/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
プロポーズは突然に ◇ 11.8 OA

2話から参戦。
今期は女3人が軸の話が多いですね。
中でも火曜NHKはカレ→ビターの2階建て。
時期をずらすとか曜日を変えるとかすればいいのに。

このドラマの女性たちは他人ではなく3姉妹。
それぞれの男性観と生きる姿が見れそうです。

主人公の治子、次女。
真ん中らしく自由奔放。
バリバリ仕事しながら、男にも肉食系。
恋人の熊ちゃんがいない間に、別の男性とも関係を持つ。
帰国した熊ちゃんにプローポーズされ喜ぶものの結婚はしないと言う。
今後熊ちゃん以外の人を好きになるかもしれないと。
そりゃ熊ちゃん怒るわ。
でも家事全般をこなす熊ちゃんももっと大きな人かと思ったら、
俺が家事やってあげてた発言。
結婚したとしても、お互い仕事忙しくなると破局しそう。
今後、八木と関係もったことで、窮地に立たされる?

長女の麻子。
DV夫が同じ本を買ってくるのは、
病気の前兆?と思ったら確信犯っぽい。
わざわざ「麻子へ」なんて書くか?作家大先生でもないのに。
麻子はこの本だけは新しいのと取り替えなかったんだよね。
なにか思い入れのある本なのか。
それとも小さな抵抗?

麻子の自分が
水に浮いた油の玉のようにこの世界を漂って…
というのがすごく響いたな。
姉妹や母とすごしてた頃には戻れない。
自分だけが1人世間とは別世界で生きてるような錯覚。
私が抱く気持ちにドンピシャな表現で共感した

三女の育子。
母と父の離婚の影響を大きく受けた。
まさかホームレスと初体験するとは…まさにファザコン。
でもそれだけじゃないのかな。
ホームレスと一緒にいて、落ち着くとか好きなんて言ってたから、
育子の遺伝子はここを求めてるのかも。

育子の初体験話に、「処女じゃないの?」と
鳩に豆鉄砲な熊ちゃんに笑った。

夫婦が離婚したものの、娘、妻、夫がいい距離感の家族。
でもお父さんは元妻に大事な話があるとか。
それを聞いてお母さん泣いてましたね。

病気で余命幾ばくか…かな?

麻子のDV現場に足を踏み入れた治子、
どうする?マヨネーズ夫。












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1029-96404b8f