/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

硝子のハンマー ◇ 6.18 / 6.25 OA


…最後の最後で寝オチ、あの後榎本はどうなったんだ?
芹沢と青砥が訪ねたら、もぬけの殻の後。
どうやら榎本はマジで窃盗犯だったらしいのですが。

最後の話の犯人は玉木さん。
やり手の窃盗犯かと思えば苦労人だったと。
10話では怪人20面相を思わせるような奴だったのに。

佐藤の名を語った椎名(玉木)。
したベイリーフの社長は
椎名の両親を自殺に追い込んだ共同経営者だった。
両親を亡くし借金取りに追われあげくに殺してしまった自分の境遇を嘆いてた。
そんな椎名の前に社長がダイヤを隠してもってる事を知ってしまう。
それが憎き共同経営者だったわけで…
ダイヤが目当てではなく復讐だったんですね。

今回は芹沢と青砥がトリックを解明しようと頑張ってました。
芹沢が面白かったなぁ。
得意顔で介護ロボットにソファを持ち上げさせようとしたら、
まず奥行きの問題で見事玉砕…早すぎて笑った。

真実は、ロボットに抱えられた社長の頭部とガラスを密着させて
外側からボーリングで殴る。
ガラスを伝わって社長の頭部に衝撃を与える。
そしてロボットを使って隠し場所からダイヤを盗むと。
介護ロボット大活躍!
計算外だったのが、社長がしばらく生きてて動いた事でしょうか。

榎本と椎名の場面が長かったのかこのあたりで睡魔が。
ま、でも面白かったです。













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1142-7f6de0f3