/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
あなたは母になり、強くなり美しくなった ◇ 11.16OA

お楽が…(涙)

有功に種がないとか無神経に口滑らしたりしたけど、どこか憎めない奴だった。
春日に「お腹さま」って言われて柿に飛びついたばかりに半身不随に。
喜びを全身で表現してたお楽だっただけにもの悲しい。
この間見た重盛といい、このお楽といい、
窪田さんの演技が光ってました。

そんなお楽の不幸の上に、有功と家光の幸せがある。
なんとも複雑な気持ちですね。
有功と家光が再び仲睦まじい姿は見れたものの、
大奥のどこかにお楽が臥せってると思うとね。

その二人の逢瀬を許した春日局は、
おそらく無理であろうがもし子が出来ればもうけもの…だって。
次の御中臈までのつなぎですってよ、有功様。
そして次の御中臈お夏が到着して、有功に再びお達し。
春日の「よく分別なさいまし…った」が何とも憎らしげで笑った。
麻生さん憎らしい役だけど面白い。

再び有功から次のお相手を聞かされた家光は随分大人でした。
どうせ嫁に行ったとて子を産むが女の仕事。
なら今とは変わらないではないかと。
捨蔵の子を産んでも、有功への思いは変わらなかった。
この先も変わることはないと誇らしげに…いい女になりましたね。

でも有功はさみしいよなぁ。
私が救ってやらねばと心動かされ腕に抱いた家光が、
自分のいない場所で強く美しく成長するのを見るのは。
だから玉栄に頼んだのでしょうか。
自分の分身として玉栄を家光に…

なんにしても有功さんの心中を思うと切ないです。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1206-b73a9631