/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

 「本能寺へ」1.30 OA 

前回見てなくて、もうリタイアかなぁって思ってたんだけど、
時間的に見れたので見ました。
一応、本能寺の変は気になりますしね。

あくまでも信長は、江が尊敬するヒーロー?
明智を罵倒するのにも理由があると言いたげ。
その明智光秀役の市村さんが効いてました。

さていよいよ次回は本能寺の変、
豊川さんの信長もあと少しです。

あ、主人公・・・ま、いっか。

「狙われた婦警さん」
「新婚ラブラブ作戦」
1.22 OA
1.29 OA 

1話で寝ておいてアレですが、面白かったです。

2話では、いい加減ストーカーに狙われてるの先生だって気づこうよっ!
・・・て何度も思いましたが、ドラマの登場人物につっこませる為の確信犯かな。
コミカルな刑事ドラマですが、基本はしっかり抑えてる感じ。

それにしても、いいメンバー揃えてるなぁと感心します。
ちゃんと活かせてますしね。
中でも、沢村さんと吹越さんがいいですわ。
この二人で、漫画ちっくなワンコが浮きすぎず中和されてるんじゃないのかなぁ。
布陣を見るとほんと無駄が無くて・・・羨ましい(笑)

3話の沢村さんの取調べ面白かった・・・さすが沢村さん。
落としのシゲさんいいよなぁ・・・落とし方が毎回楽しみです。
今回は亡くなった被害者の幽霊まで語っちゃったよ。
コメディだから許せる、ギリギリの範囲じゃなかったろうか。
遺族の視点からしたらおふざけが過ぎるって思いそうだなぁって。

ミハイルとワンコのライバルのような友情も微笑ましい。
怪我したワンコを感慨深げに見てました。
ミハイルの限界を超えて追うワンコ、よかったよ。
ミハイルは警察犬だけど、ワンコは刑事なんだなって。
そんなワンコを演じる多部さんがカワイイです。

今期は色んな刑事ドラマがあって面白い。
ってか、見てるドラマ殆んどが刑事&事件がらみじゃないだろうか。
いっそのこと同じ事件を、各ドラマの切り口で捜査してみてはどうだろう。

 「誘拐!掛かって来ない脅迫電話」1.28 OA 

初見です。
見るつもりはなかったけど、試しにと思って見たら・・・あれ?意外と面白い。

事件は、凄まじい演技力をお持ちの母親が犯人でした。
豹変具合にちょっと笑った。

チーム悪党がそれぞれ個性的でいいですね。
高橋さん時々台詞が聞き取れない。
でもハードボイルドがはまる俳優さんになられました。

意外にはまってたのが内山さん。
優等生役だと敬遠したくなりますがクールな女・・いいじゃん!
彼氏が引きこもり? ギャップが面白い。

鈴木さんは、楽しそうに演じてるのが伝わってきます。
普通っぽい姿ゆえに、そこはかとなく抱えた悪が逆に不気味。
って情報と引きかえに賄賂ですか・・・

でも一番悪党なのが榎木さんっぽいですよね。
笑顔が恐ろしいわ。

そして、唯一まともな小泉さん。
小泉さんはなにかしらの事情で悪役出来ないんでしょうかね。
お父上は退職されましたが弟さんが現職議員ですし・・・
ほらドラマ見てる人の中には、現実と混濁しちゃう人もいるわけで、
「総理の息子が犯罪を犯してる」なんて思われたらまずいのかなって。
だっていつも真面目な役なんだもの。

まぁそんなことも思いつつ見てました。
てなわけで、また一つ刑事ドラマのレパートリーが増えてしまいましたよ。
いったい自分の頭の中に、何人の刑事がいるんでしょうねぇ。

「純愛…VS美しき吸血鬼」
「VS天才死刑囚! 神予言の罠」
1.21 OA
1.28 OA 

毎回毎回、猟奇的な犯罪が続きますねぇ。

前回までは、このドラマ嫌いじゃないかも?と思ってました。
猟奇殺人を犯す者を、悲しき犯罪者のように飾るのはどうかと思うし、
主人公の「私が正しいのよ」ぶりも鼻につくんだけどね。
でもそれぞれの角度からプロファイルして、犯人像を割り出す過程は面白い。
出来れば刑事を歪ませず、
刑事とプロファイラーを戦わせて犯人を捜すんならもっといいのにと思った。
・・・3話までは。

しかし4話で萎えちゃいました。
天才死刑囚と香月を会わせて対決っぽくしたりして、
意味ありげで意味の無い回だったんじゃないでしょうか。
柳楽さんの、逝っちゃった天才死刑囚も自分にはイマイチでした。
頑張って演じてるんだなぁってのが見えてしまってね。

4話で香月の父親に矛先が向けられたし、
これから父親のことも同時進行していくのでしょうかね。
CPSに協力的だった柘植や管理官も、香月の父親となにかありそうですね。
もしかして生きてる可能性もあるのかしらん。←興味薄。

微妙だった天才死刑囚は次回に引き継がれるようですが、
事件は終わってるので続きの意味が見えない。
最後に、袴田さんお疲れさまとだけ書いておこう。

 「今夜いよいよ東京編スタート!!」
 「迫る、再会の時」
1.20OA
1.27OA  

2話はちゃんと見たんだけど、3話気づいたら寝てて終わってました・・・orz
肉体疲労ハンパないからかなぁ。

でも・・・ちょっとメリハリに欠けるかも。
ようは霜村を追ううちにメキシコ大使館と繋がっていて、
大きな事件もしくは極秘になにか行われているって事なんでしょうか。

柴咲さんの地図オタクは面白い役で好きです。
なにげに黒田に行きかたわかんないの?とつっこんだり、
温泉に誘ったりが笑みを誘いました。

もう少し頑張って見てみます。
 「No.1の課外授業!!」
 「逃げないで戦え!!」
1.19OA
1.26OA 

う~ん・・・やっぱ「ごくせん」だね。

あっという間に生徒が登校しましたね。
そんな簡単なことだったんかいと。
最後の4人の改心も安易だったなぁ。
酒屋さんのも、お金入れたのに信じてもらえない云々以前に、
ゴミ箱蹴ったりしてりゃ信じてもらえないだろうにね。

球技大会にあたっては特に書くことも見つからないや。

今後、極道が内緒だったヤンクミ同様、
キャバクラづとめがばれるかどうかの回がありそうですね。
まぁキャバクラはやめてるので最後は大団円になりそうですが。

先が気になるって感じでもないし、
そろそろリタイアの頃合いかもしれません。

 「幸福を壊す女」
 「ついに暴かれる過去…隣の女の正体」
1.18 OA
1.25 OA 

やっぱり亡くなった子供は沙希の子供だったんですね。
旦那も高知さんだろうなぁと思ってたので、意外性はなかった。
ただ外人さんに焦点当てたのには笑った。
2話の池にいた高知さんの隣の女性の時も、
仲間さんに合わせた髪型で勿体つけてたのも笑っちゃったな。
そういう変なミスリードを誘う場面があるのはどうなんでしょうかね。
あまり多いと興ざめしそうなんですが。

夫が高知さんで離婚するしないで争っている・・・
法要があるって言ってたし、子供は夫が引き取ってた?
じゃマイヤーというのもすべて嘘なんでしょうか。

これ見てると、
微妙な加減でもつれていく人間関係の脆さを感じます。
そして人は、男も女も・・・美人に弱いと(笑)

 「子供の心理と消えた犯人の謎」1.25OA 

なんていうか・・・テレ朝の刑事ドラマのような空気が。
今回は犯人が二転三転して、意外性はありました。
最後に突然、先生の不倫相手の死が出てくるとは・・・
瀬川は南雲の影響を受けて心理学が身についてきたんでしょうか。
先生が手を腕に回した時、心理状態を見破ったようでした。

警備員の視力低下、担任のえこひいきもなるほどねと。
録画を見返すとあきらかに先生の表情に犯人が浮かび上がってる。。
ツッコミたいところはあるものの、
捻りのきいた事件で見ごたえはありました。
子供達の涙と、婦警に連れていかれる姿が印象的でした。

捜査に関して言えば・・・結局瀬川一人で解決できてるのがなぁ。
心理捜査もそうだけど、凶行犯捜査課も機能して無くない?
南雲がちょろっと心理学で突っこんで、
杉さんが首捻って、小板橋課長が豆鉄砲顔して・・・
瀬川メインでしかも相棒が心理学者ってことで、
凶行犯捜査とは別行動になるのが残念ですね。

そう考えると南雲を、
心理学をかじった程度の偏屈刑事にしておけばよかったんじゃ・・・
で、無理やり瀬川とコンビ組まされてみたいな?
そしたら凶行犯のメンバーとの繋がりも出てきて広がりが出そう。
最初の設定では警察内の心理分析官らしかったので、
他のプロファイラードラマと一線を画すつもりで大学教授にしたのかも・・・
なんて思ったりして。
まぁ大学教授の藤木さんも捨てがたいんだけどね。
心理学が逆に枷になってる気がします。

もうちょっと周囲のキャラ立たせて、
コネタを入れたら見所も増えそうな気がします。
今回は小板橋の会見もなくて、少し淋しいような・・・
事件が事件だっただけにね。

次回は南雲の知りあい(ライバル?)が登場でしょうか。
う・・んやっぱりガリレオ意識してる?

【キャスト&スタッフ】

 「女教授殺害予告! 守りたい嘘」1.18OA 
 
1話より面白かったです。
田畑さんの顔を見た時点で、
「犯人見っけ!」と見てる人が思ったに違いない。

犯人、もしくは犯人辿りつくまでに、もう少し捻りがあったらいいのに・・
また犯人と特定するにあたって、
そこを視点を置くかぁ的な裏切りがあったら・・・
そしてなによりありえない、ゴミ捨て場で見つけた血まみれの白衣。
燃やす、自分の行動範囲外に捨てる、
せめてごみ収集の直前に出すくらいはするでしょう、
宅急便を使ってまで隠した物なのだから。
ま、それも熱血デカを演出する為にゴミ探しが必要だったのかなって。

冒頭でのサイン入り絶版本が、一応伏線となってたんですよね。
年13冊も出すほど売れてる本と、絶版本。
そして「だから教授の本は売れないんです」という締め。
ゆるゆるな感じですがまとまってたかなぁと。

あと、小柳保(柄本佑)の明日こそは・・・という
ダメ人間の描写が印象に残りました。
上手くいかないことを他人のせいにして、
その鬱憤を女教授・梶間久美(とよた真帆)を殺す事で、
自分を変えようとするものの・・・やっぱり殺せなかった。
平山美鈴(田畑智子)が果たした最後の詰めを、自分の達成感とする小柳。
目の前に用意された殺人現場に乗っかって、念願の椅子に座れた平山。
梶間に声をかけられて研究生になった平山と断わった小柳の二人が、
シンクロする部分は興味深かったです。

2話の方が面白かったものの、南雲に関しては1話の方がツボは多かった。
瀬川と寺西が飲んでる屋台で、
離れた席でラーメン食べてる南雲がよかったです。
距離感保ちつつ、ついてきちゃったみたいな子犬のようで。
そうそう1話を見た後、
実は南雲はなにか目的があって警察に協力してるのかも?と疑い始めました。
例えば元奥さんか友人が絡んでる事件があり、
未だに解決されてなくて自ら資料を見て探る為に来たのかな?・・・とかね。
これからはそこにも注目して見ていきたいと思います。

【キャスト&スタッフ】

 「始まりの朝」1.17OA 

始まる前に、教師と生徒が・・・ってのを見て、
「高校教師」みたいだって思った。
で見た結果、高校教師みたいだった・・・2003年の。

メイクして背伸びした女の子を生徒とは気づかず、
学校が始まって、あららみたいな。
高校教師は野島さんの描く哲学というか文学というか・・あったわけですが、
こちらは甘酸っぱいラブストーリーなんでしょうね。
ともすると、ドロドロしそうだけど。

それとね、新学期ならなぜ春ドラにしないのかなとも思いました。
そして、別にクレジットとかどうでもいいんだけど、
W主演でトップが戸田さん・・・なのに、
主人公は男性教師でヒロインは女性徒に見えます。
どこかで婚約者目線になるんでしょうか・・・
1話見た限りでは、夏実先生(戸田)は恋敵のポジションだった。
タイトルの"大切な事を教えてくれた君"も女生徒になりそうな。

一応学園ドラマの要素も少しはあるのですが
まさか教師の恋愛を開けっぴろげに喋るとは・・・どうなんよ。
「その年で子供できて丸ごと引き受ける覚悟があるのか」じゃだめなの?

今後考えられる展開は・・・
・血が出た女生徒は病気?
柏木先生(三浦)に大切な事をすべて教えて亡くなる。

・夏実の同居人は、密かに夏実に想いを寄せている
なんとなくそんな気配がする。

・夏実も男生徒と親密になったりして?
これくらい大胆に釣りしそう

・女生徒が妊娠
まさか子供を産んで死んじゃうなんて事は無いと思いますが。

・女生徒とのことがバレて学校を追われる
まさかのやめないでコール?

最後は何事も無かったように、夏実と柏木は結婚するような気がします。
でないと戸田さんの立場が・・・
SPECで面白いキャラ見た後では物足りなかったですね。
三浦さんもいつまでも悩める高校生、もとい男の子って感じで・・・
どこか、こそばゆさが伴う初回でした。

2本のドラマがカブってるのに、
なんでどちらにも興味もてないんだろう・・・自分。

とりあえず、スクール!!を見てみました。
民間人の校長が、
閉塞感のある小学校の改革を担うって所でしょうか。
教育や学校が変化してきて、社会問題となっている現在、
問題提起を含んだ学園ドラマ。
でもその歪んだ学校や教育に対して、
昔は良かった、昔の先生はこうだった、子供はこうあるべき・・・というのがね。
新しい手法で打破できればいいのだけど、
結局GTOなどの熱血先生にするしかない。
そういった見飽きた感がありました。

決して悪くはないけど、
個人的にはまだハガネの女の方が面白かったな。
江口さんは役的にハマってました。
兄ちゃん気質で少し抜けた感じが、一つ屋根の下のようだった。

ま、10時には他に移って見てないので、
その先にとても面白かったかも・・・しれません。

冬のサクラは、CMの間チャンネル合わせましたが、
じっくり見せるドラマのようで、ちょい見を受けつける空気じゃなかった。
違うシーンだったら引きこまれたかもしれないけどね。

冬の日9は、まだどちらを見ようか決めてません。
とりあえず次回は、サクラを見てみようかな・・・

 「父の仇」1.16 OA 

・・・これを大河ドラマと呼んでいいものかどうか。
今までも砕けたホームドラマ大河もあったけど、
歴史好きの重厚な大河ドラマファンには避けられそう。
私は大河ドラマあんまり見ない方だけど、
そんな自分でさえこれでいいの、NHK?・・・って思うもん。
どっちかって言うと、以前年末にやってたフジの時代劇SPに近い。
1話はまだ信長や市で見られたけど、江目線になったら途端に軽くなった。
特に江と初は現代っぽさが漂う。大河口調が合わないのかなぁ。

ま、そんな江ですが、
いきなり子役から上野さんに成長しましたね。
(子)茶々はもう出ないのかぁ。
それで疑問なのですが、2話の江はいくつなのかな?
希望の子と讃えられた江が、残念な子に・・・

信長の豊川さんは存在感は信長っぽい。そしてオッチョだ。
岸谷さんの秀吉は、なぜか笑っちゃう。
決して合わなくは無いんだけど、
岸谷さんが持つコミカルな部分が笑いを誘う。

これから時代が進んで、
それぞれが相応な年になったら落ち着いて見れるかもしれません。
それにしても、もうちょっと細部のキャストにこだわって欲しかったな。
逆を言えば、スポットは殆んど当らないよってことなんでしょうが。

別の意味で惹きつけられる大河ドラマ、
割切って見れば、笑って楽しめるのかもしれません。

「ライバルは警察犬」1.15 OA 

漫画原作らしく、デフォルメされてて面白い。
冒頭のいちいち人物紹介して「うるさいよ」のツッコミも笑った。

でも途中で飽きてきて・・・ウトウト寝ちゃいました。
気づいたら終わってた。
残念。

なのでまた次回!
「赤い死者を吊るす殺人者…」1.14 OA 

塚地さんはかませで、犯人は妹を亡くした(殺した)姉。
妹=母なんでしょうね。
愛情と憎しみが混ざり合った犯行。
自分を置いて男と出て行く妹に母の姿を重ねる。
そんな妹が許せなくて殺してしまった。
行き場のなくなった妹への愛と妹を殺したという現実を麻痺させる為に
似た女性を妹に重ねてたんだろうか。
母親に捨てられたことが根本にある。

事件は興味深く見れました。
ただ警察側は・・・
美容室をすべて調べたのに犯人に結びつく人物はいなかった。
えっ、男性しか調べなかったから?
プロファイリングが主軸にあるためか警察は無能に見える。

CPSチームもまとまりつつありますね。
結城(木村)の「意志のある道具を選んだのだから」が良かったです。
未だにわからない香月の心理分析。
犯人の行動を追い、
犯人の心理状態まで自分を追い込む手法らしいのですが、
最初は特殊能力かと思った。

その香月の死んだ父親を、柘植(ユースケ)が調べてるみたいです。
初回でユースケさんは最後犯人になるんだろうなんてカンで書いたけど、
今のところはCPSに協力的。
1話完結と香月の父親の存在。
プロファイルを嫌う管理官、
そしてどこか怪しい柘植の謎がそこに隠されているのでしょうか。

 「外交官黒田と地図オタク女刑事が
   国境を越えた怪事件に挑む」
1.13OA 

初回2時間SPだったんだ。
知らなくて途中から見たんだけど、
初めて見るせいか・・・ちんぷんかんぷん。
後半からなんとか話に追いついたって感じでした。
でも1話の最後で帰国して、本格的な始動は次回からって印象。
ベースとなる部分は1話だったので、
見ないことにはついていけないんだろうけど。
・・・でもぶっちゃけ、殺された香川さんが生きていて、
その真相を追うってことですよね。

まず外交官という職業がどういったものか。
要人の接待というイメージしかない貧しい発想の自分。
だからSPもどきしたり、警察みたいなことをしてるのが不思議で。
その辺はドラマだから自由なんでしょうかね。

一応初回最後には引きこまれたんで次回も見るつもりです。

 「新米熱血教師はNo.1キャバクラ嬢!」1.12OA 

あ・・・と、これはつまり、明らかにごくせんのキャバ嬢編。

美咲が六本木の住人達に挨拶されながら
目的の店に向かってるのを見て、
こりゃもしかして、皆が応援に来てくれるオチだなと。
まるでこち亀の両さん並の町の人気者パターン。

ごくせんではヤンキー生徒に対して素性はヤクザの娘の教師。
こちらはチャらい生徒に対して、お水なキャバ嬢。
でもキャバ嬢が啖呵きってもスッキリしない。
ダサい教師が実は極道の孫、ケンカは最強というギャップが、
美咲にはないんだよね。
指名ナンバーワンのキャバ嬢くらいじゃぁね。

なにか一つ自分だけのナンバーワンがあるはず!っていうのも、
今さら言い尽くされた事を大声で言うのも・・という恥ずかしささえ漂う。
若者ならまた新鮮に受け取れたりするんだろうか・・・

と言うわけで、暇なら見るかも?くらいのリタイア候補。
香里奈さんはフリーターのように、
モデルみたいだけど実はガテン系?の方が合うと思いました。
声のせいかな?

このドラマで楽しめた所は、自由すぎる戸田恵子さん。
生瀬さんとポジションが一緒です。

 「魔性の女、現る」1.11OA 

◇苦しむ女、苦しめる女

期待してたものと少し違いましたが、面白かったです。
途中ホタルの長話でちょっとダレましたけど・・

行方不明になった矢野家の息子と池で亡くなった子供。
これがストーリの発端なのかな?
亡くなった子供はマイヤー沙希(仲間)の子供でしょうか。
同じ時に起きた絵里子の息子・駿の行方不明とリンクしてるんでしょうね。
まさか駿が男の子を池に落としちゃったとか?・・・アイシテル?

矢野家に近づき家族を壊そうとしてるって事は、
自分の家族も何らかのきっかけで壊れたって事だろうし。
駿の手を痛いほど握るように言うのは、
沙希自身が駿に息子を見てるような気もする。

ちなみに苦しむ女の絵里子・・・あまり好きになれそうも無い。
仲間さんに同調するように出来てる作りなんだと思いますが。
今のところ鍵になりそうなのが、駿を助けたアルバイト君でしょうか。

今後登場する人物も含め、登場人物も多いので、
どこまで話が広がるのか、またどう畳んでいくのか(気が早い)期待しましょう。

 「顔は真実を隠せない!心理学でわかる事件の裏側」1.11OA 

期待してたわけじゃないのに、放送直後のガッカリ感と言ったら・・・
瀬川と南雲の掛け合いが今ひとつかみ合ってなくて、南雲が上滑りしてるようだったし、
事件も大味で雑な印象、事件解決は心理分析関係なくなってるし。
そもそも民間人の南雲が警察に協力し捜査資料を自由に見ていいという設定が強引。
・・・ではあるのですが、
録画を見直すとそれほど悪くはないかなという気もしてくるから不思議。
個人的にいいなと思ったのが↓

・小板橋と南雲のやり取り
南雲との対比で勝村さんのお茶目さ際立つ?

・南雲の細かい仕草
これは藤木ファン故なのかな?
最初の分室で瀬川と話してる時のお辞儀の仕草が妙にツボ(細かくてゴメン)

・南雲のジャムパン食いっぷり
特に両親に会いに被害者宅の前で残ったジャムパンを口に押し込む一口のでかさったら、
ドラえもんのポケットに匹敵するかと。

・瀬川にジャムパン買わせて、自分は寝るところ
いかにも・・・な狙いすましたベタなネタなんですが、
妙にお行儀よくソファに寝る南雲がお茶目で。

すみません、やっぱり藤木さん中心に見てしまいますね。
松下奈緒さんは優等生な感じが画面から伝わってきました。
瀬川のツッコミなどは特に・・・
ま、そんなキャラなんでしょうが。
KYな南雲にもう少し鋭くつっこむと、
二人の掛け合いのテンポもよくなる気はするのですが。
南雲のボケが放置されたままで悲しいかな、一人浮いた存在に。
回を重ねて名コンビが出来上がるといいのだけれど。

1話は詐欺グループの仲間割れから発展した殺人事件の中に、
悲しい親子の顛末が隠されていました。
事件として悪くないと思うけど、
もちょっと事件に重きをいて話を進めて欲しかった。
特に手が冷たいから・・・背後から刺したから・・・と言い切るのはどうもね。
向き合えなかった親子という瀬川のモノローグがあっても、
親子の描写が薄いので今ひとつ響いてこない。
その中で南雲の
「父親だから・・・父親なのに・・・」は印象に残りました。

父親が息子を刺した真実に
瀬川「父親なのに・・・」
南雲「・・・父親だから」

そして正面からではなく背後からというのに
瀬川「父親だから・・・」
南雲「・・・父親なのに」


父親だから詐欺を犯す息子を殺した。
父親なのに正面から向き合えなかった。
家族写真はまだ家族だった姿を写してるのにも関わらず、
時とともに家族は変わっていく。

噛めば味が出てくるドラマだとは思うのですが・・・
次回に期待します。

【キャスト&スタッフ】
 「湖国の姫」1.9 OA 

1話は市がメインでしたね。
まね、3姉妹の土台となるお方ですしね。
でも思いのほかサクサクっと進み、ダイジェストのようでした。

織田信長:豊川悦司
豊臣秀吉:岸谷五朗
浅井長政:時任三郎
市     :鈴木保奈美

徳川家康:北大路欣也
明智光秀:市村正親
おね   :大竹しのぶ

1話で市を取巻くキャストは懐かしかった。
トレンディ大河・・・・と思わずつぶやいたわ。
これで徳川家康が唐沢さんだったらまさに・・・。

そんなキャストと絡みあうベテラングループ。
なんというか・・・世代のギャップに違和感。
岸谷さんの妻を大竹さんが?
光秀と家康は存在感ありすぎて浮いてるような。
家康は後々のことを考えて北大路さんなんだろうね。

いつもの大河と違うぞ!?という印象を強く持ちましたが、
なんやかんや見入ってしまいました。
市と浅井のラブストーリー風なのも・・・笑

これから興味津々なのが市の行方。
確か柴田勝家と再婚するのですよね?
さぁ柴田勝家は誰だ?と探したらば、
えっ?髭もじゃもじゃの大地さん。
(最初は北大路さんが勝家だと思ってた。)

秀吉をさると呼び敬遠してた気位の高い市が、
あの髭もじゃの山男と・・・
その絵面をひそかに楽しみにしておりまする。

そうそう茶々の子役で芦田愛菜ちゃん出てましたね。
茶々の強さの表情はさすがで、隣の子役ちゃんと比べると段違い。
しかし台詞まわしは力が入りすぎてしまってたような。
でもやっぱりかわいいです。
透明感があって、そして自然と目を引く存在感は子役ながらに女優さん。
宮沢さんに交代するまで楽しませて頂こう。

その宮沢さんは茶々と言うよりも市のイメージだなぁ。
それに3姉妹にしてはちょっと・・・
重要な役割で安定感のある宮沢さんというのもわかるけど、
も少し新鮮味のあるキャストで見たかった。

いつまで見続けられるかわかりませんが、しばらく見守るつもりです。

「日本初! 犯罪分析のドリームチーム誕生!
天才プロファイラーVS紙喰う殺人鬼!
哀しき少年神隠しの深き闇」
1.7 OA 

初回拡大SP、長い。
冒頭から引きこまれず、途中でお風呂入っちゃったよ。
出てから見始めたけど、あまり支障が無かったような・・・
後半は退屈せずに見れました。

結論から言えば、
・犯人役のDAIGOさんがよかった
・見るからに虐待が鍵なのに、なぜ遠回りする?プロファイリングチーム
・主人公の優秀な設定がみえない・・・女子大生探偵風
・木村さんの上司は、どこか居心地悪い印象
・ユースケさんが黒幕?もしくはトラップ?
・竹中さん1話で殺されるとは・・・

プロファイリングチームで、
それぞれの分野を生かすというのは面白そうでした。
今はバラバラだけど、少しづつチームとして機能していくんでしょうね。
要さんがいる事でパーフェクトリポートの警察編?という感じも。
もう少し見ようかなと思ってます。

本格的に冬ドラマが始まります。
書き出して見たものの、見たいドラマが少ない事に驚きました。
藤木さんのドラマが無ければ、楽しみなドラマが皆無だったかも?
ま、でもね意外に見たら面白い・・・という可能性もありますが。
とりあえずどんなラインナップか書き連ねてみました。
フジ 【月21】1/17~「大切なことはすべて君が教えてくれた」◆戸田恵梨香 
高校教師と生徒がメイン?でも主人公は一応その婚約者ですよね。
フレッシュなメンバーですが、内容はドロドロ三角関係?
それにしても戸田さん&三浦さん、
この間まで高校生してたのに教師なんて・・・・見えるかなぁ
テレ東【月22】 1/10~ 「最上の名医」  ◆斎藤 工 
モリノアサガオは興味があって見てたけど・・・
週明けからドラマ2本は重かった。
特に惹かれる題材やキャストでもなさげなので・・・パス。
最上の命医 1
フジ 【火21】 1/11~ 「CONTROL ~犯罪心理捜査~」  ◆松下奈緒 ★★★
最初は目新しさの無い刑事ドラマでどうなの?って思ってたけど、
徐々に楽しみになってきました。
でももし藤木さんが出演してなかったら、興味もてなかったかも。
実は今でも、藤木さんドラマ前のワクワク度は低めだから・・・
フジさんだから、無難なつくりのドラマになるんだろうなとは思うけど。
藤木さんのキャラに期待です。
フジ 【火22】 1/11~ 「美しい隣人」  ◆仲間由紀恵 ★★
関テレのドラマにしては、随分力はいってますね。
当日の直前番組はCONTROLは無いのに美しい隣人はあるという・・・
藤木さん抜きなら、おそらく唯一楽しみなドラマです。
NHK 【火22】 1/4~ 「フェイク京都美術事件絵巻」  ◆財前直見
この枠は興味をひくものなら見る、それ以外はパスなのです。
だって録画しても見る時間ないんだもん。
ということで今回は残念ながら…
TBS 【火24:55】 1/18~ 「カルテット」  ◆福田沙紀
このドラマ枠は我が地方では放送されてもよう。
調べたらやってるかもしれないけど…
最近は深夜ドラマも充実してきましたね。
カルテット1  渋谷デッドエンド
テレ朝 【水21】 継続 「相棒 Season9」  ◆水谷 豊
毎度のことながら相棒にはご縁がなく候。
日テレ 【水22】 1/12~ 「美咲ナンバーワン!!」  ◆香里奈
まぁね、ごくせん狙いですよね…明らかに。
原作があるらしいのでキャラのはっきりしたドラマにはなりそうです。
ただ展開としては王道かつベタで新鮮味なさそう。
美咲ナンバーワン!! 1
テレ朝 【木20】 1/20~ 「ホンボシ~心理特捜事件簿~」  ◆船越英一郎
心理分析その2ですね。
でも船越さんと心理分析って今ひとつイメージしにくい。
心理分析といいつつも、オチは情になりそうな…逆に見てみたい気も。
テレ朝 【木21】 1/13~ 「告発~国選弁護人」  ◆田村正和
テレ朝で田村さんとはまた、渋いドラマになりそう。
脳内で古畑口調の弁護士を想像してしまいます。
チラ見くらいはするかも?
フジ 【木22】  1/13~ 「外交官 黒田康作」   ◆織田裕二
映画、この間やってましたね…見てないけど。
あまり見る気がおきないのが、自分でも不思議なのですが。
なんでだろう…シリアス、固い
映画のスポットでそんなイメージを持っているせいかもしれません。
3話くらいまではチェックするつもりです。
天使の報酬
日テレ 【木23:58】  10/7~ 「示談交渉人 ゴタ消し」  ◆西野亮廣
この枠は吉本の芸人さんがこぞってドラマに出られる吉本枠?
原作表紙見るからにコミカルでもなさそうで、
キメキメの芸人さん見てもなぁ…ってことでパス。
ゴタ消し 1 示談交渉人 白井虎次郎
テレ朝 【金21】  1/21~ 「悪党~重犯罪捜査班」   ◆高橋克典 
高橋さんのドラマにもご縁がないですね。
男くさいドラマイメージのせいかな…いつもスルーです。
TBS 【金22】  1/7~ 「LADY~最後の犯罪プロファイル~」   ◆北川景子 
心理分析その3。こちらはいかにも女性向けバージョンかな?
でも「LADY」ってタイトルはどうなんだろう…
「最後」って言うのも始まる前から釣り糸垂らしてるような。
北川さんが小奇麗な装いでプロファイルしたりしそう。
テレ朝 【金23:15】  2/4~ 「バーテンダー」   ◆相葉雅紀 
藤木さんお勧めの原作がドラマ化ですね。
バーテンなら向井さんの右に出るものいないでしょうに。
向井さんのスタッフ、なぜこの原作ひっさげて局に交渉しないの。
と余計なことを思ってしまったよ。
相葉さんは子持ちの役はよかったけど…バーテンはどうなんだろう。
バーテンダー 1
日テレ 【土21】  1/15~ 「デカワンコ」  ◆多部未華子
インパクトでいえば、このドラマのCMが一番でしょう。
多部さんもチャレンジャーですね。
でも結構楽しみにしてるんです。
コミカルだけど意外とベースは真面目そう。
デカワンコ 1
NHK 【日20 大河】  1/9~ 「江~姫たちの戦国~」  ◆上野樹里 ★★
とりあえず見てみようかなって気にはなりますよね。
上野さんが大河でどんな表情を見せるか…
のだめなのか、ルカなのか、それとも新たな別の顔?
織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の時代背景もあり、
退屈はしなさそう。
江 姫たちの戦国 上
TBS 【日21】  1/16~ 「冬のサクラ」  ◆草 剛 
…ちょっとあからさまじゃないですか?
今さら冬ソナを思わせるドラマって…
しかも草さんで猟奇…をリメイクして残念な結果だったというのに。
ヒロインは今さらの今井美樹さん。
おそらくチラ見してそのまま脱落になるかと。
フジ 【日21】  1/16~ 「スクール!!」  ◆江口洋介 
TBSも残念なのですが、かといってこちらも見る気起きない。
学園モノ、それも小学生?
TBSは冬ソナ層向け、フジは小学生向け…
どっちかお試しで見るならスクールになるのかなぁ。
久しぶりにドラマを見ない日曜9時になるかも。
テレ朝 【日23】  1/30~ 「Dr.伊良部一郎」  ◆徳重 聡 
題材は面白そうなのに、徳重さん・・・。
忘れなければ、チェックしてみます。
イン・ザ・プール

【NHK 朝8 てっぱん】
最初のころは食事しながら話を追ってたけど、今もう見てない。
朝ドラ欠かさない母はまあまあ面白く見てるみたいです。
【フジ 昼1:30 さくら心中 】
昼ドラらしい内容かな?華の嵐とかそっち系の。

【TBS 月20 水戸黄門】
よく考えたら、時代劇ヒーローものなのかなぁ。
【TBS 木21 渡る世間は鬼ばかり】
見てる母が、あっちもこっちも大変なことにって言ってた…何がおきてる?
【テレ東 金24:12 URAKARA】
あっちもこっちも韓国ですかい。
【TBS 金24:20 ヘブンズ・フラワー The Legend of ARCANA】
こんな深夜に川島海荷さんなんて…
見たい気もするけど確か放送されてなかったような。
【NHK 土19:30 隠密八百八町】
今まで若い俳優さんが多かったけど、今度は舘さんなのね。
この時間は毎回のことながら見れない。たまに耳で聴くだけ。

などなど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
期待度
☆=ゼロ
★1→3にしたがって期待度up
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明けましておめでとうございます。
本年も、ブログともどもよろしくお願いいたします。

今年はいつもにましてせわしいお正月でした。
そして一息つくまもなく仕事が始まり、
まだ年が明けて一週間もたたないのに一年余分に年を取ったような・・・
はてさてそんな近況ですが、
新ドラマCONTROLが始まれば、元気も出るのかも。
ぼちぼちドラマの先頭集団が見えてきたことだし、
ブログの方も何とかしないと・・・と気だけ空回り。

今年の参拝では、
いつものように家族の健康と姪の高校受験合格祈願、
藤木さんの活躍と自分自身のよきご縁、友達とか出会う人々含めてね。
決して身を固めるのに神頼みしてわけじゃあございません。
そして、いつまでも平和でありますようにと。

ここを見てくださってる方は、何をお願いされたでしょうか。
あなたが沢山幸せを感じられる一年でありますように・・・
ささやかながら祈っています。

さて午後からの仕事頑張ろう。