/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
そろそろ春ドラの足音が聞こえます。
次々と脱落していった冬ドラですが、まとめてみました。

最後から2番目の恋

見る気さらさらなかったドラマですが、
世代的に見ておくべきか?と見始めたら面白かった。
やはり中井さん、小泉さんの掛合いが秀逸でしたね。
加えて個性的なキャラが盛り上げ、疲れが吹き飛ぶようなドラマでした。
こういう女性シングルドラマって時として憂鬱になりがちなのですが、
このドラマは笑い飛ばしてくれました。
年を取ることに前向きにさせられ力強さをもらいました。

またSPで見たいものです。

ストロベリーナイト

始まった当初はワクワクしながら見てました。
それこそ2番目の恋よりも・・・
途中からそういったワクワク感がなくなり尻つぼみに最終回へ。
姫川の敵対キャラがより多い方が盛り上がるのかも。
決してつまらないってわけではないんですけどね。

次は映画になるそうで・・
映画のための連ドラだったんかいと思わなくもない。
ま、時々SPでやるくらいの方が面白く見れそうな気はします。

カーネーション

久しぶりにはまった朝ドラでした。
尾野さん@糸子の最後は、
これが最終回でもいいと思えるほどまとめてありいい回でした。
尾野さんの年齢の演じわけも説得力あっておばさんに見えた。
バトンタッチした夏木さんも、
見る見るうちにおばあちゃんになっていき圧巻でした。

尾野さん→夏木さんになった時、あまり違和感はなかったですが、
ドラマの全体を思うととやはり別物に感じますね。
夏木さんの糸子は「老いる」というテーマが大きかったせいかもしれません。

最終回では糸子が朝ドラの話になり、
一周まわって円を描くように終わったのがとても新鮮でした。
劇中で尾野さんが尾野真知子役として出演し、
夏木@糸子とツーショットするのかと思ったけどさすがになかった。(笑)

糸子を始め、善ちゃん、お母ちゃん、お婆ちゃん・・・隣のおっちゃん達・・
ドラマの中の人物がとても魅力的な良いドラマでした。
これを超える朝ドラはしばらくなさそうです。


◎おまけ
平清盛

海賊討伐は・・・でしたが、他は面白く見てました。
私の最大の見所が義清出家の話で、
腑に落ちないところも多々ありましたが見届けた感はありました。
髷を切った時の義清が印象的でした。
その後、義清の出ない大河に少々熱が冷めてきてます。
坊主になったらまた熱が上がるだろうか・・・

そういえば感想が止まったまま。
録画見返してチマチマ書くつもりですが、
いつものごとく挫折するかもしれません。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1098-41526a4d