/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

聖域 ◇ 10.10 OA

何となく見始めて最後まで見ちゃいました。
水谷さんと成宮さんの並びはやっぱり違和感がありました。
年の差がありすぎてなのか、
右京さんの存在感に比べると、甲斐亨が軽くて…

また甲斐の暴走を力で抑える右京さんに少々無理してる感じがしたな。
私の中の右京像にない場面で新鮮でした。
→いつも紅茶を飲んでいて理路整然と詰めていくイメージ。
ごくごくたまに見る個人的な印象ですが。

相棒が変わって、右京さんのアクションが増えるのか?

ま、でも回を重ねるうちに馴染んでいきそうですね。
甲斐が先生かよ…という場面がありましたが、
右京さんが後継者を育てるような感じにも見えました。


甲斐の父親・甲斐峯秋は
取調室の総領事夫人・詠美から意味深な電話をもらってました。
知人の峯秋に圧力かけるように示唆する電話と思ったけどちょっと違う?
この総領事夫人、
歴代の公館付き警官を食ってた…いや手を出してたってことでしょうかね。
気まずそうな峯秋の表情を見ると、男女の仲だったのかなって。
まさか亨の出生に関係あるなんてことは…。
そうなら亨に警察を辞めさせたいのも頷けます。
スキャンダルの種が同じ警察にいたら気が気じゃない!?

…いや相棒にそんな昼ドラ風味は入れないよね。
じゃ総領事夫人と峯秋の間になにか隠してる事件でもあるのかな?

右京の亨を特命係にどうかという申し出に、
6人もやめてるんだから、亨もやめるに違いない、そう思ったんですよね。
しかしそれが後々、右京のもとでパワーアップした亨に、
首絞められることになりそう。

案外面白く見れたので、
これからも見られるときは見よう。
先も気になりますし。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1175-55882476