/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
新ドラマの発表を待ってたらとんでもないものが。
な、なんと蜷川幸雄さんの舞台に出演するだと~!!
し、しかも海外公演まであるんだと~!!

何やらモゾモゾ落ち着かなくなってきました。

居てもたってもいられず、図書館へ。
読売新聞チェックし、海辺のカフカを借りてきた。
あいにくそこには上巻しかなく下巻は予約した。


しかし蜷川さんとはね。
なんていうか、藤木さんていい意味でクセがないから、
名の通った演出家さんや監督さんとかに目をつけられにくいと思うんだ。
イケメン過ぎる容姿も時にはマイナスになったりするのかも。
だから今回のことはホントにビックリしました。

でも掴んだチャンス、体当たりでぶつかって来てほしいですね。

と、プラスな気持ちの裏に一抹の淋しさも感じます。
当分ライブはおあずけだよね。
舞台や海外行っちゃうと露出が減って淋しいな。
イズムはどうするんだろう…などと。

そしてそして妄想はどんどん膨らんで、
蜷川さんにどんな鍛えられ方するんだろうとか、
灰皿避けるのかあえて当たりに行くのか…とか。

海外公演に旅立った藤木さんを思って岸壁の母になりそうだし、
帰って来た藤木さんは遠すぎる存在になりやしないか…
などと複雑すぎる思いの末たどり着くのはやっぱり、

頑張ってください。
応援してます


なんだよね。

大きな挑戦になるかと思います。
多分今までの役者としての自分をぶっ壊す覚悟で挑まれるのでしょう。
その大いなる決断にただただ拍手し、
出来上がってくる作品を楽しみに待ちたいと思います。

藤木さんのチャレンジ、全力で受け止めます!!


スポンサーサイト
そろそろ秋ドラマの発表がありそうですね。
ここの所少し時間がとれたのでHDD→BDにいそしんでおりました。

ラスト・シンデレラと昨年の大河ドラマ。
平清盛はどう残そうか迷ってる間に半年以上も経ってしまった。
結局藤木さん出演のシーンをつなげたダイジェストと
関連して出演した番組、そして3話から10話までと49、50話をおさめました。
(50Gのディスク使ってます)
始まる前はすべてBDに入れるつもりでしたが、
さすがに見ないだろうなと。

BDに焼いたら、ラベルとジャケット作りです。

ジャケットは写真用紙2L版を使って、
サブタイトルや日付、番宣の名前などを入れます。
地デジになってからは、
ディスクを入れれば情報が見られるから書かなくてもいいかなと思うのですが、
何となくその回のイメージが蘇ってくるので入れてます。
↓こんな感じ




ラベルはネットで頂いたり自分で作ってみたり。
清盛のジャケ裏に印刷したラベル紙を貼ってます。
↓ こんな感じ



って見てたら2013 大河ドラマって…ミスってるのに気が付いた。
しゃーない、修正テープで直すか。

BDの数が多くなってくると目当てのものを見つけるのが面倒になって来たので、
今回背ラベルを作ってみました。
ハガキサイズの透明ラベルに背表紙専用ラベルのテンプレートを使って印刷。
プラケースと一体感あっていい感じだけど、細かいわ透明だわで見にくい。

ひとまずこれで完成です。

素材探したりレイアウトしたり切ったり貼ったり‥
正直めんどいと思うけど、完成すると愛おしい。
それにそういうチマチマしたことが好きなんだろう。
ただ完成した物を見返すことはあっても、
録画された物をなかなか見ないのが…本末転倒な気がしないでもない。