/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

藤木さん帰ってらしたんですね。
不思議だなぁ~ 
日本にいるとわかった途端に安心するというか、ほっとするというか。
住んでる場所も遠いし、どこかで会えるわけじゃないのにね。

あ、逆か。
いないと思うからさみしいんだ。
空が果てしなく感じるのか。

とにもかくにも、元気でいてくださいな。

そして、ご心配のそういう作品。
もしそういう作品にご出演されると私もぶっ飛びまする。
出来ればそういう系は避けて通りたい。
どうかそっち系のオファーが来ませんようにと願いたくなる。
でももし万が一出演となれば・・・・

やっぱり見るんだろうな。


尺には尺をの大阪千穐楽を見に行って以降、
なんとなく胸の空白をいまだ埋められずにいます。

そして何をやろうにもこの暑さ。
というのも部屋のエアコンがとうとう壊れてしまいまして、
扇風機と保冷剤を首に巻いて暑さをしのいでいます。

このエアコンは購入してから30年近くなります。
毎年毎年壊れやしないかと思いつつ動いていた働き者。
同期のエアコン達はとっくにリタイヤしたのに。
後輩が壊れるのを横目に、
最後まで若い者には負けんと言いたげに動いておりました。

風も出るし、室外機も動く、ただ冷たい風が出ない。
ガスがないのかなと漠然と考えてましたが、
なじみの業者さんに見てもらったところ、
圧縮機の故障ではないかと言われました。
もちろん30年ほど前のものなので部品がない。
よって新しいものに買い替えることにしました。

業者さんいうには、
今動いてる古いエアコンはこの頃に作られたものなのだそう。
その後に作られたものは10年ほどで故障するのだとか。
今の家電製品はむしろ長く使えないように作られていると聞いて何となく納得。
家にある電子レンジオーブンももう30年くらいだから。
物づくりに情熱燃やしてた時代なんでしょうかね。

今年冬に購入した洗濯機なんて、
7年は安全に使用できるように設計してあるが、
それ以上使うと劣化して発火して事故が起きるかも?…なんて書いてある。
国産の大手メーカーなのに、なんか悲しいよ。

しっかりしたメーカーのいいものを買えば長持ちする…のはずが壊れて、
こんなことなら安物で使い捨てのほうがいいわってなりつつある。
家電が故障するとめちゃめちゃテンション下がるから、
なるべくなら壊れない物を買いたいんですけどね。
まぁメーカー側からすれば買い替えてくれないと…なんでしょうが。

そんなわけで、暑い中ますます熱くなってしまいました。