/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

まだ恋は終わらない~最終回◇ 3.22 OA

このドラマらしい終わり方でした。
これからも2人はポンポン言い合いしながら、鎌倉で暮らしていくのでしょうね。
千明がさらっと「好きですよ」と言い、和平たじろぐのも微笑ましかったです。
最後の最後で2人の間が一歩(半歩?)前進というのも面白いです。

千明・和平が真平・知美とどう決着するのかも興味がありました。
若い2人を見てて自分の中のズルさに気づいたんですね。
真平と知美の空気を察知して、すっと身を引く大人2人。

音のない別れのシーンがとても印象的でした。
2人が真摯に向き合って相手に思いを伝えてる姿勢が、
セリフのない分、より伝わってきました。
普段セリフ満載の2人だからこそね。

別れを告げられた真平は失恋も恋愛の醍醐味だと。
大橋娘は好きって気持ちを勝手に断わられたくないと。
キャラにブレがない・・それぞれ面白い反応です。

万里子は真平は死なないと・・超えたのかな?
今まで双子の片割れとして真平がいなくなる恐怖を感じてたのが、
千明と会い自分を信じてくれて、仲間が出来た。
そういう変化が万里子の背中を押したのでしょうか。
千明の出現で一番変化したのが真平&万里子ですね。

典子夫婦は最終回まで引っ掻き回し役。
メールの相手は一条さんと思わせて夫でした。
それも離婚届出した後で、燃え上がる夫婦・・笑。
ただ相手にかまって欲しかっただけなんじゃ・・息子の気苦労が伺えます。

あんな大人たちに囲まれた翔(典子息子)にえりな(和平娘)、
2人が逆に大人に見えます。
えりなが翔に諭してたのが妙にツボでした。


最後から2番目の恋とは、
これが最後の恋とは思わないでおこうってこと。
自分の未来の可能性を信じようってことでもあるのでしょうか。
次に恋をする時は、「最後から2番目の恋」らしいので
その恋が告白で始まるのでしょうね。

「さみしさを埋めるような恋はしないでおこう」
「恋がなくたって素敵な人生はあるはずだ」
「次の恋は最後から2番目の恋・・・その方が人生はファンキーだ」


とても面白い、ファンキーなドラマでした。

◎サブタイトルの「まだ恋は終わらない」
以前中井さんと小泉さんのドラマは「まだ恋は始まらない」でした。
対になってるんですね。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1097-68d273b4