/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
折り紙が語った真実… 愛する君に復讐を ◇ 3.06 OA

高田副署長が慶介に協力して物語は事件の真相へと加速。
こんなことならさっさと高田を取り込んでおけばよかったものを。
慶介たちと並行してプレミアワイドチームも独自に犯人探しに奔走。
このスピード感はいいですね。
2組の情報から謎の人物小河原祥汰に焦点が行く。

そんな中プレミアワイドが慶介に接触、
一緒に犯人を探そうと持ちかけられるがもちろん断られる。
二つの線が交差し、また別の方向へ走り始めます。
プレミアワイドは面白いニュースへ、
慶介は母親の無実を社会へ訴えるため?
最後には慶介とメディアが交わると思いますが、
どう落とすのか楽しみです。
あ、あとまだファイナルカットが生きてるらしいので、
その活用方法も注目ですね。

そして今の時点で犯人と思われる小河原祥汰。
8話で少し印象が変わってきました。
もし犯人だと仮定して、
何らかのアクシデントでしほちゃんを死なせてしまったのかなと
勝手に思ってたけど、少女が好きという描写も。
これも印象操作かな?
ありがちな幼女好き犯人像と思わせて実は…みたいなのもありそう。
折り紙の絵から少なくともしほちゃんには慕われてたわけで、
そこは幼女好きとも優しいお兄ちゃんとも取れますよね。
今のところ十中八九、小河原祥汰が犯人のように描かれていますが、
もしほかに犯人がいたら・・
でもだったら身を隠す必要もないわけで、
そのあたりをうまく捻って見せて欲しいです。

そして、百々瀬塁の謎。
妻は病院?だったら息子はどこに?
百々瀬の謎をここまで引っ張る理由ってなんでしょうね。
まさか事件に関係してなきゃいいけど…
ってなぜか百々瀬擁護目線(笑)
いやいや、百々瀬には最後までキレッキレでいて欲しいからさ。
カメラの前で謝罪する百々瀬は見たくない。

いよいよ今日が最終回です。
最終回で百々瀬がカメラの前で何を発するか…
一番の楽しみだったりします。


スポンサーサイト
真犯人はそこにいた…一線を越えた夜! ◇ 2.27 OA

人物相関がはっきりしてようやく核心に迫ってきました。
もっと近道があったろうに。
何人ファイナルカットしなきゃいけないんだっつうね。
あ、復讐でもあるんだっけ。
数々の動画で最後どうオチつけるのかな、主人公は。
切り札になるんでしょうか。

7話見て改めて思ったこと。
やっぱり主人公に説得力がない。
FCするつもりが逆カメラ仕込まれて絶句、
その後高田が寝返ってその勢いでファイナルカット。
主人公が若くて感情で突っ走ってるなら同情もできるのだけど。
まぁ別のシーンで感情が突っ走ってて、こっちが絶句(笑)
そして次回にはその相手にファイナルカットするって…。

ファイナルカットは復讐じゃなくて、手段なの?
そうなると強迫の意味合いが大きくなって、
ますます主人公から心が離れていくのだが。
トドメの接吻の主人公はクズだけど応援したくなるのになぁ。

そうそう相棒君は純粋に慶介の母を慕っての協力でしたね。
とてもけなげでした。しかも有能…もったいない(何が?)
高田も事件を調べるのが目的で芳賀に近づいていた。
高田は敵と思わせて…実はみたいなのが透けて見えてましたね。
もう少しうまく騙して欲しい。
あと色々都合よすぎなのもやっぱりね。
毎回思うもの、こんな性能のいいカメラがあったら大変だなって。


さて7話の百々瀬と言えば、お肌のお手入れ。
藤木さんがやってると笑ってしまう。
そしてジムでの高田とのシーン。
百々瀬も警察に踊らされたわけでプライドが許さないよね。
高田が味方に付いた慶介 VS プレミアワイドチーム。
どちらが早く真犯人にたどり着くのでしょうか。
そして百々瀬がどう慶介を利用するのか、
慶介がどう切り返すのか・・・・そのあたりに注目です。
あと百々瀬がお見舞いに行った伏線がどう拾われるのかも。

すみません、百々瀬がらみばかりですね。
でも最終回までにはもう一回くらいキレて欲しいです(笑)