/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
平家納経◇ 07.29OA


はぁ…
…期待した自分がアホでした。

崇徳院怨霊化でその魂を鎮める西行。
これが平清盛において最後の見せ場になるのかなと思ってましたが、
ただ船に同乗して念仏を唱えるだけでした。

信じられるのはそなただけと崇徳院に言われた西行だけに、
崇徳院の魂でいいからあいまみえて欲しかった。
ワンシーンでいいから見たかった。
たとえ清盛と一緒だとしても…

まぁね史実がどうなってるかは知らないけど、
西行が崇徳院の鎮魂で讃岐を訪れたと読んだ気がしたので期待してしまいました。


次回から3部に突入だそうですが、
今回のことでもう見なくてもいいかなと思いましたね。
いくらなんでも、西行の扱い悪すぎる。
出てきたと思っても数分とか…まぁそれだけ清盛と絡まないってことでしょうが。
「親友」…じゃないのか?

もう少し清盛以外にもスポット当たってもいいんじゃないのと思う今日この頃です。

すみませんね、愚痴みたいになってしまって。
でも毎回録画してリアル視聴して西行待ちしてただけに…イラッときた。

今後のイベントとして、頼朝と会うくらいですかね。
期待できそうにない。



崇徳院を演じた井浦新さんは素晴らしかったです。
でも残念ながら描かれ方が中途半端。
今までの描写がないだけに突然出てきた感が否めない。
スポットが当たるのは死ぬ時…今年の大河の印象です。


スポンサーサイト
とある作品が発表されましたね。
前触れどおりの豪華なキャスト。
天海さんによる「女信長」ぴったりですね。

その豪華メンバーの中に藤木さんも入ってました。
嬉しい!!
役柄は徳川家康だそうで…ん?イメージわかない。

タヌキっぷりを発揮する家康、
どんな家康を見せてくれるのでしょうか。

ちょこっとの出演だとおっしゃってましたが、
ううむ、西行さんレベルだろうか(笑)
できれば沢山見たいです。


そして明日からいよいよツアーが始まります。
なんかもう2~3日前からソワソワと落ち着かない。
3年ぶりのライブでフワフワ足が地についてない感じ。

三河の国で生まれ、のちに江戸幕府を開いた徳川家康のごとく、
明日は東京を目指します。(…埼玉だけどね)


動き始めた運命!嘘つきは恋の始まり ◇ 7.16 OA

学内での日向(小栗)と澤木(石原)のシーン、花男かと思った。
日向にとってなんか気になる存在なんでしょうね。
だけど、澤木が「澤木千尋」を名乗る理由はまだ明かされない。
つか本名すら伏せたまま?

二人が少しづつお互いを意識しだしたころに、
耀子(相武)が割り込んでくるのかな?

朝比奈(井浦新)と山上(佐野)も
今後何か起こしそうな気配出しましたね。
「澤木千尋」が切り札だと…水面下で動いて終盤大逆転か?

その澤木千尋は日向の母の名前なんですね。
前回見てなかった部分かな。
それが日向の弱点になるわけだ。

総務省の次官(大地真央)に全てがバレて、
就職もパーになった澤木。
澤木の情と日向の才能、朝比奈も人脈で働きかけてたのでしょか、
チャンスを再び手に入れました。
その条件が澤木をインターンシップで使うこと。

澤木が日向の会社に通い始め本格的にスタートですね。
今のところ王道ではあるけど悪くない。
とりあえず見続けるつもりですが、
実は兄妹だったとか、裏切りあいの陰気なドロドロドラマなら
ちょっと敬遠するかも。


…父ちゃん、アルツハイマーってなに? ◇ 7.15 OA

やっぱり美雨の宝物はお父ちゃんだよね。
作文はちゃんと書いてありました。
だけど、作業着で立ったままグースカ寝ちゃう父を胸張って
「あれが宝物です!」とは言えなかったんだよね。
スーツ着てビシッとしてたら読めたんだけど…子供心だよ。
それがカッコイイお父ちゃんなんだとアカネに言われて美雨も一つ成長?

圭介もアカネに言われたのもあって、病気のことを美雨に話しました。
だけど治らない病気だとは言えなかった。・・・さすがにね。
次回は社長に打ち明けるみたい。
今までのようにはいかなくなりますね。
でも見てる方は安心します。
今回も圭介が失敗するんじゃないかと見てて冷や冷やしたもの。

そしてアカネ自身もアルツハイマーの本を持ってました。
さすがにアカネもアルツハイマーってことはないよね。
旦那に迷惑かけないように家を出てきた。
…にしては旦那が本を送りつけてくるなんて嫌味だし。
旦那がアルツハイマーかな。
支える自信なくて家出、でも旦那は戻ってきて話し合おうと?
もしくはアカネの将来のために旦那が別れを切り出したとか?
まさかの旦那の親がアルツハイマーとか?‥ちょっと遠いか。


美雨の作文。
「早く大きくなって父ちゃんのお手伝いをしたい」
遠い先ではなく、そんな日がすぐ来てしまいそうですね。
明るい未来の話ではなく、悲しい現実として…


し、しまった…見忘れました。
すっかり記憶から抜け落ちてた。

で、この軽い残念感は何だろう。
なんだかんだでちょっと楽しみにしてたんだろうか。

来週…帰ってこられたら見るつもりです。
(録画してまでは見ないだろう)


え、僕が!?…弱虫な息子の人探し大作戦 ◇ 7.14 OA

先輩幽霊さんもう卒業なんですね。
ありがちではありますが、再会できてお互いが前に進む事が出来ました。
ハンカチ使うと思ったぁ~ファンタジーでしたね。
まぁとんぼがいるし子供向けな面もあるから許されるシチュエーションなのかな。
あれが大人だけで真剣にやられたら、ちょっとこっぱずかしい。

さて無事お兄さんは天国に行きました。
え?来週から幽霊1人?と思ったら、なんと課長が死んじゃうらしい…

今回何度も課長が写真持ってきて、
そのうち課長にも蝶子が見えるようになるんじゃないの~なんて期待してた。
まさか幽霊仲間になるとはね。

ますます面白くなりそうで俄然楽しみになってきました。
今後は仲間さんと生瀬さんの掛け合いも期待できそうですね。


犯人のいない殺人の夜~完全犯罪殺人!予測不能の衝撃ラスト ◇ 7.12 OA

途中で脱落してしまいました。
うっすら記憶が戻った頃にはどんでん返しの後のようで…

どうも毎回眠気を誘う木曜22:00。
淡々とした雰囲気がそうさせるんでしょうか。
素直に小説読んだ方が面白そうだな、なんて思ったりして。

まぁね一話完結なので、次回…って、旅に出てるから見れないわ。
うん、気軽に一週飛ばそう。
思い出の差し押さえはやめて!隠し財産は私が暴きます! ◇ 7.4 OA

やっぱり墓に隠し金庫…わかりやすかったですね。

今回は隠してるお金を暴く構図で多少見やすかった。
でも鏡と掛け合いがあるわけでもないし、
うじうじしてる鈴宮のキャラがどうもね。
鏡ももうちょっと面白みがあったらいいのになぁと。
北村さん、嫌いじゃないんだけど…

今後は白川耀子(若村)の振袖の件と、
ロッカイが追ってる議員の案件でどう展開を見せるかですね。

正直どうでもいいかなって思わなくもないけど…


「息もできない夏」ちょこっと見たんだけど、
やっぱり武井さんでお腹いっぱいになってTV消しちゃった。

そのあと寝てしまったみたいで起きてGTO付けたら、
がっかり鬼塚だったのでまた寝た。

…このまま火曜は脱落しよう。


資産250億の男と就職難民女の最低最悪の出会い ◇ 7.9 OA

後半から見始めましたが、悪くなかったです。
テンポもよく、終盤にはすでに日向(小栗旬)が澤木(石原)を気にしてました。
ライバルになる朝比奈(井浦新)の妹(相武紗季)も、
獲物を狙ってる感が出てましたね(笑)

記憶力を買われた澤木千尋は宿題をやりとげ、
日向のフォローもして与えられた以上の仕事もして任務を終えた。
しかし最後のひと言が余計だった。
そこさっとカバーする日向はさすがですが、
その後会場で怒鳴りつけたりして不審に思われないんでしょうか。

落ち込んだ澤木を今度は朝比奈がフォロー。
ご飯でも食べに行こうと誘ったかと思えば、澤木千尋が偽名だと指摘。
さっきの書類は調査会社の報告書だったんだ。
さすが…パートナーだけあって抜かりがない。
「澤木千尋」何者でしょうね‥大地真央さんと関係あるのでしょうか。
そして石原さんの狙いは? ただ日向の目にとまりたかっただけ?

今後、朝比奈も澤木(石原)に惹かれていくんでしょうか。
まさかそれが亀裂となって朝比奈が会社から追い出されるとか…
経理の佐野さんの口車に乗せられたりして。

だって新さんも佐野さんも、どこか裏がありそうじゃない?
それに創業時の日向と朝比奈は、アップル社誕生かよ!と思ったし。
スティーブ・ジョブズ氏だって一度会社を追われてる。

個人的にはありがちな石原さんの着せ替えと、
七五三っぽい小栗旬さんのスーツはちょっと…でした。
あれ?デジャブ…
あっ、月の恋人ってのがありましたね。


ま、面白かったのでもう少し見るつもりです。
しかし、これタイトルが悪いと思うわ。
興味惹くようなタイトルじゃないもん。
ストレートっていやストレートなんだけどさ。


記憶を失うとき一番大切な人を傷つける ◇ 7.8 OA

病気の進行が速くない?
それともじわじわ記憶をなくしていくんじゃなくて、
ランダムに時と場所を選ばずスッポリ抜けていく病気なんだろうか。

道に迷ってグルグル回るとこ恐かったです。
病気じゃないけど同じようなことがあって、当時のパニックが蘇ってきた。
その時は駐車場に車を止めた場所がわからなくなって…そう方向音痴。
道に迷ったりすることも多々ある。
何にしても恐い。自分もなる可能性を感じるから余計恐い。


ようやく病気と向き合う覚悟をした圭介(豊川悦司)
そんな中、アカネ(中谷美紀)が圭介の病気に感づく。
しばらくはアカネだけの秘密になるのかな~と思ったら、
美雨(芦田愛菜)が本を見ちゃいました。
「アルツハイマー」って何?と小太郎に聞くんだろうか。
…小太郎頼むぞ。


まだ圭介が病気で1人苦しんでる内容だから見てて辛いですね。
美雨もそんな父ちゃんに戸惑ってる段階で
喧嘩して仲直りしての繰り返しで泣くシーンが多い。
あまり引っ張らずに、二人が支えあっていく姿が見たいです。

泣いてる愛菜ちゃんより、
健気にお父ちゃんを支える愛菜ちゃんの美雨が見たい。
そこまで行くにはいくつか壁を超えないといけないだろうけど。


EDはつい、うるっときてしまう。
けど、最後の圭介と美雨の後ろ姿にほころぶ。
背の高い圭介が小さな赤い傘を美雨に差してる絵に癒されますね。
ドラマも雨の後に二人で虹を見るような結末になるといいな。


生まれ変わったらブスになりたい ◇ 7.7 OA

ちょっと期待外れでした。
っていうか、最初は眼中になかったのに、
予告見て期待値が跳ねあがっちゃったんですね。

生まれ変わったらブスになりたい…なんつー贅沢な事を(笑)
前だったらムカついたかもしれませんが、もう私は悟りの境地。
でも生まれ変わったら「絶対美人にいい!!」

まぁこういうこと語りだすと止まらなくなるのでやめておきます。
所詮今の自分は現状の物差しでしか計れないものね。

ドラマの方ですが、ちょっとテンポ悪い?
設定とかキャラはすごく面白い要素を持ってるのに生かしきれてない気がしました。

菜々緒さんは、美人っちゃ美人。
だけど目を引く存在感がないなぁ~特徴がないのかな。
むしろツネちゃんの方に視線が引き寄せられるわ。

せめて仕草とかで美人オーラ出してもらえるとより、
泉らしくなるのではないだろうか。
ジーンズにTシャツ着てる姿はそこら辺にいるちょいと綺麗なお姉ちゃんだ。

ツネちゃん、好きだわ。
まだ経験も少なそうな女優さんですが、独特の雰囲気を醸し出してます。
長セリフがちょっと大変そうですね。
でもこのドラマを引っ張っていくのはツネちゃんなので頑張ってほしいです。


そうそう泉の不倫相手の嫁に安達裕美さん。
何か修羅場の匂いがしますね。
壮絶な嫁を見せてくれそう。


期待外れと言いつつ、なんか気になるこのドラマ。
最後の
「休日は何してるの?」…「主に泣いてます」
がボディーブローのように、じわじわ効いてくる。

とりあえず、来週も見ることにしよう。


私ユウレイになっちゃった!!僕とママの不思議な100日! ◇ 7.7 OA

意外と面白かったです。
シリアスでコメディのバランスがいい。
1話はママが幽霊になったいきさつと、その原因となった放火犯だったので
思った以上にホームドラマでしみじみしました。

でも沢村さんや生瀬さんで弾けるとこは弾けてたし。
それに仲間さんー沢村さんー生瀬さんのラインは安心して見られますね。
いつもと同じキャストって言えばそうなんだけど、
共演が多いだけに呼吸が合ってる。
生瀬さんと仲間さんのやり取り好きだな。
間に子役が入って、また新鮮に感じました。

娘役の志田さんも安定してますね。
優しいけどちょっと複雑さを抱えた女子高生。
自分が連れ子だってこと、
2度も母親と別れることになったこと、色々気にしてるのかな?
蝶子が注意してた男子高生達となにかトラブルったりするんだろうか。


亡くなるときに走馬灯が印象的でした。
上原家の歴史がギュッと凝縮されてた。
特にとんぼが生まれて、
葵がとんぼの手におそるおそる指で触れるところがよかったなぁ。


次回は早速幽霊先輩のエピソードですね。
物体を持つ&瞬間移動のやり方を教えてもらわないと。

女性誌に「家族のうた」は、
当初藤木直人さんがキャスティングされてたという記事がありました。
はぁ?と思いながらも興味が湧いて立ち読みしてきました。

内容は笑っちゃうくらい適当。
もちろん真実かどうかは私にはわかりません。
ただ限りなく信ぴょう性が低いと思われます。

<検証1>
私はドラマ見てないのでわかりませんが、
元ロック歌手なんてオダギリさんの為の設定じゃないでしょうか。
藤木さんのロック歌手役なんて想像つかない。
(現実はロックしてますが…)
まぁカウボーイも演じてるのでできない事はないだろう。
でもフジがそんな冒険をするように思えない。

パクリ元であるニュースキャスター設定なら、
オダギリさんよりも合っているかも知れません。

<検証2>
藤木さんは10時から「おしゃれイズム」に出演中です。
ドラマの初回は延長することが多いですし、
スポーツや緊急ニュースでずれ込む可能性のある枠に
わざわざキャスティングするとは思えない。

<検証3>
というか、フジで藤木さんがピンで主演したことはない。
フジのドラマででブレイクしながらも、いつも女優さんの相手役であり
最近では若手見守り役や恋敵役が多くなっている。
今さら主演でオファーするだろうか。


4月期は映画の番宣などでお忙しそうでしたし、
だから同じPのドラマに出演されたのかなと。
そんな時期に主演で、しかも番組が被りそうな枠でオファーするって
局はそういうリサーチしないんだろうか。

だけどこのオファーが1年以上前なら絶対ないとは言えないかも。
まだ放送枠も決まってないような状態なら…
ドラマの枠組みや段取りってどうやって行われるんでしょうね。

もし藤木さんが家族のうたの主演してたら見てただろうな。
‥見たかったな。(三毛猫には失礼ですが)


こういう女性誌の記事は真偽を疑うような記事が多いですね。
オダギリさんが愚痴ったというのも本当かどうか…
そしてなぜ藤木さんの名前が出たんだろう。やっぱ露出が多いせい?
知らないところで巻きこまれてるみたいで、悪意を感じなくもない。

「自分はミュージシャンだから」‥なんて藤木さん言うかなぁ

さよならコーチ ◇ 7.5 OA

1話目にしてはインパクトがなかった。
唐沢さん出演ということで楽しみにしてたのですが、
途中で寝てしまいました。
幸いすぐに目が覚めて真相部分は見逃さずに済んだけど。


アーチェリー選手の望月(田中麗奈)を自殺に見せかけて殺した石上(唐沢寿明)。
以前自殺をはかった彼女に同情してか、不倫関係に。
しかし彼女の行動は徐々にエスカレート、
家庭を守るために望月を殺す計画を立てる。

彼女は石上の真意を察知してたんでしょうね。
石上の計画を利用して望月は死を選んだ。
しかし実は指に絆創膏を巻いてビデオを録り直し、
石上が仕組んだ殺人だとヒントを残した。
そこには女性の複雑な胸中が読み取れます。

暴走してる自分を恐くも思っただろうし、
代表選から外れてコーチに捨てられるかもという絶望感。
部がなくなれば望月には居場所がなくなる。

そしてオリンピックを目指そうと、
ひたすら石上とともに走ってきた望月は、
ある意味コーチに飼いならされてたわけであって。

コーチに殺されることを受け入れる思いと、
自分を忘れて生きていくことを許さない思いがあったんじゃないかぁ。
どちらも愛情が生むものですが、
そのささやかな抵抗が絆創膏だったんでしょうね。

前半は退屈でしたが、後半は面白かったです。
望月のこれまでの思いがこもった「さよなら、コーチ」が印象的でした。


わたしの仕事は嫌われている…
気弱な徴収官ぐ~子が毒舌上司ハスキーに振り回され税金滞納者たちと対決 
◇ 7.4 OA


予告見て面白そうだと思い見たのですが‥ちょっと残念。
結構シリアスなドラマですね。
コミカルな部分はあるっちゃあるけど、全体的に重い。
ツボに入るようなキャラもいませんでした。
あっ、若村さんは相変わらず素晴らしいです。

主人公の内向的な性格がグダグダ感を生んでる気もします。
その分鏡がドS性格で相対するはずなのが、ちょっと弱い。
井上さんならまっすぐに突き進む徴収官がよかったかな。
夏だし、痛快でスカッとしたい。

最近よく見られる、おじさんと若い女の子の組み合わせですが
名コンビとなりますでしょうか。


そうっ、主題歌はミスチルなんですね。
知らなかったのでビックリしました。
でもテレ朝風なドラマにちょっとミスマッチかなぁ…
というのが素直な感想でした。



最強の教師誕生!生徒はダチだ ◇ 7.3 OA

結局見てしまった。
どうしても前作と比較しちゃいますね。

全てが前作よりスケールダウンしてる感じ。
うまくキャストを配置してるとは思いますが、
やはり鬼塚と冬月先生が物足りない。

高校生の中に入っても埋もれちゃう鬼塚、
華というか、カリスマ性というか存在感が薄い。
冴島達3人のシーンでも一番目立ってないんですよね。
迫力も足りないし…頑張ってらっしゃる意気込みは伝わってきますが。
AKIRAさん、時折柳葉さんに見えました。
仕草や表情などが似てるのかなぁ。

冬月先生は、生徒との区別がつきません。
そんでもって鬼塚との並びが絵にならない。
鬼塚が冬月を好きになる展開を想像すると年下すぎないかな。

生徒役も雅だけが判別できて、あとは誰が誰やら。
1話でメインだった杏子、最初雅かと思いました。
そう思うと前作はそれぞれに個性が強かったんですね。
今回は最終回まで生徒の顔を覚える自信がありません。
‥もっとも最終回まで見られるかどうか。

話としては前作をなぞりつつオリジナル要素も入れつつなのかな?
鬼塚の友達役として冴島、弾間を常駐させるのは正解。
3人のシーンが一番面白かった。

でも話は悪くないと思います。
前作を知らない若い人には受けるかもしれませんね。


最近、父ちゃんは忘れ物が多い… ◇ 7.1 OA

父親が突然宣告された若年性アルツハイマー。
ふと他人事に思えなくて、恐いと思ってしまいました。
まだ8歳の娘を抱えてる父親ならなおのこと…果てしない絶望感なんでしょう。
豊川さんの表情がリアルに伝わってきました。

親子の間で隠し事はしない。
それでも明かすことのできない、できるはずない大きな隠し事は
娘への思いなんですよね。
二人で寄り添って生きてきたのに…と、すでにホロホロっとしました。


豊川さんのお父さん役は新鮮でしたね。
愛菜ちゃんとの親子シーンは、
まだどこかよそよそしい空気で親子を演じてる感じがしました。

愛菜ちゃんは相変わらず可愛い。

中谷さんは何かわけありみたいですね。
喧嘩しただけではなさそうで…離婚して木下家と関わっていくことになるのか、
木下親子に触れて、自身の家族の在り方を見つけていくのか。

設定は悲しいお話になるのでしょうが、
そこには親子や家族、友人たちの愛や友情があるはず。
切ないけど暖かいドラマになるといいな。
そう願いながら見守っていこうと思います。


あっという間に夏ドラスタートです。
この夏も見たいと思えるドラマが少ない。
なので気になるドラマだけチェックしていこうと思います。
しかしいつの間にか知らない俳優さんがいっぱい増えてる。
そんな俳優さんたちが主演する時代になったんだなって…思いました。
あっ、私がついて行けてないってことですね。
TBS 【月20】 7/2~ 「浪花少年探偵団」  ◆多部未華子
関西色の強そうなドラマですね。
東野さん原作だけあって手堅い作りのドラマになりそう
キャストも揃ってるし面白そうなんだけど、時間が合わない‥
録画してまで見たいかというとそうでもない。
しかも初回2時間なんて、気軽に見れないじゃないか。
ま、時間合えば見ようかな。
フジ 【月21】 7/9~ 「リッチマン、プアウーマン」  ◆小栗 旬
ん~あまり惹かれません。
IT社長に就職難の女性ね。
格差社会の世相を反映したドラマになるのかな?
最後は自身が何を選択して生きていくのか、という感じでしょうかね。
ま、1話くらい見てみましょうか。
フジ 【火21】 7/10~ 「息もできない夏」  ◆武井 咲
ちょっとこれはパスですね。
けなげな武井さんはもうお腹いっぱい。
生活保護や国籍・戸籍のない
問題提起が含まれたドラマになるのでしょうが、
想像したみただけで…今の段階で息苦しいです。
フジ 【火22】 7/3~ 「GTO」  ◆AKIRA
わぁ…これもパス。
よくGTOをリメイクする気になったなぁ。
しかもエグザイルさんで…。
どうしてもっていうなら、長瀬さんでやればはまりそうなのにね。
まぁ若手売り出しも兼ねてるんでしょうね。
瀧本さんの冬月先生もうっとしい存在になりそう。
決して嫌いじゃないけど、甘ったるい口調がね。
逆に武井さんが冬月先生なら好さそうなのに。
日テレ 【水22】 7/4~ 「トッカン特別国税徴収官」  ◆井上真央
最初は見る気全然なかったんだけど、予告見たら面白そうだった。
井上さんは少々苦手なんだけどね。
キャスト的に地味そうですが、内容は面白そう。
楽しみです。
テレ朝 【木21】 7/12~ 「遺留捜査」  ◆上川隆也
舞台が変わって共演者も一新しての続編。
ベテランぞろいのキャスト陣ですね。
1人くらい若い女の子入れておかなくていいのかい?
前回途中で脱落しちゃいましたが、リベンジで見てみようかな。
TBS 【木21】 7/12~ 「ビギナーズ!」◆藤ヶ谷太輔
やっぱりジャニーズさんですね。
若者に特化した枠でいいと思います。
ま、私は見ることはなさそうです。
フジ 【木22】  7/5~ 「東野圭吾ミステリーズ」   ◆唐沢寿明 他
最近、この枠低迷してましたもんね。
なんとか突破口を見出したい、
試行錯誤の末のオムニバスでしょうか。
ナビゲーターを中井さんに迎え、
主人公を変えての一話完結、見やすそうです。
まずは唐沢さんですね、楽しみです。
日テレ【木23:58】 7/5~ 「VISION殺しが見える女」  ◆山田 優
飯田さんの脚本は気になるもののパスです。
山田優さん、超苦手‥
しかしご夫婦そろって夏登板なんですね。
TBS 【金22】  7/20~ 「黒の女教師」   ◆榮倉奈々
榮倉さんはどこに向かうのでしょう。
蜜の味といいイメージチェンジをはかっているのかな?
今回は悪には悪で対抗する教師だそうですが、
女王の教室のようになれるでしょうか。
個人的に別の女優さんで見たいですね。
テレ朝【金23:15】 7/6 ~「ボーイズ・オン・ザ・ラン」◆丸山隆平
モテキみたいな感じでしょうか。
すみません、興味ナシです。
日テレ 【土21】  7/7 「ゴーストママ捜査線」  ◆仲間由紀恵
仲間さん好きなんですけどねぇ…
予告見たらあんまり興味惹かれなかった。
仲間さんのいつものコメディドラマ+親子ものな感じで新鮮味ない。
気が向いたら見るかも?
フジ 【土23:10】  7/7~ 「主に泣いてます」  ◆菜々緒
よくバラエティに出てるモデルさんですよね。
いきなり主役? …なんで? 大丈夫なの?
でも内容は意外と面白そうなので、1話チェックしようかな。
NHK 【日20 大河】  継続 「平清盛」  ◆松山ケンイチ ★★
ん~面白くなってきてはいます。
でも西行の出演が少なすぎて物足りない。
今後西行の出番はあるのか‥
そろそろ録画も面倒になってきました。
いよいよ平治の乱に突入ですが、
それが終わったら何が残ってるんだろう。
TBS 【日21】  7/8~ 「サマーレスキュー~天空の診療所~」  ◆向井 理
今回はフジを見る予定なのでこちらはパス。尾野さんは気になりますが。
「天空の診療所」ってジブリっぽい。山のお医者さんでしょうかね。
いっそサマーレスキューなくして「天空の診療所」だけの方がいいんじゃない?
その方がイメージよさそうだけど。
フジ 【日21】7/1~ 「ビューティフルレイン」  ◆豊川悦司 ★★
とりあえず今期これは見ようと思ってます。
ほんとは重いのは敬遠したいところなんですが、
豊川さん、愛菜ちゃん、中谷さんときたら見ないわけにいかない。
1話見た感じでは、豊川さんと愛菜ちゃん親子にちょっと違和感ありましたが、
これから二人がどう向き合っていくのか見たくなりました。
愛菜ちゃんありき…も否めないけど、豊川さんの存在でバランス取れてました。

【NHK 朝8:00 梅ちゃん先生】
母が毎朝楽しく見てます。
私には今ひとつ面白く思えないのだけど…梅ちゃんのとろ~っとした喋りにじれったくなる。
しかし母世代には面白いらしい。 あのゆるさがいいのかなぁ
【TBS  月24:20 走馬灯株式会社】
【TBS  火24:55 ドラゴン青年団】
【テレ朝 水21:00 警視庁捜査一課9係】
【テレ朝 木20:00 京都地検の女】
【テレ東 金24:12 マジすか学園3】
【日テレ 土24:50 スプラウト】

などなど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
期待度
☆=ゼロ
★1→3にしたがって期待度up
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


#10 破産か5億か!?さらば誇り高き絆の里  ◇ 6.19 OA

やっぱり黛の大腸がんは古美門の買収作戦でした(笑)
いくら絹美村の食べ物を食べたと言っても、早すぎるものね。

でもこれが功を奏したわけで。
しかし弁護士としてどうなんだろうと思わずにいられない。
黛は置いといても、だまして佳奈の良心を利用したことで後味が悪い。

さすがに黛も今回のことにはキレたようで、古美門の元から去って行きました。
そして最終回で対決に。
黛vs古美門なんて遠い先のことのように思えたけど意外と早かった。
黛は佳奈の弁護をするんですね。
よかった、佳奈があのままだと中途半端な気がしたからさ。

黛と古美門、お互いを知りつくした戦いになりますね。



#11[終] 内部告発者を不当解雇から救え!!
       最強の弁護士がついに敗北!?真実は常に喜劇だ!!  ◇ 6.26 OA


最後にひっくり返しました、さすが古美門。
あのまま黛勝利でもよかった気はしますけどね。
それじゃ古美門らしくない。

黛が過去の古美門の相手にアドバイスを求めてちょっとした走馬灯。
ちょいちょい出てた絵描きの傍聴マニアには笑ったな。
「彼女いい弁護士になったね」 「って誰?」
でも黛の1人語りはちょっと苦手でした。
というかドラマ内で大勢の前で語るシチュエーションが苦手。

三木がずっと引きずってたさおりは、実験用のハムスターでした。
まぁきっと壮大なオチなんだろうなとは思ってましたが…
大人たちが、ハムスターのことで泣いたり騒いでるシーンはちょっとクドかったかな。
芸達者な2人だからこそ余計にかも。
…笑えなかったもん。

負けてしまった佳奈はタイで研究を続けると。それでちょっと救われました。
そして黛は結局古美門のとこに戻るんだ。
こりゃ続編視野に入れた結末でしょうか。

最終回は少しドタバタした印象だったかな。
でも楽しめました。