/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 母になる 記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
わが子が誘拐…涙の再会で始まる親子の愛しい絆 ◇ 4.12 OA

ドラマの初回、それも冒頭は毎回ワクワクします。
どんなドラマでどんな世界観を見せてくれるんだろうって。

このドラマの冒頭は、誘拐された広君のトレーナーと靴。
母である結衣(沢尻)のナレーションで、幸せだった家族が紡がれていく。
不器用な父と母が出会い、広が宿り家族が生まれる。
特別じゃない極めて平凡な、でもどこにもないたった一つの家族。
その家族が、広君を失うことで壊れていく。
1話で連ドラ一本分を見るかのような濃さでした。

このドラマは母である結衣が再び母になるドラマ。
もしかしたら産んで育てる以上に難しいのかもしれないですね。
他人に育てられたわが子の母に再びなることは。


さて、沢尻さんのドラマってことでちょっと心配だったのですが、
さほど問題でもなく見られたと思います。
それよりも子役ちゃんが…セリフが活字のようで感情が伴ってない。
大きくなった息子ちゃんは大丈夫なんだろうか?
ドラマを見て思ったことなど書き出してみました。

・不器用な二人
出会ってから話しかけるのに半年、名前知るのに半年と、とかく不器用な二人です。
その不器用さゆえか、
足を滑らし(陽一)ケーキに顔突っ込み(結衣)キスとなり、でき婚となる?
普通に結婚して子供を持つのに10年くらいかかりそうですもんね。
でも大切に時間をかけて築いたものが息子を失うことで一変してしまう。
幸せのなかのもろさを見た気がしました。

・広の存在
広が生まれることで家族になったけど、
広が誘拐されたことで家族はほつれていくんだよね。
離婚の理由はまだ明かされていないけど、
二人でいることが辛くなったってことかなぁ。

家族を大切にして、広が可愛くて、そんな当たり前のことが、
学生の恨みの矛先になるのが悲しいところ。
息子を誘拐されその誘拐した学生も自殺したわけで、
陽一的にはかなりキツい。

個人的な陽一の見どころ
不器用な陽一が実は結衣に一目ぼれで、
近づくために勘違いしそうな「・・・・・きみはどう思いますか」という本を注文。
結衣をデレって見てたのに目が合うとキリッとする陽一が可愛いい。

赤ちゃんと陽一
赤ちゃんを目の前にした陽一がめっちゃ可愛かった。
初めての生物と遭遇したかのようなきょとん顔。
俺の子供…と、陽一の中で父性が芽生えるかのような瞬間に見えました。

コーヒーを入れる陽一。
幸せな時、息子が誘拐されたあと、離婚したあと。
要所要所でコーヒーを入れる陽一が出てきますが、
陽一の心情の変化を映し出してました。
特に、最後の無表情な陽一は切なかったなぁ。
自身は空っぽなのにコーヒーを注ぐ陽一。




初回の時間経過の中で描かれていない部分がありました。
広の9年間
離婚に至るまで

時間を戻したり動かす中でその穴をかっ飛ばしてあるので、
少々散漫になった印象もあるのですが、
これから家族を再び取り戻して行く上でじっくり描かれていくのでしょうね。
ただ家族再生でネタ切れしないか少しばかり不安もありますが、
見守っていきたいと思います。


スポンサーサイト