/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

一万円のラーメン ◇ 11.5 OA

青春軒の店主・佐倉(木村祐一)から貰うのは屋台かな。
北別府サインボール→鹿之助(食玩)→ラーメン屋の屋台(青春軒のれん付き)?
またデカいもの貰う羽目になりましたね
でも次回まで屋台引っ張らなくてもよくない?
最後に屋台引く二三男と子供と彩矢でもよかった気がします。

今回はちょっとテンポ悪かったし、
特に前半は、今までの勢いはどうした?と思うくらいでした。
ラーメン屋の人情話にあんまり興味持てなかったよ。
金田一がチラシ裏でチラシ作って宣伝してもダメだったというのは良かったけどね。
あれで客入ったら人生楽しすぎるっしょ‥何でも上手くいきすぎて。

あのラーメン屋は社長や財前につぶされるのかと思った。
なんせ彩矢が全力投資した会社まで破産に追い込んだのだから。(…たぶん)
ってかあの行列の店が社長・専務の差し金だったらよかったのに。
今度はどんな手でつぶしに来るかって楽しみも増える…はず。


3話は色んな物を背負う二三男と切り捨てる統一郎の対比が良かったです。
しかし統一郎、いきなり社長の器じゃない描写かぁ…
社員に社長交代してから業績業績と厳しくなったって言われてるし。
あちこちで人情かってる二三男と、
いつか周囲にそっぽ向かれて四面楚歌になりそうな統一郎…。

そういえば亡くなった前社長が言い残した「社長の器」。
はたして解雇前の二三男にあったのか少々疑問にも思う。
貯金もなく、自分のこだわりにお金を注ぎ込む40歳に会社を任せられるのか?

ふと気づくと、二三男がいつものキムタクさんになってきてますね。
1話はちょっと鼻につくキャラが今まで木村さんっぽくなくて「おっ?」っと思ったのになぁ。
解雇されて崖っぷちで出会った人たちによって変わったのはわかるけど…
結局ここにたどり着くんだね。
人が良くて、周囲に慕われて、行動力があって、自分のことより困ってる人のために何かしちゃう。
でも私はダメなところのある人間の方が、魅力的だったりしますけどね。


青春軒で一万の食事はプライスレス感出てました。
統一郎側のような豪華な食事じゃないけど、特別な日に特別な人達との食事。
模合の揺れ動く様子も手に取るようでした。
模合は今回で溜めを作って、次回とうとう動きだすのかな?


3話の藤木さんは接待食事後の耳だし社長カッコ良かった。
「模合、統括本部長」と圧力かける目もイイ。
もちょっと迫力あったらいいんだけどね。
藤木さん見たさもあるんだろうけど、
人情話だけじゃなくて会社側をもっと見たいなぁ。

次回は後輩君が会社と二三男を絡めるみたいなので期待しておこう。
そして屋台が何に変わるのか?
誰か脱サラしてラーメン屋やりたいと宣言したりするんだろうか?


そうそうEDで3人が箱を社長に渡してPRICELESSって出るとこ。
これは、3人が社長にPRICELESSを気付かせるって意味でしょうか。
それにしてもドラムの藤木さんが小さすぎる。

【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1196-29790626