/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
#6 アリバイは崩された!?裏切り者はあなただ!! ◇ 5.31 OA
#7 遂に最終章双子の母親の正体!!! ◇ 6.7 OA
#8 双子死す真犯人の正体と暴走!!新たな殺人 ◇ 6.14 OA

面白かったのですが、後半ちょっと失速感がありました。
和辻家で起きた殺人もそこそこに、
双子問題に力が入って武井さん押しのドラマに。
崖の上で「わぁぁぁ~~~」と叫ぶのはどうかと(笑)

その中で光ってた若村真由美さん、さすがでした。
なんかもう指先まで役を行き届かせてるような繊細な演技に見とれました。
それだけでも見た甲斐があったなと。

さて二つの事件の結末は、大体予想してた通り。
さつきが疑われた事件の犯人は、マスカレードのきらら。
弓坂とさつき(摩子)が話してる所をきららが見てる場面でそうかなと。
和辻与兵衛は、やはりお父様。
そういや与兵衛に相手にされてなかった。
でもお父様、急に変わりすぎ。
最終話にすべて詰め込みたかったんでしょうかね。

摩子は母は父がいないと生きてゆけないと言ってましたが、
そんな淑枝が夫を刺すとは…慈悲深い表情が印象的。
最後は娘を思う母親でしたね。


入れ替わりも元に戻り摩子は和辻を守っていくと。
弓坂とはお別れなんだ、いい感じだったのに。
まっでも、弓坂が生きてて良かったわ・・放置されすぎて心配したもの。

さつきは待ってくれてる人がいるとマスカレードに。
自分の足で歩き出す二人でした。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1139-eec02060