵を描く神野。
今まで起きた事件に陰で操るラスボス的要素もないようだから、
ラストで起きる事件に神野が絡み、
そこで京極コンビと松浦コンビが協力して神野と対峙するのかなと…
おっとその前に、なぜ松浦があそこまで京極を嫌うのか判明させてくれないと。

と、色々ドラマのセオリーを考えてみたものの、
軽くすっ飛ばしていってもおかしくないドラマだからなぁ~
どうなりますか、生温く見守りたいと思います。



ハロウィンの定着で、
久しぶりに30年眠ってた設定が生かされた話でした。
DJポリスの存在も京極は知らなかっただろうし。
少しづつ見やすくなってクスッと笑えるようになってきました。
唐沢さんのブルースリーはハマってました。
ヌンチャク捌きもさすが!(笑)

ですが今回の一番の見どころは、松浦の回し蹴り。
カッコ良かった~~~(嬉)
そしてポキッとで惚れられてストーカーされてた女の子が娘です。
でも意外と違和感なかったなぁ。
イズムの藤木さんだったら感じただろうけど、
松浦さんの厳格なパパっぷりは板についてたと思う。

そして松浦の父役に藤木さん。
松浦警視正よりも若干柔らかな表情、いいお父さんだったんでしょうね。
お父様も警察官だったようで、何やら伏線のにおいがしますよ。
警察官だった父を尊敬してて松浦少年も同じ道に進んだものの、
父は何かの事件に巻き込まれて殉職?
その事件にやはり京極が絡んでるんじゃぁないのかな。
夢の先に待ってるのは絶望という松浦。
・・・父のことを知って絶望したのかな?
父の置かれた状況で警察に絶望したのか、
はたまた真実を知らずに父に絶望したのか…今後が気になるところです。

いまだに謎なのが本部長の神野。
なかなかの意地悪っぷりに小日向さんが憎たらしくなってきた。
娘を心配して探してる松浦に、
京極と親子みたいだね~とか笑顔でチクチクとイケズを言う7。
松浦の娘と知っていて、
ひどいことしてるとか親の顔が見てみたいとか。
松浦が父と警察の立場の狭間で葛藤してるのをニヤニヤしてる。
神野が松浦の味方じゃないことだけはわかったよ。


人情話で話が展開していくのがちょっと簡単すぎるなとは思うけど、
子供たちにはわかりやすくていいのかな。
あとラップで松浦に娘に復讐というのがよかった。
号泣シンガーに対して復讐ラップというのと、
傍観者だった杏奈に対して、
傍観者である客を自分の味方につけて追い詰める策。
ただその後がギャグな犯人になってたけど。
京極にかかると犯人は間抜けに終わるのがオチなんだろうね。

野球で押しに押して気が付けば寝ていた。
藤木さんに申し訳ないと思いつつも、睡魔には勝てませんでした。


3話は割と見やすかったです。

使い倒された手錠ネタ(手錠ではないが)かよ‥とか、
ホームレスのコスプレ意味ある?とか、
わざわざ妄想を映像化しなくても…とか、
まだまだ思うところはあるけれど。

ヘリで逃げる犯人を逃がすまいと、
つかまる京極に引きずられた亮太の足にロープが引っかかって、
ヘリが上昇できないというバカバカしくも笑えたし、
まさかそのあとユイの乱闘した角材が、まさかヘリ直撃というのにも笑えました。

ただドラマの本質的に面白いかって言われたら微妙かな。
京極の真っ直ぐさはいいんだけど、
いまひとつ魅力が感じられないのは残念です。


今週の松浦は、現場まで絡んできてよかったなと。
遠藤(佐野さん)の後釜なのにちょこちょこ中央警察署にきてるけど、
現場主義なのか、よっぽど京極が気になるのか。
ま、それ以上に来るのが部下の若山だけど。

これから京極とガッツリ対峙してくれないとモチベーションがもちません。
不敵な笑みでのんきに絵をかいてる神野も、
そろそろ正体を匂わせて欲しいところです。

次回は松浦にかかわる事件のようですね。
安易に登場人物の家族や友人を使うんじゃない!
と思いつつ、楽しみだったりします。



最後のどんでん返しにはびっくりだったけど、
それを煽りに使うのはどうかと。
最後まで見させようという下心が見えちゃってませんか?

2話は天然記念物のオナガ‥取引先?の尾長のひねりはあったものの、
刑事ドラマとしてはなにか物足りない。
犯人を前にして京極が説く言葉も、なんかビビッとこない。
まるで子供向けのライダーものを見てるような気になる。
決して嫌いじゃない。
ただもっと面白くできるはずなのに…と思わずにはいられない。
それぞれのキャラは面白いんだけど。

さて2話の松浦さん。
本部長・神野に京極のことを訴えても無駄だと悟ったのか、
絵を勉強してすり寄るも、センスが合わず撃沈。

拳銃と押収した大麻をごっそり持ってかれてパニクってる中央署を、
こいつらしでかしたな・・・と上から目線。
しかし、なぜか神野に気に入られてる様子の京極がますます気に入らない?

中央署の失態を受け、
捜査会議で指揮官として引っ張っていく松浦さん、ここ見せ場です(笑)
しかし掃除コスした中央署に情報盗まれ勝手に動かれるは、
部下の若山が合コン目当てに亮太に情報流すはで、司令塔としての立場が。

神野には冷たくされ、京極には先を越され、部下は勝手に情報漏らすわで、
報われない孤軍奮闘。
そしてここにきて、部下の若山がコメディゾーンへ突入。
1人シリアスを背負う松浦の行く末はいかに?

と一人浮いてる藤木さんですが、愛らしいキャラになりつつあります。
部下の竹内君が弾けてきたので、かすみそうではありますが(笑)


始まりました。
面白かったのですが、
9月にやってたのを見てしまったせいか、少々新鮮味が感じられなかった。
なんか・・ストーリーよりもギャグパートが目立ってしまってるような。
1話でこんなんで今後飽きずに見られるかちょっと心配になってきました。。

藤木さん演じる松浦は、
京極への敵対心を燃やす場面が多かった。
京極を辞めさせたい?
しかし小日向さん演じる本部長神野に抗議するも却下され、余計憎々しい?
思っていたよりは出てたけど、
やはり京極と亮太のバディものなので、過度な期待は禁物なのかな。
松浦出てこないかなぁ~と時々思ってしまいました。

ただ、松浦は30年前に京極と何かあったみたいですね。
それもあって京極を敵視している。
う~ん、15歳の松浦。京極が眠りに入る前…
定番なら父親が警察官とかで京極の起こしたことで殉職したとかそんな感じ?
なんにしても松浦が刑事になったことに京極がからんでそう。
いつか京極とぶつかり、和解するときが来るのでしょうか。

・・・・あれ?そうしたら映画によばれなくな~い?

なんて、今から映画を考えてても仕方ないですね。
2話から色々動き出してくれるといいな。

そうそう、公式で発表されたとき髪が遊んでるように見えた藤木さんですが、
本編はそうでもなかったです。
唐沢さんに突っこまれたりしてなどと妄想云々…恥ずかしい限りです。


追加キャストが発表されましたね。
やはり、ラストコップでした。
確信したのは宮川さんのブログで一致したことかな。

最初のとあるで久しぶりのスタッフと書いてあったので、
何となく日テレさんかなって思い、
コメディなどいくつかのヒントで、校閲ガールの編集長とかなのかなって。
でも校閲ガールの話を見ると重要な役に藤木さんの年代がない。
他の局かなと推理は振り出しに(笑)

ラストコップは続編で、
キャストはある程度固定されているからないだろうと思いつつも、
公式サイトを見たらドンピシャなお年の役が…
で共演者を調べたらここかなって。

新鮮な共演者云々と書いたのは、
もしかしたらフジさんの給食ドラマかもなぁってのがあって書いてしまいました。
あちらのドラマはちょっと見る気がしなかったものでつい。

ま、そんなわけで、始まる前から楽しませてもらいました。
ラストコップは初めて見ましたが、面白かった。
おふざけが多かったですが本放送はそればかりでもないだろうし。
あの強烈キャラにどう挑んでいくのが楽しみです。

それともう一つ、
今回の役柄は45歳で、リアル年齢より一つ上ですね。
今まで少し若い年齢の役が多かったので、渋さを前面に出すのでしょうか。
にしては、髪の毛遊ばせすぎ(笑)
唐沢さん演じる京極にヅラ疑惑のアドリブ入れられた日にゃ、
ポーカーフェイスを崩さすにいるのが難しそうだ。

とにもかくにも、10月が待ち遠しい。