/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

泥沼な女たち ◇11.1 OA

やはり耕太郎と辻房恵は付き合ってたんだ。
辻房恵に誘われて仕方なく来た…んじゃなかったんだね。
しかも辻房恵、妊娠してるから喉が渇くと、どや顔で言い放ったよ。
内心は市子の存在が怖いんだよね。

市子はショックを受けた。 私もショックを受けた(笑)
子供産みたくて耕太郎と別れたんだったもんね。
再会で期待した分落ちた谷底は深かった。
でも耕太郎ときっちり決別できた市子は、カッコいいです。

…袴田さんはこのまま納まるのかな?
今まで犯人役かヘタレ役が多かったから、
今回は主人公の恋人役でよかったね~と喜んでたのに、
結局通過点なのか。

まりは旭の居場所がわかるとすぐさま会いに。
なかなか正直になれないね。別れたくない一緒にいたい…
でも口に出たのは一緒に暮らしてた分の家賃払ってよ。
どうにかして繋がりが欲しい、そんな思いが見え隠れしてました。
欲しいのはお金じゃないのにね。

三宅ちゃんも同じだ。
旭に住む場所提供してほんの一時でも一緒にいたい。
繋がりを持ってたい。
でも出て行くといった旭に思わず「行かないで…」
言っちゃったよ~まりより素直だよ~
ただ拒絶されて傷つくのは女以上かも。

奈津も旦那が見つかりました。
…家族を捨てた理由が山で暮らしたいとは。
地震があって、
やりたい事は今やらなきゃダメなんだと悟ったようです。
週末だけ山で暮すとかじゃダメなのかなぁ。
なんにしたってやりたい事があるなら、
まずは家族を説得すべきだよね。

一つの区切りを終えた女たち、
美味しいもの食べて、温泉入って、卓球して…
泥を流してまた明日を生きていく。
女性の強さみたいなのを感じました。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1022-ff9c7d97