/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 2007*4月~6月 記事一覧

4月期のドラマのオオトリは「私達の教科書」
いくつか見たドラマの中で一番良い最終回だった。

もう少し、練ればさらに良いドラマになったと思うけど。
テーマ、視点、キャスト等よかっただけにね。
全体的に、かなり引っ張った感があったのと
各話終了間際になって煽るのも、こっちが引くほどあざとかったし。
もう少し深く掘り下げて先生や生徒を描けてたら…と残念。

最後は学校で起きる事件と法廷での告白が同時進行ですが
この二人はどこかで繋がってると思ってた。

副校長が、いじめはないと言い張ってたのは
自分の息子がまた犯罪を犯すのを恐れていたからだよね?
自分の学校でいじめが起きると息子がいじめっ子に制裁を加える。
息子と生徒、双方を守るためにいじめは無いと主張した。
結局、雨木副校長もいい先生で
癖のある先生達も加地に感化されて熱血になっていくのが
うまく収めすぎな感じもした。

仁科朋美を助けるために
明日香が自演でいじめられるように仕向けた。
明日香の死は、事故で自殺じゃなかった。
明日香の強さが眩しかったです。

最終回を見ながら涙が出たけれど
あまり余韻を感じなかったというか。
明日香の死、いじめ、先生の行動、裁判、とか
色々詰め込んだけど、最後は無難に着地したって感じ。
谷原さんなんか、最後は存在感薄かったし。

1年後、問題提起して生徒と語り合うのも
なんだか優等生っぽいというか、
妙に整い過ぎてる感じがしてこそばゆい。
まぁ文句を言いつつもね、面白かったです。

自分は、虐められた事もあるし、多分虐めたこともあると思う。
(とはいっても、クラス全員の総シカト位ですが)
私個人としては、人間がいる限りいじめは無くならないと思う。

以前は、虐める側が絶対悪いと思ってたのですが
最近は、子供同士のちょっとした言動で
親が「うちの子虐められてます」と騒ぎ立てることもあるんだとか。
そんなつもりじゃなくても、
知らず知らずにいじめっ子に仕立て上げられる事もあるそう。
…複雑な世の中です。

ライアーゲーム、面白い。
なにこのジェットコースターな展開。
ただ、この展開は秋山あってなんだよね。

正直、ナオのアホさ加減にイライラしてた。
特に、敗者復活戦。
秋山を助けたくて、敗者復活戦にエントリーしたんだけど
なにも出来ないナオが秋山の足手まといになるとは
考えない子なんだろうか。
闇雲に敗者復活戦に参加したナオ、
秋山なしでどうやって戦うのかと思ったら案の定
カモにされてたし。
結局ヒーロー秋山に助けられる、分かりやすい安定感。


さて、80票を手にして優位に立ったナオ
来週はどんな事になるのか楽しみです。
4話…話が散漫なってない?
加地先生を中心とした学園ドラマと
珠子のヒューマンドラマの2部構成になってるようだった。

まず、珠子側
裁判を進める上で、原告を立てる必然性で前夫が。
前夫は河原さん、すごく引き込まれる演技でした。
菅野さんの存在も忘れてしまうくらい…。
やっぱり舞台俳優さんは求心力が違うなぁ。
前夫は若年性認知症だった。
結婚後、行方をくらましたのは病気が原因と知り
珠子の中の棘が抜けて、より人間味が増すのか?
珠子の行為は復習だと言われるけどつぐないかな。
前夫の真実を知り、明日香へのつぐないの気持ちが
裁判へと駆り立てるのでしょうか。

加地先生側
学園ドラマのように、
他の先生とコミュニケーションが取れ
加地の味方になりそうになったところで副校長の横槍。
まどろっこしいやり方ではあるが
加地に理科室で時間のかかる仕事をいい付け
その間に他の教師と食事に行き
加地と珠子が学校を訴えようとしてることを話す。
翌朝、加地は他の教師達から無視される。

この学校には、いじめが存在すると印象付けたシーンでした。
ああいった態度を取る教師がいる学校には
生徒の間にもいじめがあるのでしょう。
また、いじめがないと言い切る学校には
いじめが存在するのでしょう。
だって、見ないふりしてる学校だよ。
生徒も教師も表面取り繕ってるだけの仮面学校。

そして、加地は学校で 珠子は弁護士事務所で四面楚歌。
二人がそれぞれの場所で、追い詰められる。
いよいよ、裁判に向けて闇が照らされていくのでしょうか。

・画鋲は長部君の仕業?
なら、ドラマ中で解決しても良さそうな気がする。
吉越(若菜)先生のロッカーにケースが沢山入れられてたし
夜に自転車の長部君の姿、放送部で画鋲使うアップ
これらが示すのは
犯人は長部君もしくは犯人は長部君のフェイク
でも画鋲事件自体はあまり意味を持ってない気がする。
あそこに鞄の中身が埋められてて、人を近づけないようしてる?
とも思ったけど、それなら加地に画鋲の撤収はさせないだろうし
第一隠す場所として不適切、誰かが見つける可能性もあるし。
あれを保管してるのは恐らく大城先生で学校のどこかにあるはず。
加地先生、探しなよぅ
辞表出した後渡そうか?って言われたんだし。

・副校長と仁科(明日香の友達)は繋がってる?
どうも仁科さんを信用できないんだよね。
裁判で証人にたった時点で、いじめは無かったと手のひら返しそうで。
もしも…施設に入る明日香を学校から追い出す為に
いじめるように仕向ける(仁科さんの弱みを握るかして利用)
明日香は自殺?いじめの最中の事故?案外他殺?

・副校長は操られてる?
今の時点で一番怪しい人物だけど、
今後、副校長の背景が描かれて
弱さや脆さといった人間味が加えられそう。
そして、真の黒幕が…やっぱ谷原さんが絡んできそう。
珠子の裁判には反対だったしなぁ

教師の裏の顔では熊沢先生と戸坂先生の背景がまだ出てない。
戸坂先生は確か借金だったはず、ギャンブルが絡むのか?
熊沢先生は、案外副校長には知られてない黒幕の手先の予感。
副校長と熊沢先生は黒幕の駒かなって。
副校長は大城先生を手先に使い、
熊沢は冴えない顔を隠れ蓑に、教師達を探ってそう。
吉越や加地の秘密も黒幕に通じてどの話しで絡んでくるのか?
他の生徒やまだ出てこない人物も参戦してくるのか?
ちなみにトイレのタバコは仁科かポー?(確か女子トイレだよね)
熊沢が加地や吉越先生の秘密を知ってると明かすため。
この時熊沢先生に黒い影が見えたんだよぁ

こんな風にあーでもないこーでもないって考えて
ドラマ制作者たちの思う壺に十中八苦ハマってるのが
ちょっと悔しかったりする。
でも謎解きに比重がかかりすぎて
本質が霞まないようにお願いしたい。
生徒があまり描かれてない気がするからさぁ。

はっ絵文字名を入力してください…もしかして、すべて生徒全員による大人への反乱か?
1話の乱闘騒ぎは、教師を困らせるための自作自演?
明日香は生徒達を制止しようとして消されたか?

なんか妄想が無限に広がる…あかん、すべてを疑ってしまうわ。



生徒諸君
たまたま見た…2度目かな?
前回見た時は、生徒が山登りした時に
先生に裏切られた話をしていた。
今日は、その先生に謝罪してもらうことになったが
またもや裏切られ、ナッキーが土下座してた。

ところで、生徒諸君ってこんなに暗い話だっけ?
そうだ、学生編しか読んでないんだ。
たしか最後は、先生になって「生徒諸君」と
叫んだところで終わってたはず…

さてこのドラマ、見てて妙に落着かない。
なんだろう この心地悪さ…と思ったら
先生が妙に明るくて軽い、反面生徒が暗くて重い。

先生は今までのドラマにありがちな「いい先生」で
生徒は今の社会を反映するかのような「内にこもる生徒」

このアンバランスさが気持ち悪いのかなと思った。
全編通して見ていないので、見たらまた違うのかも知れないけど。
ただなぁ~自分的に正義の先生が見ててキツイ。
内山さんはナッキーの雰囲気だしてると思うけど。
コレは素直に若手達で学生編やった方が、ウケが良かった気がする。



またしてもライアーゲーム見逃した。
このまま脱落しそうだわ。
再放送しないかなぁ
バンビーノ3話良かった。
なんか安定感があるね~やっぱ原作あると。

物語が動きだし、
バンビの目標が定まって次回も見たいと思った。
あの店でバンビが一から奮闘する姿を。

厨房のシェフ達の感情が感じられたのも大きい。
あのモノクロな厨房に人間味が加わって色を感じられた。
それぞれの厳しさの裏側にある暖かさが
何気ない仕草から伝わってきていいね。

でも、ちょっとだけ突っ込み。
・あれだけのお店で、皿洗いの人雇わないときつくね?
・ホールの優雅さと厨房の慌しさの対比はもう分かったから…
・厨房せまくない?動線悪くない?
あんなに通路すれ違うのギリギリで効率悪そうなんて
見てたんだけど、香取の無駄の無い動きを見せられたら
必要な物に手が届くように出来てんのかと納得した。

あとね、ほっしゃん。
テンション高いシェフの中で一人黙々としてる。
3話で、出来た料理(デザート?)の名前をボソッと言った時
「あ、しゃべった」って、今まで無口だっただけにね。
独特の空気を放ってて な~んか気になる存在、いいアクセント。
最初はバンビと一番に打ち解ける役かなぁと思ったけどね。

バンビのイメージトレーニングは面白かった。
努力する人は美しい、そう思った。
鼻っ柱強くて、調子が良くて、見栄っ張りで。
影で努力して向上して行く人間は
周りを認めさせる、心を動かす原動力になる。
だって皆同じ道辿ってきたんだし。
厳しさを持つ人は、
ほんとの意味での優しさを持つのかなぁなんて…

さて、来週が楽しみになってきました。
今期は、ほんとドラマよく見てるわ。







4話も面白かった。
んと、あまり考えずに見てる。
見たあとに明日も頑張るかぁって気になる。

ロボはあー見えていい奴だね。
松山くんの徹底オタクぶりはさすが。
本物っぽいもん。
で、可愛らしさも残しつつね。

二胡は思春期真っ只中で哲学してるね。
浅丘さんも肩の力が抜けてていい。
岡田君…いい味出してる。
おばちゃんとのキスは、さすがに同情。

出演者がそれぞれキャラに嵌っててよいな。

見てるけど…ながし見。

飯島直子さんは、ツンデレ役嵌ってる。
妻帯者と知ったとたんに、態度が冷たくなる。
「絵恋」を「えこい」と読んだのには笑った。

織田さんのウエイター姿、似合ってなくて笑った。

上野さんのレンジャーピンク途中で顔さらして
織田さんにバレルの当り前すぎ、安易すぎ。
あれって子供の夢壊すから、
一番タブーとされることじゃない?
そういうことを安易に設定して欲しくなかったなと思う。
そういう仕事をしている人に失礼だなと思った。

このドラマって、
田村正和さんがやってきたドラマの類かな。
トラブルやハプニングを乗り越えながら
ホロッとさせたりクスッとさせたりする
出演者同士の掛け合いで見せるドラマ。

結婚等のゴールを目標したドラマじゃない。
何か視聴者にメッセージを送るドラマとも違う。
先の展開に期待するのとも違う。
恐らく最後はまるく収まるドラマ。

面白ければそれでいい、でもなんか物足りない。
大竹さんと織田さんが二人きりになっても
ドキドキしないしなぁ
遅ればせながら。

信じる人=加地と、信じない人=珠子
それぞれのアプローチで明日香の謎を突き詰めていく。
信じる人は周りに流されやすく、足元をすくわれやすい。
信じない人は、仮面を被り真実のためには手段を選ばない。
さて、どちらが真実に近づけるのか?

生徒、教師、第三者の各目線で
学校や教育のを問う裏テーマを掲げているのだと思うけど
どんな着地点を見せてくれるのか期待してます。

このドラマでは、
学校は戦場であり、教師も生徒も戦争している。
味方のいない孤独な戦争。
だから弱き者は強き者に従うのが自己防衛手段。
見てると殺伐とした気分になる。

副校長は、やはり鞄の中身を隠していた‥あたり前だけど。
副校長は理論武装で隙がない…切れ者。
恐らく教師の素行もすべて知ってそう。
一番怪しい人物ではあるが黒幕がいそうですね。
校長が出てこないもの気になる…
案外谷原の親父が校長で繋がってたりして?

明日香の友達という女生徒はホントにいじめられていた?
都議会議員の娘だったよなぁ…
なぜかいじめっ子は金持ちの娘と相場決まってる。
目立つ生徒は、3話でスポットの当たった2人と
コスプレの子はポーと同一人物?
やっぱ明日香の友達がいじめのボスっぽいなぁ。
コスプレの子はパシリっぽい。
加地と写真に録られるように嵌めたのかな?
それとも教師には、それぞれ見張り役がついてるのか?
教師の弱みを掴んでおくために。

終わり方はやっぱ、えげつない。
いじめた子の名前を声に出す前にエンディングだもん。
明日香のいじめを探ってる割に生徒の印象が薄いかなぁ
谷原さんの存在もまあやふや・・なのが逆に気になる。



ホテリアー

そろそろ脱落気味…まだ2話だけど。
ホテルの買収とか駆け引きとかの、
マネーゲームやビジネスの世界を描くのかと想像してたけど
シンデレラストーリーっぽくて…
バラの花束とか、総支配人の部屋に女の人がいてプンプン13みたいなぁ
職場の緊張感もないし、仕事も何してるのか???
たまたま救護した人が偉い人で大きな仕事をゲット出来て
案の定、妬んでる不倫ぽい男女一組が罠を仕掛けそうな気配。
なんか、昼ドラっぽい。

田辺誠一さん好きな役者さんなのになぁ
出るドラマ出るドラマ、残念なドラマなんだよなぁ。
前なんて、宮迫さんにヒロイン取られちゃうんだよ~!!

ま、それはよしとして
もともとホテリアーは男性主役なんだとか。
それを上戸さん仕様にするから仕方ないんだろうけどね。
そういや 2話、ヨン様出てた?

ライアーゲーム

見忘れた…すっごいショック!!
土曜日は久しくドラマ見てなかったから、忘れちゃうよ。
次回から気を付けよう。
どんなんだったのかなぁ…
次回話についてイケるかな?

ん~なかなか話が進まない気が・・・
なんかスポ根マンガみたいだなぁ。
主人公の熱血さといい、演出のイメージといいね。

あと、スローモーション&ホールのカットが
少々くどくなってきた。
丁寧に斬新に、というのは分かるんだけど。

香里奈さんは、意外とお助けキャラなのね。
料理は美味しそうだった。
北村さんは、ホストに見える瞬間があるんですが・・・
メガネの蔵乃介さんは、謎です。
人物像があまり見えてこない。

この店が行列が出来るほど評判良くて
優秀な人材が揃ってて、
厨房はめちゃめちゃ忙しいというのだけは分かった。
めちゃめちゃ忙しいのに バンビに何かあると
皆の手が止まってるのが気になるって 言っちゃだめ?
ドラマだから気にしても仕方ないのは分かってるんだけどさ

3話以降に期待です。
ロボの松山ケンイチ君は、
若い頃の竹之内豊に見える瞬間がある。
理想の結婚等をやってた頃?
でも路線としては、オダギリジョーっっぽい。

途中まで自分、ダレてて
ちょっと飽きてきたかなぁと思ったけど
お歯黒女の脱皮以降は良かった。

ロボのささやかな幸せ(フィギュアのセレブ買い?)が
ほほえましかったり
二胡が寄付をした返事を見て思わずジワッーと涙が出てきたり
出演者皆のありがとうにプチ感動してしまった。

二胡の姉のかずみちゃんは、いいわ。
出演シーンが少ない割りにすごく記憶に残る。
二胡の家族のほほえましさと、オタク達のほほえましさが
二胡とロボを支えてる感じが好きです。

二胡チャンも自問自答しつつ、成長してる感じがいいし
ロボも精神年齢が二胡と同じくらいそうで
大人としてどうか・・なんだけど変に捻じ曲がってないとこや
自分の好きな物に胸張ってるのが、見てて清々しい。

何気に見ちゃうドラマです。
ドラマの存在自体忘れつつある。
かろうじて忘れずに見たが・・・苦しい。
見ていても吸引力がなくて、ながら見で十分の自分がいる。
ストーリーも特に面白みを見いだせなくて
ただ、妻と義母の間であたふたする男に共感もできない。
ジェネレーションギャップを織り交ぜ
年の離れた妻よりも妻の母の方が話が合うというのも
特にクスッと笑えない。
大竹さんと織田さん、上野さんが不恰好な三角形で
どの組み合わせもピンとこないです。
個々の俳優さんは力があるのに、ストーリーに魅力ない。
やっぱ織田さんは職業ものがしっくり来るなぁ。

まぁ、日曜日の夜に家族で見るのにはいいのかも?
自分みたいにドラマに真剣になる人も希少だろうし。
覚えてたら見るドラマのポジションかな。


そうそう、
私は「喰いタン」は1.2を通じて食指が動かないけど、
やっぱり子供には人気があるみたい。
昨日甥っ子達が遊びに来てて話題のぼった。
「パスタさん」がどうとか「ナポリタン~」とか???
1の時も、ご飯食べるときにお箸持って真似してたし。
日テレ土曜9時のドラマは
子供のツボを抑えて置くほうが無難なんだろうな。