/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
 「愛のローストビーフ」7.27 OA 

弁当仲間の金髪さんから、
結婚パーティのケータリングを頼まれるくるみ。
50人ほどのパーティって結構な数だけど…

八百屋で働くプロの兄ちゃんは、
簡単に考えない方がいいと言ってましたけどその通りだと思う。
お誕生日パーティや主婦集めてのお料理教室やってるのと、
お金もらってケータリングするのではちょっと次元が違うような。
それも4人でどうにかしようなんて。
案の定トラブルが起きて、兄ちゃん頼ることに。

「涙のローストビーフ」
ローストビーフに思い入れのあるエピソードでもあるのかなと思ったけど、
そうでもなかったですね。
オーブン壊れて失敗、くるみの挫折の涙と新郎新婦の幸せの涙ってとこかな?
個人的にはローストビーフの込めた思いがあったらなぁと。
そういや、二人が博多弁だった狙いはなんだろう…
まさか宮崎牛!?

そうはいってもささやかでほっこりする内容でした。
ただ前回よかったので少し物足りなく感じてしまった。

今回は、結婚をテーマにしたかったのかな。
おっさんの娘の結婚式。
婚約者に逃げられたくるみの未来。
最終回に向けての助走のようでした。

次回は最終回、婚約者も姿を現し結婚となるのか別れとなるのか。
逃げたと言っても都内でウロウロしてたようだし、
婚約者とやり直すことが幸せとは思えないなぁ。
でも康太のことを思うと…ちょっと複雑。

#3


スポンサーサイト