/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
将軍は少女!?全ての男女逆転はここから始まった ◇ 10.12 OA

女将軍・家光の登場までがちょっと長かったかな。
でも、なぜこういう状況になったのかはわかりやすかったです。
鎖国まで絡めてあるのはさすが。
少女の家光を守るために、
大奥を女性から男性に入れ替えたのも説得力ありました。

史実と並行していくので脳内変換が大変。
歴史上人物となればその人物の背景も知りたいしなぁ。
今後登場人物が続々投入されると、頭ン中がフリーズするかも?

さて、先日見た映画から遡ること100年、
将軍家光は赤面疱瘡にかかり亡くなる。
世の混乱を恐れた春日局は息子を代役に立て、
その間に家光が唯一残した血筋を大事に育てていた。
それがあいにくの姫だったと。
春日局は成長した姫を将軍に仕立て、
血筋を絶やさないために、有功を世継ぎの種として還俗させるわけですね。
そこまでして有功でなければならなかったのか‥
血筋と才気、美貌と人格で選んだのでしょうか。
春日局のタイプだったとか?(笑)

おつきの僧侶と遊女を目の前で殺され、
次は玉栄(田中)を殺すと追い詰められたら、
お優しい有功は遊女を抱いて還俗するしか…
しかしその遊女たちも結局は殺されてしまう。
恐るべし、春日局。

これまで春日局=松下由紀さんもイメージが大きかったですが、
麻生さんの春日も狂気じみてていいですね。


大奥に足を踏み入れ内情を知った有功が、
家光(多部)とどう関わりあっていくのか楽しみです。
多部さんの少年のような家光も印象的でした。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1177-d326b9d5