/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
貧乏って弱いの? ◇ 10.29 OA

しつこいくらい宙に舞ってたのは、わらしべ長者アピールだったんですね。
そういや1話でもボールが浮いてたっけ。

北別府のサインボール→鹿之助の食玩→?

これから二三男が何を手にし、どう繋がっていくか楽しみですね。
物を通じ人と繋がっていく中で二三男がどこにたどり着くのか。

予想としては、
二三男はわらしべ長者で最終的に会社を手にするんじゃないかなぁ。
そして社長の統一郎は北別府のサインボールをオークションか何かで手にしていて、
最後はお互いに交換する。

二三男にとっては北別府のボールがPRICELESSなものであり、
統一郎にとってはミラクル魔法瓶がPRICELESSなもの。
それぞれ父が残してくれたものではないかと。

かつて父親が一代でミラクル魔法瓶を築きあげたように起業。
玩具や物々交換サイトとかさ。
父親が二三男の器をかっていた通りに。
そしてかつて巌の隣に仲間(写真)がいたように二三男の隣にも仲間が…
そんな筋書きを想像してしまいました。


しかしドラマはまだ2話。
二三男の容疑を調べてた彩矢はショムニもどきに飛ばされちゃいました。
そこにいた社史編纂室室長が妙なことを話す。

社内で起きる不思議な出来事はすべて財前専務が絡んでる

ん?二三男を解雇したのは財前の企みもあるのか?
財前専務のデスクにある写真からして、ミラクル魔法瓶創設メンバーの一人。
前社長が亡くなったことで、何か起こそうとしてるのかも?
まだ白と黒どちらに転ぶかわからないですね、財前は。

模合は財前から統括部長に昇進のチャンスを貰いましたね。
だてにエレベーターばかり乗ってません、模合だって上に行きたい。
それにしてもこの存在感のない設定が今後どう生かされるのか、
何を意味するのか気になるところです。
最初は黒幕かと疑ったけど、普通に二三男のパートナーか?

そして二三男はようやくビールにありつけました。
でも子供がお金だけ置いてきたっていうのはちょっと強引。
彩矢のレジ調べがやりたかったんでしょうけどね。
しかも3台あるのに何でそのレジ?…とか、
元の釣用お金が入ってないぞ…とかツッコミしちゃったよ。

万引きと間違えることができてレジ調らべる方法、他になかったのでしょうか。
例えば…
レジで精算してる大人に、
カウンター下で「父の誕生日なんです。お願いします」とお金とビール渡す。
頼まれた人がレジ精算後にこれもねと210円渡して、子供にビール渡して立ち去る。
店員打つのが面倒で先の精算のお金と一緒にレジにしまう。
店長ビールもってる子供を見て万引きと疑う…でどう?
こんなことに尺は使えませんと言われるか(笑)


さて、まだ出番の少ない藤木さんですが、ホームレスになる予定はないのかな?
あれだけ居丈高な態度を取ってるからね、
いずれ転落しそうな気もするのですが。
幸福荘に転がり込む統一郎も見たいような…見たくないような。
ある種駆け込み寺のような幸福荘。

そんな幸福荘に個性あるメンバーが加わりました。
ミラクル魔法瓶の社内事情といい面白い要素が増えてきて、次回が楽しみです。

【キャスト】












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1195-9f19a603