/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 単発・その他 記事一覧

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
CGを駆使した映像は迫力があり、食い入るように見ましたが
人間ドラマの部分、特に主人公とヒロインに関しては雑だと思いました。
勝手な憶測ですが、監督はCG等の映像の方にこだわりがあって
主人公とヒロインはおまけ程度なのかな?

主人公が大切な人を救うためにヒーローになるのは
アメリカ映画でよくある話ですよね。
イギリスに行くつもりだった小野寺が、命の危険をおかしてまで
潜水艦で爆弾をセットする動機が弱くないでしょうか。

・主人公がフラフラ歩き回ってる。
イギリスに行くのを迷ってる?
だからと言ってこんな状況で徘徊、
周囲は死ぬか生きるかなのに小野寺は無傷。

・こんな時にラブシーン?
盛り上げるためでしょうな・・・
状況が困難であれば困難なほど、二人の愛がより強く見える。
見てる人に二人に感情移入させるため。

実際に映画やDVDで見てないので、カットされた部分も多いだろうし
ちゃんと見たらなるほど・・・と思えるのかな?
ドラゴンヘッドといい、
映像的には迫力あるのにストーリーがも一つってのが非常に残念です。
ドラゴンヘッド・日本沈没・・TBSはこう系統好きな人がいるんだろうか?
あと一つで、3部作完成!?




スポンサーサイト
人死に過ぎだ。
それに周りが死ぬ中、娘と雪平だけ助かるって都合よすぎだよなぁ。
車爆発で女の子が死んでも娘が助かれば・・・と見えなくも無い。
防護服が簡単に破れるのはどうよ。
血清貰ったあとにウロウロする雪平は娘助ける気あんのか
菌が充満したあの病棟はどうなったのさ。
などと、ところどころツッコミをいれたくなった。

でもこういった、刑事モノはフジさんは上手いと思う。
単に踊るが好きだからそう感じるのかも知れないが。
緊迫した空気、主人公の見せ場、
現場とお偉いさんたちの構図なんて、踊るが土台になってるし。
そういえば大杉さん、また警察内部の汚職担当?

アンフェアは、内通者の裏切り、どんでん返しが面白い。
その点では、映画はちょっと弱かったかな~
ま、内通者もある程度限られてくるしね。

ラストは雪平が機密情報握ったままだけど、
いつかまた続きをやるんだろうか・・・
その時、また死んだと思われた蓮見が生きてたりして?

■アンフェアthemovie
■アンフェアDVD-BOX


前編後編と見てしまった。
何の気なしに見はじめたけど、面白かった。

町娘のような糸里と、
頭が良いのか悪いのかわからん土方はともかく
音羽太夫の小田さん、お梅の中嶋さんは画面から目が離せなかった。

名前知らんけど吉ちゃんも地味ながら可愛らしくて、
山本にすがる姿は涙を誘った。


上戸さん前編冒頭のしとやかさに「おっ!」と思ったんだけど
徐々に、いつも元気な上戸さん@町娘バージョンになってきた。

桜木太夫の道中、華がなかったなぁ。
上戸さんはどっちかって言うと花のほうだし。

迫力に欠けるし、太夫の衣装になった時の驚きが足りん。
おぼこい糸里が太夫になった時の美しさが・・・
最初に、小田さんの音羽太夫見ちゃってるからかもだけど。

小田太夫が口開いてお歯黒が見えたとき、威圧感でゾゾッとした。
上戸太夫は、「イカ墨食べたやろ~」ってツッコミたくなった。

まぁなんやかんや書いても、前編後編見させる力がありましたから。
んでもやっぱ、中嶋さんに尽きるかな。カッコよかった。




いやぁ海猿…食わず嫌いでした。
すっごい良かった。
スケール大きくて、でも人間の心理が細やかで
ドキドキしながらもつい見入っちゃいました。

踊る大走査線と海猿、フジ映画両巨頭じゃん。
なんか共通するなぁと思いきや、監督羽住さん?
アンティークで
踊るの監督本広さんと羽住さん交代でやってたやん。
懐かしいなぁ

海猿、連ドラでやってた時は、へぇ~って感じで
ちょい見だったけど、もったいなかったなぁ。
逆に言えば、ドラマじゃ収まりきらないのかな。
映画館の大きいスクリーンで見たら、迫力あっただろうなぁ。
まぁ、最後のチュ-はご愛嬌って事で…

ドラマの方で時任さん死んじゃうんだよね。
やっぱ半端ない仕事柄、
仲間が死んでく設定は仕方ないのかな?
でも久しぶりに映画で、釘付けになりました。