/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
3話からの急展開にはびっくりでした。

3話。
目立たない生徒が透明校則という漫画によって、自分の存在を示す。
しかし逆に自分の存在のなさに傷ついてしまうんだよね。
夢ではあるが顔を捨てられ、
同級生に顔を書かれて涙を流す所が印象的でした。
胸にずっしり来たというか。

透明校則だとバレて飛び降りようとする生徒の流れから、
先生はサイコパスだといきなり生徒の前で自白。
もう愛想笑いはしませんって…覚醒しちゃった?

「はしゃいでないで座りなさい」
なんかすごいドラマ、ぐいぐい引っ張られました。

4話は、女生徒の嘘。
嘘=毒
子供だろうが大人だろうが構わず心の中えぐってくる。
腹黒教師になった彩未と生徒との会話が面白い。

そして5話、兄弟を襲う大きな穴。
福君が見つけたお金って穴の事件のお金だよね。
事件の発端って…

行方不明の兄弟の居場所をつきとめる彩未の仮眠。
明晰夢もパワーアップしたらしい。
隣には悪夢ちゃんが仮眠。
この時見たのが前の続きで兄弟がお金を取りに行く予知夢。
この夢が琴葉(優香)から士岐(ガクト)に渡ってしまったね。
しかしあのお金の行方が気になる。


士岐は悪夢ちゃんの予知夢で何がしたいんだ?
彩未に蘇りつつある記憶は母親の記憶?
このドラマの着地点が全然見えてきません。

ただ人間の裏と表だったり、子供の純真さが逆に悪を呼び寄せたり、
見ていてドキッとするドラマです。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1202-7b8ab983