/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そういえば私、松岡さんのドラマってことごとくスルーしてる。
なんとなく苦手なんだよね。

で、今回は見ました。
なんていうか大雑把なタイムスリップだな~
過去の自分に未来の自分だよって言えちゃうのが不思議で。
まぁ今まで見てきたもので固定観念に捉われすぎかもしれないけど。

今の仕事が嫌になってハローワークに行ったあとなぜかタイムスリップ。
せっかくのチャンスだしってことで未来の軌道修正しようと試みる。
しかし現実は変わらず、
でも関わった古本屋の少年の未来を変えちゃったと。

面白くなくはないけど、軽いノリに真面目につっこみたくなる。
35歳で警察官・・仕事やめよっかなぁ
→ハローワークで職探しってそんな単純な。

一つ気になるのが、地上げ屋高野がなぜ捜査一課の管理官になってるのか。
小暮(松岡)がタイプスリップしたせいかな。
若き高野が小暮の舎弟にして下さいって言ってたし、
小暮を慕ってたら、小暮の夢が自分の夢になっちゃった?
それにしても、険しい真面目な古田さんは珍しい。
我慢できずに笑いに走るんじゃないかって、つい注目してしまう。

次も見ようって感じではないけど・・・まぁ気がむいたら見ます。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1061-48751853