/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
恋ってどうすれば良いんだ?◇ 02.23 OA

このドラマ、つい女性脚本家が書いてる錯覚に陥るけど
岡田さんなんだよね。‥何か不思議な気分です。

さて7話も面白かった。

真平の病気は脳腫瘍でした。
場所が場所だけに、双子の万理子にもシンパシーがあったのかな?
もちろん片割れがいなくなる不安もあって。
そしてまさかの同じ人を好きになる?
ま、それは真平が好きになったから自分も好きなのかも?
という錯覚のような気もしますが。

しかし脳の病気とは予想以上にとズシリと重い話でした。
なのに千明は皆そうだよねと空気を一変。
友人の前では真平の歩んできた想いを汲み取って泣いてたのに‥
真平を支えてきた家族の前で泣くわけにはいかなったんだろうな。

一方和平の愚痴を引き出して「スッキリしました?」
典子には「こういうときは笑うんだよ‥傷にならないように笑っちゃうの」
カッコよすぎじゃないか‥千明。

そして真平にちゃんと向き合おう懐に飛び込むことに。
真平ファッションの千明が、めちゃ可愛いんですが。


千明べた褒めですが、和平もいい。
何気ないセリフなのにホント面白い。
「また笑ってるよ…」が何気に好きです。
真平に「50代はきついぞ~お前もこのキツさを味わえ」‥カッコよかった。
ムキになったりしょぼくれたり老人に翻弄されたり、なんて可愛い50代。
やっぱ千明でないと扱えないだろうなぁ‥

千明の言葉で和平も動き始めました。
お見合い娘とデートに…
二人は別々の恋の道に進み始めたけれど、きっと戻ってくるよね。


このドラマ見るとさ、なんか元気出てくる。
前期のNHKのビターシュガーや夫、彼、男友達も好きだったけど、
これほど笑い飛ばせちゃう感はなかった気がするから。

千明のカッコよさや色んな事背負った和平に、
思わず「私も頑張りますぜ!」と後につづきたくなる。
いいよねぇ~ほっこりするわ。

次回も楽しみです。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1087-3c480cc7