/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

日本一の貧乏社長、誕生! ◇ 11.26 OA

ホットドッグ屋台が一千万に変わって、
そのお金で魔法瓶を作ろう!ってなったわけですけど…
なんかつまんなくなちゃったなぁ。

統一郎から500万で魔法瓶の製作所を借りる金田一。
そこで作った魔法瓶がヒットしたら
権利の問題とかどうするのかなって先週から思ってた。
貸した人材の技術力はミラクル魔法瓶にあるのかなって。
だからヒットしたら統一郎がかっさらっていくのかなと思ってたわけで。

でも違うみたいね。
来週は自分たちの会社で生産するようです。
そうなるとわらしべ長者も終わり?


なんかさ細かいところが気になるんだよね。
撤去させた魔法瓶がごみ置き場にあるかよって思ったらあるし。
さすがに会社の歴史なんだから倉庫にでも置くんじゃないの。
2日間保温できる魔法瓶だって、普通1日で水変えるよ。
昨日沸かしたお湯でお茶しないけどなぁ。
そういう細かさを帳消しにするほど
他で説得力あったら気にならないんだろうけどね。

香川さんにしたって、
魔法瓶の記事書いて売れるのは見てる方もわかってるのに、
わざわざ来週まで引き延ばす。
もったい付けずにサクッと進めたほうが気持ち良いのになぁ。
ドラマの世界観はいいんだけど…色々と残念。


さて6話の統一郎さん。
社長としては順調に間違った方向に歩んでるのでしょう。
それが彼の役割でそれ以外は求められてない印象でした。
カッコ良かったですけどね。

そういえば広瀬さんは先代のお知り合いでしたね。
どうも融資をお願いしてるみたい。
社長の会見によって株価が上がってるようですが、
広瀬はその先を読んでるのでしょうね。
いよいよミラクル魔法瓶危なくなりそう…
金田一は無意識に父・大屋敷巌に近づいてきてるし、
兄弟と知る日も近いかな。


【キャスト】














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1209-3b70aa1e