/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

3話は割と見やすかったです。

使い倒された手錠ネタ(手錠ではないが)かよ‥とか、
ホームレスのコスプレ意味ある?とか、
わざわざ妄想を映像化しなくても…とか、
まだまだ思うところはあるけれど。

ヘリで逃げる犯人を逃がすまいと、
つかまる京極に引きずられた亮太の足にロープが引っかかって、
ヘリが上昇できないというバカバカしくも笑えたし、
まさかそのあとユイの乱闘した角材が、まさかヘリ直撃というのにも笑えました。

ただドラマの本質的に面白いかって言われたら微妙かな。
京極の真っ直ぐさはいいんだけど、
いまひとつ魅力が感じられないのは残念です。


今週の松浦は、現場まで絡んできてよかったなと。
遠藤(佐野さん)の後釜なのにちょこちょこ中央警察署にきてるけど、
現場主義なのか、よっぽど京極が気になるのか。
ま、それ以上に来るのが部下の若山だけど。

これから京極とガッツリ対峙してくれないとモチベーションがもちません。
不敵な笑みでのんきに絵をかいてる神野も、
そろそろ正体を匂わせて欲しいところです。

次回は松浦にかかわる事件のようですね。
安易に登場人物の家族や友人を使うんじゃない!
と思いつつ、楽しみだったりします。



最後のどんでん返しにはびっくりだったけど、
それを煽りに使うのはどうかと。
最後まで見させようという下心が見えちゃってませんか?

2話は天然記念物のオナガ‥取引先?の尾長のひねりはあったものの、
刑事ドラマとしてはなにか物足りない。
犯人を前にして京極が説く言葉も、なんかビビッとこない。
まるで子供向けのライダーものを見てるような気になる。
決して嫌いじゃない。
ただもっと面白くできるはずなのに…と思わずにはいられない。
それぞれのキャラは面白いんだけど。

さて2話の松浦さん。
本部長・神野に京極のことを訴えても無駄だと悟ったのか、
絵を勉強してすり寄るも、センスが合わず撃沈。

拳銃と押収した大麻をごっそり持ってかれてパニクってる中央署を、
こいつらしでかしたな・・・と上から目線。
しかし、なぜか神野に気に入られてる様子の京極がますます気に入らない?

中央署の失態を受け、
捜査会議で指揮官として引っ張っていく松浦さん、ここ見せ場です(笑)
しかし掃除コスした中央署に情報盗まれ勝手に動かれるは、
部下の若山が合コン目当てに亮太に情報流すはで、司令塔としての立場が。

神野には冷たくされ、京極には先を越され、部下は勝手に情報漏らすわで、
報われない孤軍奮闘。
そしてここにきて、部下の若山がコメディゾーンへ突入。
1人シリアスを背負う松浦の行く末はいかに?

と一人浮いてる藤木さんですが、愛らしいキャラになりつつあります。
部下の竹内君が弾けてきたので、かすみそうではありますが(笑)


かもしれない女優たち、面白かったです。
前作も見ておけばよかった。

女優さんが、扉を開くとそこはターニングポイントで違う選択をした自分。
そして別の道を切り開いて成功したり幸せをつかむ。

広末さんは、過去に出版したお掃除本に火が付き、
タイム誌に乗り世界中を駆け回るお掃除アドバイザー。
井川さんは年商1000億の会社社長との結婚。
斉藤さんは大学の論文が認められ、ノーベル賞。


でも最後はまた本来の女優に戻り、「かもしれないよ」って(笑)

女優という現実と妄想の境界線があいまいで、
楽屋で中で起きた夢のような話なのかなと思いました。
しかし堂々とあるく3人を見ると、やはり女優なのだろうと。

でもさぁ、負け組になっても成功するって…
やっぱ勝ち組の人たちってことなんだよね。
ってか現実勝ち組だからドラマでも勝ち組なわけで・・ってわけわからん。

わけわからんと言えば、前作の撮影シーン。
一回目は知らないエキストラで、2回目は井川さん。
井川さんが”かもしれないワールド”に入ってきたから、変化が起きたんだよね。
バーのママも、斉藤さんが入ってきて、しずかママだっけ?と入れ替わって。
広末さんはそういう立場が変わる人はいなかったね。

芸能界だけじゃない、この世はイス取りゲームみたいなことってあるよね。
1人1人は唯一無二の存在なはずなのに、
俯瞰で見たら私の代わりにあの人がいるみたいな。
取られた人は、取られた~って思うけど、
そこが空いてたから他の人が入っただけで、別に代わりってわけじゃない。
もし私がこの世からいなくなっても、私が存在してたスペースは他の人で埋まる。
・・・・なんてなことをポカンと思ったりしました。


藤木さんは本人役ということで、
バカリズムさんが考える藤木直人像に興味津々でしたが、案外王道でした。
女性の幸せの中の一つの結婚、その象徴としてイケメン、金持ち、いい人。
現代の王子ともいえる役だと思いました。

最初は俳優・藤木直人で登場。
井川さんにご挨拶にいったがために、"かもしれないワールド"へ。
俳優やってなくても、年商1000億の会社社長、こちらも成功者だ。

どこかにサラリーマンでいいから藤木直人いないかなぁ。
月収30万でもニヤニヤしちゃうんだけど。

てな私的なことはおいといて、イケメンで金持ちならそりゃ~寄ってくるよね。
それを隠すためにカジュアルな恰好で自宅に入れない藤木社長。
しかもタコ呼ばわりされても浮気疑われても、
ノープロブレムでプロポーズするいい人っぷり。
バカリズムさん、藤木さんに貸しがあるのか?

最後女優3人が歩いてる背景に、
リリーさんや斉藤さんの大学生のお友達がいたんだけど、
藤木さんはいなかったのはなんでだろう・・・
俳優藤木直人がチラッと映っててもよさそうなのに。


最後に、バカリズムさんすごいなと思ったところ。

かもしれないという世界観に、斉藤さんが書いた5次元の論文で括ったこと。
物理とかそういうの全然チンプンカンプンなんだけど、
なんとなく繋がってんだろうなって思った。

「卒業」で斉藤さんが号泣したとこ。
♪ ああ卒業式で泣かないと 冷たい人と言われそう
 でももっと悲しい瞬間に涙はとっておきたいの ♪


この取っておいた涙が今なんだなと。
2度目の卒業式を迎える今、流す涙。
すごく印象に残った場面でした。


始まりました。
面白かったのですが、
9月にやってたのを見てしまったせいか、少々新鮮味が感じられなかった。
なんか・・ストーリーよりもギャグパートが目立ってしまってるような。
1話でこんなんで今後飽きずに見られるかちょっと心配になってきました。。

藤木さん演じる松浦は、
京極への敵対心を燃やす場面が多かった。
京極を辞めさせたい?
しかし小日向さん演じる本部長神野に抗議するも却下され、余計憎々しい?
思っていたよりは出てたけど、
やはり京極と亮太のバディものなので、過度な期待は禁物なのかな。
松浦出てこないかなぁ~と時々思ってしまいました。

ただ、松浦は30年前に京極と何かあったみたいですね。
それもあって京極を敵視している。
う~ん、15歳の松浦。京極が眠りに入る前…
定番なら父親が警察官とかで京極の起こしたことで殉職したとかそんな感じ?
なんにしても松浦が刑事になったことに京極がからんでそう。
いつか京極とぶつかり、和解するときが来るのでしょうか。

・・・・あれ?そうしたら映画によばれなくな~い?

なんて、今から映画を考えてても仕方ないですね。
2話から色々動き出してくれるといいな。

そうそう、公式で発表されたとき髪が遊んでるように見えた藤木さんですが、
本編はそうでもなかったです。
唐沢さんに突っこまれたりしてなどと妄想云々…恥ずかしい限りです。