/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

鍵のかかっていない部屋 ◇ 5.14 OA

歪んだ家と歪んだ感情。

家が傾いてるから結婚を取りやめたと思い込む男でしたが、
それは女のきっかけにしか過ぎなかった。
家が直れば彼女も戻るはず…現状を受け止められない男。
憎しみを手抜き工事した施工主に向けて殺害。

家が歪んだことによって起きた殺人なのですが、
そもそも男自身がもともとそういう性質を持っていて、
結婚を白紙にされた事で起きたゆがみなんでしょうね。
地震によって家がゆがんだように…

なかなか面白いテーマをはらんだお話でした

しかしピッチングマシンを使って
エアコンのダクト穴からドアを閉めるというトリックはどうなんだろう。
ご近所とは近いみたいだし(長い棒は使えない程の間隔)
バシバシと音が響きそう。
理論的には可能でも現実として無理じゃないだろうか。
それに犯行は衝動的なのに緻密な計算を要するトリック、
なんとなくしっくり来ませんでした。


5話は芹沢がやけに榎本になついてましたね。
チームとしてまとめさせて、榎本の素性をチラ見せ。
どうも犯罪からみのようですが・・・裏がありそう。
きっと芹沢と青砥が解き明かしてくれるでしょう。
犯人確定なら弁護してもらいましょうか。
それでもダメなら、古美門先生に・・・(笑)

それにしても榎本はセキュリティー会社の社長だと予想してたわ。
雇われであんなにフリーなのってアリ?














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1128-e5a0ae47