/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
僕、葬儀屋になります~恋あり、涙あり、ミステリーありのヒューマンホームドラマ 
◇ 01.12 OA


全然、全く期待してなかったのですが、意外と面白かったです。
ただ違うキャストで見たかったかも。

きっちり頭から見たわけではないのですが、
えっ、ラブコメ? から始まり、
えっ、ホームドラマ?に代わり、
最後は、片平なぎささんばりの葬儀屋探偵?と
色々詰め込んでありますね。
長男が失踪して父親が亡くなるなんて、
ランチの女王の葬儀屋バージョン!?


山下さんはいつものボソボソ口調で、走ればプロポーズ大作戦。
榮倉さんは蜜が抜けてて良かった。でも警官ってタイプでも・・・
山下さんの側に山崎さんあり!なのは何の由縁なのでしょう。
それともおくりびととリンクしてるのかな。

中でも気になったのが前田さん。
Q10はよかったのになぜこんなにつたなくなったの。
トロトロしたセリフ回しに、甘ったるい声。
兄弟のシーンに魅力ないのは残念です。


業績管理担当した居酒屋店長の葬儀がきっかけとなり、
覚悟をもって家業を継ぐことにした主人公ですが、
次の葬儀はアルバイト面接に来た若者!!
主人公の顔見知りが次々と亡くなっていくのかい?・・・怪奇だ。

そして今回亡くなった店長(設楽)とキャッチボールしてた子供が、
実は本当の子供だったらしく、真人(山下)を許さないと言い残す。

父を追い詰めたのが真人だって誰から聞いたのか、
なぜ店長と子供の母親は籍を入れなかったのか・・・謎だ。

葬儀屋と警官がタッグを組んで真相を追うドラマはある意味斬新?
謎解き、人情、成長物語に人生の幕引きと、
色んな要素がてんこ盛りで上手く描けたら面白い作品になりそう。
でもキャストに不安が・・・ってなるのよね。

とりあえず次が楽しみって思えたのでヨシとします。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1058-4ad56f1d