/ 空の色 海の音 /

ドラマと藤木さんと日常

脚~お腹痛い所が動く患者!? ◇ 11.22 OA

麻酔科医の城之内(内田)の元夫と子と絡めた小児科患者の話。
鳥井教授の出世抗争もはらんでいて面白かったです。
患者サキちゃん役の半端なく痛がる演技はさすがでした。

でも、神原の言動や行動からのヒントが多くて都合よすぎだったかな。
神原が銭湯で転ぶのを見て思い出したり、
タイルの破片とか血管の思い付きとか…
まさか神原がわざとやって大門に気づかせてるわけじゃないよね(笑)

それにしてもオペで出てきたタイルの破片のデカさには笑ったな。
いくらなんでも子供の血管に入り込むには大きい。
あれじゃ血管を突き破りそう。
まぁね大きい方がどれだけ痛かったか説得力が増すからね。


そして最後に驚きの展開。
大門には医者の父親がいて、
その病院をつぶしたのが毒島ってことになってるらしい。
しかし毒島は自分じゃないと…
神原がつぶしたと言いたげな雰囲気でしたが、真相やいかに。

大門父と毒島そして神原、大学病院の同僚だったとかかな?
それぞれ別の道を歩んでるっぽいし何かあったのでしょうか。
出世、金、医療ミス…色々考えられそうです。
神原も毒島も大門の娘と知ってたんですね。
単にスーパードクターだけじゃなく、
闇で絡み合った人間ドラマも楽しみになってきました。














管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://umisorakai.blog73.fc2.com/tb.php/1211-69a5ad7f