/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
全部脱いで! …承知しました ◇ 11.9 OA

長男はミタがなんでもしてくれるか、ずっと気にしてましたもんね。
イライラした勢いでミタに言ってしまった。
それを承るミタ、笑うことより容易いことなのか?

長男が抱えてた思いは「家族を守りたい」
…全然気づきませんでした。そうだったのか。
その長男に、ミタは亡くした子供を重ねていたのかな。

長男のイライラ最高潮の時に目の前に現れたミタ。
間が悪い・・ミタがいなきゃ自分じゃ何にも出来ないのに。
さすがに爆薬も重機も鞄の中にははいっていない(笑)
そこでミタ、赤いスプレーで落書き、
もちろん落とす洗剤も持っている…準備良すぎ。

ミタ、この家族の前で少し仮面がはがれてきたのかな。
家族の和になじんできて、導き始めたようにさえ見える。
そして家政婦紹介所の晴海さんは、ミタの事情を知ってるんだ。
つい口をすべらして…って取ってつけたようなセリフでしたが、
こんな感じで少しづつ触れていくんでしょうね。


父親が不甲斐ないほどミタの強さが引き立つのですが、
そんな父親も少しづつ父性が芽生えてきたのでしょうか。

不倫相手のマンション前で待ち伏せしてたら前の部下と一緒。
女は取られるわ、プロジェクトの座は取られるわ、嫌みったらしいわで、
行き場所がなくなっちゃった。
そんな時に長男が問題起こして子供たちと触れ合う。
子供への愛情がもてないって言ってたけど、
父親は父親でちゃんと子供たちを見守って来たんじゃないのかな。
ま、不倫しちゃったけどさ。
子供たちが見て育った父親の背中には、
確かに愛情があったんだと思うな。

長男が繋げた子供たちと父親。
だけど長女が帰ってきてまたバラバラに…
長女は母親の影響を一番受けてるから、簡単に父親を許せないよね。

次回は長女がミタに自分を殺せ…ありゃりゃ。
相変わらず予告でひき付けますね。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1031-010fd27a