/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

出張という名の不倫 ◇ 10.28 OA   ◇ゲスト/ チャンカワイ 山口いづみ

かえ玉に続き右折成功、成長してますね。
初回のようにフミ君フミ君とまとわりつかなくなり、
見やすくなりました。
探偵さんとの絡みも多くなり面白さもアップ。
だけどフミ君パートが置き去りにされてるようでちょっと悲しい。
芹菜パパに早く行動してもらわないとね。

2話はちょこちょこ面白いセリフもありクスッと笑えました。
芹菜関連では、

・あるよ~ジュディとフミ君のマイレージが!
ロマンス小説読んでいたのが役立ってましたね。

・旦那の誕生日は?と聞かれ、去年はね‥と嬉しそうに話す芹菜。
フミ君のことが大好きなんだと微笑ましく。

・ふ、普段着ですけど…何か!?
笑った。

・フミ君のこぼしたワインの染みだから…
フミ君のすべてを引き受けてる芹菜の強さを見た気がした。

フミ君を取られても命まで取られるわけじゃない…
でもやっぱり嫌だと言う芹菜は、
左折左折で生きてきて、ようやく右折する事が出来ました。
この勢いで芹菜は会社に…暴走?


探偵さんやジョージも面白かったです。
古田さんが妙に抑え目なのが不気味。
探偵さん毎回芹菜の口を掴むのは、いずれキスするためでしょうか。
芹菜に対する思いの変化を見せるアクションかなと。


フミ君(藤木さん)で印象に残ったのは、

・芹菜に「たこ焼き~」攻撃をサッとかわす表情
まるっきり無視と言うわけでもなく、
一瞬固まって戻るタイミングが絶妙。

・芹菜の右折に満開な笑顔。
頑張った芹菜にありがとう、
パスワードにセリナの名前、愛してないわけじゃないよね。

・フミ君スマッシュ
卓球シーンあってよかった。
芹菜パパはフミ君を見透かしてそうだ。
そんなパパに無言の反抗?
二人はどんな部下と上司だったんだろう。

・手をふる部長が常務に翻って一瞬ガッカリするフミ君、
そんな自分を一蹴するかのような笑み。

部長の誘いに積極的なのは、21階の動向を探るためなんだろうね。
でも突然キスされて、淡い想いも生まれた?
新山常務を探る口実もあるし、ミイラになりそうな予感。

・芹菜がお守り探しから帰ってきたら、フミ君が少し優しい。
部長にふられて、
自分の側にくる芹菜がちっとは愛しく思えた?

・部長に「ね、広島弁で喋ってみて。命令よ!」
「え~そがんこと急に言われても喋れんけー」

数少ない部長とフミ君のコミカルな部分。

探偵パートのわかりやすいコミカルな掛け合いに比べると、
フミ君パートは、コネタもさらっとしてるんですよね。
だからより探偵部分の面白さが引き立っているのかも。

まぁホテルでのフミ君、部長の「あっ!」はいかにも…でしたが。
でもいつもコミカルじゃない分、新鮮で好きだ。
同僚とのやり取りも面白い。

”部長のくちびる、プルップルッしてて”という同僚の言葉に
思わず高野ぶちょおの唇を想像してしまいました、
部長=ぶちょお…ややこしいイメージがついたものです。

フミ君はもしかして、芹菜の行動に気づいてるのかな。
1話の変身した芹菜も…気づいてたとか?
でもわざわざワインこぼしたこと言伝してくかな~と思うと違うのか。

芹菜が会社にもぐり込み色んな騒動が起こりそう。
そしてフミ君はいつ気づくのか…楽しみです。

【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1013-45ae96f2