/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「こんなに好きだったんだ…」5.31 OA 

面白かった…渡辺健さんの携帯CM。
「おれの~おれの話を聞けぇ~~」

まそれはそれとして…笑。
蓮介とシュウメイこのままハッピーエンドで…最終回でいいんじゃない?
と思った回でした。

篠原さんが切なかったけど、
真絵美のヒロインフラグは立ったかな。
ただシュウメイと蓮がどうういう経路で別れるかなんですよね。
柚月こと北川さんは、ほとんど蚊帳の外でかえって気の毒、同情する。

恋するレゴリスがライバル社に渡って急きょ広告を変更することに。
真絵美が苦労して作りあげた新CMは良かった。

でも自分はどうもシュウメイをうっとおしく感じてしまって。
これって篠原さん側に感情移入してるからかなぁ。
いやいや、みんなが仕事頑張ってるのに、
シュウメイは能天気でイラッとしちゃうのよ。

次回は蓮介が結婚って言ってましたね。
蓮介がシュウメイにうつつぬかしてる間に、水面下で風見が動く?
そろそろ脱落しようかなぁなんて思ってるんですけど…

#3

スポンサーサイト
 「刑事の息子」5.30 OA 

むむ…これ本筋に関係なくない?
息子の事故に、清瀬家が関係してるのかなと思ったらそうでもないし。
上杉刑事と息子を通して、清瀬父と息子の話にしても少し弱いような。
むしろ清瀬の父の顔にクローズアップした感じ。
秘書は愛人に見せかけて清瀬の娘なのかな…
愛人と思わせたい狙いが垣間見える。
そして上杉が秘書の親を罵倒したことで清瀬が殴った。
上杉、確認するためにわざと煽った?

秘書の指にはめられてるのは50円硬貨でしょうか。
50円硬貨は指に入らないか。
小さいころはめたものが抜けなくなったとか?
あの指が解くカギとなりそうだけど、
上杉はもう犯人がわかってるみたいですね。
なら加賀がたどり着くのももうすぐ?

最後でまとめた墓参りのくだりは好きですけどね。
加賀の父親が加賀と松宮では見せる顔が違ったように、
上杉も清瀬も、なかなか自分の息子の夢に理解してやれなかった。
一方疑似的な子供の夢には素直に応援できるのに…
といった親子の話。

次回は清瀬と秘書の関係かな。
そろそろ犯人が絞れて来る頃でしょうか。

【キャスト】

#6

 「最終章…母・薫子登場!!ホステス復讐開始」5.30 OA 

薫子は一体何人いるのですか?
薫子詐欺に騙されました…
てっきり紗也と美樹は同じ人を探してるんだと思った。

美樹の探す薫子は百合ママで一緒にいた男性が美樹の父親。
病気でもう美樹を娘と認識できなかったけど思い出の笛を今でも持っていた。
百合ママは美樹のこと最初から気づいてたんでしょうか…
ついきつく当たってしまうって…
心配して?それとも恋人の娘だから?


店にやってきた世界チャンピオンの宮沢(石垣佑磨)。
宮沢の指名を取るべく戦う美樹と紗也。
宮沢は幼いころ別れた父を探すためにボクサーになったと。
紗也は同じような境遇の宮沢に親近感を覚える。
しかし宮沢は網膜剥離になってしまって…

紗也は店の外で松島(平泉成)に出会う。
宮沢のファンいう松島が宮沢の父親だと気づくのですね。
で、宮沢の目が見えるうちに合わせようと考える。
松島は会社を守るために肩書を捨てて、宮沢に会う決心を固めてた。
宮沢は父親に怒りをぶつけるそぶりがあったものの、
意外とすんなり受け入れました。

この松島は紗也の探す秋田の薫子に心当たりがあったんだけど、
薫子は死んだと言ってくれと頼んだようです。
その薫子が…菊池桃子。
最近80年代アイドルが復活の兆しなんでしょうか。
ま、子育ても終わったしいい頃合なのか。

薫子が死んだと言ってくれといった理由は、紗也を守るためでしょうか…
須藤が探してるホステスも薫子だったりする?
話は薫子探しから薫子の過去へ。
ゴージャスの大ママも絡んでそう。
そして最後に未来へ繋げる流れかな。

そうそう、復縁の兆しが見える純平と紗也。
純平は強引な商売って三沢が言ってたし、
この先事業の危機が訪れそうですね。
その時には紗也が支えになるのかな。
絵美は紗也の周辺をかき回しそうだ。
最終的に誰も薫子と名乗らなかったりして?

【キャスト】
#5

 「絆が繋ぐ…県大会への架け橋」5.29 OA 

最後の砦、火野も加わりました。

航の父親、亡くなるの早い…
父と息子としてわかりあえるのを待ってたかのように死んでしまった。
でも、会えてよかった。
演技を見ていた航の母の
「生まれてきてくれてありがとう」にはジーンときました。

一方火野も父親に認めてもらうことができた。
そして居場所が、仲間ができた。
航と火野のそれぞれ父親と向き合う回。

そして県大会予選。
木山と日暮里が大会の場所が分からなくて迷い、ケンカを売られてしまった。
火野を団体に加えるためとはいえ、少々強引。
やっぱこれからもケンカは部の障害となるのでしょうか。

烏森高校はギリギリ予選突破。
演技場面は見てて楽しかったです。
…若いっていいね(遠い目)

予選突破した烏森ですが、
ど素人の顧問では選手が伸びないと言われてしまいます。
…うむ確かになぁ。
神保さん呼んできてくれたらいいんだけど。
ってことで次回は顧問柏木の回ですね。
きっと顧問は柏木しかいないってことで落ち着くのでしょうが。

#6

 「あの子を返して!」5.26 OA 

ついに道木仁美は継美にたどり着いてしまったか。
寸前のところで奈緒が帰ってきてホッとした。

葉菜のところに身を寄せることになった奈緒と継美。
最初は葉菜に対して距離をとってた奈緒も、
継美のおかげか徐々に心を許す場面も見受けられました。
うっかりさんと継美のしりとり和んだな。
ラッコ体操とかロボット体操とか「う」で終わるのばっかいうんだもん継美。
うっかりさん困って、裏街道とか言ってるし。

継美が葉菜と奈緒の凍った時間を溶かしていく。
少しづつ歩み寄る姿勢を見せる奈緒は、葉菜に尋ねます。
自分がなぜ捨てられたのか…これを超えないことにはね。
葉菜は、刑務所に13年服役していたと告白。
明言は避けたけど、おそらく殺人かな。
もしかしたら奈緒を虐待から守るため?

そんな裏街道を歩く葉菜は、昔のつてを頼り戸籍を準備してた。
うっかりさん…どこまで黒く染まっていくの?
全身全霊をかけて奈緒と継美を守ろうとするのはわかるけど。
さて、奈緒はどうしますかね。

戸籍を買って継美は晴れて自分の子になるかも知れない。
でもそれはなんとなく違う気がする。
大人が外堀を埋めていって、肝心の継美の気持ちはどうなんだろう。
記者が言ってたように、改心した道木仁美が迎えに来て、
それも継美にとっては一つのハッピーエンドなのかもしれない。
だから最後は継美に選択させるべきじゃないかなぁ…継美の人生だもの。
奈緒と生きるなら生きるで母親と対峙しないと、
継美が未来に向かっていけない気がするのね。
甘い考えかも知れないし、現実はもっと厳しいだろうけど。

思いがけないうっかりさんの行動は担当医にも及び、
保険をかけたいので協力してほしいと…
余命いくばくで、
お金を奈緒と継美に残したいと考えたのでしょうが、
担当医が協力するとも思えない。
このことで女医が奈緒に、
葉菜の病気のことを話すきっかけになるかもしれませんね。

いよいよ怜南ママと継美お母さんの対面、
二人の母の間で、少女は怜南と継美どちらの顔を見せるのだろう。

【キャスト】

#6

 「声」5.26 OA 

なぜ唐突に彼女は死を選んだのだろう…
と疑問だったのですが、
女性変死体事件の犯人・安藤に襲われたことが引き金だったのか。

今回はさすがに重たい話で、どんよりとしました。
でも…少しだけ共感。
自分も女じゃなくてただの人間じゃだめなのかなぁ…
って思い詰めてた時期があって。
女性記者のような壮絶なトラウマがあるわけじゃないんだけどね。

倉石は女性記者の見立てを小坂に任せます
かっこよかったですですね。
「俺が見立てさせんだ、文句あっか」
倉石は自殺とわかってたんでしょうね…だけど小坂にゆだねた。
自他殺不明。

女性記者の声を必死に拾う小坂。
そして記者の心中した母親の声まで拾う倉石。

記者が愚痴のようにボイスレコーダーに残した声。
そして彼女自身の中でこだまする母親の声。
その中で友人と飲んだ時の明るい声が唯一の救いでした。

今回松下さん迫力ありました。
イチも登場しましたね。
イチの異動で一課との関わり方の角度が変わっていい感じ。
倉石のペット金魚も2匹に増えましたね。
コーヒー豆に話しかけたり、
金魚に話しかけたりする倉石に癒されるわ。

【キャスト】
#6

 「湯けむり温泉殺人事件」  ◆黒坂真美5.25 OA 

亜傘クリス子…笑
毒ガスで殺される明智。
空調で温め遺体の腐敗をすすめ時間をずらす。
謎解きがわかりやす過ぎる…
20面相が明智の遺体を冷やしてくれて意外といいやつ。
20面相の仲居姿がキモカワイイ…こんな仲居さんいそうな感じ
…とまぁ大雑把な感想。
今回はちょっと物足りなかったな。

でもやっぱこのドラマの遊び好きなんだよね。
猪木のまねとか、米俵積んで年貢とかの突拍子のなさ。
ラップ現象→YO-YO‥明智のラップネタ好きだ。
29歳と120カ月には笑った。使わせてもらおう♪

次回は温水さん、楽しみです。

#6
 「宣告」5.25 OA 

倫理委員会に鴨志田の秘密を握る寺内の不審な急変、
話が動き始めました。

怪文書は速水によるもの、
今までの焦らしが嘘のように一気に暴露しましたね。
メディカル・アソートからの賄賂は、
救命の医療機器や薬品などに充てられていた。
私腹を肥やしていたわけではなかった。
…まぁそんな事だろうとは思ったけどさ。

そもそも速水とメディカル・アソートの癒着は、
城東デパート火災事故から始まっていた。
次々と運ばれてくる患者を前に備品や薬品は足りなくなっていた。
若手の医師にまで医療機器メーカーがすり寄って来る時代で、
仕方なくメディカル・アソートに電話をし搬入させた。
その時の借りが癒着を生んだと。

速水らしいですね。
患者を救うことに忠実な医師。
「俺を裁けるのは目の前に横たわる患者という現実だけだ」
新設される病院にいくのも、この地域の救急医療を広げるため。
…かっこよすぎです。

そんな速水に納得いかない様子の佐藤。
う~んここまで重要な役回りなら、
他の役者さんでお願いしたかったな。


寺内が白鳥や田口に話そうとした話は何だったのか?
点滴になにか混入されたかのような演出でしたが、
そうなると救命の中にスパイがいる可能性もありそう。
そして鴨志田とメディカル・アソートが何を企んでいるのか…
面白くなってきましたね。

【キャスト】
#7

 「禁断の恋銀座No.1ホステス追放盗撮ホテル 」5.23 OA 

どれだけ成り上がってるんだ、純平は。
たかだか2年で出版社にも名を連ねるとは。
お金は腹違いの姉が出したとか。
よく純平に賭ける気になれたよなぁ。


紗也が助けた子供の父親・奈良岡が店に来て、新たな客となりました。
威厳のある客で、奥様は至って普通っぽい女性だったので意外。
しかしいくら子供の命を助けてもらったとはいえ、
旦那がホステスに会いに行くのこころよく送り出しているの?
出来た奥さまなのかな。

美樹は、政治家・藤村の妻が亡くなり元気づけようとホテルに誘う。
そこを以前店に来たカメラマン市村が撮影し、恐喝される。
将来を嘱望された議員、
迷惑かけまいと美樹が用意するとそれじゃ足りないと。
心配して駆け付けた紗也に乱暴しようとすると、
奈良岡が現われ市村を一喝。
出版社に出入りできないようにするぞと。

木内と紗也の会話に耳を澄ませてたし、
紗也のピンチを助ける役目なんだろうと思ってたけど、
出版業界の大物だったとはね。
切ないのは、神保さんがなぜ市村役をやっているのかって…

ここにきて須藤の素性がチラッと出ましたね。
強面の部下と車に乗り込んで、ありゃヤクザだよなぁ。
須藤は薫子というホステスを知ってそうな気もするんだけど…

【キャスト】
#4


 「翻訳家の友」5.23 OA 

豪華なゲストを惜しげもなく投入しますね。
しかし…一向に核心に迫る気配がない。
もしかして、タイ焼き=犯人?
加賀が犯人にたどり着いた時、ようやくタイ焼きが買えるとか?

今回は第一発見者と婚約者。
殺された峯子は、翻訳家の友にかなり頼ってたようで。
ちょっと嫌な面が見え隠れしてた。
妊娠しなければ仕事を続けられてたと言ってたし、
仕事もバリバリ、幸せな結婚も控えてる…
そんな友に多少なりとも嫉妬心があったのかもね。
でも友のために夫婦箸を購入して祝福するつもりだった。
なんとなくわからないでもない…女の友情って複雑だし。

峯子の死がわだかまりとなって、
結婚に躊躇してしまった多美子を加賀が救った。
…それが刑事の仕事かというのは微妙なところですが。

小さな謎を見過ごさず一つ一つ潰していく加賀。
犯人が捕まるまで、いくつ人形焼きを食べるんだろう…

【キャスト】

#5

 「光と闇〜IT社長殺人事件」5.25 OA 

今回よかった。
…色々なことが気にならずに、事件に引き込まれた。
ちょっといい話もあったしね。

今回は桜木が前に出てないせいもあるのかも。
被害者の行動を追う部分が、最後にちょこっとだけでした。

殺された桝山社長は金しか信じない。
傍目にはそう見えても、白血病でドナー提供を受け、
ひょんなことから知り合った提供者の娘とのやり取りで変わっていった。
会社を起こしたときのような気持ちを取り戻したんだろうね。
暴力団と手を切るつもりだったが、
警備として動きを見張っていた暴力団員に殺された。

例え上からの指示がなくても殺していたと犯人。
桝山は自分を見下すように見ていたからと。

人は人のどこを見て判断するのだろう…
お金だけを信じていた桝山が少女との交流を経て変わっても、
他人はすぐに見方を変えてくれない。
自分のしてきたことからは簡単には逃げられない。
最後の回想での桝山の笑顔が印象的でした。

いよいよ次回は、杉並事件ですね。
室長と高峰の刑事人生を変えたであろう事件。
2話完結を覚悟しとこう…

#6

 「壁を乗り越えろ!! 衝撃の告白」5.22 OA 

前回水沢の木山に対する想いが明らかになって、
銭湯シーンも終わりかと思ったら ちゃっかりある…しかも湯船が別だ。
その辺は考慮してあるようで…って何の心配してるんだ私は。

予選を控えて新しい技を入れようってことになり、
レギュラーメンバーは交差技を練習。
しかしメガネ君と悠太が接触。
メガネ君にけがはなかったんだけど、
悠太は恐怖感で飛べなくなってしまった。
…そんな簡単になってしまうものなのか。

で、一人で練習してるところを航に見られて一緒に練習。
だけどメガネ君も、
自分の未熟さが悠太に迷惑かけたと日暮里と練習してた。
日暮里とメガネ君、いいコンビだ。
もしかして水沢と木山も隠れて練習してたりして?
と思ったがそれはなかった模様。

苦しいのは自分だけじゃない。
みんなも駆けつけて、悠太は克服し交差技を完成させた。

一方航は、母から父親が生きてると聞かされる。
しかし余命は少ないと…なんかこのクール余命少ない人が多い?
なんとなく父親は加藤雅也さんじゃないかなと思ったらビンゴでした。
あれ、前回予告で出たっけ?…最近忘れっぽいから。

克服した悠太から、おまえも逃げるなと言われて会いに行く。
だけど素直にお父さん…なんて言えないんだよね、航は。
今後父親と距離を縮めて行くのかな?

次回は火野パートになりそうですね。
顧問の柏木の過去(:サッカー選手)を通して火野が団体に加わる?
木山の手に包帯が巻かれてたような…
急きょ火野が入るのかなと。

…新しいコスチューム、かなり派手で笑った。

#5

 「闘う女教師!! 35歳…独身」5.21 OA 

シリアスな内容で社会派っぽい内容。
深夜に放送なんてもったいない様な気がしました。
でも制約がない分思いっきり出来るのかな?
大人向け、それも保護者向けのドラマなんでしょうね。
…にしても深夜に子役見るのは違和感あります。

実はハガネは見るつもりなかったんですよね。
今期ドラマ見すぎだし、内容重そうだし。
でも見たら悪くなかった。
出演者も深夜にしたら豪華じゃないかな…
特に子役は有名どころ目白押しですしね。

ハガネが担任するクラスは、
今までにも担任が辞めていて、かなり複雑そう。
まさかパンに穴開けてた子供が、
貧乏でいじめられっ子の味方だとは思わなかった、意外でした。
あの優しそうな女の子・れもんちゃんが腹黒なのはわかりましたけど。

とは言っても、足蹴りの子(吉田里琴)携帯の子(大橋のぞみ)、
雫(八木優希)など有名どころが控えているから、
まだほんの上面に過ぎないのでしょうね。

そうそう、ウサギの死骸をハガネの引き出しに入れたのは、
本当に生徒なんでしょうか…
自分は要さんが何か企んでそうに見えて仕方ない。
生徒にモテる爽やか青年で、
ハガネの恋の相手みたいだけど…やっぱ信用できない。


演技できそうな子役たちが集められてるようなので、
要さんや吉瀬さんともども楽しみです。



 「恋の予感〜ラブラブ大作戦!!」5.21 OA 

今回は今ひとつでした。
品川父の魚Tと最後の妄想が面白かった。

たまたま見かけたクラスの男女をくっつけるために、
生徒会が催した、ベストカップルコンテスト。
…進学校で2年なのにちょっとのんきだ。

最後に地味男・工藤に告白させカップル誕生。
最初は非協力的だった和泉の演出もあって
他のカップル達をおしのけ優勝…
生徒会が出来レースっていいのかい?

ま、そんなちょっと強引な学園ドラマの一コマでした。
…ちょっと呆れ気味なのはジェネレーションギャップ?

そのラブラブな回に、大地の恋を発見。
入試の時シャーペンを貸してくれた女の子に恋?!
声もかけられず見失い、入学後探したけど見つからない…
って思いきり花じゃん?!?!
でも大地が持ってるシャーペンに花は気付かないのかなぁ。

だんだん紋白高校のパートが増えてきて、
練馬の出番が少なくなってさみしいな。

【キャスト】

#4
 「復讐のプロポーズ」5.24 OA 

うん、特に書くことないな…
あんまし、真剣に見てなかったし。

シュウメイは復讐するって言ってて、結局好きになってることかな。
二宮に葉月の過去のこと聞いて…
冷たい心、あたしがあたためる…恥ずかしっ。

そして風見は今、爪を隠してるわけね。
強引な葉月のやり方によって、大切な人を失くしたとか?

次回はマトポールが同じ広告戦略だって知って、
急きょ変更するんでしょうね。
社員による造反でレゴリスに危機が訪れる?
案外風見がマストポールに情報漏らしてたりして?

木村さんは、無理して悪ぶってる雰囲気が見えちゃいますね。
その理由がちゃんと用意されてるでしょうし、それが余計に萎える。

とりあえず次回も見る予定。

#2
 「消えた花嫁! 3000万の行方」5.21 OA 

初めての死亡者…
今回の失踪人こそは、生きていて欲しかったよ。

愛人の子、母親はアルコール中毒で施設に預けられ、
清掃員として働き、夜はバーでピアノ弾き。
医者と出会い親密な関係になるが、男は家庭もち。

ギャンブルの借金を医者になるための借金と嘘を言い、
結婚をちらつかせ、父親の遺産を女から引き出す。
女は妊娠し、
子どもを産まれては困ると人工中絶薬を飲ませ流産させようと計る。
しかし過剰接種により死亡…

不幸の見本みたいな話。
でも愛情にお金が絡んだ時、
やはり疑うべきだと思うんだけどな。
そして医者が個人輸入した薬を、
母体が危なくなる分量で飲ませると言うのもなんだかな。

その中で救いだったのが異母姉妹と知り合い、
父親の思い出を共有できたことでしょうか。
異母姉妹が話す父親の話を聞きながら、
自分の発表会を思い出していたのかな。
世界的ピアニストの父親が施設の発表会に見に来てくれた。
愛した医者は、
父親のような人物ではなかったのがなんともね。

【キャスト】

#5

 「ゴルフの奇病が襲うコーチ、血を吐く!」5.20 OA 

アマチュア枠を争った戦いは、リコさんの勝利で幕を閉じた。
そして大会もリコさんが優勝した。
話飛びすぎて…
1か月も戦ったのにあっという間に終わった。

次はプロテスト。
で、そのための特訓。

そろそろネタ切れなのかなぁ…
兄妹ネタも尽きてきたね~あ、次女が残ってたっけ?
コーチの嘘つき吐血もばれたね。
ついに借金取りも来なくなった。
子分のフォローが気に入ってたのに。
来週は来るかな?

#6

 「二人の秘密」5.20 OA 

教え子のドラッグ問題はこれで終了!?
すんなり退学で終わったことにされてて拍子抜け。
前回東大目指してるから扱いに気をつけて言ってたのに。
その松島は、警察からハルを頼って電話。
ハルは松島を信じたい、助けになりたい。
でもドクターはドラッグする奴はクズだといい、
釈然としなくてナカジに相談。

松島は売ってたし、
常用して抜けられなくなった人とはまた違うでしょ。
でも弟の件もあるから、
ハルが松島を信じてもうひと波乱あるのかな。
でも学校クビになっちゃったんだっけ?

ナカジはリンダのおかげでカメラマンとして歩き始めた。
悲しいかな、まさかリンダが身を売ってまでとは知らないんだよね。
今までのバイトをセーブして少し調子に乗ってる?足元すくわれそう。
そして突然の桐子からの別れ…
これって不倫がバレたのをきっかけに、
30女が年下男を自由にさせるため、別れたんじゃないのかなぁ。
じゃなかったらホントに、
なんなのあなた?っていう人物にしかならないんだけど。

まぁナカジもね、運命だと言ってた女に振られた割には、
ハルにおまえの場所だよと抱きしめるわけで…
全然ドキドキしない。

今回つまんなかったけど、ちょっとした出会いもありました。
奇奇怪怪なセリフとの出会い。
「泣いたカラスがもう笑ってる」
…20代の男女が言わないでしょうよ。
そしてハルが自分の居場所のことで、
「何平米?」
……
へーベーって。

わざと浮くようなセリフ使ってるんだろうけど、
空回りしてる気がします。
でも自分、こういうセリフ目当てに見てるのかもしれない。

【キャスト】
#5

 「恋の罰…神様、許して」5.20 OA 

5話は朋美の旦那、吹越さんに笑わせて貰いました。
朋美の「あなたに恋出来ない…」に苦笑い。
そして旦那が、地獄に行ってくると言って家を飛び出し、
大声あげて 電車に勢いよく飛び込む‥‥
と見せかけてのUターンには大爆笑。

そんな情けない夫は、
情けない姿で(Yシャツにジャージ)で警察に行き、
朋美の不倫相手に会うはめになり、ますます違いを見せつけられると。
警官の前でとっさにシャツをジャージの中に入れたりとか、
何気ない仕草にクスッと笑える。

朋美は娘と杉山とはもう会わないなんて約束するけど、
約束守る気ないでしょう…
自分なら、杉山さんとはお友達だからまた会うかもしれない…って言う。
どうせつくなら、嘘は最小限にとどめる。
娘が納得してもしなくても。
それにしても小憎たらしい子供ばっかり。
最終的にギャップを作るためでしょうか。

杉山の妻は潔癖に磨きがかかり壊れはじめてきた。
アイロンで皺を伸ばしたり、靴を磨いたり…
旦那への疑惑を消したい、修正したいという思いがよく伝わってきます。
息子が家から追い出してしまったけど、
それじゃぁ父親の背中を押すようなものじゃない?
糸の切れた凧はどこ行くかわかんないよ。

そして、
ますます主人公のような風格を感じさせる大久保。
三上さん…カッコよかったですねぇ。
離婚を言い渡された陽子の傷心を受け止めました。

これ以上一緒にいると好きになるから…
強がってるけど、どこか脆さを秘めてる陽子。
愛人の子を見つめるまなざし、
サングラスの下で泣いてる陽子が印象的でした。

…どうもサイドストーリーの方に目が行きがちだ。

【キャスト】
#4

藤木さん、第2子誕生おめでとうございます!!

自身の言葉で報告して下さって嬉しかった。


でも受け止めるのに、少し時間かかっちゃいました。
…未熟者で申し訳ない。

もっと揺るぎなく応援出来たらいいんですけどね。


 「警視総監暗殺計画 矢部謙三 北へ(後編)」5.14 OA 

最終回の矢部謙三、面白かった。
連続殺人の犯人は小沢さんと執事でしたね。
姉弟でひき逃げされた母の復讐…
ダイイングメッセージのトリックもあって本格風。

花枝は矢部のヒロイン的な役割かと思ったら、
最後に警視総監を狙ったと。
でも…何のために偲ぶ会に代理でやってきたんだか。
偲ぶ会で起こった出来事を予見して、
すべて総監に近づくための計画だったら…すごすぎる。

里見が矢部を突き飛ばして、
花枝のピックが矢部のヅラに刺さったのも矢部らしい。
最後までヅラネタ、はずさない。
里見を上手く絡めてありました。

そして中学時代の給食費の押し問答。
給食費は自分が盗った、
疑われないために矢部をかばったという花枝に、
まだかばってる…という思わぬ矢部の一面がよかったなぁ。

最後の前後編を見ると、これで終わるのがもったいない感じ。
桜木や桂もいい具合に絡んで、
刑事・矢部謙三の世界観が完成されたように思います。


サプライズの初代部下石原、
三代目の秋葉と矢部の3人の絡みが面白かった。
トリックってすごいね。
引退した石原役の前原さんを復活させちゃうんだもん。
ファンの声が届いてそれに応えるんだもん。
10年続くはずだわ…

#5
 「嵐を呼ぶ! 生徒会選挙」5.14 OA 

おぉ~やっぱり和泉は元ヤンキーだったか。
まね、ヤンキーでないと品川と花に絡めないものね。

和泉あてに売られたケンカを大地がかって、
雨降って地固まったようで…
しかし、和泉君ヤンキーにしちゃ線が細いにゃも。

そしてそして、
このドラマのフォーメーションが生徒会だったとは!
で、なんで副会長が二人?
まいっか…
そういうわけで生徒会は、元ヤンキーと元ひきこもり一人で構成されたと。
これから生徒会を中心に
波乱万丈な学園生活になっていくわけですね。
楽しそうだなぁ…

そうそう、
古田さんのヒラメのTシャツが妙に気になりましてね。
なにげに次回も品川父のTシャツチェックしてしまいそうです。

【キャスト】

#3
 「消えた14歳の娘! 秘密の放課後」5.14 OA 

冒頭の血液型の話題もあって、わかりやすい結末でしたね。
堀と希の監視カメラを見た時こりゃ親子だと。

父親の直紀(鶴見)と堀(袴田)は腹違いの兄弟。
直紀の妻は元々堀の恋人だった。
直紀はデジタルプラスワンを経営していて、
堀はそこのプログラマーだったが、
直紀が会社の金に手をつけて堀に罪を着せ退社させた。
その後 起業し成功したが、今度は堀の会社を乗っ取ろうとしていた。

直紀は堀から何もかも奪ってきたんだね…
堀が憎かった、怖かったとも言えるか。

希は堀と一緒に別荘にいた。
別に監禁されてたわけでもない。
警察で対面した父親に乗っ取りなんてやめてと言うと、
直紀に叩かれ、倒れ際に頭をぶつ…。
父親像がいかにもなステレオタイプだ。

念のための病院、
ベッドにつけられた患者カードには血液型。
わざわざセリフで言わなかったのは粋でした。

…今回のケース、現実では警察は動かないんでしょうね。
ま、家出っちゃ家出に近いし…

【キャスト】

#4

 「さよならお母さん」5.19 OA 

継美の手紙には奈緒への思いがいっぱいつまってた。
継美が奈緒と一緒に過ごした思い出…奈緒への愛情、
大人になったらお母さんみたいになるよ‥って。
そして最後に「一人で出来るよ」と。
これ以上奈緒に迷惑かけないように、怜南に戻ると決心した継実が切なかった。

漢字の書き取りノートに書いてたのも、好きなものじゃなかったね。
…よかった。奈緒といる時は逃避しなくてよかったんだ。

婦警さんに連れられた継美と奈緒の場面がとても印象的でした。
奈緒と継美の間の一瞬の間。
奈緒も継美の元にすぐに駆けよらなかったし、
継美もすぐに奈緒のところに戻らなかった。

この時継美は、再び道木仁美を捨てたのかなって思いました。
このまま婦警さんについていけば室蘭に帰される
お母さんを困らせちゃだめ、でもお母さんといたい…
そんな継美の思いが画面いっぱいに溢れてた。
ここがあなたの居場所なの…誰もいなくてもいいの…
奈緒の言葉に涙が出た。二人は親子だ…

母親が子供を守る時、色んな守り方があるのだと思う。
身を挺して守る、突き放して守る。

奈緒の決意が固いこと、その奈緒に何を言っても聞かないことは、
籐子が一番わかってるのでしょう。
東京タワーでひたすら双眼鏡をのぞき続けた奈緒を見続けた人だから。
籐子は自分の身を差し出して奈緒を守ることはできない。
手術前に不安で崩れた芽衣、
これから社会に出ていく果歩の母親でもあるから。
そして社会的責任を担う社長でもある。
そんな籐子が出来る最大限の守り方が、籍を抜くことだったんじゃないかな。
前回の籐子を見たら、奈緒への深い愛情はゆるぎない。
苦渋の決断だったんでしょうね。
せいっぱい淡々と取り乱したりせず、奈緒に余計な心配かけないように…
籍を抜いて、奈緒が鈴原の心配をしなくていいように…籠の扉を開けた。

記者の電話を受けて何かを察知した葉菜は奈緒のホテルに駆けつける。
今まで会うことも許されずにいた実母は、
身を削って奈緒と継美を守る。
もしかしたら籐子から連絡があった?
捨てた罪悪感、募ってた娘への思いが、
すべてを失ってでも奈緒と継美を守る行為に走らせているのかも。

奈緒の二人の母親の愛情を目の当たりにしたけれど、
これから怜南の母はどんな母親像を見せるのでしょうか。
そして奈緒の生い立ちまで調べる記者は、
ただスクープ欲しさなのか、奈緒と継美を見守る存在になるのか…

何かの神話だったかな…
子ども巡った二人の母に、
最後まで手を離さなかった方を親とする話を思い出した。
自分こそは母親だと子供の手を引っ張りあい、
子どもが痛がったのを見て片方が離した。
その離した方こそが、子どもを思う母親だと…

奈緒と仁美ならどうだろう…
そんなことをチラッと思いました。

【キャスト】

#5


 「濡れ衣」5.19 OA 

永嶋が入って逆に新鮮に感じました。
上手いこと考えますね…

小坂がイチのポジションに入って永嶋が小坂の役目をする。
鑑識の基本もなるほど…と面白かったし、
次回は現場を小坂に振るみたい。
小坂を鍛えて一人前にするつもりなのかな。

そう今回入った新人君、てっきり犯人かと思った。
倉石が犯人は自分より低い身長と言って違うのかって。
…いきなり入ってきて犯人はないよね。
永嶋は改心組?なんだそうで、元は渋谷のチーマー?
だからどこか悪人オーラ出てたんだ。
でも現場に訪れて一言
「凶器はゴルフクラブじゃないですか?」と言って、
倉石にうるさがられたのは笑ったわ。
イチとはまた違うタイプ、なかなか面白いコンビになりそうな予感。

永嶋は熱い気持ちは持っていて色々な部署に回されるけど
改心組ということで結局地域課に戻されてしまう…
そんな警察内部の差別に少し絶望してる?
そこを倉石が拾ったと。
倉石の意図はなんでしょう‥

その絶望感を持つ永嶋と、
事件で濡れ衣をかけられた男が重ねて描かれてました。
絶望して自殺しようとする男に倉石は言う。
償いに期限はない、それでも生きろと。
同時に永嶋にもあてた言葉だったのでしょうね。

今回立原出なかったね…いないと締まらない気がする。
立原出ないから、4課の管理官倉石にメガネを壊されちゃったよ。
次回イチは、捜査一課デビューするのでしょうか…

【キャスト】

#5

 「私本気出しちゃうぞ コーチに買収疑惑?」5.13 OA 

普通のゴルフドラマでした…テンション下がったわ。
ちょっと飽きてきたかも。

試合前に苛められてた弟がいなくなって探しに行く花。
そんな花をほっとけないミチル。
なのに海が見つかったあと、
なんでミチルを置いて一人試合に戻るかなぁ。
ミチルも勝負どころだって、
目が出ないなら嫁に行けって両親に言われてるって。
弟君、普通に元気そうだしさ歩いて帰れそうじゃん。
わざわざ、花はあたしの希望なの…とか言わせなくても。
主人公さえ良かれ主義の展開に萎えました。

でもリコさん戻ってきたし…と思ったら、
リコさん本気だしたらすごいや。
今までの嫌がらせ、何だったんだろうか…

#5

 「君を守る!!」5.13 OA 

…無理やり、何が何でもツィッター絡めようとしてないかい?

ドクターとナカジがハルを捜してるように演出して、
実はナカジが探してたのはピーちだったと。
ピーち…お腹の子守りたいなら救急車呼ばないと。

ハルはツィッターで書き込むより110番した方が早いでしょう。
いやその前に、あの状況で声かける方が無茶だよ。
生徒が脅されてるならともかく、自ら会いに行ってるわけだし。
あそこはひとまず帰って、後日生徒とちゃんと話すべきじゃない?

ドクターのハル探知機もかなりの精度ですね。
意外に強かった…でもやられた。
せっかくカッコいいドクター見せたのに、
「合格ですか?…ちゃんと守れましたか?」
…恩着せがましい。
「無事でよかった…」くらいならポッとなるのに。
文化の違いですかね~~~

ナカジとドクターがハルやピーちのために奔走してるように、
リンダもまたナカジを毒牙(?)から守ろうと、薬飲んでまで…
ナカジの父もそうだけど、
愛情を自己犠牲で描くのが好きなのでしょうか。

次回はハルとドクターが付き合うことになるのかな?
そこでナカジがやきもきしたり?
不倫がばれた桐子とナカジの仲も変化があるのでしょうか。

【キャスト】
#4

 「引き返せない恐怖の愛」5.13 OA 

一人山中湖に残った大久保は、かけおちした二人に会ったのね。
でも自分達は人生を捨てた…もう探さないでくれと。
おまえら45歳だよ、何やってんだよ~~~と叫んだのは三上さんだったか。
大久保が二人のことを記事に書いて、4人(5人か?)は気まずい雰囲気に。

やはり大久保の余命は短いようですね。
医師に奇跡は起きないですか?と聞く大久保。
あいつらと年取っていくのも悪くないなぁ…って。
女医からはやりたいことをやんなさいと‥辛い言葉ですね。

偶然、病院で朋美を見かける大久保。
医師の言葉もあって、朋美に思いのたけをぶつけたんだろうけど、
あんな風に拒否しなくてもねぇ…切なかったなぁ。


切なかったと言えば陽子も切なかったな。
確かにお金で女の幸せ計るとこあるけど、
プライド壊されても陽子なりに子供育ててきたのだろうし。
それを今さら…


杉山の妻も朋美の旦那も感づいてきてドロドロして来ました。
朋美娘は杉山息子と接触して何をする気だ?
かけおちした二人も、ただのかけおちでもなさそうね。
次回が楽しみです。

【キャスト】
#3

 「二人の“母親”」5.12 OA 

二人の母親…
奈緒にとっても継美にとっても、でしたね。
今回は登場人物一人一人の生きる重みがずっしりきました。
そして子を捨てる重み、引き取って育てる重みもね。

金を要求した雑誌記者、単に金目当てではなかった。
一千万は過去自分が虐待親に提示された子供の値段。
記者は、奈緒の覚悟を試したんだよね。
一千万と聞いて自分を守るか継美を守るか…そして嫉妬も抱いてた。
自分が出来なかったことを奈緒がしている。
記者は一般人の目線ともいえるのかな?
虐待を受けてる子供を助けたい思うけど、丸ごと引き受ける勇気がない。
いつか奈緒と継美の記事を書き世間に問う役割になるんでしょうか。

お金に困った奈緒を見て、継美はうっかりさんと籐子にお金のことを言う。
小さな胸でいっぱい苦しんで、奈緒を助けたいという思いから。
そして皮肉にも葉菜と籐子が顔を合わせる。

なんかね…どっちの気持ちも考えて苦しいんだ。
籐子が一生懸命奈緒の母親になろうとしたこと。
いつか本当の母親が迎えに来るのが怖かったというのもすごく共感できた。
一方、葉菜はなぜ奈緒を捨てたのか…
いやいやどんな理由があろうと捨ててはいけない。
いけないんだけど、何かあったんだよねと思いたいのが人間なのかな。

二人の仲裁に入った奈緒が、籐子にお母さんと言って抱きしめる。
その時の葉菜が、消えていきそうなくらい儚げで…
子供を捨てるということが、
どれだけ残酷なことで一緒消えない罪を背負うことなのかと思い知らされた。

飲み屋で籐子と奈緒は初めて向き合えたのかな。
辛子が効き過ぎたね…がなんともよかった。
でもそんな親子を見ながらも、
もう一方の母親がさみしく佇んでいるのを感じてしまう。
画面にはいなくても…シーソーみたいだね。

「美容院の帰りに雨降られちゃったくらいはね…」
とこみ上げる芽衣…よかった。
なんてことない風を装ってるけど、大事そうに胎児の写真と折り鶴。
男の子と遊んでても、一人ではお母さんごっこしてた。
泣き虫で繊細な心を持つ芽衣…
そんな芽衣を見る奈緒は、お姉ちゃんだった。

そして何度見ても涙が出てしまう継美と奈緒のシーン。
やっと忘れることが出来たよ…何言ってるのかわかんないよね。
つぐみ、わかるよ…
つぐみもわすれるよ、お母さんのおかげだよ。
大事…大事…

‥‥感無量。

そして母親から鈴原家に電話が。
虐待のことがばれないようにわざわざ記者に聞いて探りを入れてきた?
果歩が出た時は無言だったのに…2回目に継美が出てしまった。
怜南なの?‥‥さすがに子供の声覚えてた。
心の中で継美電話切れ~~~と叫ぶ自分。
でも継美は驚きのあまり言ってしまうのね ……ママ!!…‥
継美のママと言うタイミング、表情が素晴らしかった。

次回、継美は奈緒の元を去ってしまうみたい。
怜南に戻る?奈緒への手紙を残して?
鈴原家にすべて打ち明けるのでしょうか。

【キャスト】

#4

 「人間やめてやる」  ◆今野浩喜5.18 OA 

すみませ~ん…石膏じゃなくて蝋人形でした。(訂正済)

前回生き返ったものの、
向島の家で手足を縛られたまま、中五郎はまた殺されてしまいました。
向島が「おう生き返った」とびっくりする様が地味に面白かった。

いつからかなぁ…メッセージ性が強くなったような。
20面相がいがいといい奴で、
役に立ちたくて変装して小林少女を道案内してるの可愛かった。
そして20面相ゆえの悲哀もちょこっと感じられた。

毛皮を着てもう一台フェラーリが買わせてと、
募金するあたりは世相を皮肉ってる?
ペットショップの動物全部逃がすのも、
20面相の持つ繊細さを感じると言うか‥考えすぎ?

でも蝋人形師の向島にしたって、
今のコミュニケーション不足の若者を象徴してる。
その向島に対して、
喋れない人形と心を通わせられるなら、喋れる人間ならもっと通じ合えますよ
という中五郎の言葉は、結構グッときたんだよなぁ。


さて中五郎は、
明智の名に恥じぬよう名探偵セミナーに行くようですね。
そこにはきっと、いや多分、20面相が待ってることでしょう。
楽しみにしたいと思います。

#5