/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

最高だけどサイテーの弁護士…愛も法も嘘をつく!?  ◇ 4.17 OA

面白かった。
いや~さすが堺さん、めっちゃ笑わせてもらいました。

謎の中国人に違和感のない堺さん。
計算しつくされたバイオリンのどや顔。
検事の反撃にニヤニヤ、何か策はあるのかと思ったら「負けた~~」
新垣さんがやはり席を譲るべきでしたという抗弁に、
「…合格だ」と包容力を見せたかと思ったら
「あの場で言えてたらなぁぁぁぁ~~~」 と意地悪顔。

堺さんから目が離せないドラマになりそうです。

気になった点は、里見浩太郎さんの威厳のありすぎる事務兼執事?
1人重々しい空気で違和感。
こういう役はやっぱ藤村俊二さんがいいな。

新垣さんもよかったのですが、月9の方がキャラ的には合ってそう。
逆に戸田さんと堺さんのバトルが見たかったなぁ。

堺さんこと古美門の活躍もあり、無罪を勝ち取った黛(新垣)ですが、
真実は闇の中へ…という終わり方でモヤモヤ感が残りました。
こんな奴の為に黛が父ちゃんの畑担保にしてお金を工面したのかと思うと、
父ちゃん報われない。

ま、そんなモヤモヤを吹き飛ばしてくれたのが、
あの「言えてたらなぁ~~~」なんですよね。

今後古美門の前に立ちふさがる三木(生瀬)とのバトルも見ごたえありそう。
堺さんVS生瀬さんの役者対決が楽しみです。















管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1108-2715227e