/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

裏切り者の夜 ◇ 11.11 OA    

ふみ君、暴走ーーー!! 探偵見てる~~~!

罠だよ、逃げて~と画面のふみ君に思わず叫んだよ
なのに、「好きだ・・あの人の所へ帰したくない」
…ふみ君の真意が測りかねます。
せっかく芹菜といい感じになってきたのに。


千早は演技なのか本音なのか読めませんね。
ただ夫と同伴の出勤を嫌がったり、
梅田さんの葬儀で夫の言葉を嫌ったところをみると、
野心的な夫に疲弊してるようにも受け取れます。
その中でふみ君が千早の癒しになってるのかなって。
そうなると、千早の涙に嘘はないのかも。
ま、すべて視聴者を騙すための演出という線もありますが。

またふみ君も、常務のかけた罠に
自ら飛び込んだという線も考えられるんだよね。
ただ芹菜の変装も気づいてないという、
案外単純‥真っ直ぐ、鈍感?なヤツでもあるので、
常務の策略を逆手にとって…という機転がきくかどうか疑問です。
やっぱりなんとなく部長に惹かれてるのでしょう。
それが部長の弱い部分や強がった部分を見て、
また無神経なプレゼントする常務への怒りもあって、
エレベーターキスに至ったと。

ピエロなふみ君。
妻は会社に潜入し、見張ってる。
芹菜パパは復活のためふみ君をスパイさせてる。
新山常務には妻へプレゼントの人形扱い。
…ふみ君頑張れ。


芹菜の成長は顕著ですね。
でもふみ君は芹菜の目を見て話すようになったのに、
芹菜はふみ君を見送らなくなっちゃった。
まぁ芹菜からしたら会社で会えるからいっかって感じなのかも。

だけど、ふみ君が振り返るシーンは夫婦の行く末を見るようだった。
いつも自分を見てくれてるものだと思ってた芹菜が、
気がつくといなかったりする。振り返るのが遅すぎたのか・・
今は芹菜が自分以外の世界に目を向けたって喜んでるのかもしれないけど、
いつかふみ君のもとからいなくなっちゃうのかも。

話し合ったあとの抱擁シーン、芹菜を抱きしめそこなったふみ君。
見送りといい、夫婦のすれ違いタイミングの合わなさが、
いつか夫婦の距離を遠くしていくんだろうか。
やっぱり芹菜は探偵さんに惹かれるんだろうか・・・

つい、ふみ君中心になってしまいますが、
他の登場人物も目が離せません。

新山常務、目が鋭すぎる。上海スカイプ・・動き出しました。
ジョージ、ギャグが増えてきた。
探偵さん、声芸顔芸に笑った。 芹菜への愛情が溢れてきた。
芹菜パパ、まだ動かず…笑顔が不気味。肩こりは卓球のしすぎじゃ?
福寿、ふみ君に絡んでくるキャラが好き。
梶木、185センチの俺様はほんとにスパイ?
掃除の先輩、サボってばかり、面白すぎる。
もとこ、初恋と決別。芹菜のよき理解者。

芹菜、もとこが来て興奮?ハァハァ
そして、ふみ君の寝起きにハァハァ‥じゃなかった、ニヤニヤな自分。

次回、エレベーターキスからどう話が転んでいくのか楽しみです。


【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1034-6610aba6