/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

臆病者に恋したベラ 爆破事件の犯人は彼 ◇ 11.26 OA

ベラの恋、その相手は
夏目の息子を巻き込んだ事件を起こした犯人でした。
それでもちゃんと気持ちを伝えたベラはカッコよかったよ。

あんたと会えて嬉しかった。
こんな気持ちにさせてくれてありがとう。

だけど謎の男に惑わされた臆病な男はベラを傷つける。
受けた傷は瞬く間に消えてしまうのに、心の傷は消えない。
泣きたいはずなのに…笑うベラが切ないね。

臆病な男は脅迫されてた同僚を再び狙うものの
ベム達に阻止されました。
弱さゆえの犯行…

苦しんだことと罪を償うことは別。
いくら苦しんだって罪を認めなきゃ・・
そして現代において償える方法は刑に服すしかない。
それでもすべてを償うことはできない。

ベムによって息子を死なせた原因を作った男と対面する夏目。
犯人とどう向き合うのか?と思ったら、
この事件にはまだ裏があるみたい。
どうやらもう1人の同僚が故意に事故をおこしたようで・・・
研究者としての嫉妬か?はたまた別のことか。
妙に臆病男に優しいから怪しいなと思ったんだよね。

そのからくりを知ったら夏目は復讐しそうですね。
いくら夏目だって、憎しみは湧くだろうし…
憎しみの焦点が生まれれば復讐心が芽生え、
謎の男が緑の液体を…緑の液体どんだけあるんだ?

ベムは夏目を止められるでしょうか。
二人が対峙する展開はありそうですね。
夏目から謎の男の存在を知らされる事になるのかな?
とりあえず会ってるんだし、ステッキに気づきましょうか。

しかし謎の男は何でも知ってるんだ。
警察内部まで入り込んで、誰にも不審に思われないのか。
…生きてるんかな???


10人しかいない気がする ◇ 11.25 OA

1人減らしてきた…そのための双子かな。
でも双子の話も、おじいちゃんの話で目立ちませんでした。
いちおう双子の七男と六助の入れ替わりと重ねてるんだよね。
おじいちゃんでもおばあちゃんでもなくウサギ。
顔がそっくりでも七男は七男、六助は六助。

幽霊のメグミがビンタする場面は良かったな。
そして息子が恵の元へ駆けよっていくのが切ないねぇ。
ビンタは出来るのに、抱きしめる事は出来ない…

6話の目玉になったのが、おじいちゃんのカミングアウト。
実はおばあちゃんだったとは。
まぁこのドラマは幽霊まで出てるので何でもありだよね。
そのおじいちゃんにやっぱり違和感があって、
おばあちゃんに戻るって…ややこしや。

そのおじいちゃんだかおばあちゃんだかを、
真田家はうさぎちゃんと呼ぶ事になりました。
そんなペット扱いでいいのか?…と思ったら本名兎かよ。


さて結婚を控えた一男はというと、
ソアラの家の豆腐屋に通って手伝ってる。
いいヤツじゃないか…
だけどソアラはそんな一男が重いらしくて、責任なんていらないと。
子供は産むけど結婚はしないとまで。
サムと遊んでるようなソアラがどうやって1人で育てて行くのか。
それに比べ一男はしっかりしてますよね。
さすが真田家の長男!!

まぁ個人的には一男の結婚話はどうでもよくなってるんですけどね。
最初の頃の家族の為に一生懸命な一男が好きだった。
まさかソアラがここまで絡んでくるとは思いませんでした。

今回はメグミと才悟のシーンが少なかったような。
メグミが散らかしたキッチンで泣いて謝る才悟が可愛かったです。
「幽霊がやりました」・・・・「僕がやりました」

次回はメグミがメイン?
メグミを知ってる男がやってきて、しかも幽霊のメグミが見えるという。
一体何者でしょうか…


もう結論は出ているんでしょ。早く彼女を切りなさい! ◇ 11.24 OA

なんだか堂々巡りだなぁ。
彩の嫉妬によって物語が動き出すだけで、
中心になるものがないような・・・
直子と雅人の間で何かが起きて彩が嫉妬するならわかるけど、
二人の空気を察知した彩が、暴走してるようにみえるから。

今回も雅人と直子が仲睦まじそうな場面を見て、
燻ってた彩の心に同僚の言葉が火をつけた。

再び火のついた彩は、ライライを使い直子を探ろうとする。
しかしライライは直子に彩が言った事を打ち明ける。
二人の話を立ち聞きしてしまう康志。
直子が好きだったのは雅人だということを…

彩がライライを巻き込んだのは、
ライライが直子に話す事を見越してのことでしょうか。
ライライも、もしかしたら直子を心配するフリをして、
実は彩の作戦を遂行しているのではないだろうか。
親友関係を密にしておいて情報を引き出す。
…考えすぎかな?

直子の恋人康志も愛憎劇に加わりそうですね。
彩が康志を利用する為に近づくのか、
それとも康志が彩を利用する為に近づくのかも興味深い。
だけど8年前の恋人の気持ちにそこまで敏感になるもの?

そもそも直子は康志のことほんとに好きなのかな。
雅人以外なら誰でもよかったんじゃないの?
ただたまたま側にいて
自分を好きになってくれたから付き合ってるだけに見える。

毎回始まりそう、始まりそうと思わされて来ましたが、
次回からはぜひ始まって頂きたい。
彩と康志が接近するんだし、
雅人と直子も少しは動いてくれないとね。
でないと彩の妄想ドラマになってしまいます。

絶体絶命!! ナース達の反乱 ◇ 11.24 OA

面白かったです。

ナースとドクターの対立を焚きつける相良。
合同カンファレンスを提案しナースとドクターの壁を取り払う。
宮部が機能して本質を話し合うことができました。
感情論では並行するだけ。
最後に「いい人材を育ててますね」で師長もドクターをたてる。
なんでもお見通しの相良です。

対抗馬すぐるちゃんがますます浮きたってきました。
相良がニヤリとすればするほど、すぐるちゃんが面白くなる。
あんな憎憎しかった佐々井先生も、愛すべきキャラに。

相良を謝らせて喜ぶチーム森山、
思わず「あんたら小学生か!!」って。
皆川先生がバカって言ってくれてスッキリした。

師長を副院長に推したのは相良かな?
すぐるちゃん、時すでに遅し…めちゃ笑いました。
そうそう、振り向いた森山の口の周りが
チョコにまみれてたのも噴いた。
最初は面倒くさい存在だなって思ったけど、
ここまで来ると突き抜けてていいですね。

病院の再生というシリアスなテーマを、
面白く見せてくれるのはさすがです。

私を殺して! …承知しました ◇ 11.16 OA
死ぬまで二度と笑いません… ◇ 11.23 OA


6話、ミタに自分を殺してと言った長女がなぜ逃げるんだか。
皆ミタが引き受けたことは必ず実行するってわかってるのに、
なんで実行されると困る事を頼むのでしょうね。

長女を襲うミタ、ゴミ箱投げつけられても動じなくて笑った。
超人的というか、振り切った存在にすることによって、
残虐さを中和してるんでしょうね。

付き合ってる先輩にまで裏切られる長女。
いちいち先輩の軽いノリをマジに受け取りすぎだ。
最近の先輩は単にエッチしたいだけかと。
長女も淋しいとか、家のごたごたで先輩に逃げてるだけ。
と思ったら、7話でより戻したい先輩をあっさり振ってたわ。


7話では早くも家族が一つに。
勢いでまとめたような…なんか拍子抜け。
石を失くしたのがきっかけになったのかな?

同僚に殴りかかって愛ってなんなんだ~って、
とうとう壊れたかと思ったよ。
家族の前で語りだした時も、どこに向かってるのって。
でも「愛したい」が父親としての結論ってことね。
自殺した妻に対しても思いをはせる事ができた。
風間と決別し、会社もクビ?ゼロからのスタートを踏み出す。

今までが阿須田家の再生、次回からはミタの再生でしょうか。

笑わないのは姑に言われたからなんですね。
無表情な家政婦ミタと過去のミタのギャップが要となりそうです。
ミタの過去と阿須田家がどう絡んで展開していくのでしょう・・想像できない。
うららのミタは何?
大団円で締めたあと、強烈な予告でひきつける。
…すごいわ。

ところで収入なくて今までどおりミタを雇えるんだろうか。


大人になる夏 ◇11.15 OA
夏のあやまち ◇11.22 OA


5話では美月を連れて市子と旭が憲吾のところに。
6話では市子と旭がいい雰囲気になってる。
お互いに惹かれてるってわけでもなさそうだけど、
一緒に暮すうちに情でも沸いてきたのかな。

まりちゃんは再会した相手にビリビリ?

寝ぼけ眼で見てたから、所々飛んでるわ。

房江がわかんない。
5話では他の男に幸せにしてくれる人が父親なんて言ってたし。
耕太朗に捨てられた時の保険でもかけてるのでしょうかね。
そのくせ市子に牽制したり。

耕太朗も市子に未練あるみたいではっきりしない。

みんな 弱いようで強い、強いようで弱い…
押したり引いたりしながら生きてんだよ。

おしゃれに見えたってブラつきキャミが破れたりすんのさ。
外見強くたって、中身は傷つきやすかったりすんのね。


キスマーク ◇ 11.15 OA
父の秘密 ◇ 11.22 OA

3話ではなにやら怖い人たちが登場。
DV被害者と思われる女性…ホラー?怖すぎた。
しかしその後麻子を迎えに来た旦那はもっと怖い。

そして怪文書を届けにきた女性。
すぐさま自転車にのり走り去る…同僚の女の子かなぁ。
社内に詳しいし、治子の活躍が面白くなさそう。
知らないうちに敵作ってますね、治子は。
ま、嫉妬や妬みを買いそうな性格してますけど。

育子は気のあいそうな人が出現。

姉妹それぞれ苦も楽もありですね。

そして4話、途中で寝てしまいました。
父が病院にいたみたいだけど…
ま、次回見て察します。


#5 ◇ 恋愛ニートは卒業!? 二人だけの秘密!? ◇ 11.14 OA
#6 ◇ 素直になれたら楽!? 二人きりの夜に…!? ◇ 11.21 OA

結婚する優と決別するように武居からの告白を受ける恵美。
しかし優はひかりの父親から娘は医者と結婚させると…
見事なすれ違いでした。

そんな5話から一転、
6話は上手い事相手から身を引いてくれる展開に…
ちょっと都合よすぎますね。
ただ見てる分には清々しい。
ヒロインに罪悪感を持たせない別れ方。
ひかりが自ら優と別れたのも意外でした。
ただともすると、優と恵美へのお膳立てがみえすぎるきらいがある。
でも優と恵美のハッピーエンドはほぼ確定じゃない?
ま、ひかりは「やっぱり・・・」と優に戻って来そうな気もしますが。

咲は5話で白石が美鈴の夫だって知っちゃいましたね。
だけどあんな帰り方したら…テンパりすぎ。
6話は白石に子供が出来ないと判明し、今度は咲が励ます側に。
どうもこの二人は応援したくなる。…不倫なのに。

真子は…演者さんがちょっと気の毒だよ。
言いづらいセリフ一手に引き受けてるみたいで。
嫌われたくないというのはわかるけどね。
でも自分の意思を相手が尊重してくれて初めて相思相愛なのでは?
真子が拒否したことで山本とはギクシャク、仕事もクビ、どうなるやら…


夫の携帯は地獄の入口 ◇ 11.18 OA    ◇ゲスト/ 松本莉緒

陣内、芹菜に落ちましたね。
芹菜の陣内のモノマネ面白かった。
芹菜の歌も可愛かった。
芹菜、陣内は大切な人だって…陣内のおかげなんだって…ふみ君。

・・・・
・・・・・・

エレベーターキスのあとがありましたか…
それを知った上で見直すと、なるほどと思うシーンがいくつかあります。

ホテルから出てきたあとの千早とふみ君の微妙な距離感。
部下に送られてきた酔った千早を支えながら、
ふと愛しそうに抱きしめる新山常務。
そんな常務を拒否するような千早。

自宅前で少しためらいの表情をみせるふみ君。
ソファーで寝てる芹菜を見つめるふみ君、表情にはうっすらと罪悪感が。
それぞれの胸中が伺えます。

あれだけ積極的だった千早が、
いざ不倫となったら手の平を返したのはなぜ。
担当から外し、もう会うのはやめましょうと。

最初から夫常務の狙いで動いてたわけじゃないよね。
どっちかって言うと妻の動向を察して、
常務がフミ君に狙いをつけたって感じだけどな。
なんにせよ、ふみ君はIR部のエースからどんどん情けない男に落ちていく。

家庭では携帯を見て不倫を疑う芹菜。
アタフタするふみ君…なんかもう切なくて。
嘘に嘘を重ね、お義父さんの名前を出したら逆に墓穴を掘ることに。
芹菜パパにも借りが出来ちゃって、ますます追い込まれそう。

もうふみ君のどんでん返しはないんでしょうか。
実は千早と別部屋を取ったのは常務に不倫したと思わせるためで、
なにかの作戦なんだって・・・・
そう思うのも苦しくなってきました。

これからどんどん情けない男になって、
常務に利用されてダークサイドにおちてボロボロになっていっちゃうのかなぁ。
そんなふみ君を芹菜が助けようとして、
そんな芹菜をほっとけなくて陣内が手を貸して…
そんな芹菜と陣内大活躍のドラマになるのかなぁ。

別にそういう役の藤木さんを見たくないわけじゃないけど、
そういうのってやっぱ本人と役がシンクロしちゃうから。
…見てて切ないです。 

今まで嬉々として、色んなシーン見逃さないように拾うように見てきたけど、
そういう思いが強くなると、探偵パートのコメディも笑う気分になれなくて。

次回はDV?と思わせるシーンもありました。
主人公ありきの、見てる人が主人公愛でて見るドラマで
その主人公を傷つけるのはキツイなぁ…

芹菜パパとの卓球シーンはラリーのテンポ早くなってました。
頑張ってる。
・・・
私も頑張って受け止めよう。

【キャスト】

#4 ◆ オイラが守る…放火魔にベロ涙の変身! ◇ 11.12 OA

孤独な女とベロの話…切なかった。
そしてしみじみといいドラマだって思った。

幸せな家族を見ると、手に付いた匂いに囚われ放火してしまう女。
ズキッとくる内容でした。
自分の生きて来た道を否定も肯定も出来なくて、
なしえなかった家族をみて羨み妬む。
自分の前から消してしまいたいとういう衝動からの放火でしょうか。
幸せな家族とお金にまみれた手という対比が面白い。

ベラの元を飛び出したベロは、女性と束の間の擬似家族。
女性もベロも幸せそうだした。
でもやっぱりベロの家族はベムとベラなんだよね。
もみじを手に、ベムベラ・・と話しかけるベロが印象的でした。

ベムベラから女性をかばうベロにはホロッときちゃったよ。
なのに女は妖怪の姿になったベロに「バケモノ!」と足蹴りに・・
紺野さん・・迫力ある。

ベロにそんな仕打ちをする女に怒るベラは、
まるで子供を守る母親のようでした。
一生懸命餃子を作るベラ、
帰ってきたベロを抱きしめるベム…暖かい。

そんなおり、変身する三人を見てしまった夏目。
そして謎の男に会った後の放火は覚えてないという女性。
少しづつ前に進んでますね。

#5 ◆ ベムベラベロ誕生の秘密…さよなら妖怪◇ 11.19 OA

ネジのおじさんに続き、
夏目にも妖怪が受け入れられたベム達。
少々いい話に持って行き過ぎな気もしましした。
そして説教臭さも…
まぁ子供にはわかりやすいほうがいいですよね。

銃をかまえた殺人犯から身を挺してベムをかばう夏目。
バカだねぇ・・あたしたちゃあんなもんで死なないのに…
というツンデレなベラがツボにはまります。

ベム達の生まれたであろう場所もわかり、
夏目との信頼関係もできました。
これから謎の男に近づいていくのでしょうか。
3本のステッキをたよりに…
しかし教授の祖先が謎の男ならば、なぜ生きてるんでしょうね。
不老不死の薬でも作った?

そういえばこのアニメの最終回を見た記憶がない。
人間にはなれないんじゃないかと思うのですが、
まさか消されてしまうようなことないですよね。
そんな結末が待っていたら…悲しすぎる。


大家族は恋もテンコ盛り ◇ 11.18 OA

1話2話の頃の面白さに比べると、
このごろは少しパンチ力が弱まってきた気がします。
かといって面白くなくはないですが。

ソアラのお腹の子は本当に、一男の子なんだね。
そして一男は本当に結婚するんだね。
心のどこかで、
ソアラがサムの元に帰ることを期待してるのはなぜだろう…

サムもいいヤツでしたね。
ソアラのために黄身なしオムライスを作ってあげてたなんて。
あー見えて尽くす男だったんだ。
細かいこといちいち言いに来てたのは、
ソアラのためだったのかなぁなんて見直した。
…一男大丈夫か?そんなソアラを引っ張っていけるのか?
ま、尻に敷かれるのは100%決まったようなものだね。
でも要所要所では締める、いい夫になりそうだ。
…んん??やっぱり実の遺伝子色濃く引き継いでんなぁ。

そんな大人の恋と同時進行で、五月の初恋。

転校生から初めて会った気がしないと告られ・・
こりゃ転校生は畜産農家で、
飼ってた豚とか牛とかだろうなと思ったら、弁当箱の絵ですか。
大事なお弁当箱震災でなくしたって言ってたから
何か繋がるとは思ってたけど。
でぶっちょなのに、平面…

五月の初恋は遠く仙台の空へ。
5年後高校生になった時、
転校生として再会するベタな学園ドラマが待ってたりして?

結婚に向かって幾つもの壁に向かってる一男。
サムの壁は家族の愛で乗り越えられました。
次はソアラの父が待ち受けてます。
今度は一男のソアラへの愛で乗り越えられるでしょうか。

昨夜、あの人とホテルにいました…二人だけの秘密の10日間 ◇ 11.17 OA

話が進まない…
周囲だけが暴走して盛り上がってるみたいな。

離婚決意した彩だけど、
直子と雅人が一緒にオペしてると知りまたメラメラ?
予告では離婚届破いてましたね。

ライライと細川の不倫は、
今回の状況を作り出す為だったのかな~なんて。
ライライ見てるとイライラする…
常識が通用しないし、
プライベートを仕事場に持ち込むなって思うわ。


これから学長選挙の抗争も始まるようですが、
あれこれ詰め込む割に、
核心に触れないのがじれったいよ。



ホームレスの手術代誰が支払いますか? ◇ 11.17 OA

今回は相良の新企画はなかった…さすがに毎回は無理か。
そのかわり、事務長に医療費支払いの電話するよう促してました。
相良が二人を巻き込むことで、
院長と事務長コンビの見せ場になってますね。

4話は少年とホームレスで、医療ドラマにはありがちな話。
相反する患者が同室になることで、思わぬ相乗効果を生む。
でもホームレスが少年と同じ進学校出身で、
まさか校歌まで歌うなんてね。
建設現場が出てきた時は大きな事故でも起きるのかと思った。
フジの医療ドラマの見すぎかな?


相良を言い負かして祝杯を挙げる外科チーム。
ご満悦の大人気ない人たちにムカムカしました。

一方で皆川にのせられた森山が、がらにもなく少年にアドバイス。
それがまたホームレスの2番煎じで…笑。
こういうさじ加減が上手いんだな~
ただ未だに、♪ダバダバドゥビドゥ・・・・♪の音楽には脱力してしまう。

次回は相良が看護師達と対立するようです。
きっと相良には狙いがあるのでしょうね。


もう一人増えた気がする ◇ 11.11 OA

今度は誰が増えんだ?思ったら恵(光浦)の父親。
いいおじいちゃんなんだけど、名前覚えてないよ。

4話は四男のいじめ問題。
だけど本人自覚なし…スーパーポジティブ少年。

先生が介入していじられなくなったら、他校の生徒の使いっぱ。
ま、いじられてることで安心感があるんだろう。
大家族の弊害か? 中途半端な四男だし・・・

だけどおじいちゃんが果たし状で解決しようとして、
みんなで殴り合いの状況。
最後は皆でご飯食べてめでたしめでたし?…ベタだ。
仕方ないかおじいちゃんの作戦だから。

そんな中一男が1人戦っていた。
殻をやぶった一男はソアラとの結婚を決意表明したよ。
…また1人増えるのでしょうか。


裏切り者の夜 ◇ 11.11 OA    

ふみ君、暴走ーーー!! 探偵見てる~~~!

罠だよ、逃げて~と画面のふみ君に思わず叫んだよ
なのに、「好きだ・・あの人の所へ帰したくない」
…ふみ君の真意が測りかねます。
せっかく芹菜といい感じになってきたのに。


千早は演技なのか本音なのか読めませんね。
ただ夫と同伴の出勤を嫌がったり、
梅田さんの葬儀で夫の言葉を嫌ったところをみると、
野心的な夫に疲弊してるようにも受け取れます。
その中でふみ君が千早の癒しになってるのかなって。
そうなると、千早の涙に嘘はないのかも。
ま、すべて視聴者を騙すための演出という線もありますが。

またふみ君も、常務のかけた罠に
自ら飛び込んだという線も考えられるんだよね。
ただ芹菜の変装も気づいてないという、
案外単純‥真っ直ぐ、鈍感?なヤツでもあるので、
常務の策略を逆手にとって…という機転がきくかどうか疑問です。
やっぱりなんとなく部長に惹かれてるのでしょう。
それが部長の弱い部分や強がった部分を見て、
また無神経なプレゼントする常務への怒りもあって、
エレベーターキスに至ったと。

ピエロなふみ君。
妻は会社に潜入し、見張ってる。
芹菜パパは復活のためふみ君をスパイさせてる。
新山常務には妻へプレゼントの人形扱い。
…ふみ君頑張れ。


芹菜の成長は顕著ですね。
でもふみ君は芹菜の目を見て話すようになったのに、
芹菜はふみ君を見送らなくなっちゃった。
まぁ芹菜からしたら会社で会えるからいっかって感じなのかも。

だけど、ふみ君が振り返るシーンは夫婦の行く末を見るようだった。
いつも自分を見てくれてるものだと思ってた芹菜が、
気がつくといなかったりする。振り返るのが遅すぎたのか・・
今は芹菜が自分以外の世界に目を向けたって喜んでるのかもしれないけど、
いつかふみ君のもとからいなくなっちゃうのかも。

話し合ったあとの抱擁シーン、芹菜を抱きしめそこなったふみ君。
見送りといい、夫婦のすれ違いタイミングの合わなさが、
いつか夫婦の距離を遠くしていくんだろうか。
やっぱり芹菜は探偵さんに惹かれるんだろうか・・・

つい、ふみ君中心になってしまいますが、
他の登場人物も目が離せません。

新山常務、目が鋭すぎる。上海スカイプ・・動き出しました。
ジョージ、ギャグが増えてきた。
探偵さん、声芸顔芸に笑った。 芹菜への愛情が溢れてきた。
芹菜パパ、まだ動かず…笑顔が不気味。肩こりは卓球のしすぎじゃ?
福寿、ふみ君に絡んでくるキャラが好き。
梶木、185センチの俺様はほんとにスパイ?
掃除の先輩、サボってばかり、面白すぎる。
もとこ、初恋と決別。芹菜のよき理解者。

芹菜、もとこが来て興奮?ハァハァ
そして、ふみ君の寝起きにハァハァ‥じゃなかった、ニヤニヤな自分。

次回、エレベーターキスからどう話が転んでいくのか楽しみです。


【キャスト】


さよなら…あなたは私をもう一度強く求めるわ、必ず ◇ 11.10 OA

離婚はしないままなんだ。
そりゃ彩が承諾するわけないよね。
でも8年たった彩は仕事一筋で少し変わってきたみたい。
このまま雅人が帰ってこなければ、すべて丸く納まるんだけど…
帰国しちゃうんだよね。 妙な髪型で笑ってしまった。

留学前に直子の手料理を食べた雅人は、
何がどうなって直子への気持ちが覚醒したのだろうか。
・・・カレーになんか入れた?
いざ直子と離れる事になって自分の気持に気づいたか。
雅人、突然の感情の高ぶり、そしてキス…ポカーンな私。
叔父と姪、既婚者だってこと、忘れてません?

しかし、8年の年月をすっ飛ばすってのはすごいね。
まるでタイムマシーンにでも乗ったかのような飛ばしっぷり。
すべては8年後を踏まえて、
逆算して作られてるからドラマに入りこめなかった。
直子の田舎娘っぷりも、二人のヅラも、前フリ過ぎて。

8年後、直子はしどろもどろな田舎娘から脱し新人医師へ。
康志(溝端)とは結婚を前提に交際。
結局手近なところでくっついたんだ。
…と思ったら、ジュニア看護師とイチャイチャ、ライライは不倫。
この病院どうなってるんだ?
DOCTORSも嫌だけどこの病院も嫌や。

医師になった直子と帰国した雅人がご対面。
いよいよ本格的に直子とのラブのはじまりでしょうか。
康志も加わってドロドロした時、不意に雅人は彩の元に戻るのかな。
「あなたは私をもう一度強く求めるわ、必ず」←明言してるし。

彩がどんな行動をとるのか気になります。
ってか彩が絡んでくれないと…


100万人に1人! オペ大成功なら有名人 ◇ 11.10 OA

夜間救急の次は皆川を復帰させて総合診療科を創設。
最終回にはドクターヘリ救急まで抱える大病院になってたりして?

妻の軽自動車や「いい先生になってね」の言葉。
相良の原動力ともなってる妻のエピソードを、
早くも3話に持ってくるとは・・予想外でした。

そう前回、相良の妻はこの病院にいたのでは?
という考えをあっさり斬られてしまいました。
そりゃそうだ・・夫の勤める病院で治療するはずだよね。

妻と同じ病気の患者をオペするにあたって、
相良が指名したのは森山。
しかし森山は成功しなくても仕方ないと逃げ腰。
オペ前から医者が成功をイメージできないなんて…

相良が見抜いたチーム力はオペ前から発揮してました。
オペの勉強よりも相良の身元を調べてるなんて…
かなりムカつく医師たちです。
それも亡くなった人に対して医師とは思えぬ言動も。
泣かないと決めた日、医師バージョンかって思うくらいの陰湿さ。

でも相良はそんな医師たちのさらに上を行く。
失敗してもしょうがないや~って逃げ道作ってる医師たちの逃げ道封鎖。
他の医師達が症例の少ないオペを見学にゾロゾロやってきた。
ガクブルする森山と励ます院長…すぐるちゃん(笑)

相良のサポートあってのオペ成功でしたが、
表向きには森山の実績。
見学者達の前で、まぁ~鼻が伸びる伸びる、すぐるちゃん。
でも相良にとってはどうでもいいことなんだよね。
患者が助けられれば、誰がオペしようが評価をうけようが。

だけど、森山はますます傲慢に。
相良は所詮よそ者、チームの一員ではないと。
いいのかな~そんな大口叩いて‥
相良のサポートあっての今回の評価なのに。
いくら威張って見せたって、虎の毛皮来たすぐるちゃん。


相良に対してあまりの風当たりの強さに胸がムカムカするのですが、
相良がそれを承知で医師たちを見透かし、
手の平でコロコロしてるから安心して見れますね。
相良、次は何を仕掛けてくるのでしょうか。


全部脱いで! …承知しました ◇ 11.9 OA

長男はミタがなんでもしてくれるか、ずっと気にしてましたもんね。
イライラした勢いでミタに言ってしまった。
それを承るミタ、笑うことより容易いことなのか?

長男が抱えてた思いは「家族を守りたい」
…全然気づきませんでした。そうだったのか。
その長男に、ミタは亡くした子供を重ねていたのかな。

長男のイライラ最高潮の時に目の前に現れたミタ。
間が悪い・・ミタがいなきゃ自分じゃ何にも出来ないのに。
さすがに爆薬も重機も鞄の中にははいっていない(笑)
そこでミタ、赤いスプレーで落書き、
もちろん落とす洗剤も持っている…準備良すぎ。

ミタ、この家族の前で少し仮面がはがれてきたのかな。
家族の和になじんできて、導き始めたようにさえ見える。
そして家政婦紹介所の晴海さんは、ミタの事情を知ってるんだ。
つい口をすべらして…って取ってつけたようなセリフでしたが、
こんな感じで少しづつ触れていくんでしょうね。


父親が不甲斐ないほどミタの強さが引き立つのですが、
そんな父親も少しづつ父性が芽生えてきたのでしょうか。

不倫相手のマンション前で待ち伏せしてたら前の部下と一緒。
女は取られるわ、プロジェクトの座は取られるわ、嫌みったらしいわで、
行き場所がなくなっちゃった。
そんな時に長男が問題起こして子供たちと触れ合う。
子供への愛情がもてないって言ってたけど、
父親は父親でちゃんと子供たちを見守って来たんじゃないのかな。
ま、不倫しちゃったけどさ。
子供たちが見て育った父親の背中には、
確かに愛情があったんだと思うな。

長男が繋げた子供たちと父親。
だけど長女が帰ってきてまたバラバラに…
長女は母親の影響を一番受けてるから、簡単に父親を許せないよね。

次回は長女がミタに自分を殺せ…ありゃりゃ。
相変わらず予告でひき付けますね。


甘い秘密 ◇11.8 OA

旭の荷物を預かった市子、
つい旭を居候させてしまうことから始まった嘘。
でも嘘はいつかばれてしまうのよ。
特にマリの旭に対する嗅覚は鋭いもの。

4話はマリちゃんが可愛かったな。
「ときめかないものは捨てた方がいいんだって~」
…ぶっははは。
ツボに入りました。まだときめきは燻ってるクセに。

でも市子だったらいいよ…とポロッと。
そんな風に言えるマリちゃんすごい。

三宅ちゃんも可愛かったっす。
旭にマリを悪く言うのやめて下さいって言われちゃった…って。
旭のことで一生懸命になってたり、
市子に旭に振られたってはなしたり…すっかり女子だ。

なんとなく皆が市子のもとに集まってきて、
わいわいとご飯たべたりお酒飲んだり…行く末は雑魚寝。
なんだか楽しそう。

それぞれに恋愛や家族や仕事や…悩み抱えて生きてる。
壁にぶつかって凹んでボロボロになって、
そんな時には誰ともなく皆がよってきて、ご飯食べて飲んで酔いつぶれて。
そういう場があるのが少し羨ましくもあります。
現実は、同じテンションで付き合える友達ってなかなかいない。

そんなワイワイから蚊帳の外の奈津の夫。
奈津の名前入りの離婚届を燃やしてました。
自分から失踪しておいて、離婚は嫌だと?

市子は居候を送り出して、
と思ったら 旭とまだなにか起きそう。
まさか本当に…

このドラマみるとホッとする。
程よく肩の力抜いて見られます。

プロポーズは突然に ◇ 11.8 OA

2話から参戦。
今期は女3人が軸の話が多いですね。
中でも火曜NHKはカレ→ビターの2階建て。
時期をずらすとか曜日を変えるとかすればいいのに。

このドラマの女性たちは他人ではなく3姉妹。
それぞれの男性観と生きる姿が見れそうです。

主人公の治子、次女。
真ん中らしく自由奔放。
バリバリ仕事しながら、男にも肉食系。
恋人の熊ちゃんがいない間に、別の男性とも関係を持つ。
帰国した熊ちゃんにプローポーズされ喜ぶものの結婚はしないと言う。
今後熊ちゃん以外の人を好きになるかもしれないと。
そりゃ熊ちゃん怒るわ。
でも家事全般をこなす熊ちゃんももっと大きな人かと思ったら、
俺が家事やってあげてた発言。
結婚したとしても、お互い仕事忙しくなると破局しそう。
今後、八木と関係もったことで、窮地に立たされる?

長女の麻子。
DV夫が同じ本を買ってくるのは、
病気の前兆?と思ったら確信犯っぽい。
わざわざ「麻子へ」なんて書くか?作家大先生でもないのに。
麻子はこの本だけは新しいのと取り替えなかったんだよね。
なにか思い入れのある本なのか。
それとも小さな抵抗?

麻子の自分が
水に浮いた油の玉のようにこの世界を漂って…
というのがすごく響いたな。
姉妹や母とすごしてた頃には戻れない。
自分だけが1人世間とは別世界で生きてるような錯覚。
私が抱く気持ちにドンピシャな表現で共感した

三女の育子。
母と父の離婚の影響を大きく受けた。
まさかホームレスと初体験するとは…まさにファザコン。
でもそれだけじゃないのかな。
ホームレスと一緒にいて、落ち着くとか好きなんて言ってたから、
育子の遺伝子はここを求めてるのかも。

育子の初体験話に、「処女じゃないの?」と
鳩に豆鉄砲な熊ちゃんに笑った。

夫婦が離婚したものの、娘、妻、夫がいい距離感の家族。
でもお父さんは元妻に大事な話があるとか。
それを聞いてお母さん泣いてましたね。

病気で余命幾ばくか…かな?

麻子のDV現場に足を踏み入れた治子、
どうする?マヨネーズ夫。
不器用すぎる私達!? 新しい恋の始め方!? ◇ 11.7 OA

とうとうサブタイから"枯れ女"が外れましたか。

えっと…所用で残り15分くらいしか見てないんだけど、
結構進展はあったのかな?

恵美はパーティの人とデートした?
武居さんだっけ…早速恵美に惚れたみたいですね。
これで優が動くか?

咲は胡散臭い男(神保さん)と一緒にいたけど、
どう見ても就職のえさぶら下げてホテルに持ち込もうとしてる。
次回は白石も再び参戦するみたい…いよいよ混戦かな。

真子はどういう経緯か見てないからわからないけど、
新しい男と寝たようで。
しかしやはり曲者、束縛男じゃない。
重いと言われてた女がこりゃまた重い男と…先が見えん。
木崎と妹も何かあったみたいだし、もつれてるなぁ。

ペンキのシーンはちょっと。今の時代にコレやるか?ってね。
顔にペンキ塗りあったりとか古い。
あ~私が見るから古いって思うのか。

毎週どうしても見たいってわけじゃないけど、
見たら案外楽しめます。

さらば愛しき友 ◇ 11.6 OA

4話見ずして脱落しました。

予告で火事になってて、またかっていうのもあり、
犬塚死ぬの?という雰囲気も漂ってたりして、
もういいかなってね。

裏の映画「悪人」に興味もあったのでそちらを見ました。
でも結局イズム見て悪人も脱落したんだけどね。

せっかくの豪華キャスト、力はいってる作品を見ずに…
というのも気が引けた(誰に?)ので見てきたんだけどね。
もう最終回見ればいいかなぁ。
主婦探偵の後の予告で十分かも。
まぁ気が向けば見るかもしれません。


絶対死なせない! 人間を守る妖怪の正体 ◇ 11.5 OA

3話でこのドラマに対して思い入れが変わりました。
深いですね。
人間が年月ともに変わっていく姿を、
絶妙に描写してあり胸に染みました。
ベム達の目を通して人間の表裏を真正面から描いてる。
製作側の真摯な思いが伝わってきた。

今まで亀梨さんのベムにどうもなじめなかったけど、
コレはこれでありなんだと、思えるようにもなった。
案外真面目な方なのかも?とも思った。
まぁ、時折見える細眉で冷める事もあるけれど。

年を取れない、死ぬ事のない妖怪。
死期を前にして自分の人生の意味などなかったと嘆く老人。
未来のない老人に金など必要ない、
自分達未来ある若者の足かせとなる老人を襲う男。
三つの視点が絡み合って浮き彫りとなる人間の業。

老人を襲った若者にベムが放った言葉が印象的でした。
「人間が老いていく姿をなぜ受け止められない!?」
(うろ覚えデス)

そう、この若者だって今この瞬間老いているのにね。
人生のなかで、いつ「成長」から「老い」に変わるのか。
肉体的に言えば20歳すぎたら、水面下で老いていくんじゃないの?
だけど精神的に言うなら、死ぬまで成長なのかも。
…すみません、話が逸れました。

ベム達の存在の意味をこの老人は掬いとってくれた。
また老人にとっても、
ベム達と出会えた事で意味をもてたのでしょうね。

ベムの前に現れたバイク便の人、おじいさんかと思った自分。
バイク便を使ってみたいか。乗ってみたいだと…ハハハ

ベム達の前から去ってしまったけど、
やりたいことを一つ一つ実行していくおじいさんは、
きっと今まで出来なかっったことを経験して成長してるんだね。

人間になれる涙は、
やはり謎の男が液体をかけた人間の涙。
ってことは謎の男はベム達を人間にできる?
ベムを知ってるみたいだったし作った張本人でしょうか。


最後、感動してうるうる涙出そうになったのに、
うぉおおおって変身されると…笑って涙が引っこんでしまった。
ちょっ、空気よんでよ・・笑


名取裕子vs我家のスター ◇ 11.4 OA

名取裕子のフィーチャーぶりに笑った。

3話は血の繋がりを超えた親子でベタな話でしたが、
メグミが存在することにより、ひと味加わってホロリ。

前妻の子供たちと継母の距離感、
壁がなくなってよかったよかった…だけなら物足りない。
そこに幽霊のメグミの心境をはさむ事で奥行きがでる。

プラス才悟とメグミの、こちらも血の繋がりのない
二人の繋がりが生きてたように思いました。

このドラマの広末さん好きだな。
恵(光浦)のためにダイナミックのビールがぶ飲み。
家族会議で才悟に、数えなよってニヤニヤするメグミが好きだ。

先生に借りたデジカメを壊してまった真田家。
その家族会議に先生が出てるのに笑った。
毎回一人づつ増えてくんかい。
じゃ次はソアラかな?
最終回にどれだけのメンバーが揃うのか楽しみ。
そのうちダイナミックパパも?

そしてソアラの妊娠疑惑!?
やっぱ違ってたってなりそうだけど、赤ちゃん共々
家族会議の人数増やしになる可能性も否めない。


妻は見た…密室の夫の行為 ◇ 11.4 OA   ◇ゲスト/ 有森也美 

3話はふみ君が沢山堪能出来ました。
芹菜とふみ君、いい夫婦じゃないか…とホカホカしてたらあの予告。
おぉぉ~~いよいよ部長と不倫?
「帰したくない・・・」 
色っぽいシーンにキュンとなった。
藤木さんのキュン場面、ここんとこなかったもんね。
芹菜に申し訳ないと思いつつ次回が楽しみ。

さてさて、3話は大人の男の1人の時間。
ふみ君とふみちゃんは、1人の時間を欲しているようで、
しかし妻達は何をしてるのか不安、聞くのが怖い。

ラーメン食べて、替え玉に煮卵まで頼めるようになった芹菜は、
勇気を出して部屋に忍び寄ると、
なんと音楽聴いて、漫画読んで、柿の種をほおばるふみ君。

なんて可愛いんだぁぁ~
中二レベルのふみ君とスーツ姿とのギャップがいい。

「ガッカリした?」なんて聞くふみ君、
芹菜の前では、いい男風でいたいのかな?
やっぱ愛情あるんじゃん。
「芹菜も食べる?」と誘うふみ君、いい笑顔だよ。
きっと新婚当初はこんなラブラブっぷりだったんだろう。

3話では芹菜、先に寝られるようになりました。
替え玉→右折→先に寝る?
でも確実に自立の道をまい進してる。
いつかふみ君を超えて行くのかな。


会社の方でもいろいろと進展あり。

◎新山常務
芹菜のこと気に入って、秘書にでもしそうな雰囲気。
芹菜パパとの対決もいよいよ?
次回はふみ君と妻の関係も嗅ぎつけたようだし、動きに注目。

◎梶木
新山常務のスパイ?
「かすかな兆候も見逃さない」は、
トレードの事だけじゃなくて部長とふみ君のことだね。
芹菜の秘密がわかったと言ってたが、
さすがにふみ君の妻だとは見抜けないでしょう。
ストーカーでしょ?くらいで外してくると予想。

◎藤元元専務(芹菜パパ)
いや~~怖かった。
小日向さん、身体は小さいのに威圧感ハンパない。
新山常務と笑顔で近況報告するもお互い腹の中真っ黒。
卓球ではふみ君の心の中を見透かしてる。
1話の卓球シーンはほのぼのしてたのに、
徐々に緊迫したラリーになってきてる気がします。


陣内と丈二の掛け合いも面白かった。
「陣ちゃんはね、嘘をつくと表情の作り方を見失う」
…古田さんのアドリブか?
「泣くなよ」顎掴む丈二に「泣いてねぇよ」と陣内

芹菜の陣内呼びも、二人が喧嘩しながらも距離縮めてる証拠。
陣内、芹菜に惹かれ始めたかな?

そしてふみ君も喪服の部長に心奪われた?
芹菜がアイロンかけたハンカチを、
部長のために差し出すのがなんとも・・・複雑。

これから部長と芹菜の間で、揺ら揺らしちゃうのかな。
そんなふみ君に、ガッカリなんてしないよ、私。
(きもくてすみません…)

探偵調査の案件部分がもう少し面白かったらなぁ~とは思いますが、
こまかい伏線もさりげなく回収してますし(浮気調査の隠しカメラ)
それぞれのキャラも面白い。
気軽に見られるけど、
しっかり作りこんであるドラマじゃないかな。
藤木さん出演ドラマでこんなに楽しめてるのは久しぶり。

【キャスト】


泥沼な女たち ◇11.1 OA

やはり耕太郎と辻房恵は付き合ってたんだ。
辻房恵に誘われて仕方なく来た…んじゃなかったんだね。
しかも辻房恵、妊娠してるから喉が渇くと、どや顔で言い放ったよ。
内心は市子の存在が怖いんだよね。

市子はショックを受けた。 私もショックを受けた(笑)
子供産みたくて耕太郎と別れたんだったもんね。
再会で期待した分落ちた谷底は深かった。
でも耕太郎ときっちり決別できた市子は、カッコいいです。

…袴田さんはこのまま納まるのかな?
今まで犯人役かヘタレ役が多かったから、
今回は主人公の恋人役でよかったね~と喜んでたのに、
結局通過点なのか。

まりは旭の居場所がわかるとすぐさま会いに。
なかなか正直になれないね。別れたくない一緒にいたい…
でも口に出たのは一緒に暮らしてた分の家賃払ってよ。
どうにかして繋がりが欲しい、そんな思いが見え隠れしてました。
欲しいのはお金じゃないのにね。

三宅ちゃんも同じだ。
旭に住む場所提供してほんの一時でも一緒にいたい。
繋がりを持ってたい。
でも出て行くといった旭に思わず「行かないで…」
言っちゃったよ~まりより素直だよ~
ただ拒絶されて傷つくのは女以上かも。

奈津も旦那が見つかりました。
…家族を捨てた理由が山で暮らしたいとは。
地震があって、
やりたい事は今やらなきゃダメなんだと悟ったようです。
週末だけ山で暮すとかじゃダメなのかなぁ。
なんにしたってやりたい事があるなら、
まずは家族を説得すべきだよね。

一つの区切りを終えた女たち、
美味しいもの食べて、温泉入って、卓球して…
泥を流してまた明日を生きていく。
女性の強さみたいなのを感じました。


あなたは犬や猫なの? 汚らわしい欲望は捨てなさい! ◇ 11.3 OA

ようやく次回から2011年に突入でしょうか。
長い序章だった…

雅人はピッツバーグに行く前に彩と離婚するのかな?
ん・・・それだと帰国してからの彩の存在意義が。
ようやく過去編から解放されたのに、
直子と雅人の恋愛ドラマじゃグッタリだよ。
二人の純愛(?)を彩が裏で邪魔する…なんてのはね。
予告で直子と雅人の濃厚キスシーンがあったから…
何があったら、そーなるの???

直子のアパートの前で佇む彩、
「あなたは犬や猫なの?汚らわしい欲望は捨てなさい!」
…衝撃的なセリフ言わせたいだけ?昼ドラみたい。

心配した直子の部屋で泊まる雅人。
驚いたことに直子、自分のベッドのすぐ隣に布団を敷きましたよ。
幼い頃には一緒に寝てたかも知れないけど、
自分に好きだという感情がある以上、同じ部屋で寝ないでしょう。
それとも何か期待して?
雅人もすんなりそこで寝るなよ~直子はもう子供じゃないんだよ。

直子と雅人が一緒の部屋で寝る部屋を朝まで見つめる彩。
帰宅した雅人から直子を傷つけないで欲しいと言われると、
何を思ったか、すべて直子の妄想で、
自分は直子のアパートに行ってないと…
心療内科で見てもらった方がいいとまで。
ん~攻めまくりますね。

雅人も彩と直子の間で流されすぎだよね。
結局雅人は、彩も直子も信じきれてないわけで。
このドラマの登場人物には感情移入できない。
直子の友達の中国人?も直子をかくまうなら、
しばらく自分のアパートに居候させればいいだけで、
直子の部屋と交換なんて…ちょっと図々しくないですか?
直子もそこまで決意したのに、あっさり会ってるし。

…そんなにブーブー言うなら見なきゃいいんだろうけど、
ま、ブーブー言うのもドラマの楽しみでもある。
ブーブー言う気もなくなるドラマもあるわけで…
さ、次回はどんなブーブー言うことになりますか。


夜間救急は3倍儲かりますよ! ◇ 11.3 OA

もう少しオペシーンを見たい気もしますね。

伊藤蘭さんは1話だけの特別出演かと思ってました。
まさか戻ってくるとはね。
皆川に相良と共に病院を変えたい気持ちが
あったからよかったものの、
心底病院を辞めたかったのなら残酷な仕打ちだよ。

目的のためには手段を選ばない相良は、
術後集中管理室に続いて、夜間救急を受けるよう院長に進言。

病院が相良の希望通りに変わっていく中で、
気に入らないのが甥の森山医師。
一応次期院長…らしいっす。
甥とおばですが母と息子の構図ですね。

森山は、なにやら大きなコンプレックスを抱えてそう。
傲慢なのはその裏返しかな。
親からの過剰な期待か、はたまた厳しすぎる躾か。
いつか爆発するのでしょうが、
冬彦さんキャラに頼って、ネタに走りすぎないほうがよい気がします。
合理的でクールなライバル医師でもいいと思うのですが…


2話で高泉先生が早くも相良の影響を受けてました。
医師としての責任に目覚めさせ成長させる。
看護師にも同じように…
そうやって堂上総合病院を、
患者から信頼される病院にするのが相良の目的のようですね。

ではなぜこの病院なのか…

もしかして相良の妻はここに入院して亡くなったのかな?
だから、病院を建て直したかった。
だったら必然性が生まれるんじゃないかと。

どちらかというと病院の再生に重きを置いてる。
オペシーンがあっさりなのはそのせい?
定番の病院存続危機は、後半にありそうですね。


あなたの愛娘を誘拐しました ◇ 11.2 OA

家族再生までは まだまだかかりそうですね。
そのうち隣のおばさんやうらら、おじいちゃんの問題まで、
ミタが介入することになるのでしょうか。

さて、きいちゃんが家族のために1人奮闘。
ミタを雇う為に うららにお金を借りるのですが、
うらら、幼稚園児にお金貸すってどうなの?
頼られたのが嬉しくてお金渡したんだろうけど、教師らしくない。

姉の自殺とその真相を聞いて普通でいられるのもすごい。
いくら義兄に好意を寄せてると言っても、
さすがに義兄の不倫まで聞かされたらちょっと引くでしょう。
好きなら なおさら。

うららに借りたお金でミタを雇い、
家族が揃う状況を作るための 希衣とミタの狂言誘拐。
廃棄場の冷蔵庫のようなシーンはなんだったの?
家の冷蔵庫を開け閉めしただけ?…すっかり騙された。

希衣ちゃんの望みどおり自宅に家族が揃いましたが、
おじいちゃんやうららまで揃って、またややこしい事に。
おじいちゃん、娘の手紙まで見ちゃったし。
だから自分で燃やせと…

結局自宅に子供たちが住み、父親は出て行く事に。
なんど解雇されても、結局この家で家政婦するんでしょ・・と、
ミタを辞めさせない展開になるのが少々強引に感じます。

今回はグッと来た場面がひとつ、
あの石はお父さんなの!と泣く希衣ちゃんが良かった。
お父さんは石なのか・・と一瞬笑いかけたけど、
一つ一つ石を家族に見立てて並べる希衣ちゃんにキュンとした。

父親に「希衣のこと好き?」と聞く希衣ちゃん、
しかし父親は「分からない」と…なんて正直なパパさん。
ま、あっさり改心されたらこのドラマの軸がなくなっちゃう。

でも希衣ちゃんをぶったのは、紛れもなく父親の感情。
あそこで普段何も喋らないミタに、
わざわざ言わせなくてもよかったかな。
「なぜ僕は叩いてしまったのでしょうか?」・・・・ミタ(無言)くらいで。
今後、自分に生まれた父親の部分に戸惑い葛藤していくでしょうか。
…って父さんが主役みたいじゃないか。

次回は長男のためにミタさんが一肌脱ぐ回?
このドラマ予告が上手いですよね。
予告のインパクトあるシーンが、
本編で見るとそんなでもなかったりします。
予告で見た時は面白かったのに…と思ったことも少々。
まぁ予告は大事だから、つまらないよりはいいけどね。


「謎解きはディナーのあとで」

「HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ~」


1日に食事に出かけて酔って帰ってきたら
見るのめんどくさくなってしまいました…。
なのでコレを機会にリタイヤしようと思います。

もともと火曜日はドラマ多すぎなんだよね。
NHKの新ドラマ、見る予定だったけどこれも見ず。
再放送待ち、もしくは2話から。

ビターシュガーは録画してあるので、そのうち見る予定。