/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

最後の一人も堕ちてきた ◇ 11.12 OA

二三男が徐々にキムタクさんっぽくなってきて…苦手だ
すき間すき間に「面白くしてやるぜ」と意気込みを感じる小ネタを挟んで来たり、
これ見よがしに表情で訴えてくる。
あっ、これは私個人の問題ですからね。
もちろんソコがいいという方を否定するものではありません。


そういえば作業着やホットドッグをしつこいくらい
「暖けぇ~」「美味い」と押してたのは屋台の伏線だったんですね。
木村さんの小ネタ押しうっとおしいと…正直思ってしまってました。


4話は模合さんが社長に抗いミラクル魔法瓶から去ることに。
「本当に切られるべき人間は社長…あなたです」
模合さんカッコいいんだけどね。
でも私はなぜか(笑)統一郎目線で見てるのであまり響かない…申し訳ない。
もう少し相模川製作所で金田一達と密な場面があるなりして、
模合の葛藤をメインにしたら感情移入できたかもとは思います。
どちらかというと金田一の活躍の方が印象に残ってしまってたので。


さて模合が去ったミラクル魔法瓶の、
今後の鍵になりそうな人物がお目見えしました。
金田一の恋人瑤子の父(草刈正雄)。
なんだか会社を狙ってそうな匂いがしますね。

統一郎、財前、瑤子の父、瑤子、
代わる代わる笑顔が繋がっていくシーンがよかった。
笑顔に隠された下心、腹の探りあいともとれる演出にワクワクした。
わずかに残ってる期待を抱かせてもらいました。

この4人に金田一・彩矢・模合が絡んでいくのでしょうね。


【キャスト】













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1205-62490883