/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

昨日舞台チケットの当落結果がでましたね。

私は埼玉の平日2公演と大阪千秋楽を申込みしました。
すべて当選してました。
ありがたいことです。

欲を言えば埼玉の楽日も行きたかったのですが、
さすがに何度も上京できず、泣く泣くあきらめたのでした。
いつもなら楽日や千秋楽狙いなのですが、
昨年の舞台「海辺のカフカ」の良席で見た感動が忘れられず、
楽日より平日の良席の可能性を選んだのでした。
ま、良席が来るとは限らないんですけどね。
大阪千秋楽は、全席指定なのでかなり覚悟はできてます。
去年のツアーファイナル3階席で鍛えられました(笑)

さい芸楽日の魅力は、藤木さんの万感の表情と、
もしかしたら見られるかも知れない蜷川さんとのツーショット。
カフカでは宮沢さんや古畑君がメインだったから、
藤木さんはちょっと引いた佇まいだったけど今度は主演ですしね。
そのさい芸楽日は大激戦だった模様。
やはり関東、土曜日、昼公演と条件がそろった所為でしょうか。

チケット当選を受けてホテルも予約したし準備は着々と進んでおります。
あとは藤木さんに稽古を頑張っていただくことと、
蜷川さんのお体の回復を祈るばかりです。


東日本大震災から5年がたちました。
その間私は何か出来たのだろうかと自問自答。

何か役に立ちたいと思いながらも、結局何もできないでいる。
自分こと、周囲のことで精いっぱいで、
いつからか何かしたいという気持ちすら奥のほうに追いやられている。

でも3月11日という日だけは、あの日起きたことに思いを馳せよう。
震災で亡くなられた方々のご冥福を、
震災で多くを失われた方々に幸せが訪れるようにお祈りいたします。

私はちっぽけで非力な人間だ。
でも非力でもちっぽけでも、精いっぱい生きなくてはいけない。
そして3月11日の出来事を、忘れない。


~彩の国シェイクスピア・シリーズ第32弾~
『 尺には尺を 』
埼玉公演    彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
公演日 13:30 18:30
5.25(水)
5.26(木)
5.27(金)
5.28(土)
5.29(日)
5.30(月) 休演日
5.31(火)
6.1(水)
6.2(木)
6.3(金)
6.4(土)
6.5(日)
6.6(月) 休演日
6.7(火)
6.8(水)
6.9(木)
6.10(金)
6.11(土)
=映像収録のためカメラ設置


福岡公演   北九州芸術劇場 大ホール
公演日 13:30 18:30
6.17(金)
6.18(土)
6.19(日)



大阪公演     梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
公演日 12:30 13:00 17:00 17:30
6.24(金)
6.25(土)
6.26(日)
6.27(月)


[キャスト・スタッフ]

■作 / W・シェイクスピア
■翻訳 / 松岡和子
■演出 / 蜷川幸雄
■演出補/井上尊晶

■キャスト
藤木直人
多部未華子

原康義
大石継太
廣田高志
間宮啓行
妹尾正文
岡田正
清家栄一
新川將人
手打隆盛
(さいたまネクスト・シアター)
松田慎也
(さいたまネクスト・シアター)

立石涼子
石井愃一
辻 萬長