/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

3話は付きぬけての面白さは無かったかな。
シュークリームと室長との絡みが多くて、もこみちロボット見せ場ナス。
りいこに散々置いてきぼりのナイト可哀想でした。
親友にキスされて初期化しちゃうし。

つうかキスで初期化ってありえなくない?
もし男とぶつかってキスでもしちゃったら、どうなっちゃうの?
そんな無防備なロボットに一億円払うのか、リイコは。

マジで1億円払うつもりなんでしょうか。
モニターとしてりいこを利用して
ちゃっかり代金は受け取るってなんだかねぇ。
だったら、もこみちロボットをホストで働かせて
本人に代金回収させちゃえば?
初期化しまくりだろうけど。

温泉といい、必ず裸体シーンは取り入れるっぽい?
ドラマが進むに連れて、もこみちロボットがよりロボットらしくなってきた。
3話では効果音も入ってた気がするのだが・・
個人的には、1話のように微妙なロボットの方が好きかも。
あまり狙わず
何気なくクスッと笑わせてくれるのが好きなんだけどなぁ。
そんな私は、充電中のもこみちロボットが一番好き。
なんででしょうか・・
便座に体育座りして目をパチっと開けるナイトが妙にツボにはまるんだよね。

次回は、親友の彼氏になってしまうナイトくん。
どうなりますか・・・

#2

日曜日の夜に、これはないんじゃない?
こういうのやりたいなら、男側に可愛い系持ってこないと。
草さんの変顔とか・・・見てもねぇ。
今回は、ガリレオのパクリまでして・・・・引きました。

田中さんと草さんの言い合い、
感情むき出しでギスギスしてて、見てていい気持ちしない。
喧嘩シーンでちょっと引いて見てるからなのか
シリアスな部分や感傷的なシーンに突入しても、
二人の会話にふっと入り込めない。
草さんは、やっぱりひょうひょうとした演技の方がいいですよ。
田中さんも始まる前は手の早い女の子でも嫌味にならなそうと
思ったけど・・・やっぱ、うるさい。
もっと軽い感じに仕上げられなかったのだろうか。

何度も断られて南ちゃんが可哀想だったけど
夏目教授と一緒に鍋してたし教授のほうがいいよね。
サブと凛子は、勝手にバトらせておきましょう。


上川さんシーンと主役2人の部分が、別のドラマ見てるようだった。
上川さん勿体ない使われかた多いね。
谷原さんも痛々しかったよ。
いっそのこと、谷原さんと鈴木えみさんで
猟奇的な彼女やったら面白いんじゃなかろうか・・・

#1


初回よりも面白かったです。
でも生徒の前ですでに、
ヤンクミが喧嘩強い事知られてしまいましたよ。
以前はずっと秘密にしてたのに。

しかし、ヤンクミは強いね。
あんな高いところから飛び降りたり
屈強な若者相手に一人でやっつけたり。
一種のヒーローモノですな。

今後は一人一人に焦点を当てていくのでしょうか。
二人の頭の睨みあいもなくなったようですし。
でもやっぱり緒方は頭のオーラないんだよね。
彼が前に出てくると「・・・違うだろ?」と思ってしまう。

生瀬さんと一緒に面白い存在なのが佐藤二郎さん。
50音の横軸(あかさたな)の"い行"が言えない人役なんでしょうか。
小さい頃の自分と同じで、びっくりした。

#1

「思いこみ女vs非常識男」

3話に入ってようやく面白くなってきた泣笑
今まで失礼な事ばかり書いて、スミマセンでしたっ!!

声の出なくなった少年と恵太朗の交流を交えながら
聡子と恵太朗がお互いを認め合って歩み寄る。
二人の距離が縮まりました。
シリアスとコミカルな部分の割合が絶妙でした

瑞恵も恵太朗と出会った事により
先回までの退屈した主婦から一転、ときめく女に。
相談所でにじり寄ってく瑞恵と後退してく恵太朗に笑った。
瑞恵って案外積極的な女なんだね~さっさと結婚できたわけだ。
瑞恵の運命の人が聡子の同僚と知り、お互いに牽制しあう。
「妬いてるの?」
聡子は岡村に焼もち妬いてるんじゃなくて瑞恵にやいてるんじゃない?
結婚して子供も旦那もいる瑞恵に好きな人が出来たから・・
自分はときめきさえ忘れかけてるのにって。
だから、岡村の親切心を特別に受け取ってる瑞恵に違うわよと
やんわり諭そうとしたのに「妬いてるのって?」言われて晴天の霹靂。
前回瑞恵は落ち込んでて大島にプロポーズされた聡子に引け目感じてたのが
一気に大逆転で上から目線・・・恋する女は強いわぁ

こういう女同志の無意識な小競り合いが、リアル感たっぷり。
言葉尻捕まえて、別の方向へ持ってく会話も面白い。
場面展開も流れがあってスムーズだし、
私ごときがいうのも何だけど、いい脚本だと思いました。
今回特に大きく頷いたのが
あたしずっと一人かもしれないと思いはじめた。
このかもしれないと言うのが厄介なんだよねぇ
まだ結婚できるかもしれないって思ってるって事だから

名言です!


出産の計画を立て始めた奈央は、子供が出来にくい体だと判明。
新雑誌の立上げも難しくなりそうだし、旦那の反応どうだろ。
正直ね、セレブ婚して上昇気流にのった奈央を落とすために
子供が出来ないという設定なんてちょっと心外に思ったんだ。
だけどそれを今後どう描いてくかに期待したいと思う。

努力の人だと思うんだ、奈央は。
子供の頃太ってて引っ込み思案だった奈央が、外見も中身も変化させた。
上を目指したり憧れる存在になりたいと言うのはその反動でしょ。
なのにまた、奈央の前に壁が立ちはだかる。
その壁を奈央がどう超えていくのか見たいな。

そんな奈央をマー君は見守ってきたんだよね。
カウンター下の冷蔵庫に貼ってあった写真は太った子供時代の奈央。
小学生の時結婚の約束してたマー君と奈央、幼馴染だったのかな?
5歳下の奈央が聡子達と仲がいいのは、マー君経由だったのかもね。

「奈央の事ならなんだってわかる」
マー君切ない・・・
奈央の旦那が鴨のポアレが食べたいと言い出し
対抗心もやして「あるよ・・」と華麗に調理。
内装や外観を変えたら?とアドバイスされても
料理も男も中身というマー君のポリシー。
芯があるけどどこかフワフワしたマー君は心地いい存在。
「ライフスタイルプロデューサーってなんなの?」
マー君、まだ言ってる・・・
このセリフがどういう収束をするのか楽しみにしてるんだ。
女達のお喋りの間にポツンと言うマー君の言葉が結構核心を突いてると思う。
子供を産む事で自分が成長できるという奈央に、
ずいぶん自分勝手だと言ったりね。


天海さんと藤木さんの掛け合い、いい!
聡子と恵太朗の会話が面白かった。
同じセリフを受けては投げる、言葉の押収そして反応も。

「付き合ってもらえませんか?」
そういって公園に入ってく恵太朗に
『まさか・・・トイレに付き合えじゃないよね』と思ってしまった自分。
もちろん交際でもトイレでもなく、ゴミ拾いでしたが。
不自然なゴミの散乱の仕方に笑ってしまったよ。

■テーブルを運んだ後、聡子の後ろを付いてくる恵太朗に
「なぁ~に~」
「・・自転車取りに行くんです」
「ほんと自意識過剰ですね」

3話で一番好きなシーンです。

■聡子とるかちゃんと恵太朗
「お子さんですか?」~~「おばさんでしたか」
わざとおばさんと言ったな
「おばです!」
キッパリ!

「お兄ちゃんと遊んでるからぁ」(るかちゃん)
子供はお兄ちゃんと判断!
「おじちゃんね~忙しいのよぉ」
それをわざと植えつけるか・・

「ねぇ・・付き合ってくれる?」
お返しだね、勘違いさせられた復讐だね。
実際は天ぷらそばに付き合えってことでした。
そこでマイ箸登場ですよ
思わず笑顔で聡子を見てて、ふっと表情引き締める恵太朗
「いいんですか?食べるたびに僕の顔思い出さなきゃならないんですよ」
「あ~いえばこ~ゆうひとだなぁ」

ツンデレ恵太朗、いいじゃん いいじゃん。

恵太朗がやたら聡子を3人の姉と照らし合わせてるのは
アラフォー世代のあるあるエピソードを並べて共感得るためと
今は聡子は姉みたいな存在なんだろうけど
姉とは違う存在になったときを強調させるためだよね


**恵太朗ポイント**
子供の心を読み取る恵太朗。エスパーか?ってほど心読めすぎじゃん。
瑞恵の回想の中で、美化されてる恵太朗・・・キランkirakira
箸を使わないなら返してくれと言う恵太朗。エコなのか?ケチなのか?

次回は元彼が聡子の前に姿を見せる~意外と早い元彼の出現。
この元彼…臨床心理士の恵太朗とも関わってきそうで楽しみです。
そして世界陸上の織田裕二さんも見れそう?もちろん芸人の方。

【おまけ】
sinbun
Around40初回が18.6% (東海地方)
ドラマを視聴率で計ったりなんてしないけど
意外に高くて・・・ちょっと嬉しかった。

#2

なんだかトリックのパロディかと思っちゃった。
岩が浮遊するとかって、トリックでも無かったっけ?
やっぱり自分は物足りなさを感じるな。

なんなのよ、ハリボテの岩って・・・
そこらじゅうに取り付けてある滑車とワイヤー傷、証拠残しすぎじゃん?
"あえて"のチープ感が売りなんでしょうけど。

トリックもB級っぽさが売りだったけど、
山田と上田の掛け合い、コネタ、強烈キャラが上手く収まってたし
ゲスト俳優も空気みたいにはなってなかった。

石原さん一人で引っ張っていくにはちょっときついね。
それと、3人に頭脳目当てで近づいてくる女子高生3人組いらなくない?
謎解きのきっかけと、夜中の謎解き会議だけじゃん
謎を解くために集まった中で、7人は関係者じゃあ・・多すぎ。
他のゲストがかすんでしまうよ。

石原さんの使い分け二役も、すでに飽きはじめてる。
ってゆうかキャラに魅力が無い。
自分に都合のいい時に清楚ぶって、
都合の悪い事は生徒に押し付ける。(・・・トリックの上田?)
とりあえず男子高生3人のキャラ付けした方がよくない?
3人ともあまり特徴無くてつまんないもん。
・・・得意分野で活躍させるとかさ。

まぁ色々とツッコミいれたくなるけど
気軽に見れるので、これからも見るつもりです。
(…アラフォー前の準備運動)

#1

今回は瑠可が死ぬような含みがありましたよね。
宗佑から美知留を守るために、瑠可は命を落とすのか?
といいつつタケルや他の人だったりして・・
あちこちで修羅場が起きそうだからなぁ。


今回ようやくタケルにふったかと思ったらさわりだけ。
あの女性、母親かと思ったけど若かった。
子供の頃から知り合い、タケルの好み(クッキー)も知ってる。
旦那も子供もいて・・・なら、姉かな。
近所の年上女性なら嫁に行けば疎遠になるよね。
タケルの抱えてる問題は姉との間にあったことじゃない?
宗佑と美知留の事にも自分に置き換えながら熱く語ってた。

タケルのナレーションいいね。
何となく留可の美知留への思いに気づいてきたんじゃないかな?
瑠可を目で追ってて、惹かれてるのだって
女特有のフェロモンを感じなくて軽い気持ちでいられるからだろうしさ。


タケルと瑠可が美知留に会いに行ってる間に
エリとオグリンは出来てしまうわけで・・・

今後エリは不倫による苦悩を味わうわけ?
つうかオグリンが離婚すればすむことやん?
奥さん男連れ込んでるんだしさ。
エリとオグリンは、いい味だしてる。
オグリンのボケとエリのノリのよさが
重いドラマをふんわり包んでると思うな。


宗佑がエスカレートして来ました。
威圧的な怖さじゃなくて、静寂の中で姿を表す不気味さ。
育ちのよさげだし、僕を待たせた罰とか時間を守れとか・・・
宗佑の父親はきっちりした人で厳しくしつけられたのかな。
そして母親には、美知留と同じように
「宗佑だけだよ」とか言ってすがりつかれたのかなぁ
唇噛んだり手の動きで、宗佑の動揺が垣間見れた。

DVなのに暴力シーンの描写は殆どない。
トランプをバシッと投げつける音と殴る音をシンクロさせたのは
なるほどと思ったけど、その後いきなりのお岩さん顔は・・・どうなの?
「美知留かわいそ~」とは思えなかったよ。
長澤さんのデカさもあるのだろうけど。
宗佑と並んでも、瑠可と並んでも美知留大きいんだもん。
もっと華奢でタッパなかったら、瑠可が守るって事に説得力あるのにな。
瑠可が美知留の肩抱く後姿、ちょっと笑ってしまった。


美知留が瑠可に言った言葉
「今まで人に愛されてるって感じた事無かった
  でも宗佑には、初めて愛されてるって感じる」


瑠可はず~っと美知留のこと好きだったのに
それを感じて貰えてなかった、
自分の愛は美知留の愛される対象には入れてもらえない。
目の前で言われてる瑠可が切なかったな。


「あたしの瑠可」
この言葉が宗佑の暴力に拍車をかける。
でも・・・美知留の「あたしの瑠可」と
瑠可の「あたしの美知留」は意味が違うんだろうなぁ
美知留はタケルの仕事手伝うのでしょうか。

#2

「中野の友人」

単調な日常を描いたゆるゆる系の作品。
セリフ少な目で空気を読み取りながら
想像を働かせて見るタイプの作品で嫌いじゃない。

主人公の岡田(井口)目線で描いた真木ようこ。
井口さんの風貌にインパクトありすぎて
主演に真木ようこを置きながら、存在感が薄め。

■女子高生
最後で女が女子高生って明かされるんだけど
まさかコスプレで立ってるだけじゃないよね?
ゲーセンで女子高生を何度も写してたから間違いない。
季節は夏、女は夏休みなのに怪我のため暇つぶしにゲーセン?
携帯は彼氏かなぁ 別れを告げられた?

■カブトムシ
夏休みを指してる?
+(プラス)男性真木ファンのためでもありそうだけど・・。
ピンボールといい間接的EROネタが敷かれてある。

■プリクラ
女の存在を示すため?
本の持ち主や岡田に対して印象付けるためのアイテムかなぁ

■「きょうにします?」
最初全然ピンとこなくて、扇風機強にしてもわかんなくて
同僚が「約束したっけなぁ~と思ってびびった」を聞いて
やっとわかった・・・面白いね~言葉遊び。

■「Oっぱい見せてあげる」
1話2話と真木の胸を強調してたのに
真木じゃなく同僚の女に言わせたのが面白かった。
真木胸目当て人は「お前じゃねぇ~」とツッコミいれたんだろうか・・・

■手を振る女
岡田と女に会話は無くても、
スコアを競ううちに同志のような感情が生まれたのかな。
ピンボールは無くなってしまったけど・・・
交差点ですれ違う一瞬の再会。
手を振る女に会釈する岡田・・・二人の小さな微笑。
言葉を交わすでもない二人の距離感がよかったな。

シュールでもあり、ところどころで笑えた。
じわじわ来る面白さがありました。

#3

1話で散々苦言を書いておいて豹変するのもなんですが
ホカベンいいかも!?

父親に虐待うけてた事実を話すマキちゃんが切なかった。
そして富田さんの子供を守る母親に胸がつまった。
富田さんの演技に引き込まれました。

杉崎(北村)のいった法律を武器にするというのは
マキちゃんと母親の名前を変える戸籍法のこと。
マキちゃんを守る法律になるわけですね。
これからも、こういう形で一つの案件が完結していくのかな。


杉崎と森岡(大杉)の間になにがあったのでしょうね。
そして工藤(りょう)と杉崎にの間も・・・
森岡は所長、工藤はエムザを支えるバリスタのリーダー。
なぜ杉崎がプロボノにいるのか・・・気になるところです。

倉木(戸田)が灯を認め、プロボノが少しだけまとまった。
だからといって、馴れ合いのシーンはない。
法律を真正面から扱った、このドラマには確かに不必要。
よって息抜くところが灯と母親の会話くらいしかないから
重いドラマを好まない人には避けられるかもしれません。

正義感を声高に口にする部分は、やっぱりくどくて耳障り。
でも冒頭の濡れたままの母親との面会、
打ちのめされたような灯の表情は印象に残りました。
目指してるのは骨太ドラマ?
上戸さんで骨太はちと無理があると思うけど
周りの存在感ある方達のおかげもあって見ごたえありそうです。

#1

まぁまぁ楽しんで見られました。
おせんという人物が、自分の想像とは違っていて
姐御系の一風変わった女将なのかなと思っていたのですが
天然系の一風変わった、可愛い女将でした。
ただオフのおせんは、いっぱい描かれてたけど
(酒飲んでお風呂入って酒飲んで・・・)
女将という立場に立った時の人物が弱い気がしました。

一升庵の店のポリシーや雰囲気は好きで、見てて面白い。
自分が料理するからかなぁ、面取りは同じ事思ってたし。
あんなバカ丁寧には作らないけど。


よっちゃんさんがねぇ~ちょっとでしゃばりすぎ。
よっちゃんさんの撒き散らかす喋りが、
ゆったりとした空気の一升庵を感じ取ろうとしてるのに
横で解説されてるようなうっとおしさ。
それもチャラチャラして、いかにもJ・・・・でねぇ。
まぁドラマの中で異質な存在として扱われてるわけなので
仕方ないといえば仕方ないが。

いっけいさんや豆腐やさんが地味にいい味だしてるなと。
片桐さん、ここでもスパイス、スパイス。
しかも期待裏切らずに、ニンマリさせて下さる。
すんごい嵌ってると思ったのが余さん。
余さんは、なんにでも化けられる役者さんで感心します。

ところで、女将さん髪邪魔だろう・・と思ったのは私だけ??
それにあんなに酒飲みじゃ体壊すだろうし
味覚が狂わないかと心配になりますよ。

これから出てくる料理も興味深いですし
蒼井さんの女将も可愛いので楽しみにしたい。



ちょっと面白くなってきました。
夏川さんの出番が増えたせいかな。

龍彦(徳井)とかえでのボケツッコミもテンポいいし
かえでがチャッピー(犬)に話すのも微笑ましい。

かえで(夏川)と律子(鈴木)のロケバスのシーン、今回も面白かった。
律子なんて、ヒゲ跡プツプツ書いて何の役か気になったよ。
下着売り場の三段腹&太鼓腹のおばちゃんとか、チョーうける。
そういうのが逆にシュンとなったときの女の哀愁に拍車をかける。
特に律子と監督のラーメンのシーンは毎回面白切ないし。

ま二人とも一応男はいるけど、崖っぷちって感じでさ。
それを上手く笑いにかえてるんだよね。
二人の枯れ加減が、時に笑い、時に胸に刺さり・・
最終的に律子さんがどうなるのか楽しみでもあり心配でもある。
かえではヒロインだからどんな形にせよ幸せになるだろうけど。

いっそのこと夏川さん主人公で、金持ちの年上男性と
貧乏の夢追い人の間で女の人生考えるドラマのほうが
良かったんじゃないかなと思います。
まぁ堺さんありきの企画なんでしょうけど・・・

#2

ヤバいっす・・・もこみちロボットが可愛いくて愛着沸いてきた。好

目をパチクリしたり、なんとな~くロボットの動きをしてたり。
ジーンズのカッコよくほつれた穴を、とんでもない布をあててチクチク縫ったり。
無駄に上半身裸で「どう、セクシー?」と棒読み?・・ロボット読み?
霧吹きで汗を作ったり・・・面白いです。

不思議ですよね~今までもこみちさんのどこがいいんだろう・・
なんて思ってたのにロボットになったらこれだ。
上手く役にはめ込んだなと思います。

その優秀なもこみちロボット、1台1億円ですよ。
ローンを考えたらアンダー30限定になってしまうではないか。

そうそう家事をするナイトを見ていて
家事機能の付いたバービー人形(キャベツ人形?)
と言われたキャラクターを思い出した。もこみち=伊東美咲?

ドラマの行く末も気になるけど
それ以上にもこみちロボットがどんな行動にでるか楽しみです。

#1



出会うところから始めるのですね。
すでに付き合ってるものだと思ったら、違う彼女が出てきてあれ?って。
しかしなんていう出会い方なんでしょね。

見てるうちに、どうでもよく思えてきてしまいました。
豪華なキャスト達なのに・・・残念だ。

谷原さんや、松嶋さんのコメディがなんだか無理やりで
可哀想に思えてきた。
そして最後に出てきた、上川さんの
大学でのマグロ解体ショー・・・????


主題歌は米米で、何と言うか・・・古典的なのね。
色んな部分でちぐはぐさを感じてしまいました。


新鮮味はありませんが、安心して見られますね。
それと、やっぱり生瀬さんと仲間さんのコンビがいい。

でも生徒役があんまり個性ない。
風間(三浦)はともかく、もう一人の頭、緒方って誰?
と思ったらジャニーズがぁ
そういや挿入歌も・・・なんだよね。

特に書く事も無いと思うけど
まぁ、気軽に見ようと思います。

そうそう、あちこちドラマでイケパラ組を見かけます。
案外顔を覚えてるもんだ。
そう思うと、若手を売り出すのにいい作品だったんでしょうね。


「39歳のプライドと偏見」

岡村恵太朗、暴走してますね。
あんなにエコエコうるさいキャラにしたのはなぜ?
岡村のエコロジストは、今後のストーリーに絡んでくるのでしょうか。
只単に空気読めない人にするためなら、ガッカリなんだけどな。
夜9時に帰って10時半には寝るというライフスタイルは
心理士としてアリなのか、いつ勉強するんだろう・・・

聡子と対等な人物として
治療方針で対立したり、臆することなく何でもいえる存在の恵太朗。
はたして、負けず嫌いの二人が果たして恋愛に進めるのかな?
寺脇さんと天海さんの2ショットはすごく似合ってたけど
天海さんと藤木さんは、姉と弟に見える。
対立してても物申してても、生意気な弟君。
ぶちょおキャラなら似合ってたんだろうけどなぁ
今後スーツ着せて「あらまぁ・・」なんてことになるのかな。
しかし藤木さん、顔黒い・・・

奈央は幸せの頂点。奈央にとっての結婚は、
自分の地位向上、逆転するための道具のように思えるな。
「仕事も結婚も出産も」って企画を出して自分をイメージモデルにして。
この勢いで新雑誌立ち揚げて、
女の幸せ全部手に入れるつもりなんだろうけど・・破綻が見えてる。
旦那との幸せじゃなくて・・自分の幸せばっかり。
海外出張多そうだし、すれ違いで離婚も近そう。
マー君が行ってた「ただの同居人」が当たらずとも遠からず。

2話は瑞恵の内面がよく描かれてました。
「もうそろそろ自分のために何かしたいの」
と言う言葉に、夫からの言葉は本質を突いてた。
息子の進学も家を建てた事も、自分のためじゃないのか?

専業主婦にありがちですよね。
自分の情熱を注げると言ったら、子供の教育とマイホーム。
それを成し遂げることが自分のステータスを上げる事になる。
本人は息子のため家族のためと思ってるんだけどさ。

でもなぁ夫と息子の舌打ちはブチッとくるよ・・
せっかく作った弁当は食べてもらえず
「ちょっとぉ、誰のために作ったと思ってんのよ」と言いたくなるのもわかる。
その後夫と息子が八つ当たりするように
バタンバタンと部屋を出て行くのも、家族がバラバラだと感じさせた。
むなしくなるさ。


女性脚本ならではなのか、女の心理ついてるよなぁ~って思う。
聡子と瑞恵の対比が上手い!!
親友で仲良くしてるけど、どこかキャリアvs主婦の壁が伺える。

●瑞恵は家族と繋がってるじゃない
「社会参加したいなぁ、働いて社会と繋がってたいの」という瑞恵に対して。
聡子はそんなつもりなくても、瑞恵にとっては痛いパンチですよ。

○聡子は結婚しなくてもやっていけるからね、結婚する理由ないじゃない
結婚結婚と焦らせる割に、どこかで仕事も結婚もなんて・・と嫉妬が垣間見える。
もちろん奈央のことも「すごいわね~」って褒めるけど、瑞恵の嫉妬と淋しさを感じる。

●他に楽しい事無いの?
聡子と大島の事で一人盛り上がる瑞恵に
聡子の何気ない一言、でもキツイ一言です。
聡子の結婚に関して首突っ込んでくるのも、暇だからだよね。

○聡子は自分の世界持ってるものね
大島(寺脇)が今度結婚する人は自分の世界を持ってる人がいいと言った時の言葉。
思わず自分と聡子を比べちゃったんだよね。

瑞恵の「39歳まで待ったかいがあったわね」と言う言葉に
マー君の「僕はいつまで待てばいいのかな」には笑いました。
マー君地味だけど、癒しになってます。
あれ~藤木さんの癒しは?萌えは?ムンク


30万払って入った結婚相談所、なのに相手に恵まれない。
片桐ハイリさんがいいスパイスになってます。
結婚相談所だけの人材にしておくには惜しい。
奈央から紹介された大島さんは理想に近い男性だったのに、
「いくら仕事をしてても、女性として幸せじゃないと幸せな人生とは言えない」
と言われて振ってしまうのよ。
39歳で焦ってるみたいだから、もう少し様子見てからでもいいんじゃ。大島は、
仕事だけでは得られない幸せが結婚にはあるよ、二人ならもっと幸せになれるよ
と言いたかっただけじゃないかと思う。

さて来週の藤木さんは松下さんと本格的に絡むようで
研修医と婦長に見えないか心配しつつ、見守ります。

#1



パズルは、学園モノじゃないですね。
これ、石原さんを第二の仲間由紀恵さんに育てる計画なんでしょうか?
トリックとごくせんのヤンクミが混ざったような・・

石原さんが最後に活躍して事件の幕をおろすような爽快感もない。
第一、宝が無いなんて・・・
脇にベテランの役者さん達が出演してた割には
あまりスポットが当たらなかった。
謎解きとしてもあまり興味をひかれなかったのが残念です。

石原さんは2つの先生を演じ分けしてたと思います。
でも生徒役との会話などに面白みがないんですよね。
テンポはいいんだけど。

まだ1話なので、もう少し見てみようと思います。


オープニングの映像と曲がスバラシイですわ。
あれだけで名作率upしてると思う。

先週冒頭を見逃したのだけど、
このドラマは回想式なのですか・・・そういうのあんまり好きじゃない。
結果が出てるのに、思い出に付き合わされる気分。
リアルタイムで見れないスポーツのようで・・・

藍田美知留(長澤)は、妊婦姿
誰かが死んだ
恐ろしい事件
初回は感じなかった・・なに?この煽り。

◆◇一応現時点での予測◇◆

美知留のお腹の子は、及川宗佑(錦戸)でしょう。
そして宗佑が死ぬ・・・と考えるのが自然。
でないと宗佑が報われない気がする。

宗佑見てると、親に愛情を注がれなかったから
愛し方がわからないんだろうな~と、ある意味可哀想に思えてくる。
その宗佑の子を産むことによって
死んだ宗佑の運命を慈しみ、宗佑が得られなかった親の愛情を
美知留が宗佑の子供に注ぐのかな~と。

そうなると、事故は宗佑の死に関するもの。
公式に宗佑に関与する人物が出てくるようなので
まだどうなるか・・・
案外宗佑が美知留を助けるために死ぬのかもしれない。

3人の関係は宗佑のDVがきっかけで美知留、瑠可、タケルと
それぞれの問題を抱えながら渦巻くのだろうし、+エリが絡んで来ると。
終わる時も、宗佑が幕をおろすような気がする。
◆◇◆◇◆◇◆◇

「わたしの美知留にさわるな」・・・唐突ですな
ふと出た本心なんだろうけど・・・。
一歩間違うと笑われるセリフになりそう、さじ加減が難しい。
しかし、DV受けてる美知留にあまり同情しないのはなぜだろう。
どこか鈍い子のように思ってしまうんだよね。

「こんな気持ち、いらない」
美知留を思う気持ちをもてあましてる。
PCで婦人科のサイト見てたから、ホルモンの投与はするんだろうけど
手術って・・おっぱい切るんか??


水島タケル(瑛太)はまだ表面化しないね。
みんなでDVD見るときの前触れくらいで・・・
瑛太さん、オダジョー化してない?

滝川エリ(水川)に、同僚の男が絡んできた。
シェアハウスにまさか同僚が介入するとは予想外でした。
タケルも早く引っ越してこないかな。
美知留だけじゃなくて、タケルの絡みももっと欲しい。
2話もよかったと思うけど、
個人的には初回の方が好きだった。

#1
「おんな任侠 筋子肌」

超バカバカしくて笑った。
タイトル前の波しぶきショットが東映のパロディだった。
やっぱ、阿部サダヲさんの存在大きいな。
真木さん一人じゃ、受け手がないし笑えなかったかも。
阿部サダさんとの相乗効果。
わざとの大根演技
筋子ブルースも、ダーツチャンピオン
筋子の安い合成も・・・面白かった。

今までの2作とはガラッと変えてきた。
来週も楽しみ。


真面目に作ってるんだろうけど、今ひとつ面白くなかった。
上戸彩さんが一人浮いてるような・・
もちろん堂本灯はあの事務所では浮いてる存在でいいのだけど
上戸さんと共演者達が同じフィールドにいない感じ?

前半部分の、やたらテンションの高い新米弁護士は辟易。
「で、私は何をすれば?」新人なのに、何で上から目線なのよ。
実力も実績もない新米弁護士が熱血漢振り回す姿はうっとおしい。
挫折との落差をつけたいのはわかるけど、
灯の足元に大きな落とし穴があるのが見え見えで萎える。

依頼者の気持ちも無視して軽々しく
告訴しましょうと、私が守りますとか・・・ウンザリですよ。
依頼者の信用を失くし、犯罪へと走らせる。
自分だったらこんな若い弁護士嫌だ、絶対。
世間もわかってない、自分の理想ばかり押し付けてくる。
こんなにウザくしないで、普通の新米弁護士でいいんじゃない?
自分の能力過信するひよっこは、応援する気にはなれないな。
かといって、他に注目したい人物もいない・・・
あえて言えば、倉木(戸田)かなぁ
・・・誰に照準を合わせていいのかわかんなくなる。


なんとなく、先が見える展開。
捻くれてる杉崎(北村一輝)が、結局堂本灯に手を差し出す。
杉崎も、元は正義感を持ってたんだろうけど
何かの事件で覆されたんじゃない?工藤怜子(りょう)と一緒にした仕事で。
それを境に、杉崎は法律に失望し・・・形だけのプロボノセクションへ。

堂本灯とぶつかり合いながら、プロボノ3人の距離が近くなる。
杉崎の過去の事件を灯が知るだろう、
そしてその事件に絡んだ大きなドラマの山場となる案件に直面する。
篠井さんや大杉さんは組織としてプロボノの前に立ちはだかる。
・・・・・こんな素人思いつきの展開に成らない事を祈る。


堂本灯を演じる上戸さんはどこか、
金八の鶴本直を思い出させます。
もし、鶴本のあとにこの作品に出会っていたら
上戸さんの評価は違っていたのかもしれない。
それほど、上戸さんにはアイドルのイメージがついてしまった。
コスプレドラマや元気ハツラツCM等で明るい元気な色が。
そのCMにより毎日見る上戸さんが
1年に何度もドラマで主演されることで飽和状態なんだと思います。

こういった内容のドラマは嫌いじゃないです。
周囲の役者さん達も見ごたえありそうだし、
富田さんのこういった役はすごく惹きつけられる。
だから今後も期待を込めて見て行くつもりです。


夏川さんと砂羽さんのやりとりしか見所がない・・
ロケバスでの二人には女優魂見せてもらったし(完全おばさん化)
会話も面白い。
好きじゃないんだけど、身近な男にすがってしまう。
女の哀愁が、ズキンズキンときましたよ。

3話以降も見続ける予定です(女二人のために)

#1
もこみち様~~私が悪うございました。
見くびっておりました、もこみち様のロボットを
泣笑

予想に反して面白かったです。
何が面白いって、ロボットもこみちが。
ロボットもこみちだと拒否反応が出ないんだ、CMだと半歩引くんだけど。
ただナイト(もこみち)の出てないところは少々平凡。
話もなんとなく先が読める。
室長(水嶋)はリイコが気になり、リイコはお菓子作りが得意。
室長と一緒に仕事をして、
お菓子作りを仕事に生かして行くんだろうなと。

EDでは3人仲良さそうでしたが、ロボットとリイコの話じゃないのか?
もしかして友情でお茶濁したりすんのかな?
とりあえず、室長とナイトは友達になりそうですね。

姜君は気の毒な役だね・・・朝ドラの相手役やってたのにね。
その姜君を振ったリイコの友達が、ナイトに手を出すんだろう。

自分は、佐々木さんにも注目したいですね。
出番は少なそうだけど、面白い存在。
しかし、ロボットはハチャメチャです。
ビルの屋上をジャンプして渡ったかと思えば、
フライパンに当たって当て布みたいに貼り付けて塗料スプレー。
ま、ツッコミどころがあって、そこが面白いんだけど。


「かわいそうなの、私?」

正直、1話は退屈でした。
というのも、聡子(天海)の今置かれている説明が殆どで、
最後に恵太朗(藤木)との出会いによって、さぁ始まるよという掛け声で終わった印象。
冒頭のAround40の説明、その世代の背景説明で
すでに始まる前のテンションがしぼみはじめる。

女同士の会話が面白く感じられないのが、残念。
シビアな部分に足突っ込んでるから、
無理な恋愛の夏川&鈴木みたいにはいかないか・・
でも、最後の聡子と恵太朗の掛け合いは、次回を期待させました。
全体的には、TBSの優等生が作った感じ?
型にはまっていて新鮮さがないし
加えて天海さんの隙のない演技で、聡子の弱さを感じにくい。
無粋ですが、江角さんだったら、篠原さんだったら、山口さんだったら・・・
・・・きっとリアルなAroun40の気持ちをすくいとってくれた気がする。
今さらそんな事を言っても仕方ないのは百も承知、
藤木さんがにじみを出してくれたら、
聡子という人物が柔らかく見えるかも?期待しよ。


***脚本は緻密?思った事など***
■40歳の定義
・病院モニターの「40歳は人生の正午~~~成人健診をうけましょう」
・40は人生の折り返し地点
・ペットボトルの水をもう半分ととるかまだ半分ととるか
⇒聡子、半分の水をみて「もう40・・・」というセリフに導かれる。

■3度目の温泉
一回目の温泉・・・明るい時間での温泉伸び伸びした背中
(可哀想なんて言われたけど、全然平気一人を満喫してるよ風)
2回目の温泉・・・落ち込んでる奈央を元気付けるため、女同士の友情。
3回目の温泉・・・結婚式後、暗闇の温泉、ため息交じりの伸び
一緒に来た奈央は結婚、自分だけ変わらない、一人温泉は淋しくうつる。
⇒同じシチュエーションでも、聡子の中に空虚さ。

■「おいていかないで~」
奈央も結婚、結婚と言う列車にに乗り遅れた聡子。
自分ひとり取り残されたような気持ちになって号泣。
そして落とした切符は、幸せの切符?恵太朗が見つける!?

■アラフォー独身の居場所と世間の目
ラブラブ老夫婦と若夫婦の実家に居場所ない聡子
同窓会の主婦会話に溶け込めない聡子

■主婦vs独身女
主婦=子供・旦那が自分のものさし
独身=自由なお金、仕事のステータスがものさし
主婦=独身に老後の不安を煽る
独身=主婦におばさん呼ばわり

奈央が早々に結婚したことにより
聡子に自分の幸せが結婚なのかどうか目を向けさせてる。
また結婚している瑞恵(松下)があまり幸せそうじゃないこと、
3人が自分の幸せを探求するドラマになるのでしょう。
そしてアラフォーの先輩ともいえる継母の晴子さん(加賀)が面白い。
アラフォー独身の星のように心強くさせられる存在。
53歳まで待った甲斐があったと言った晴子ですが、入籍はしてないのかな?

一方、存在感の薄かった大橋(筒井)。
冷蔵庫に張って合った写真のぽっちゃり女子はだれ?
気弱キャラがいいですね。
マー君は奈央の今後に関わってくるのでしょうか・・奈央離婚もありうる?

聡子の元彼はカメラマンのようですね、彼が撮った自分の写真を所持。
・・・恵太朗といい感じになったら元彼が出てきそう(伏線)

自分もアラフォーの仲間なんですが、聡子には感情移入できなかった。
綺麗だし、一生の仕事をもつ聡子に、はたして結婚が必要なのかと。
そして医者という職業でありながら、これから子供を産もうとしている点についてもね。
友人に福岡在住の40過ぎの独身女性がいます。
「なぜあなたのような人が結婚しなかったの?」と思うような。
外見も内面も申し分ない、ほぼ常に男がいる。
なのに「結婚したいと思える相手がいない」というのです。
もう子供は無理だろうなぁといいつつも、たまに誰々の子供だったら欲しいなと言う。
子供を産めない自分は、そんな彼女を見て歯がゆい思いをします。
聡子をみていて彼女の事が脳裏をよぎりました。

***藤木ポイント***
恵太朗は聡子のストーカーかッ!偶然を多くする事で運命を演出?
どうもラブレボとカブって見える、白衣や自転車等
タイトルバックで、聡子に鍵を渡す黒スーツの藤木さん、須賀ちゃんちっくでカッコええ。
エコエコうるさい岡村は、ウザきゃらなんでしょうか。

今後松下さんから好意を持たれるらしいので、絡みが多そうで楽しみ。

次回は聡子と恵太朗が対立?
期待して見続けたいと思います。



今回のゲスト仲間さん、すごく和気あいあいとしてて面白かった。
ゲストが色々喋ってくれて、上田さん藤木さん森さんのバランスもよく、
イズムの理想形を見た気がした。
冒頭の上田さんとの記念写真の時も4人の雰囲気のよさが出てました。


前から仲間さん好きでしたが、もっとファンになりました。
藤木さんにも、森さんにも目線配りながらお話しされて、すごく気遣いのできる方だなぁと。
それがとても自然で、性格がにじみ出るようで自分もかくありたいと思いました。
現場のスタッフや共演者の方々に好かれる女優さんなのでしょうね。
お話されるときの言葉遣いも、綺麗な日本語を話されていて聞いていて清清しいです。

【Pファイル】
生瀬勝久
島谷ひとみ
ヘアメイク&マネージャー


【トーク内容】
仲間さんからの、藤木さん天然話
g@meのロケバスで、毎朝同じDVDに同じシーンを見てるのが気になったとか。
・・・一体何のDVDのどのシーンを見てたのかこっちまで気になる

某ドラマの巣鴨のロケでスカートが落ちてしまった
下にはベージュの防寒着をはいていたという撮影秘話に
巣鴨っぽいじゃないですか? なじんでたかも
・・・コメントに笑った。そういう問題かッ

生瀬さんが何度も仲間さんに嘘をついてる
ビリーズブートキャンプを誘った本人がそのうち参加せず。
サックスを誘われ購入したのに、本人は知らん顔。
そして今は熱帯魚をすすめられているそう
・・・生瀬さんらしいや。

勘違いの生瀬家訪問 (アバウトな性格?)
旅行の段取り好き (几帳面な面?)
海外旅行トラブル談 (クロワッサン焦げ)
演技に入りこみ呼吸忘れることも
ごくせん撮影秘話 (アクション大変)
大きい音が苦手 (拳銃は手が震えた、耳栓4個)
お笑いDVD好き
バッグ中身
自宅写真 (家具・サックス・三線&シーサー)
マジック得意 (徳利マジック、ちなみに上田さんも成功)
阿部寛カキ氷の話の物真似 

・・・等。 


やっぱり、藤木さんと仲間さんの並んだ姿はしっくりくる。
(g@meよりは若干年月が経ってるが)美形コンビで、また共演しないかな。
ぜひ、お二人共演のドラマが見たいと強く思いました。



CGを駆使した映像は迫力があり、食い入るように見ましたが
人間ドラマの部分、特に主人公とヒロインに関しては雑だと思いました。
勝手な憶測ですが、監督はCG等の映像の方にこだわりがあって
主人公とヒロインはおまけ程度なのかな?

主人公が大切な人を救うためにヒーローになるのは
アメリカ映画でよくある話ですよね。
イギリスに行くつもりだった小野寺が、命の危険をおかしてまで
潜水艦で爆弾をセットする動機が弱くないでしょうか。

・主人公がフラフラ歩き回ってる。
イギリスに行くのを迷ってる?
だからと言ってこんな状況で徘徊、
周囲は死ぬか生きるかなのに小野寺は無傷。

・こんな時にラブシーン?
盛り上げるためでしょうな・・・
状況が困難であれば困難なほど、二人の愛がより強く見える。
見てる人に二人に感情移入させるため。

実際に映画やDVDで見てないので、カットされた部分も多いだろうし
ちゃんと見たらなるほど・・・と思えるのかな?
ドラゴンヘッドといい、
映像的には迫力あるのにストーリーがも一つってのが非常に残念です。
ドラゴンヘッド・日本沈没・・TBSはこう系統好きな人がいるんだろうか?
あと一つで、3部作完成!?




人死に過ぎだ。
それに周りが死ぬ中、娘と雪平だけ助かるって都合よすぎだよなぁ。
車爆発で女の子が死んでも娘が助かれば・・・と見えなくも無い。
防護服が簡単に破れるのはどうよ。
血清貰ったあとにウロウロする雪平は娘助ける気あんのか
菌が充満したあの病棟はどうなったのさ。
などと、ところどころツッコミをいれたくなった。

でもこういった、刑事モノはフジさんは上手いと思う。
単に踊るが好きだからそう感じるのかも知れないが。
緊迫した空気、主人公の見せ場、
現場とお偉いさんたちの構図なんて、踊るが土台になってるし。
そういえば大杉さん、また警察内部の汚職担当?

アンフェアは、内通者の裏切り、どんでん返しが面白い。
その点では、映画はちょっと弱かったかな~
ま、内通者もある程度限られてくるしね。

ラストは雪平が機密情報握ったままだけど、
いつかまた続きをやるんだろうか・・・
その時、また死んだと思われた蓮見が生きてたりして?

■アンフェアthemovie
■アンフェアDVD-BOX


もっと弾けた感じになるのかなと思ったらそうでもなかった。

貫地谷さんのコスプレ、今ひとつ必要性がないし
かといってビジュアルを楽しむってわけでもないし、滑ってる?
要さんのコメディもちょっと微妙・・・
トリックも、平凡だし。

貫地谷さんには並外れた記憶力がある。
子供の頃になにか体験してるって言うのが
今後徐々に明かされていくのでしょうか。
要さんは、坊ちゃん刑事でお金で貫地谷さんに協力要請。
初回はまだ二人の掛け合いが面白く膨らんでないようだけど
今後息が合ってくると、もっと面白くなりそう。

ただ男女コンビの場合、男性ツッコミの方が安定感はあるんだよね。
要さんのフニャフニャ坊ちゃん刑事を
貫地谷さんがどれだけ手の平で転がせられるか??
あとトリックは大事だよ~子供の推理クイズじゃないんだし。
特にガムテープの密室は・・・お約束過ぎでした。


残念な事に冒頭が見られなかったのですが涙ラストフレンズ良かったです。
CMスポットを見た時から、このドラマ見たいと思った自分の目は間違いじゃなかったと。

1話は各人物の紹介程度でしたが、
それぞれが置かれてる状況や痛みが把握できました。

同棲したとたんに、携帯チェック、嫉妬、DVに走るのかよ・・・
長澤さんが可哀想に見えないんじゃ?と心配もしてたけど大丈夫。
ふんわりしたイメージ作ってて、ハチクロのはぐみでもいけんじゃんと思った。

ルカ目線になりますね、自分はきっと。
ルカの自分の本当のこと誰にも言えない気持ちも、すごくわかるし
それゆえに誰かと深く関わりあうことを避けるのも良くわかる。

エイタ君もいいすね、主張し過ぎず繊細さも兼ね備えていて。
水川さんも、女のドロドロの中に身を置きながら、明るいのもいい。
4人の距離感がいいですね。

錦戸君、迫力がもちっと欲しい所だけど
普段は優しそうなのに、すっごく冷徹な空気だしますね。
嫉妬からくるDVなんでしょうか・・・
優しい表情とDVスイッチが入った時の振り幅、
そんなに表情を変化させるわけではないのに、殺気めいたものを感じる。
目の演技なんでしょうかね。
子供時代に何かあったのかな?闇が垣間見えます。


・ミチル(長澤)がシェアハウスに泊まった朝、水溜りに家が写る映像
・斜めに入った朝の優しい光が、ミチルに降り注ぎ
ミチルにキスするルカの映像

この2つのシーンはすごく印象に残っりました。
昨日の大雨が嘘のような穏やかな朝だけど、雨の痕跡が残ってる→水溜り。雨=DV
優しい朝陽は、ルカから見たミチルのイメージ?
いよいよ、ドラマが始まるんだなと期待が膨らみました。

月9がどうでもいいと思えるくらい、はまりそうな予感。
アラフォーも頑張ってくれ~~



あーやっぱり2時間サスペンスっぽいドラマなんですよね。
こういうドラマのトリック解きは、イマイチのれない。
面白くないわけじゃないけど、特に書くこともないや。

それでも一つ二つ思った事など。
・こういうドラマの犯人役の演技ってなぜか舞台調で大げさなんだろう。
・デビット伊東は地味にあちこちのドラマで見かける(悪役は貴重?)
・鈴木あみが意外と自然に演じてたので見直した。
・なぜか延長してたので、ラストフレンズ冒頭見逃した・・(ガシガシッ)

2話からは暇だったら見ようかなという類のドラマです。
何も考えず気楽にね。



無理無理といいつつ、怖いものみたさで見てしまった。
ん~思ってたよりは見れる。
結婚できない男の匂いがする。
・職場の雰囲気 堺=阿部 塚本=田中
・犬

■面白い
・夏川さんの干物っぷり。
・相方の鈴木砂羽さんとのやりとり、再現VTRのコスプレ
・「誰か 助けて・・・」にもろ共感。

■やっぱダメ
・堺さんの存在
おじいちゃんっぽい 設定がまんま堺さん 苦しそうなカラオケ
バリバリ仕事して来たようには見えない 娘が若い
地上から1cm浮いてるような軽さを感じる
・主題歌
爽やかさや透明感のある主題歌にして、中和させたほうがよい。
風味堂とか小田和正とか・・・かなりイメージ変わるはず。

ってひどい事ばっか書いてしまって、スミマセン。
でも、やっぱり堺さんではドラマ引っ張れないんですって。
結局、夏川さんが引っ張って、鈴木さんと笑い生み出してって
女性2人が頑張ってるだもん。

ま、そんなわけで次から見るかどうかは未定。


映画見てるようでした、正直・・ちょっと微妙。
オチも早くから予想できてたし。
作りたい物を作るって意気込みは伝わってきますが
見る層を狭めすぎじゃないかな?

サブカル系というふるいにかけて、
そこからさらにエ□ネタのふるいにかけるという。
なにより、真木さんはそれでええんかい?と。
潔さはカッコいいけど・・・ね。

そして、2話は最後の何分かしか見れなかった。
ここでも、Oっぱいが・・・真っ赤なブラから覗いていた。
ただ鮮烈ではありましたけど雪と血と少年。
最後の5分くらいで、なんとなく掴めちゃう作品でした。

1話、2話と、かなり入り口の狭い作品です。
ついてこれる奴だけついて来いと言わんばかり。
短編ストーリーと言うよりは、映像集に近い?!

次回は任侠物・・・忘れなかったら見ます。


すでに始まっているドラマもありますが、
春ドラマをチェック!!

【月9】 フジ 5/12~ 「CHANGE」 *木村拓哉 ★★★

キムタクが今度は総理大臣になるそうで・・・
逆にどんな首相になるのか興味あります。
内閣ドラマで言うと、「総理と呼ばないで」「レッツゴー!永田町」は結構好きで見てました。
しかし月9なのに5月のGW明けに始まるドラマって・・重役出勤?
まるで、おそだしじゃんけんじゃないですか?・・・あきれてしまったわ。
他のドラマよりも遅れての放送なら、さぞかし素晴らしい出来なんでしょうねぇ。
余裕しゃくしゃくの月9見せて貰おうじゃないの?(なぜかけんか腰)
キムタクも総理大臣にまで登り詰めたら、次に演じるものがないんじゃないの?
普通の役ってしないもんね~ホームレスとか絶対しないだろうし。
キムタク総理・・・いろんな意味で楽しみです。

【火9】 フジ 4/15~ 「絶対彼氏」 *速水もこみち

漫画原作だそうです。
な、なんともこみちさんが演じられるのは、恋人ロボットなんだそう・・・
なるほどロボットなら、棒読みでも感情込められなくても大丈夫だもんね。
って~ロボットバカにすんなぁ~ロボットだって難しいですよ。
ロボットを演じるには、自分が人間だっていう根底から意識を変えなきゃダメでしょう?
ま、そんな深くなくヒロインとの恋愛模様、胸キュン系のドラマなんでしょうけど。
伊東さんの面白くない設定だとか、もこみちさんロボットとか、よく考えますね。
役者にあわせてドラマを作るのってどうなのよ・・・

【火10】 フジ 4/8~ 「無理な恋愛」 *堺 正章

無理です!絶対無理。
なんで今さら堺さんなんだろう・・・すごく不思議。
60歳のラブストーリーに需要があると思えないし、
やるしても沢田研二さんあたりをキャスティングすればいいのに・・・。
ヒロインは夏川さんだそうで・・・夏川さんに感情移入したら凹むよ、きっと。
スポットを見た時点で、すでに拒否反応がでたもん。
なんであんなCMスポットにするのかも意味不明・・・逆効果じゃない?

【火10】 日テレ 4/22~ 「おせん」 *蒼井 優

日テレさんは3本とも漫画原作ですね。
内容はよくわからないのですが、料理が絡むドラマのようでちょっと楽しみ。
しかし、この枠は子供達がよく見てるので、視聴者層が入れ替わりそう。

【水10】 日テレ 4/16~ 「ホカベン」 *上戸 彩

また・・・上戸さんですか~(ため息)
脇でなら何本続けて出演されようがかまいませんが
暴れん坊ママやってから間もないし、単発ドラマ・CM等々でおなかいっぱいです。
もうすこし、他の役者さん達にチャンスを分けてあげてくださいよ。
今度は熱血職業物だそうで、それもなんだか想定内。
ただ漫画原作と周囲のキャストで、見たいんです。
上戸さん自身がどう作用するか・・・あまりに目立つようなら脱落します。

【水深夜】 テレ東 4/2~ 「週刊真木ようこ」 *真木ようこ★★

教科書やSPで、真木さんに注目しているので、楽しみ。
毎回違う役を演じるということで、演技力が試されますよね。
監督のカラーによって一人の女優がどんな色を引き出すか、
面白い企画だと思います。
しかし、ただのコスプレドラマにならなければいいが・・・

【木9】 テレ朝 4/10~ 「7人の女弁護士」 *釈 由美子

続編ですね。
女弁護士達の顔ぶれが多少変わったのかな?
キャストが変わった女弁護士達で
ちょっと見てみようかなという気になりました。

【木10】 フジ 4/10~ 「ラスト・フレンズ」 *長澤まさみ★★★

春ドラ2番目に楽しみにしてます。
DVや性同一障害などに悩む若い人達の物語。
こういった重いドラマは結構好きなんですよね。
社会的にも問題とされているテーマを、フジがどう描くか。
心配なのは、長澤さん。
DVに悩む女性なんですが、長澤さんが暴力受けて
あのぶりぶり声で「きゃあきゃあ」言ってたら・・・耳障りかも。
上野さんは、のだめと別人のようだったし
役に入り込むタイプっぽいから、こういった役ははまるのでは?


【金9】 テレ朝 4/18~ 「パズル」 *石原さとみ★★
石原さんの教師役。
それもちょっと変わった教師のようで面白そうです。
ごくせんがあるので、差別化できるかどうか・・ですね。

【金10】 TBS 4/11~ 「Around 40」 *天海祐希★★★

一押しです!ファンの欲目です。
藤木さん出演なので別口(Around40のカテゴリー)です。

30代後半~40代前半の世代を、Around40=アラフォーと呼び
アラフォー世代の女達を描くそうです。
仕事と結婚・・そして出産、人生の選択の岐路に立つ時。
主人公とともに自分もこれからの人生を考えてみようかと。

ただ正直いうと、山口智子さんで見たかったなと思いました。
この世代は29歳のクリスマスを見てた。
山口さんならリアルに、勇気を持って40代を生きられるような
エールを貰えるような気がするんです。
まね、そんな事を言っても始まらないわけで
決して天海さんに文句があるわけではないので、あしからず。

藤木さんは天海さんと同じ職場で働く臨床心理士。
エコにこだわってて・・いきなり彼女に振られる役?
女性陣に焦点があたるので思ったよりも出番無かったりして?
共感できるドラマ、そして藤木さんを堪能できるドラマになるといいなぁ。
すごく楽しみです。

【金11】 テレ朝 4/11~ 「キミ犯人じゃないよね?」 *貫地谷しほり

なんちゅうタイトルなんでしょう。
朝ドラから一気に深夜にいく女優さんも珍しかろう。
要さんとの共演、推理物?らしいので楽しみです。

【土8】 TBS 4/19~ 「ROOKIES」 *佐藤隆太

新設された枠で、スポ根ものですね。
すみません、おそらく見る事はないと。思います。
野球、男子わさわさのノリについてけそうにない。
でも子供達には、好まれそうですよ。
自分の甥姪は、メジャーの漫画アニメにはまってて、
プチ野球ブームらしいっす。

【土9】 日テレ 4/19~ 「ごくせん」 *仲間由紀恵★★

3シリーズ目ですね。
回を重ねるごとに生徒がしょぼ地味になってるような。
マンネリ感が心配されますが、一応見るつもりです。
久しぶりに土9を見る事になりそう。

【土11】 フジ 「ロス:タイム:ライフ」⇒5/3~「ハチワンダイバー」

ロスタイムは見たり見なかったりでしたが、
5月からまた新たにドラマがはじまるんですよね。
また・・・全然知らない新人さんを抜擢して、よくわからない枠です。
あんまり興味をひかれないので、パスするでしょう。

【日9】 TBS 4/20~ 「猟奇的な彼女」 *草 剛★★

韓国映画のリメイクですか・・。
佐々木夫妻と被りません?予告も似てるし。
でも田中さんの強気な彼女が、生き生きとしてて面白そうかも?
むしろ草さんのほうが・・・若いナヨ系の男の子ならともかくね。
くたびれた貧相な人物に見えなきゃいいけどな。

【大河ドラマ 篤姫】
篤姫は人気ありますね~。
大河ドラマなど見たことない母が、篤姫見てる。
ドラマ見ないような親戚のおばさんが
娘とご飯たべながら篤姫見るからと、帰っていった。
・・・歴史に疎くても、主婦層に受けるわかりやすさが人気なのかな。
【朝ドラ 瞳】
ちりとてちんは面白かったのに・・・家族こぞって見てました。
瞳が始まりましたが、「こころ」と雰囲気似てる?
【他・・NHKドラマ】
NHKドラマも面白そうだとは思うのですが、視聴サイクルが合わない。
【渡る世間は鬼ばかり】
またきましたね~渡鬼の季節が・・・
【他・・刑事モノシリーズ等】
いつもの事ながらパスです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
期待度
☆=ゼロ 
★1→3にしたがって期待度up
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・