/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ソウルケイジ ◇ 03.20 OA

解決はしたけどモヤモヤ感が残る最終回でした。
2話完結だったら「面白いっ!」って思えたかも知れない。

ソウルケイジ=魂の檻 最初は魂の刑事かと・・(笑)
高岡や耕介らもどこか閉ざされた心を持ち、
また姫川親子も過去の事件により閉じ込められた心をもつ。
それが高岡の壮絶な父性により少し開いたようでした。

姫川は今まであまり父親に触れてなかったけど、
当時の苦悩が描かれていて、父の存在の大きさも伝わってきました。
そして母親を抱きしめることができた。
「私はあなたを抱きしめられるくらい強くなったのよ」
・・母の涙がよかったです。
父親が母は泣かなかったっていってましたもんね。
ただ親子の緊張は解けたけど、玲子のトラウマはまだ続くんでしょうね。
菊田(西島)との距離感をみると。

また日下も高岡の父性の影響を受けてましたね。
日下を巻き込んだのは刑事の父親像も絡めたかったのでしょうか。

事件はというと、
左手は高岡のもの、胴体は戸部のものでした。
まさか左手が他人の血液に浸されてたとは。
だけど胴体を高岡だと証言した耕介はほんとに知らなかったの?
微妙な表情だったのに。

耕介の恋人・中川(蓮佛)と戸部(池田)の関係は、
自殺した父親の借金を強請られ男女関係になってた。
耕介に殴られた戸部が高岡のもとへ詰め寄ったと。
耕介を救うため、耕介の幸せのため・・戸部を殺した。
突発的だったとはいえ胴体を切り、自分の左手を切りおとすって、どんだけ・・・
内藤から高岡になりかわり、最後は名も無きホームレスかぁ。

高岡の居場所に向かう「私会ってる・・会ってる・・・」は、
ちょっとイラッとしちゃいましたね。
いつ会ってた?出てきたっけ?記憶を手繰り寄せても出てこない。
2週間前だもん。
映像が流れるかなと待ってたのになかった。
多分井岡と訪れた対岸の小屋がそうで、直接は出てきてないのかな。
初っ端から石黒さん出たらネタバレ過ぎるし。


石黒さんの高岡役は無骨な親父に悲哀もこもっていてよかったです。
発見された姿は印象深い。
右手は耕介(濱田)にもらったマフラーを掴み、
手首で切り落とされた左手は病院にいる息子にのばされていた。
2人の息子・・・
無い左手だからこそ息子に触れられたんでしょうかね。
それで意識を取り戻したかのようでした。
ただ高岡の父性はどうなんでしょう・・・少し歪んでる気がしないでもない。

次は映画化かぁ・・・フジさんお得意のパターンですね。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1096-3b35821b