/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
つらい恋の忘れ方 ◇ 4.25 OA 

すでに純平と春菜がいい感じなんですけど?
このまま、ずるずる引っ張っていくのかなぁ。
正直、純平と春菜のシーンはちょっと退屈。
純平が春菜ばかりにかかりきりなのも気になります。

刑事ドラマみたいに、会員役としてゲスト投入し
矢代・春菜・小松原も絡めつつ2話位で一組カップル成立させるとかさ。
ひと組ひと組違う、結婚の価値観を描きつつ…なんてね。
そうなったら藤木さんの出番、ますます減っちゃうか。

訝しんでた純平母と春菜父は元恋人でもありませんでしたね。
これから発展するのか、
はたまた二人の応援をする側になり花嫁花婿の親となるのか…
春菜父は春菜のウエディングドレスつくるはず(笑)

さて、春菜をひと目見た途端がっつく矢代ですが、
どうも元彼っぽい気がしてきました。
・春菜が矢代を見て表情変えた (驚いただけ?)
・会員は独身ですよねって聞いたこと。
・会ったばかりの矢代を頑なに避ける。


双子説も考えたのですが、家に帰るシーンで同じスーツだったり、
ため息ついてからの帰宅で違うかなと。
そこで推測。
・春菜は矢代の元カノ。
・結婚式の妊娠した新婦と結婚 (…入籍はまだ?)
・実は矢代は春菜のほうが本命だった? (ため息)
・両親が亡くなってるそうなので、家族というものに思い入れがあり、
 宿ったお腹の子を見捨てられなかったとか?
・一旦春菜とお金で清算したものの、 忘れられずにB-ringに入会
  (どこで春菜の入会を知ったんだろう?)
・なんとか話しがしたいと近づくが避けられてしまう


軽薄で女性に声かけまくりの矢代ですが、別の顔があるのかも…
それを隠す為にちゃらい男を装っているんじゃないのかなぁ。
春菜のことも突き放すように別れたけど、
矢代自身の想いとは違ってたのかなと。

結末を考えるには早いのですが、
新婦のお腹の子の父親を別人にするかしないと
矢代と春菜のハッピーエンド(純平目線でバッドエンド?)はなさそうですね。
ドラマの設定上ゴールは結婚だろうし。
純平春菜の決まりきったハッピーエンドもなんだかなぁ。
はっ、小松原さんという手が。(笑)

うん、このまま小松原と矢代のラブバトルでもいいような気がしないでもない。

少々物足りなさはありますが、
藤木さん演じる矢代を見守って行こうと思います。

【キャスト】


スポンサーサイト
幸せな結婚に恋は必要? ◇ 4.18 OA 

もう少し軽快なドラマかと思ったのですが…。
そしてやはり香取さんと黒木さんで物語が進んでいくんだなぁって。
わかってはいたものの、出番の少なさに不安。
そもそもエンディングで、
十字架の前に二人なんて結末が見えてますよ。
加えて「俺が絶対に君を幸せにさせてみせる」…1話ですでに?

と、ドラマは可もなく不可もなくでしたが、
久しぶりにビジュアルのよい藤木さんはカッコよかった。
この前のジャムパンおじさんはどこに?って感じでしたし、
その前の枯れたぶちょおとは180度変わって、ギラギラ軟派男。
好みの女性に恥ずかしげもなく声かけまくりだもの。
(もちろん教授もぶちょおも好きですよ)

内容的には、
春菜の幸せのために純平が奔走し、
いずれ目の前にいる純平と…ってことになるのかな。
藤木さん演じる矢代がどうかき回すのか注目したいです。

その矢代英彦…謎すぎる。
結婚式に新郎の姿ってことは、
妊娠女性が妹とか女友達という類ではなさそう。
今のところ考えられるのが結婚詐欺師か?
春菜が疑われて、実はこっちが詐欺師だったとか。
まさかの双子説?必然性ないなぁ。
なぜ結婚相談所に入会したのか、
そして条件が「美人」であることに何か裏があるのかな?

美人かぁ‥美人って言われちゃうとね、遺伝子のなせる技だし。
そうそう企業弁護士ってことで、
春菜の母と何か接点があるのかなぁとも思いました。
まぁでも、1話見た限りでは、
矢代という役にあまりスポットはあたらなさそうですね。

サイドストーリーとして、
春菜の父と純平の母に何かありそうですね。
元恋人、再会して再び…とか?
まさか純平と春菜が異母兄弟なんてことはありませんように(笑)

春菜の母が問いかけた、お金と愛情。
矢代が口にした、美人と家庭的な女性。
相手に求める条件で本当に幸せになれるのか…
結婚・幸せの定義を探りつつのラブストーリーになりそうですね。
個人的には純平を慕う桜木や、矢代が絡むシーンが楽しめました。
次回は本格的に矢代参戦のようなので楽しみです。

【キャスト】

時空を超えた愛と命の物語~完結編始動!!
歴史の針が今、再び動き出す…人は人でしか救えない ◇ 4.17 OA


いやぁ‥さすがに引き込まれますね、仁は。
やっぱすごいわ。
スタッフ・役者陣の意気込み、誇りが感じられました。
2時間以上の長い初回を飽きずに見られました。

ただ前作ほど食いついて見られたかというと…そうでも無かったかな。
これは見る側の私の感情によるものなのかもしれなけど。
神や試練の連呼はクドい気もしましたし、
そもそも「神は乗り越えられる試練しか与えない」の言葉自体、
あまり好きではないので。
いや…そもそも自分は、神の存在すら否定してるのかもしれません。
もし神が存在するのなら、それは自分が作った偶像では?と思っているので。
まぁもちろん「神は~試練」の言葉は、
奮起や勇気づけるための例えだとも理解してます。

仁の中で湧いた迷いは、佐久間象山(市村正規)との出会いによって払拭されました。
悩まずに突き進めと。
そして仁は西郷隆盛を虫垂炎から救う、が引き換えに戦に巻き込まれた命を失った。
西郷を救いながら、目の前で斬られていく武士を前に、
世の不条理さを感じずにはいられませんでした。
それは現代ですら変わっていないのかもしれません。

仁が救った中には、幕末の鍵となる人物が。
その人物達がいずれ、坂本龍馬の運命の関わってくる。
仁の一挙手一投足が歴史を変えることになるかも…ということですが、
歴史というのはあくまで事実の積み重ねじゃないのかなぁ。
後に語り継がれることによって英雄となるだけで…

幕末の時代が色濃くなり、
人々の思惑の中で仁は翻弄されていくのでしょうか。
そして最大の親友坂本龍馬を仁は救えるのかが見どころになりそうかな。
まさかそこは映画で!なんてことはないよね。

初回では、脚気になった咲の母の麻生さんがよかった。
このために激やせしたんでしょうか…
気丈さと母としての優しさを見せる場面は素晴らしかったです。
そして内野さんの坂本龍馬はハンパない存在感。
やっぱりこの人がいないと始まらない。
笑えるけど引き締まりもする、魅力的な坂本龍馬です。

次回はドーナツが政治的に利用されるのでしょうか?
和宮様?と仁があいまみえ、結果仁は拷問を受けることに…
楽しみにしてます。  あっ、拷問じゃなくてドラマね。

最強女刑事が帰ってきた ◇ 4.14 OA

…やってしまいました。途中で寝てしまったようです。
あ~あ~黒田から寝る癖ついちゃったかなぁ(笑)
なので途中までの感想を。

・野立っちの前置き長っ。
・コネタ多すぎて本筋辿りつけない。
・新加入の釈さん、長谷川さん、浮いてない?
・やっぱ長谷川さんの息苦しいセリフ回し苦手。
・お気入りキャラの木元(戸田)出番少ない…もしかしてフェードアウト?
・大澤(天海)と対等毒舌キャラの奈良橋(吉瀬)はハガネの女へ?

こんな感じでしょうか…
前作と新作、新加入メンバーと退場メンバーの引き継ぎみたいな初回(前半)。
やたら豪華なメンバーが、と思ったら退場しちゃうのか…。

吉瀬さん演じる奈良橋は、
大澤と対等で言いあえる貴重な女性だっただけに残念ですね。
ライバルのようであり同志のようであり、
緊張感や腹を探るような掛け合いは好きでした。

ぐっすり寝ていたので木元の所在はわかりませんが、
なんとなく退場っぽい匂いが…長谷川さんと役割がかぶりそうだから。
2話を見ればわかるのかなぁ…


最初の2年前の後付けストーリーは、
「あぁこんな内容のドラマだったっけ」と思い出したけど、
すでにどうでもいいかなぁ…なんて。
人物紹介の色が強かったように思います。
あとこんなにコントチックだった?とも。

とりあえず2話も見る予定です。
あ、っと‥次回はハガネのあと見ることになるんですね。
同じ時間帯にはならないみたい。テレ朝側が気をきかせた?

玩具のピアノと乱れた足音 ◇ 4.13 OA  

なんとなくしてた予想を大きく外さないドラマでした。
自分のアンテナに引っかかる事に一直線、
真面目さゆえに周囲から浮いてる糸村(上川隆也)と、
そんな彼を上から目線でみる周囲の刑事達。

特に残念だったのが佐野さんのキャラ。
テレ朝にありがちな主人公に敵対心を持つ刑事なのですが、
コレでもかぁというくらい大味な刑事で…
デカワンコの刑事役が印象に残ってるだけにね。

あと大杉さんも、テレ朝刑事には欠かせないお方ですよね。
このドラマでは糸村に一目おいてる人物なのですが、
なにか裏のある人物のようです。
糸村が協力要請した音響研究所の江藤の名に取り乱してました。
江藤との間に確執でもあるのか、過去に何かあったのか…

とりあえず1話は見たものの、見続けるかどうかは…
遺留品に元に最後は感動系に持ち込むのも王道ですし、
これは!?と目を見張るものがなかったかなぁ。
「ここは笑うとこだろうか…」と悩む、
微妙なコメディっぽいところもありましたが、
どうもスパイスとして物足りない。総じて無難としか…

上川さんは、それこそJINのようなドラマの方が映えるような気がします。

ようこそ、ママ友地獄へ ◇ 4.12 OA  

重いのはどうもなぁ…なんて思いながらも見入ってしまった。
スピード感もあってあっという間でした。

もも組さんの彩香ちゃんママ(木村佳乃)グループは、
それぞれ家庭に問題ありのようで…
そこに焦点を当てつつ進んでいくのでしょうね。

いじめに特化してますが、
こういうドラマは今までにも沢山ありましたよね。
夫婦間の問題だったりお受験、虚栄心などはお決まりのパターン。
一人づつグループから離脱して主人公側にという展開が読める分、
どう捻ってくるのか…
今のところ大ボスは木村さんですが、本当のラスボスは他にいそう。
ぱっと見地味な尾野さんが豹変するか、
1話ですでに仲良くなってるりょうさんが、実は一癖あったとか。

最後のファイルは翔君ママ(安達祐実)が侑子(杏)に託したものでしょうかね。
最初ちひろ(尾野真知子)がもも組の管理を押し付けたのかと思ったけど、
詳しく分析してあったから…
ちひろ(尾野)が「会いたかった人に会えた」というのは、
同級生とかで侑子(杏)に憧れてたって言う設定?
会って間もないのに嫉妬してるのも、そういう設定なら腑に落ちる。
そういった謎も散りばめつつ…って感じかな。

侑子は空気読めない母親っぽい所もあって、
手放しで可哀想~とは思えなかったな。

初回でいきなり安達さんが自殺とは衝撃でしたが、
これから起こるママ達との摩擦、そしてなぜ自殺に至ったか、
その実態が杏さんをとおして暴かれていくのでしょうか。

自殺に対して彩香ちゃんママが「あの人達」呼ばわりしてましたが、
もも組グループだけじゃなくて地域にそういった風習が根付いてるってこと?
もしや園長先生が…

これからガンガン憂鬱な展開で疑心暗鬼な状態で、
鬱憤たまるようであれば見続けるのは苦しいかも。
とりあえずもう少し見てみます。

…そうそう、放送の後揃って「頑張れ日本」だったか
「ひとつになろう」だったか震災のメッセージが流れましたが、
あんなドロドロ繰り広げられたあとに仲良く言われても…ちょっと違和感。

いよいよ春ドラのスタートですね。
始まる時はちゃんとしよっって誓うのですが、徐々にグダグダ化して…トホホ
さて続編もいくつかありますが、コレ楽しみ!ってドラマが少ないなぁ。
テーマがかぶってるドラマもちらほら。
刑事モノが終わったら今度は命テーマや癒し、4月ってことで学園モノ…
どこも考える事は同じ?
BDレコが不調なので、なるべくリアルタイムで見れるように選定したい。

フジ 【月21】 4/18~ 「幸せになろうよ」◆香取慎吾 ★★★
一応ね、藤木さん出演ってことで期待は大きいです。
月9初出演からちょうど10年目の月9登場、個人的には感慨深い。
ですが内容的にはあくまでも香取さん黒木さんがメインなので、
主人公目線で見る人には邪魔な存在になるんだろうなぁ…
でもって脇同士の仲さん役と最終的にくっつくような…。
スローダンスやプロポーズ大作戦再び、となりそう。
それでもビジュアル的に楽しめそうなので期待してます。
そろそろラブコメ的なドラマを見たいなぁと思ってたのと、
時節がら、軽快なホコッとするドラマを期待したいです。
テレ東【月22】 4/25~ 「鈴木先生」  ◆長谷川博己
セカンドバージンから飛躍しましたね。
教師モノですが、少し変わってるのかな?よくわかりませんが。
線の細い長谷川さんがどんな教師を演じ
どんな存在感を見せるのか、未知数なだけに面白そうではあります。
1話お試しコースで。
鈴木先生 (1)
フジ 【火21】 4/12~ 「名前をなくした女神」  ◆杏
うむ…春は明るいドラマが見たいと思うのですが…
ちょっと見「泣かないと」の主婦バージョンじゃない?
出来ればマルモと枠を変えて欲しい…なんて我儘なことを思ったりして。
一応見てみようという気はあるけど、ダメならバッサリ行かせて頂きます。
フジ 【火22】 4/19~ 「グッドライフ」  ◆反町隆史
なんでも韓国のベストセラーが原作なんだとか。
いよいよ原作まで韓流かい。
どうなんだろ、ありふれてそうな感動ものっぽいのですが。
反町さんドラマ苦手ですし、
今回は素直にNHKのドラマを見ようと思います。
グッドライフ (小学館文庫)
NHK【火22】4/19「マドンナ・ヴェルデ~娘のために産むこと~」◆松坂慶子★★
代理出産という難テーマに挑む心意気は買いたい。
最近のNHKのドラマは攻める姿勢が感じられていいですね。
ただ原作頼りなのは民放と同じ。
興味深いテーマをどう描くのか見ていきたいです。
マドンナ・ヴェルデ
TBS 【火24:55】 4/19~ 「マッスルガール!」  ◆市川由衣
はっ、ここの枠は相撲やらマッスルやら体育会系ガールで統一?
残念ながら…というか放送すら怪しい我が地方。
テレ朝 【水21】 4/13~ 「遺留捜査」  ◆上川隆也
遺留?
どうもピンと来ないのですが、遺留品から捜査を進めていく刑事ものかな?
被害者の遺留品から最後の声を聞く…って臨場と少し似てるかなぁ。
上川さんなので、真摯に被害者や遺族に向き合う刑事ドラマになりそう。
一度くらいは見てみようかなと思ってます。
日テレ 【水22】 4/27~ 「リバウンド」  ◆相武紗季
水10が少しづつ路線を変更?それともホタル路線でしょうか。
正直あまり食指が伸びません。
相武さんともこみちさんのカップルもマンネリ感が。
ダイエットして痩せた状態から、また太る設定らしいのですが、
どうせ特殊メイクなんでしょ?…そういうのって萎える。
どうせならマジ太りしてみせろやぁぁと…
などと野蛮なことを思ってしまうわけで。
まぁ1話お試しコースで。
テレ朝 【木21】 4/21~ 「ハガネの女」  ◆吉瀬美智子 ★★
このドラマは好きだったので見るつもりです。
ただ、学校の問題や子供達が抱える問題を
他のドラマでも取り上げられてきたので、
新鮮さを保って見られるかなぁ…と。
要さんの存在が光ってた記憶があるので期待したい。
ハガネの女 1 (クイーンズコミックス)
フジ 【木22】  4/14~ 「BOSS」   ◆天海祐希 ★★
こちらも続編ですね。
内容よりもチームのキャラの方が印象的だった様な…
そうですねぇ…温水さん&カバンと戸田さん、
竹之内さんのサマンサに期待しましょうか。
日テレ【木23:58】4/7~「四つ葉神社ウラ稼業失恋保険~告らせ屋~」◆城田 優
1話はもう放送されてます。
古田さんのキャラを恐いもの見たさで見ましたが…脱落です。
城田さん・福田さんコンビに面白さを見いだせなかった。
古田さんのキャラは意外と普通(笑)で、
池田社長の延長線上?ちょっと違うか。
今後キーマンとなるのかもしれないけど…それ以前に。
ストーリーも少し粗が…あれで解決でいいのかなぁ~なんて。
ま、深夜ですし忙しい時期なので無理かな。
TBS 【金22】  4/22 「生まれる。」   ◆堀北真希 
代理出産ではないですが、弱冠NHK火10と同じ匂いが…
出産するのは主人公の母なんですよね。
…田中さん主人公で見たい気が。
高齢出産よりもホームドラマの要素が強いのかな?
母親の妊娠を機に子供達が成長するみたいな…
個人的に堀北さんが少し苦手で…1話見て決めよう。
テレ朝【金23:15】4/15~「犬を飼うということ~スカイと我が家の18」◆錦戸 亮
動物もの…日9と少々かぶる?
錦戸さんは連ドラ初主演になるのでしょうか…
最近は深夜ドラマもあまり見てなくて、たぶん対象外かと。
日テレ 【土21】  5/7~ 「高校生レストラン」  ◆松岡昌宏
実話を元にドラマ化ですね。
神木君は少々気になるのだけど…
あまり興味をもてないのでおそらく見ないと思われます。
NHK 【日20 大河】  継続 「江~姫たちの戦国~」  ◆上野樹里 
見たり見なかったりが続いてます。
信長から秀吉に時代は進みましたが、
秀吉がありえないくらいひどくて。
この味付けは岸谷さんによるものか脚本家によるものなのか。
妄想癖やら子供のような態度やらで、
おねとのやり取りはまるで夫婦漫才。
江は早々に嫁にやられましたが、今一体いくつなのか。
信長が消えてドラマを引き絞める人がいなくなり
ふわりふわりと軽い大河になっておりまする。
江 姫たちの戦国 上
TBS 【日21】  4/17~ 「JIN-仁-」  ◆大沢たかお ★★
いよいよJINの続編がはじまります。
とはいっても「待ってました!」って感じではないんだな。
でも見始めたら、またモチベーションも変わるでしょう。
新キャストも加わってどう見せてくれるか期待します。
JIN―仁― 1
フジ 【日21】  4/24~ 「マルモのおきて」  ◆阿部サダヲ ★★
JINと時間がかぶるのが実にもったいない。
阿部さんと愛菜ちゃん、喋る犬…癒されそうなドラマです。
ただ愛菜ちゃん、4月から新一年生なのに大丈夫?
個人的にはぜひ見たいドラマです。
テレ朝 【日23】4/24~ 「アスコーマーチ~明日香工業高校物語~」◆武井 咲
今旬と思われる武井さんが主人公のドラマですね。
最近は主役抜擢が早い…
この時間枠はお水系のイメージなのですが、青春ものかぁ
案外お水系のほうが似合いそうですが、イメージは大切だものね。
1話だけ様子見であとはスルーかな。
アスコーマーチ! 1

【NHK 朝8 おひさま】
昭和時代、そして久しぶりに戦時中をも描く朝ドラ。
しかしすでに「太陽の陽子です」の繰り返しフレーズが…耳ざわりに。
こんな折、戦争などの内容は重くてちょっと…ですね。
母は「あんまり可愛くないわね、今度のヒロイン」と辛口。
【フジ 昼1:30 霧に棲む悪魔 】
昼ドラでは珍しく本格ミステリーロマンス。
気にはなりますが、毎日見るのは…ちょいとムズい。
【TBS 月20 ハンチョウ~神南署安積班 4】
もうシリーズ4ですか…息の長いドラマになりましたね
【テレ朝 木20 おみやさん】
テレ朝のシリーズものの一つですね。
【TBS 木21 渡る世間は鬼ばかり】
チラッと見たら、えなりくんが幸楽を継いでないことに驚いた。
【テレ東 金24:12 マジすか学園2】
今度はAKBかいっ! アイドル枠ってことね。
【TBS 金24:20 シマシマ】
矢田亜希子さん深夜で復活!?

などなど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
期待度
☆=ゼロ
★1→3にしたがって期待度up
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

毎日忙しく過ごしてるうち4月に突入。
…そうだ、禁煙4周年だ。
過ぎてみるとあっという間。

だけど何年たっても、喫煙した履歴は消せないんだよね。
健康診断の問診書く時にいつも思う。

そうそう、禁煙して気づいたこと。
吸ったタバコの匂いって結構するもんなんだな。
自分は周囲に内緒で吸ってたつもりだけど、
バレバレだったんだろうなぁ。


で、しつこいけど年に一度のやつ書いておく。
『私はやめてよかったです。』

病気になる可能性は減った。
タバコが吸いたくてイライラするのがなくなった。
キレイな空気を吸ってる実感がある。
風邪をひかなくなった、喉風邪をひかなくなった。
隠れてコソコソしなくてもいいし、
タバコやめなさいと干渉されずにすむ。
解放感、達成感がある。

時々吸いたいと思わないわけじゃない、でも吸わない。
ストレス、煮詰まりはタバコじゃなくても発散できる。

目の前の一本…それって絶対吸わないとダメ?


4周年も過ぎ、目指すは5周年。
いや、まだまだ4年ぽっちだ。
だって吸ってた年数は20年弱…
それを超えないことにはね。