/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

#1 スパルタ恋愛術で幸せをつかみ取る!  4.15 
#2 男を虜にする秘策               4.22  


今日の夜には3話が放送されます。
このまま悠長にしてるとズルズルと最終話まで放置してしまいそうなので
ここいらで少し感想などを。

1話2話ともスピード感あって面白かったです。
展開も早くていい。
セリフも多く情報量が半端ないので、
見終ったあともう一度吟味しながら見てしまう(笑)
好きな場面はやはり戸倉とみやびのシーンです。

戸倉の突っ込みに対してみやびが負けてないのがいい。
本音対本音で言い合ってるのが痛快です。
また戸倉にキレたり、婚活パーティーで嫌味な医師に絡まれて
つい出席者を売れ残り発言したりするみやびが、
桜井の前ではほんのり乙女が前に出ちゃってるのが何とも可愛い。

最初どうなのかなと思ってた徳井さんも違和感なくなってきました。
ありがちなイケメン俳優さんでもよかったのかなと思うけど、
違うジャンルの徳井さんだからこそ、ドラマの奥行が出るというか。
指南役の藤木さんとは別ベクトルな存在として合ってると思います。

戸倉役の藤木さん、どうしてもハラハラした心持で見てしまう(笑)
1話は若干セリフに意識がいってる気もしたけれど、
ふとした表情とかやっぱいいなぁって…思いました。
特にヒロインを見守らせたら天下一品‥は言い過ぎか(笑)
でもすごく優しい空気を漂わせるんですよね。
なのに口から出るのが毒舌なのがたまらないわけで。
そしてところどころに出る可愛らしさ。
2話でいつものごとく「教えてやろう!」と言ったのにみやびから拒否られて、
でも言いたくてたまらない、言っちゃった。ってところがね、可愛い。
みやびもいらないって拒否ったものの、でも気になるような雰囲気が、
なにげない間となっててよかったなぁ。

ドラマにおいて登場人物が魅力的というのは大きいですよね。
このドラマは登場人物がそれぞれハマってます。
そしてみやびと桜井の高校生シーンが甘酸っぱさを添えていて、
39歳という年月がリアルに感じられます。
使用前使用後の写真じゃないけど、人に歴史ありというのを感じさせてくれて、
なお自分の過去を思い起こさせてくれる。
恋愛のハウツードラマでありながら、いろいろな側面を見せてくれます。

側面といえば、戸倉にも恋愛マスターとは別の顔がありましたね。
思うに戸倉は幸せな結婚生活を送ってた頃から時が止まってるのではないかと。
みやびも桜井に恋してた頃から前に進めていない感じ。
もしかしたらこの二人が前にすすむというのが、
このドラマの裏メニューなのかもしれません。


禁煙という言葉も忘れつつあったのですが、
2016年の年が明けてから色々なことが変わり始め、
少しづつストレスがたまり始めました。
禁煙9周年を迎えるころ、ふと私の中に眠ってた喫煙欲が芽吹きました。

「もう知らない もうどうなったっていいや・・・」

「そういや以前はこんなモヤモヤした時煙草吸ってたよなぁ」

「吸う? もうなんかどうでもいいや… 煙草吸おっかな」

なんて自分を虐めるような思考回路でした。

でも思いとどまったのは、吸った先には何にもないとわかってたから。
吸ってる時は、気持ちがスーッとしても、自分の中のドロドロはなくならない。
それがわかってたから、実際手にすることはしなかった。

その後、心に少し余裕ができてストレスは減ってきたけど、
たぶん私の中にはまだストレスがたまってる。
また何かあった時には、私のストレスコップは満タンになり溢れ出すのだろう。

その時にはまた喫煙欲が顔を出すかもしれない。
喫煙によって得ていた解放感とかそういうものが、私の中にある限り。
でもそれが一刻のことだともわかっているから、
顔を出したら引っ込めて、顔を出したら引っ込めて・・・・
そんなモグラ叩きを時々は、しなきゃいけないのかもしれません。