/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

#10 破産か5億か!?さらば誇り高き絆の里  ◇ 6.19 OA

やっぱり黛の大腸がんは古美門の買収作戦でした(笑)
いくら絹美村の食べ物を食べたと言っても、早すぎるものね。

でもこれが功を奏したわけで。
しかし弁護士としてどうなんだろうと思わずにいられない。
黛は置いといても、だまして佳奈の良心を利用したことで後味が悪い。

さすがに黛も今回のことにはキレたようで、古美門の元から去って行きました。
そして最終回で対決に。
黛vs古美門なんて遠い先のことのように思えたけど意外と早かった。
黛は佳奈の弁護をするんですね。
よかった、佳奈があのままだと中途半端な気がしたからさ。

黛と古美門、お互いを知りつくした戦いになりますね。



#11[終] 内部告発者を不当解雇から救え!!
       最強の弁護士がついに敗北!?真実は常に喜劇だ!!  ◇ 6.26 OA


最後にひっくり返しました、さすが古美門。
あのまま黛勝利でもよかった気はしますけどね。
それじゃ古美門らしくない。

黛が過去の古美門の相手にアドバイスを求めてちょっとした走馬灯。
ちょいちょい出てた絵描きの傍聴マニアには笑ったな。
「彼女いい弁護士になったね」 「って誰?」
でも黛の1人語りはちょっと苦手でした。
というかドラマ内で大勢の前で語るシチュエーションが苦手。

三木がずっと引きずってたさおりは、実験用のハムスターでした。
まぁきっと壮大なオチなんだろうなとは思ってましたが…
大人たちが、ハムスターのことで泣いたり騒いでるシーンはちょっとクドかったかな。
芸達者な2人だからこそ余計にかも。
…笑えなかったもん。

負けてしまった佳奈はタイで研究を続けると。それでちょっと救われました。
そして黛は結局古美門のとこに戻るんだ。
こりゃ続編視野に入れた結末でしょうか。

最終回は少しドタバタした印象だったかな。
でも楽しめました。 














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1143-fe6031f2