/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
「罪と罰」  ◇ 11.11 OA

入れ替わりものの最上級だよね…入れ替わったまま死ぬなんて。
夫の共有から、お互いの体を共有することになって息子も共有。
そして死まで共有することになるかも?なんて。

それを天罰だと言う薫(体は友美)の悟りはなんなのだろう。
友美から夫を奪った天罰?
お腹の子が流産した時ホッとした天罰?
そうやって納得するしかなかったってことなのだろうか。

乳がんだと知った友美(薫の体)は

自分の体が死ぬのもいやだけど薫がこの世からいなくなっちゃうのはやだ。

入れ替わったことによって、大事なものに気づくんだね。
友美のお母さんの本音もきっと友美のままだったら聞くことはできなかった。


5話は子供たちの可愛さ優しさにもグッと来たよ。
春子の長男が、泣いてる春子を見てお兄ちゃんを発揮したこと。
普段はババアなんて言ってても母を見てるんだろうなって。
春と冬どっちが好き?の下りでも、春の方がいいでしょ~と騒ぐ春子に、
「はいはい」ってあしらってて春子より大人かもって。
健人の「靴ぬげちゃった」って戻るとこが何気ないんだけどめっちゃ可愛かった。

薫と友美の覚悟と、友達の告白を聞いた春子の気持ちがすごく丁寧に描かれてたなぁ。
それぞれのセリフやその行間に気持ちが込められててよかったなぁ。

頑張るけど…もし私に何かあったら‥
もし私が死んだら~すべて話して洋介の奥さんになって。
健人君のママはあなたなんだから


言われなくてもそうするよ。

あっそ 

当然よ

悔しいから死ぬのやめよっと

…重い中でホロット来るやり取りで相手への想いがあふれてる。


色んな事が起こる‥年頃なんだろうね

なんでこんなことになるんだろう
みんな頑張って生きてんのにね


…明るい春子だから余計にジーンとくる。


あなたのことなんかで泣かないわよ

あなたのことなんかで誰が泣くか

好きにすればいい 


自分も大変な状況なのに、
友達を想って泣く春子が素敵でした。

それなのに男たちは何も知らずにね~。
修羅場で出す結論は本当の答えじゃない。
選択肢があるうちに答えを用意しておくんだって。

いつものように薫の元に行くといつもと違う薫(友美)。

世界は洋介の想定の範囲内に全て収まってるわけじゃない

奥さんとセックスしなさいよっ

薫(中身は友美)から妻が乳がんだと知らされ、
自分には何も伝えられないことを知る。

教える価値もない最低の夫だからじゃないの?

友美は薫と入れ替わって変わったね。
そして薫(友美の体)としなさいよって…
なんか不思議だよね。
元自分の体抱きなさいよって言ってるわけだし。
妻でいる時は言えなかったのに。
薫になって薫の強さを身に付けた友美になったわけだ。
失ったことばかりじゃない…それによって得たこともある。

そして洋介は…ピエロなんだよね。
妻と愛人の間で上手く立ち回ってるつもりが、
実は愛人と妻が入れ替わっててまるっとお見通し。
ジタバタしたくないってのは、ジタバタする前置きだったわけで。

これから修羅場を迎えて洋介がどんな答えを出すんでしょうね。
その前に妻の乳がんという現実が、
用意しておいた洋介の答えを変えるかもしれない。
ジタバタする洋介が見たかったから、これからが楽しみです。

そしてエンディングの「おんなじさみしさ」
ふわっとした曲なのにちょっと切なくていいですね。
ドラマがシリアスな内容で重くなりそうなところを優しく包んでいい感じ。
どこかに救いがありそうな予感を与えてくれます。

【キャスト】


スポンサーサイト
指輪に託す想い…戦国の定めと叶わぬ愛 ◇ 11.10 OA

5話は市の輿入れと恒興の片思いの話でした。
ん~まるっと1話かけなくてもと、ちょっと思いましたね。
恒興メインで女の子たちドキッとさせちゃうぞ!
という狙いがあったかどうかはしらないが、
そんなに恒興にしんみりもできなかったかな。
市をあきらめて市のために指輪まで書状とともに送ったのに、
今ひとつ、恒ちゃ~~~んって思えなくて。
ってか市は前回、恒興はよき話し相手じゃって言ってるし。
まだ浅井さんの方が男気あってよかったわ。
「よき夫婦になろう」なんて市を丸ごと受け止めてくれてさ。

それよりも…ギンギラギンにさりげなくの半兵衛さんを探してしまうのである。
あまり家臣たちと親睦を深めたりしないキャラなのかな。
友情出演だからPと友情深めてんのかしら。


市役の水原さんは嫌いじゃないんだけど市としてはちょっと違うかなと。
イメージはあってるんだろうけど、でもあの子役見ちゃうとね…可愛すぎた。
市が戻ってきて柴田勝家と一緒になるなんて…想像を絶する。
まぁ勝家は花占いなんかしてたりして意外と乙女チックな部分もあるのだろうが。

冒頭の籠の中のホトトギスは、織田家という名の籠に入った市ってことなのかな。
「泣かぬなら殺してしまえホトトギス」
サブローと間違えられて城に戻って来た信長の句ですが、
これって本物信長の悪が浮き出てる気が…いつかサブローと対立しそうだよ。

もしサブローならなんて詠んだだろう。
「泣かぬなら放してあげようホトトギス」
きっと籠の中が居心地悪いんだよ。可哀想だから放してあげようって言いそう。
まぁ、でもサブローってそんなにいい奴だっけ?と思わないでもないが。

市をレッドカーペットのバージンロードを歩かせ、
白無垢に白の打掛がウエディングドレスのようでもあったし、
自分が知る結婚式を用意してあげたサブロー、何となく風格が見えてきました。
…もう高校生のサブローじゃないんだね、きっと。

だったら靴下はもう履かない方がいいよ、ボロボロになってるはずだから。
そろそろスニーカーもやばいかな。
サル君磨いたから痛みに拍車かかってるかも?…なんてね。

市の輿入れで夫婦について考えたらしいサブローはちゃんと夫やるよと。
おまえ~世継ぎ作らないかん身分で今そんなこと言うんか(笑)
デートなんて言ってる場合じゃないぞ~~~。
でも帰蝶はデレデレでした。
そんな帰蝶を険しそうに見る眼差しの人物。
本物の信長は本当は帰蝶のこと好きだったのか?
帰蝶を取り合っての本能寺の変とか、マジやめて~。

そんなこんなで次回は刺青古田さん登場。
そして市の嫁ぎ先、浅井との不穏な空気も?
今回これだけのすったもんだ、
市をを嫁がせる→やめる→絶対攻撃しませーん→やっぱ市を嫁がせます
と浅井を翻弄しておいて、
また市の幸せを願うなんて言ってたサブローが、
どんな理由で浅井を攻撃するのか少し楽しみではあります。

【キャスト】


「別れの予感」  ◇ 11.4 OA

友美も薫も入れ替わった生活に慣れてきたのか、
体と心の融合が進んでるように見えます。
これって元に戻る選択肢はないのかな?

さて…シリアスな展開になってきましたね。
今までは家族や息子を失くした友美(体は薫)の辛さに共感してたけど、
今度は命に関わること。。
友美の体に入ってる薫はもちろんだんだけど、友美にしてもキツいですね。
それ聞いて元の体に戻りたいかって話だし、、
かといって薫が自分の運命引き受けるのにも葛藤あるだろう。
なのに薫(体は友美)は自分の魂が消えても友美を守ろうって決意する。
なんか友情を超えて愛だよ。

光雄と春子は緩やかに修羅場に向かってるのかな。
夫を尾行して浮気は決定的。
光雄が帰ってきたとたん高笑いして平静を装ったり、
墓購入を持ちかけたり、結婚記念日の旅行を決めたり…
なんとか光雄を引き留めようとしてる春子が健気だよ。
それに比べどうしようかと洋介に会いに行く光雄。
いっそのこと大エスカレーターで洋介と入れ替わってしまえ~~(笑)

修羅場と言えば、洋介はどうするか決めてるんだとか。
ジタバタしたくないんだって。
少しづつ洋介の立体的な部分が見えてきました。

友美を抱かなかったのは、友美にセックスが似合わないという理由から。
みっともない、いやらしい部分を家に持ち込みたくないのだと。
う~ん何となくわかるような気がしますね。
優等生タイプの友美を妻に選んだのも、
どこか理想的な家庭を作りたいという願望なのかも。
もしかすると洋介にも、
生立ち的な何かがあるのかなぁなんて思ったりして。

洋介の決めてる選択ってなんだろう。
取り乱した薫がますます好きになってるって言ってたし。
それ…友美なんだけどね。
結局中身は友美、体は薫ってことなんだろうか。
薫らしからぬ薫(中身は友美)に、
別れたい?もう来てほしくない?…なんてずるい男だ。
でもそんな洋介にドキュンとしてしまっただよ。

薫(体は友美)は乳がんのことを洋介には言わない。

もし私がいなくなったらどうする?
大丈夫だよね、洋介は。


そんなことないよ、世をはかなんで後を追うかも

健人はどうする?
(…洋介は眼中にないのか)
健人に母親を見つけてあげてね 病気だったら私が選ぶ。

これが薫(体は友美)の出した答えなんだね。
もう妊娠もかなわず、体も変えられ、入れ替わった体は乳がん。
体だけの関係を続けてきた薫が、
なんか女を奪い取られていくようで切ない。

元に戻ろうという友美(体は薫)に黙ってもいられず乳がんを告知。

「あなたのこの体とその中の私の心は死ぬのかもしれない」

とても耳に残るセリフでした。

【キャスト】


塵も積もれば道になる!サルの一夜城大作戦 ◇ 11.3 OA

前回でちょっと心配だったけど面白かったです。

木下藤吉郎はサルくんに格上げ、軍師半兵衛をゲットし美濃を攻略。
着々とレベルを上げてる信長です。
その素となるのがサブローの人柄…というか、
サブローの現代人感覚が戦国時代には新鮮でウケてるとも言える。
そんなサブローのチリつもの道に半兵衛もお供することになり、
目指すは鬼が島~~じゃなく京都です。

しかし一夜城の話なのに半兵衛の出番が多くてびっくり。
でも裏切り者を切り口に藤吉郎、森りん、半兵衛と面白い展開でした。

自ら織田家に入り込みスパイとなる半兵衛さん。
ミイラ取りがミイラになっちゃった。
というのも半兵衛はもともと戦のない世を望んでいた。
道三に遠い未来には戦のない世が来ると教えられた影響か?
半兵衛にはサブローと道三が重なって見えたんでしょうね。

結果、龍興の命に背き一夜城に火をつけることをしなかった。
「竹中半兵衛、逃げも隠れもいたしませぬ」
…カッコよかった~
でも火を着けなかったことで斬られる覚悟があったんだよね。
そこは軍師、他に作戦もあったろうに…それほどサブローに価値を見出したか?
ま、結局は弟がサブローに泣きついて助かったわけだけど。

そんな半兵衛劇場に地団駄踏んだのがサル君。
そのサル君を見捨てなかった森りん。
サル君的には森りんの裏切りを告発したはずなのに、
その森りんに一夜城作ろう的に励まされる。
普通なら森りんに心開くんだろうけど、復讐に燃えてるサル君に通じるかどうか。
森りんの一皮むけた大きさは、野武士には通じたようだけどね。

一夜城の築城は文化祭のノリみたいだったな。
皆でワイワイ、女子が差入れ持ってきたりして。

楽しそうでなによりだけど、戦の緊張感まったくないのもどうなのか。
でもその皆が協力し合ってる風情に半兵衛さんの心が動かされたのもあるし。
なんだか結果オーライのサブローの生き方がたまには失敗を招くこともあっても良さそう。
でないと成長しないっしょ。
いつもいつも理想掲げる青臭さがキレイごとに聞こえる時もある。

そんなわけで半兵衛さんが加わったことにより、楽しみが一つ増えました。
半兵衛に活躍に期待しよう…(あまり活躍することはないと思うけど)

【キャスト】


「秘密」  ◇ 10.28 OA

薫(体は友美)の心の中が少し見えた3話。

「いいね君はつかまるものがあって…」
「男に依存する生き方はいやだ」


確か薫の母親は男と逃げたんだっけ?
仕事して1人がむしゃらに生きて来た薫の切なさが垣間見えた気がしました。
本当は母親に愛されたかったのかもしれない、
誰かに守られたかったのかもしれない。
そう思うと、今の友美としての生活を手放したくないというのもわかるな。
そしていつか元に戻って今の幸せが消えてしまう、
母がいなくなって独りぼっちになった時のように…

そして友美(体は薫)も切ない。
自分が産んで愛情注いで育ててきた健人が、
目の前で薫(体は友美)に影響を受けて成長してるのを目の当たりにしたらね。
自分がいるはずの家族を他人として見なきゃいけないのはきつい。

今現在の幸せをいつか失う薫(体は友美)と
今現在得るはずの幸せな時間を失ってる友美(薫)。
どっちが悲しいだろう…
元に戻るのを前提とすれば薫(体は友美)の方が切ないかな、私は。
一度感じた温もりは失くした後の虚無感を倍増させるから。
でも元に戻るという保証がないから、友美(体は薫)の恐怖感は計り知れない。

そんな二人の友情は意外な始まりからでした。
最初からお互いにある空洞を埋めるような友情関係だったんだ。

薫(体は友美)が健人に影響を与える日々を送る一方で、
友美(体は薫)も洋介との関わり方を変化させてる。
そそくさと帰る洋介に帰らないでと‥
以前の薫なら決してしなかった言動。

「へぇ~お茶でも飲みに行こうか」と洋介。
「へぇ~3人娘勢揃いか」

ホームパーティーでは薫(中身は友美)にイメトレしたかのように挨拶してるし。
そんな洋介を真似する薫(体は友美)が面白かった。
「楽しそうだね、何かあったら手伝うよ、キラーン」

でも予想外の光雄との対面は動揺しまくり。
思えば誰に対しても冷静な対応してたよね。
だからこそ取り乱す洋介に体温が感じられました。

友美(体は薫)にとって辛いホームパーティになっちゃいましたね。
ガレージ見ただけで健人の愛らしさがあふれてた。
洋介の車?の隣にちょこんと停めてあるオモチャの車が無性にカワイイ。
友美の家庭がいかに健人を中心にしているか伝わる絵。
それを他人として受け止めなきゃいけない。
薫(体は友美)と健人の親子関係を目の当たりにしたら、自分の母性の行き場を失う。

入れ替わったことでお互いに重くのしかかってくる現状。
それでも解くことのできない友情。
ファンタジーなれど女の友情はリアルです。

【キャスト】


離島編 ◇ 10.31 OA
再会編 ◇ 11. 1 OA

なんだかんだ言って…懐かしかったですね。
昔見てたナースの雰囲気は再現されていたし、
キャストも年月は経たもののあの頃のキャラのままでした。
ただ内容的には、ナースのお仕事を振り返ろうというムードが漂ってた。
思い出的なものもいいんだけど、ノリで突っ走る部分もあったからその辺を抑えて、
今描ける「ナースのお仕事」だったら発展性はあったのかなと思いました。

もしかしたら急に立ち上がった企画なのかな?
藤木さんのスケジュール見てもそう思ってしまいました。

でもこれだけのお祭りができるのはすごいことですね。
もし急だとしてもメインのキャストが集まるってことは、
出演者にとっても思い入れの強い作品てことでしょうし。

そういえば映画もこんな感じの突拍子もない内容だったなぁと見てて思い出しました。
ちょっとくだらないドタバタ劇に朝倉と健太郎のイチャイチャ、
先輩との丁々発止、そして吐血でシリアスになるお仕事モード。
そのバランスで出来てるドラマだし、
その時間なんも考えず笑って見られるドラマでよいのだと思います。


離島編は島の診療所が舞台でしたが、ほとんどが夫婦問題が中心。
高杉が病気?と思わせての日焼けとか、何がしたいねんと(笑)
水島先生と長島先生、フットワーク軽すぎ。

再会編は懐かしの若葉会病院に戻ってきた朝倉ですが、
やっぱドジするのも難しい年齢になりました。
突然のダンスやらケーキやら、ナースのお仕事の定番を盛り込んでありました。

再会編では出番の少なかった高杉、離島編とは違ってカッコ良かった。
コレだけでも見た甲斐ありました。
懐かしのメロンパンも…
もちろん離島編のエプロン姿もかわいかったけど。

SPで新たに加わった要さんのエピソードは、かさ増やしにしか感じられなかったな。
要さんにとって良かったのかどうか…疑問。
離島編の魔法使いだなんだっていうのもよくわからなかった。

離島編の在宅看護や僻地医療、
再会編では変化した看護師のあり方や教育、
現代の医療現場の問題などさらっと盛り込んであるところなどは良かったですね。

SPは懐かしく見られたけどやっぱ連ドラはもういいかな。
これからも健太郎と仲良く 先輩とワイワイやりながら、
患者に寄り添うナースでいる朝倉が見えるから。


戦国の空に花火!?サブロー版桶狭間戦記!  ◇ 10.27 OA

1話2話面白かったのに…なんで?
コントというかギャグというか、それよりもっとやる事あるだろうと。
サブローは2話で決心したのに3話で戦になると逃げ出して、
ベタな間違えで今川の領内に逃げ込むという。
相撲とか村人との関わりもサブローの人となりなんだろうけど、
桶狭間の戦いがやっつけすぎて…ここに比重を置いてほしかった。

仮にも1話から出てた今川義元、
伝次郎や段蔵に間者として織田を見張らせてる今川が、
あんなバカ殿もどきでいいのかってね。
あー見えて実はめちゃくちゃ切れ者ってところ見せて欲しかった。
生瀬さんの無駄遣いだぁぁ。

もひとつサブローが戦の決意することになる村の村長さんには前田吟さん。
大した見せ場もなかったような。
村娘の前田さんメインじゃなくて、村長だけで戦の決意出来たんじゃないの?
村長と今川義元、これでサブローを動かせたと思うんだけどな。

ま、終わったことをネチネチ言っても仕方ない。
でも今回で色々と不安になってきました。
これから起こる歴史の出来事がちゃんと描いて貰えるのか。
半兵衛さん…大丈夫か?

それとどうも時間の経過がわかりづらいですね。
サブローがタイプスリップしてどんだけの時間が経ってるのだろう。
その辺は史実も踏まえてしっかりやって欲しいと思うのです。
いくらドラマでもその辺があやふやだと雑に感じるし、
逆にドラマはドラマで違う史実や時間の設定があるのなら描写して欲しい。
ドラマの世界に説得力を持たせてくれないと、
見てる方は自分の知ってる出来事と照らし合わせて矛盾を感じる。
歴史通りにとまでは言わないけど、
サブローが戦国時代でどう日々過ごし馴染んでいってるのか感じられたらと思う。
ただ歴史上の節目節目を追うだけじゃなくさ。

次回から半兵衛、家康、お市とより豪華な布陣になるわけですが、
賑やかし的な存在にならないことを祈りたい。

【キャスト】


「認めたくない喜び」  ◇ 10.21 OA

入れ替わりは2度目?と疑ってましたが違いましたね。
重みのある話になるのかなと思っていたのだけど、
意外と軽めのタッチで、入れ替わった友美と薫の会話が面白かった。

入れ替わった二人はまずお互いを知るところから始まるわけで、
高校時代から少し疎遠になった二人が、今までの空白を埋めるための作業。

◆違う自分
私の顔でそんな言い方しないで~や煙草は吸わないとか、
周囲の目を気にしてる薫(友美)に対し、
ムスッと不機嫌そうな顔して‥思ったこと言ってくれていいからと友美(薫)。
入れ替わることで自己を解放するような、違う自分を知るのかもしれない。
お互いがお互いらしく振る舞うけれど、それはもう新しい友美であり新しい薫。
誰かから見た自分なんてのはつまらない評価でしかないってことなんだろうか。
友美母が薫の母親のことで付き合うのを反対したように。

◆喜び
そして戸惑いつつも「認めたくない喜び」を受け入れる二人。
薫(友美)にとっては洋介から得られる喜びで、
友美(薫)にとっては、息子健人から求められる喜び。
妻と愛人という立場からすると皮肉なものですね。

◆冬と春
そしてもう一人の妻と愛人である春子と冬子。
春子は今まで夫が不倫してるって気づいてなかったんですね。
夫の光雄さん、かなりの浮かれっぷりですが。
冬子が東京に出てきてあの浮かれっぷりだから、
冬子とそういう関係になった時も浮かれてたに違いないはず。

◆尾美さん
その浮かれてる光雄こと尾美さんがとっても可愛らしい。
初めてバーであった洋介にベラベラと喋ったりして。
もうすぐにお互いの身元がわかっちゃうのがバレバレです。
名刺負けしそうだし…なんてね。
普段はスンと澄ました洋介も光雄のデレデレに口が滑るのかい。
尾美さんの可愛らしさにちっとは対抗して欲しいなと思ってしまったよ。

◆洋介さん
洋介は…よくわかんないですよね。
多分家族も、薫も大切に思ってるのだろうけど、本心がなかなか見えてこない。
あえて見せないような演出だのだろうけど‥
ここで洋介がそこいらの夫に成り下がると、薫と友美の関係が崩れる気もするし。
でも家族で浴衣着て夏祭りなんて…絵に描いた家族。
なのにその足で薫(友美)のところへ…罪悪感とかないのかなぁ。
なんとなく洋介は友美と入れ替わった薫を今までと違う感情を抱きつつあるように思う。
…というのは自分が藤木さんに肩入れしてるからだろうか。

【キャスト】