/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

愛する女が他の男に抱かれる夜 ◇ 11.9 OA

あっという間に懐妊、出産でした。
やっぱり有功には種がなかったってことなんだ。

しかし春日局は鬼ですね。
上様の相手としてもはや用済み、
遊ばせておくのも…ってことで捨蔵の教育係をさせるなんてさ。
有功は引き受け丁寧に教えてるけど、実際は辛いよな。

いよいよ家光と捨蔵のおしとねの日。
その夜の有功の胸のうちの葛藤が朝、部屋の状態によって映し出される。
温和な有功にこれだけの熱く煮えたぎった感情があったんですね。
部屋を荒らすほどの行き場所のない感情が。
部屋をめちゃくちゃにしてる有功を想像すると胸が詰まります。

その上家光が解任したと…有功の心中思うと辛い。
子ができなければ一緒に死のうという一縷の望みも果たせなくなったし。
できれば有功と家光に子ができて、仲睦まじい家族の姿が見たかったよ。

捨蔵は自分が上様の子供の父親になると大喜びでした。
こういう場合史実なら母親が子育てするんだろうけど、
男が側室となる場合どうなるんだろう。
乳は母の家光か乳母だろうし、男の役目って?
ぶっちゃけ必要なさそう。

家光が産んだのは女の子でした。
男の子を望んでる春日局はまた新たな種馬探しに出かけるんでしょうかね。
そして有功が玉栄になにか言ってたましたね。
まさか上様と玉栄を?…そんな身を引き裂かれそうなことをなぜ自分から?
これ以上家光を傷つけまいとして?
玉栄ならと思ったんだろうか。

もう有功と家光のツンデレな2ショットは見られないのかな。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1200-e8a5db0f