/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
NHK【日8】  脚本/ 野沢 尚 他  原作/ 司馬遼太郎    

秋山真之(本木雅弘) 秋山好古(阿部 寛) 正岡子規(香川照之)
正岡 律(菅野美穂) 佐久間多美(松たか子) よし(佐々木すみ江)
秋山久敬(伊東四郎) 秋山貞(竹下景子) 正岡八重(原田美枝子)
高橋是清(西田敏行) 他             ・・・語り/渡辺健

#1 少年の国11.29 OA

最初のくだり、解説部分が多く先行き不安になりましたが、
徐々に引きこまれていきました・・・面白かったぁ。
特に思いいれがあるわけでもなかったのですが、
大作だということと豪華な配役陣で、試しに見てみました。
キャスト及び製作側の熱意をも封じ込めてある、
丁寧に作られた作品ですね。

破天荒な主人公・真之(淳五郎)と
頭脳明晰で弟を導いてくれる兄、好古(信三郎)。
そして真之の友人の子規(升)の3人が、
混沌とした時代、上を目指して生きていく。

好古は子役では優男風なのに阿部ちゃんになって、一気にワイルド化。
逆に真之は暴れん坊の子役が、大人になって柔らかなイメージに。
律は子役から菅野さんへの変わりめがぴったりでした。
中学ですでに大人の配役に変わり、エッ!と思ったけど、
そんなに違和感もなかったです。

特に印象に残ったのが、
好古が大阪にただの学校があると聞いて、
父親の職場に押しかけるシーン。
父と息子でありながら距離を置いたユーモアある会話が面白かった。

好古の身辺は単純明快に、というのは頷けましたね。
決して貧乏ではないのに、ボロ屋に住み贅沢をしない生活は、
好古の頑なな主張は見てて気持ちよいです。
1話では好古のカッコよさが目を引きましたが、
他の登場人物達のこれからがとても楽しみです。


3年がかりで完成される作品なので、
間をおいての放送がもどかしくもありますが、
きっと再放送されるし、長い間楽しめる作品になりそうです。
3年の時を経て、
見る側と作品がともに成長していく様も面白そうです。


スポンサーサイト
藤木さんの出演作品が次々と発表されました。

まずは映画「TRICK」

声を目にした時からTRICKかなぁ・・
TRICKだったらいいなぁと思っていたので、嬉しかった!
トリック大好きだから、ぜひ映画館に見に行こうと思います。
白タイツに血糊にメイク・・・随分派手なキャラそうですね。
登場は少しだけのようですが、作品として楽しめそう。
今から待ち遠しいよ。

そして新春SP「最後の約束」

嵐5人が出演となるスペシャルドラマ。
こんなこと言ったら嵐ファンに申し訳ないのだけど、ちょっとガックリ。
結局長いものに巻かれないと、生き延びれないんだなと。
同じ事務所の生瀬さんや古田さんを見ても、
もっと大切にされてもいい人材なのに、
やはり事務所の神通力ってあるんだなと思ってしまいました。

でも藤木さんは意欲的に取り組んでいらっしゃるようですし、
やはりどんな役であろうと、演じる価値はあると思うから応援したいですね。
俳優である限り演じていくしかない、自分はそれを楽しみにするのみです。
・・・できれば出演多めだったらいいなぁと思いますです。

そして連ドラ1月クールの「泣かないと決めた日」

フジTV 火曜9時 榮倉奈々さん主演のドラマです。
ヒューマン系のドラマになるのかな?
職場でのいじめを描いたドラマになるそうです。
藤木さんの役どころは、主人公をクールに見守る上司。
・・・久々にスーツ来る?金髪じゃないよね?
共演者も要さんや木村佳乃さん、段田さんと楽しみです。

上司というとホタルを思い出しますが、
どっちかって言うと保護者っぽい立場になるのでしょうか?
榮倉さんは前は苦手だったのですが、
イズムで見てから好感持てるようになりました。
再共演で、とっても楽しみです。

一月の連ドラが決まって、改めてブルーレイ買うぞ!と決心しました。
ライブ終わってから、なにか足りない気持ちで過ごしてきましたが、
来年が楽しみです。

フジ【火9】  脚本/ 黒岩勉  原作/ 甲斐谷忍     

神崎 直(戸田恵梨香) 秋山深一(松田翔太) 福永ユウジ(鈴木浩介)
エリー(吉瀬美智子) 谷村光男(渡辺いっけい) 他

#3 華麗なる逆転劇11.24 OA

秋山、大逆転…すごい。
秋山が負けて勝負の行方は直にゆだねられる。という展開かと思ったが、
見事に裏切ってくれました、あーよかった。
そしてチップも可能なかぎり残しておいてくれた秋山です。

秋山の行方の分からない作戦と、その後の解説はやっぱ面白い。
しかし時に理解できない自分の脳…orz
動体視力でジョーカーを操った相手に対し、
秋山は、すべてのカードが見えていたと…どんな神業だよ。
場に出たカードを集めてどうやってジョーカーを見破るんだろうと
疑問に思ってた私ですが、毎回新しいカードを使用してたのね。
カードへの仕込み防止と、作戦の突破口のためね。

さていよいよ直の番です。
またボケボケな面を見せるのでしょうが、どうやって勝利するか見ものです。

#2 ついに秋山登場11.17 OA

福永がわざと負けるとかありえない気がするんですけど。
直が大もうけの話を持ちかけたとしても、
福永って基本直を信じてないし、裏の裏の裏の裏の裏の裏の裏まで読む人でしょう?
福ちゃんには、貪欲に勝利をして欲しかったにょ。

そして毎回リハに直が出るのが許せん。
そこは秋山がでて作戦練るべきじゃないのか?
私ポーカー強いから・・・・それは運が強いんですよ直ちゃん。
素直を通りこしたおバカキャラで、それでいて時折勘の鋭い子になるんだよね。
やっぱ2年たつと微妙にキャラが浮いてるような違和感がある。

さて先鋒戦は引き分けで終り、戦いは中堅戦の17ポーカーに。
相手はきっとボクサーで、
動体視力を生かしてジョーカーを操ってるんでしょうね。
でもディーラーがカードを集めた時に、
ジョーカーがどこにあるかわかるのでしょうか?
それを先の2回で解いたって事なのかな。
秋山が負ける事を匂わせてるけど、このまま負けたんじゃ面白くない。
秋山が相手のトリックを解いてゲームを自分に引き寄せて、
なお相手が勝利するくらい捻ってくれないと。

それでも秋山は負けるんだろうな。
秋山が勝ったら直は負けてもイーブン、引き分けで勝ち。
それじゃ直のゲームに緊迫感がでない。
福永を引き分けにさせたのは、
秋山が負けて直が勝たないといけない状況を作り出すためでしょ。
そういう予測がつくようなゲーム運びはちょっとつまらないな。
どこかで番狂わせを期待します。


ところで、夕方に再放送してるのを時々見てるのですが、
やたらLG(ライアーゲーム)旋風と煽ってるのが痛々しいよ。
毎回クイズや映画撮影風景、戸田さんのインタビューもちょっとうっとおしいし。
さっさと次に行ってくれって思うけど、これって時間の関係なんでしょうか。

#1 壮絶な騙し合い、ゲーム再開11.10 OA

■月ノ国・・・・・西田勇一(荒川良々) 菊池翔(眞島秀和) 小坂妙子(広田レオナ)
■太陽ノ国・・・福永ユウジ 秋山深一 神崎 直

始まりました、シーズン2。
しかしファイナルは映画で・・・とちらつかせてるのがどうも。
はまったら最後、映画館まで引っ張って行くぜ的な?
交渉人といい、なんか商売っ気がヤラシイ。

前回のSPで主催者も明らかになったのに、
彼は出資者の一人に過ぎません・・・と。
無理やり2をやる為の後付けが垣間見える。
そして反響の大きかった福永ユウジをかなりフューチャーしてる。
確かに福永のキャラは面白いが、押しすぎるとバランスが崩れます。
そうでなくても2年の歳月が、微妙に空気を変えているのに。

内容は、サクッと今までの流れを紹介して早速ゲームへ招待。
・・・どうせ参加するんだろう、理由なんて後付けで・・・という雰囲気がなくもない。
直や秋山の背景よりも、ゲーム目当ては否めないかな。

そして始まる24連装ロシアンルーレット。
バカ重そうな拳銃だと思ったら、弾の偏りで場所が読めるのね。
練習はなぜ直なんでしょうね。
秋山が座ればヒントも見つかりそうなのにな。

福永と西田の戦いは福永優勢で進みます。
しかし直が気づいたこと、
そして相手が作戦も持っているらしきこと、気になります。

ひっそりこっそりブルーレイの購入を目論んでいます。
自分の部屋からTVがなくなり、HDD&DVDレコーダーを
居間の液晶TVに繋ぐ事になったのですが、
人間の習性とは恐ろしい物で、ハイビジョンに慣れると
HDDに録画したデジタル番組さえ物足りなくなってくる。
アナログからデジタルに移った時は綺麗に録れるもんだなぁと思ったけど、
37型フルHDの前では太刀打ちできぬ。

5年以上前に購入したレコーダーなので、アナログチューナー、ダビング10無し。
そしてデジタル録画でCMチャプター直切りしまくりで
いつHDDが逝ってしまってもおかしくないとブルブル状態。
今のままでは、TVからの出力のみなので、皆が集まった時に録画中だと
「チャンネル変わらないよ」とか色々不都合もありそう。
なによりBDの大容量は魅力的です。
ドラマ1クール、録画モードとメディアによっては1枚に収まるみたい。
だったらおしゃれイズムも1年分が2~3枚に収まる!?
夢のようかも~まだDVD化してないVHSもたんまりあるし。

問題は、TV周りの数々のAV機器。
自分の部屋にあった時は誰の目にも触れないからいいんだけど、
居間となると、なんなんだこの機械の数はって皆に言われそう。

DVDプレイヤー・・・DVDビデオを見る時は起動が早くて楽チン、でもVideo限定
SVHSビデオデッキ・・・これが壊れる前に映像を保存して置かないと
HDD/DVDレコーダー・・・録りためた殻RAMを見るにはまだまだ必要
前はデジタルチューナーもあったのですが、
テレビと一緒に母の部屋に移動させました。


ブルーレイに関してはまだまだ調べ始めたばかりなのですが、
いま使用している東芝はやっと参入宣言したばかりで待てません。
となるとPanasonicかSonyですよね。
調べたら、DVDも併用するならパナで、ブルーレイメインならソニーだと。
RAM使用の自分はパナの方がいいかなと思ったのですが、
今後はブルーレイメインで使用、RAMは再生できればいいので
かなりソニーに傾いてます。
編集やキーワード録画も利用できそうだしね。
年末商戦までの間じっくり検討して決めるつもりです。